> > ブラックでも借りれる?気になるアイフルの審査基準

ブラックでも借りれる?気になるアイフルの審査基準

アイフルの審査基準を知っていますか?

アイフルでお金を借りようと思ったら審査基準を満たしていることが必要です。

審査基準…知っておいた方が良いのは分かっているけど、ついつい知らずに申し込んでいませんか?

ここでキチンと把握しておきましょう。

審査基準について知っておいた方が良いのは分かっているけど、まだ知らないという人におススメです。

また、中にはブラックだという人もいますよね。

一度ブラックになってしまうと借入れ先が限られてしまいます。

そこでアイフルではブラックの人にどう対応しているのか?

口コミ情報も含めて紹介していきますね。

重要!アイフルの審査基準を徹底解析

アイフルの審査基準は以下のようになっています。

  • 20歳以上69歳以下
  • 定期的な収入がある
  • 返済能力がある

アイフルの審査基準に年齢があるのは何のため?

アイフルに限らず、カードローンでは年齢制限があります。

これは未成年にはお金を貸すことができないからですね。そして収入が不安定となる高齢者にもお金を貸していません。

アイフルの商品についての詳細ページでは何歳まで借りれるのかはハッキリ書かれていません。

けれど「70歳になった時点で新たな融資を停止」となっているので69歳までと判断できますね。

借りれるのは正社員だけ?気になる定期的な収入とは?

定期的な収入と言えば、毎月継続した収入があることを言います。

毎月継続した収入と言えば、正社員を思い浮かべますよね。

けれど雇用形態については指定がないのでパート、アルバイト、派遣社員などでも申し込めますよ。
(⇒アイフルは学生ローンとしても利用できる?

知らないと落ちる?決め手は返済能力?

返済能力と言えば「収入に対して無理のない返済であるか」「返済の意思があるか」といった事になります。

また、審査では属性もチェックします。

  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 健康保険証の種類
  • 年収
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 家族構成

これらの属性チェックはコンピューターによる自動審査となっています。

それぞれの項目ごとに点数がつけられ、審査結果の合否に活用されるのです。

こういった属性チェックの他に審査基準として信用情報についてもチェックが行われますよ。

審査に通るかは信用情報がポイント!

信用情報とは他社借入れ状況や借入れ返済履歴などの情報を言います。

この信用情報は消費者金融同士がお互いに共有できるシステムになっています。

そのためアイフル以外の金融機関でも過去に返済の遅れ、滞納、債務整理などの経験があれば審査に通る可能性が低くなります。

では、どうやって情報を共有しているのでしょうか?

そこには信用情報機関が関係しています。

知らないと損をする!アイフルも信用情報機関に加盟している?

信用情報機関を聞いたことがありますか?

株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センターなどがあります。

アイフルの場合は株式会社日本信用情報機構(JICC)と株式会社シー・アイ・シー(CIC)に加盟しています。

アイフルなどの消費者金融はいずれかの信用情報機関に加盟することが貸金業法で定められています。

そのためアイフルのホームページを見ると加盟している信用情報機関名が明記してありますよ。

信用情報機関で管理している信用情報の内容は?

信用情報機関では以下の内容を管理しています。

  • 本人を特定するための情報
  • 契約内容に関する情報
  • 返済状況に関する情報
  • 取引事実に関する情報
  • 申込みに関する情報
つまり、申込みから契約内容、返済状況など全ての情報が管理してあるのです。

そのため加盟している消費者金融が照会した時には他社の契約内容であってもその内容や返済状況を知ることができるのです。

この時に以下の内容があると新たなカードローンの審査に通りにくくなるのです。

情報 内容
返済状況 延滞
取引事実 債務整理・強制解約・破産申立

上の表の内容に該当する人を一般的にブラックと言いますね。

アイフルでは他社同様にブラック情報がある場合には審査に通る可能性は極めて低くなります。

また、ブラックではなくても信用情報機関に照会した時「他社で複数の借入れがある」と判明した時には審査に不利になります。

  • 3社までがグレーゾーン
  • 4社以上借入れがあると審査に通るのは難しい

短期間のうちに複数の業者に申し込みをした履歴がある場合も信用が低くなるので審査に通るのは難しくなりますよ。

知らないと落ちるかも?ブラックには申込みブラックも含まれる!

申込みブラックとは短期間のうちに複数の業者に申し込みをすることですね。

短期間に4社以上申し込みをすると、どの金融機関も審査に通ることは難しくなります。

先ほど紹介しましたが、申込みに関する情報は信用情報機関に登録されるので4社に申し込みをすると4社とも情報を共有します。

そのため、内緒で複数社に申し込みをすることは不可能なのです。

  • お金に困っている?
  • 他社で借りることができない理由がある?
  • 信用が薄い?

複数社に申し込みをしていると新たな借り入れ先に上記の印象が付いてしまいます。

これでは「信用」で成り立っているカードローンの契約をすることは難しいですよね。

そのため、申込みブラックになると審査に通ることは難しくなるのです。

そこで、申込みブラックにならない方法を紹介しておきましょう。

必見!申込みブラックにならない方法!

実は申込みに関する情報の登録期間は「申込日から6ヶ月を超えない期間」と決まっています。

そのため「申込みをし過ぎて申込みブラックになりそう」だと思った時には、6ヶ月間何もしない期間を持つと良いのです。

そうすると登録期間が終わるので信用情報機関の情報は消えます。

つまり、申込みブラックにならずに済みますね。

絶対に知っておくべき!ブラックにも登録期間がある

申込みブラックにならないためには6ヶ月間の登録期間を過ぎてから申し込みをすると良いコトを紹介しましたね。

同じように延滞・債務整理・強制解約・破産申立にも登録期間があるので永遠に審査に通らないということは無いのです。

内容 登録期間
延滞 契約継続中or完済日から5年を超えない期間
債務整理・強制解約・破産申立 行った日から5年を超えない期間

返済状況や取引事実に関する情報は5年を超えない期間となっているので5年経つと登録は無くなりますね。

そのためブラックでも借りれるのか気になっている人は、ブラック情報を行った日はいつなのか調べましょう。

5年を超えていると審査に通る可能性はグンとアップしますよ。
(⇒アイフルの審査基準とは?

ただし、自己破産の場合では官報に10年載るので信用情報機関の登録が無くなっても借りれない可能性もありますよ。

ブラックで借りれるか気になる人必見!アイフルの口コミを紹介!

アイフルの口コミでは以下の内容がありますよ。

  • 申込み時に他社で3社借入れがあったが審査に通った
  • 過去に債務整理歴(7年前)があったが借入れOKだった

一つ目は申込みブラックですね。

申込みブラックの場合では他の条件や属性が良ければ審査に通ることもあります。

またアイフルが4社目のグレーゾーンでの申し込みとなりますね。

二つ目の申込みは債務整理のブラックですね。

けれど、債務整理をしたのが7年前というコトなので信用情報機関の登録機関を過ぎています。

そのため信用情報がきれいになっていた可能性が高いですね。

  • 申込みブラックのグレーゾーンは属性次第
  • 過去の債務整理は信用情報がキレイになってから申込めば審査に通る

アイフルの審査基準は理解できましたか?

ブラックで申し込もうか悩んでいる人はブラックの原因や、いつからブラックになっているのかを整理してみましょう。

そうするとアイフルで借りれる可能性が出てきますよ。

【参考ページはこちら】
アイフルはブラック可能ってホント?

新着記事
ページトップへ