> > アイフルは提携の所属銀行無し!良い意味での独立経営!

アイフルは提携の所属銀行無し!良い意味での独立経営!

大手消費者金融のほとんどが大手銀行と提携し、銀行グループとして経営しています。それが唯一生き残る方法と考えたからです。

ところが大手消費者金融の中で銀行と提携せず、独立経営を続けている会社があります。それがアイフルです。

銀行との提携なしで経営するアイフルとはどのような消費者金融会社なのでしょうか。

大手銀行グループという後ろ盾のないアイフルの特長や、アイフルを選ぶメリットについてお話ししましょう。
(⇒アイフルで契約したい人におすすめ!

銀行との提携会社に拘っている人も、独立経営のアイフルの事、もっともっと知って下さい!

アイフルは独立経営!そのメリットとデメリット

貸金業法が改正された事によって消費者金融会社は顧客や融資額の減少により、窮地に立たされました。

それは総量規制施行や利息制限法の改正により、融資を規制された上に、実質上の金利引下げという厳しい状況に追い込まれたからです。

そんな経営危機を乗り切る為に大手消費者金融は大手銀行と提携、または大手銀行の傘下に入り経営再建を図ったのです。

ほとんどの大手消費者金融が大手銀行グループとして経営する中にあって、アイフルは何処とも提携しない独立経営を貫いています。

資金繰りの難しい中の独立経営、これは一部上場企業であるアイフルの意気地のようなものでした。

アイフルが独立経営でいる事のメリットデメリット

大手消費者金融が軒並み大手銀行と提携した理由は、当然その潤沢な資金を期待しての事です。

資金を受ける代わりに消費者金融が銀行に与えたものは、長年培ってきた小口融資に対する経営のノウハウです。

資金繰りと言う件に関しては、アイフルが独立経営である以上、かなり厳しい状況であると言わざるを得ません。

貸金業法の改正による過払い金請求への対応など、まだまだアイフルにとっては苦難が続いているのも事実です。

それではアイフルの独立経営という経営を貫いている事のメリットはどのような所にあるのでしょうか。

アイフルの独立経営に関するメリットとデメリットをまとめてみましょう。

アイフル独立経営はここが心配

  • 銀行と提携しない事で資金面が不安
  • まだまだ過去のイメージを引きずっているのが不安

独立経営ではこんな所が申込む時のメリットになる

  • 独立経営なので経営方針が分かり易い
  • 社員に危機感がある分顧客に対する対応が安心出来る
  • 保証事業の充実を図っているので審査などが迅速である

銀行との提携がない分、どうしても資金面での不安はぬぐえません。その分出来るだけ損失を少なくするように努力がなされるでしょう。

その結果顧客に質の向上を求める為、審査がそれだけ厳しいものになる傾向はあります。これは仕方のない事ですね。

アイフルは過去の行政処分や貸金業法改正の為に大きな打撃を受けました。銀行との提携や傘下に入った消費者金融会社はイメージを一新。

大手銀行のグループ会社である事で、大きな安心感を得ています。独立経営のアイフルは当時のイメージを一新するのは難しいと言えますね。

ただこの件に関しても、顧客に明るいイメージを持ってもらうべく、TVコマーシャルでもお笑いタレントを起用して良い雰囲気作りをしています。

アイフルが独立経営を行っている事と直接の関連はないのかも分かりませんが、経営方針が常に前向きである事が安心材料として挙げられます。

大幅なリストラ、早期退職者を募るなどの経費削減対策が認められ、経営対策に対しても一定の評価が与えられている現状です。

そんな中で現在アイフルに残っている社員は皆危機感を持つと共に、しっかりとした目標を持ち顧客獲得に臨んでいると言えます。

その接客、対応はやはり顧客にとっては安心出来る材料の一つ、メリットと言えるのではないでしょうか。

他の消費者金融会社の多くがそうであるように、金融機関のローン顧客の債務を保証する保証事業にもアイフルは力を入れています。

他社が大手銀行の傘下にある以上アイフルは金融機関への参入が難しいのも事実ですが、信用金庫や信用組合などの顧客獲得を目指しています。

こういった保証事業の充実が、ひいては審査に関しても迅速に正しい審査が行えるという利点となっているのではないでしょうか。

アイフルが銀行との提携をしていないのは何故?

他社が大手銀行と提携している中で、アイフルは一部上場のまま独立経営を続けています。これはどうしてでしょうか。

他社のように大手銀行と提携したり傘下に入り、資金面での優遇を受ける事が必要な経営状態であるのにもかかわらずです。

その答えは、アイフルの経営の合理化と計画よりも多い返済額を持続した事への評価として、金融支援の続投が決まった事にあります。

しっかりとした経営計画が認められたと言えるでしょう。 その為にアイフルは東証一部上場のままで、独立経営を続ける事ができているのです。

吸収合併した会社がアイフルグループとなり経営に参入している

ここまで独立経営にこだわるのは、やはり設立当初からの小口融資業務に関して強い拘りを持っている アイフルならではと言う事なのでしょう。

アイフルは出資を三井住友信託銀行に受けているのにも係わらず、その傘下に入る事なく経営を続けています。(こちらもご参考に→アイフルと銀行カードローンの違い

反対にアイフルが吸収した会社には、株式会社ライフ、株式会社シティズがあり、アイフルグループとして独立経営に参加しています。

このようにアイフルは銀行と離れた所で、しっかりと経営基盤を築いています。もちろん資金面では銀行の力を借りて信頼関係にはありますよ。

申込みからカード発行までの流れについて

アイフルが大手他社と違い、独立経営の消費者金融会社であることはおわかり頂けましたか?

銀行のグループになることなく、それでもアイフルは厳しい状況を、しっかりとした経営計画をたてる事 で乗り切りつつあります。

アイフルは大手消費者金融としても顧客に満足してもらえるカードローンを提供できる会社ではないでしょうか。

それではアイフルへの申込み方法から順を追ってお話ししていきますね。まずは申込み方法についてです。

  • インターネットで24時間いつでも申込み
  • 店舗、契約ルームでの申込み
  • 電話での申込み(申込み専用ダイヤル)

申込み方法は上記の方法があります。それぞれの特長、カード発行までの流れについてお話ししまよう。

「インターネットでの申込み」

スマホ、パソコン、携帯で24時間いつでも申込みが可能です。

申込み→審査結果連絡(メール、電話)→インターネットで契約完了→カード後日自宅へ郵送

インターネットでの申込みは契約を来店(店舗、契約ルーム)にて行うとその場でのカード発行も可能です。店舗が近くにある場合は便利ですね。

インターネットで申込みの方で特に急ぎの場合、申込み完了後電話でその旨連絡すると審査の時間を短縮出来ます。即日融資可能です。
(⇒アイフルの即日融資が気になる方におすすめ

「店舗、契約ルームでの申込み」

来店可能な人は店舗、契約ルームでの申込みがカード受取がその場で出来て便利です。

来店にて申込み→審査の結果即カード発行(本人確認書類を忘れず持参して下さい。その場でカード発行となり即日利用可能です)

「電話での申込み」

電話での申込みは電話オペレーターと直接話しをしながらなので、いろいろと相談する事も出来ますね。女性専用ダイヤルもあるので安心です。

無料ダイヤルの初めて申込み専用ダイヤルで申込み→審査結果連絡→契約書類郵送→カード発行郵送(契約、カード発行は来店でも可)

申込み前にやってみよう!1秒診断

申込み自体はどの方法もとても簡単!自分の都合に合わせて選べます。カードローン申込みを考えている人が一番不安に思っている事。

それは審査に通るかどうか、ですよね。特に問題はないと思っていても結果を聞くまでは心配です。

1社では心配だからと何社かを同時に申込みする人がいます。これはぜったいにやめて下さいね。申込み履歴が残りかえって審査に不利になりますよ。

まずは融資可能かどうかの目安として、1秒診断をしてみましょう。簡単な情報を入力するだけで即座に融資可能かどうかを診断してもらえます。

もちろん本審査ではないので、必ずと言うのではありませんが、目安として診断してみるのも良いですね。融資可能となったら、申込めば良いのです。

1秒診断時には個人情報は記入しないので、履歴が残る事もありません。何社かに同時に事前診断をしてみる事も出来ますよ。

ただし、あくまでも申込みは1社だけは守って下さいね。

こんなに安心!アイフルのカードローン!

アイフルへの申込み要項などお分かり頂けましたか?簡単に迅速に審査最短30分!これってすごい事ですよね。

でも、本当に安心なの?と思われるアナタに、アイフルの5つの安心 についてお話ししましょう。アイフルが約束する5つの安心はこれです。

  • 金利は借りた日にち分だけで安心
  • 借入も返済も選べて安心
  • 審査も融資もより迅速で安心
  • ウェブ契約なら来店不要で安心
  • セキュリティの面もデーターの暗号化で安心

金利は年率4.5%~18%、借りた日にち分の利息なので安心です。

例えば給料日までの10日間を1万円借り入れた場合の利息は、10,000円×18%÷365日×10日=49円 

49円でゆとりを手に入れられるのなら、考えるほど高くないでしょ?これなら安心して利用出来ますよね。

借入方法、返済方法も選ぶ事が出来ます。旅行先での急な出費も提携コンビニで借入出来て安心、返済は口座振替、ATM、店頭など選べて安心。

融資までの迅速さも安心に繋がります。しかもウェブ契約なら来店の必要がなく、最短で振込融資も対応してもらえるのでこれも安心です。

ネットでの契約の場合はセキュリティも心配な所です。アイフルならデーターはすべて暗号化、しかも最高レベルの暗号技術で安心です。

アイフルならでは!独自のサービスも充実!

銀行グループではない独立経営のアイフルだからこその、独自サービスもあります。

無人契約電話ボックス「てまいらず」、カード受取の配達時間が選べる「えらべーる」です。

「てまいらず」はボックス内の電話で申込みからカード発行まで行えるというサービスです。心配な事は相談しながら申込めるのも良いですね。

家人にカードローンに申込んだと知られたくない時には、カードの配達時間が選べるサービスを利用すれば、確実に本人が受け取れるので安心です。

安心できるアイフルのカードローン!カードが手元に届いたら、計画的な借入れ返済を行い、無理のない利用を心掛けて下さいね。

【参考ページはこちら】
アイフルは提携銀行も多くて便利!

新着記事
ページトップへ