> > アイフルが取立の為に自宅訪問?そんな事あるの?

アイフルが取立の為に自宅訪問?そんな事あるの?

口コミでアイフルが自宅へ返済金の取立に来た、などと言う書き込みがあり、驚いた事はありませんか。本当の所はどうなのでしょう。

強引な取り立てというのは、確かにひと昔前の一部消費者金融会社では当たり前のように行われていたという事実はあります。

アイフルについてもかなり辛辣な報道がなされた事も事実です。もしかしたら自宅訪問して…も否定できない事実かもわかりません。

そういった口コミでアイフルの申込みを躊躇しているのなら、知って下さい現在のアイフルを!あなたの不安を拭える自信があります!

消費者金融会社としてのアイフルの歴史について

口コミなどで相次いでアイフルの強引な取立についての書き込みがあり、不信感を持たれる人がいるのは否めません。

これはもうひと昔前の事と否定出来るものではありません。アイフルの事をお話しするにはまず、その歴史からお話ししなくてはいけませんね。

アイフルは1967年創業、1978年会社設立の老舗消費者金融会社です。独自の小口融資与信ノウハウで着実に業績を上げて行きました。

東京証券、大阪証券の一部上場企業として順調に売り上げを伸ばしていたのですが、口コミにあるような無謀な取り立てが露見し信用を失墜しました。

これを機にアイフルの経営には暗雲が立ち初めます。業務停止、大阪証券上場廃止、そして貸金業法改正による過払い金返還請求などにより経営は悪化。

続々と消費者金融の経営破綻が続く中、アイフルは私的整理による再建を図る事とした事業再生ADRを申請し、受理されました。

そういった負の時代を経て、今アイフルは多くの大手消費者金融会社が大手銀行と提携する中、独立経営を貫いて顧客獲得にあたっている のです。

無謀な取り立ては今ではないの?自宅に来る事もない?

もちろん、法に反するような取立は行いませんし、当然自宅を訪問して返済を迫るというような事はありません。

ただ、この強引な取り立てにあったという記事や口コミ、そしてネットでの被害者(と称される)の申し出を読むとあまりに一方的な感もします。

少なくとも金利に関して、高利と言われているものは利息制限法改正以前の出資法の上限利息で、その当時はどの消費者金融も上限利息としていました。

それを承知の上で借入れしたのは顧客の方なのです。そして借りたものは返すと言う、最も当たり前の約束を履行しなかったのも顧客の方ではないでしょうか。

強引な取り立ては確かにアイフルに非があり、その為に自殺に追い込まれたと言う悲しい結果に繋がった事があったのかもわかりません。

それに対しての制裁はアイフルも充分に受けたものと思われます。様々な内容の元顧客の声を読むと、暗澹とした思いに包まれます。

返済出来ないのに借入をする。それをうすうす気付いていながら貸付をする。こういった悪循環経営が貸金業法改正以前の消費者金融のやり方だったのですね。

アイフルは本来の貸金業務と優良顧客獲得で健全な経営を目指す

お金を貸すと言う事には顧客との信頼関係が必要です。 返済できないかもと思いながら借りる顧客や、回収出来ないかもと疑いながら貸し付ける業者。

これでは上手く行くはずがありません。顧客は目先の事だけ考え、業者はリスクは高金利で補えば良いと考えていたのですから。

次の項でお話ししますが、貸金業法の改正にともなって、消費者金融の在り方もずい分変わってきました。リスクを抱えない経営を行うように なったのです。

きちんと返済期日をまもって返済してくれる顧客に対して取立を行う必要はありませんよね。無理のない借入、計画的な返済の出来る顧客獲得を目指す。

アイフルは今本来の消費者金融の在り方を見据え、優良顧客を獲得する事で、健全な経営を目指しているのです。

貸金業法改正で消費者金融はどう変わったの?

貸金業法というのは消費者金融や信販会社など文字通り貸金業を行う業者に対して与えられる法律の事で、1983年に施行されました。

その後ヤミ金融といわれる、法の目を潜り暴利を貪る悪徳業者がまん延した事に対する対策として、段階を経て改正され、2010年に完全改正施行されました。

貸金業法改正前と後、消費者金融はどのように変わったのか

実際に貸金業法の改正前と後とで消費者金融にはどのような変化があったのでしょうか。またどのようの影響を与えたのでしょうか。

改正前 改正後
過剰貸付対策 特に規制無し 総量規制施行
取立規制 自主規制のみ 夜間に加え日中の取立規制
利息制限法上限利息 上限利息年率29.2% 上限利息年率20.0%
信用情報 指定信用情報機関制度の創設
みなし弁済制度 有り 廃止

貸金業法の改正前の消費者金融は顧客が求めれば、他社に多くの借入金のある顧客に対しても融資をしていました。

その為に多重債務者の破綻が相次いだのです。その為にすべての貸金業の限度額の合計が年収の3分の1以内とする総量規制が施行されたのです。

すべての貸金業者が互いの信用情報を照会できるように信用情報機関制度も創設され、むやみな借入は出来なくなりました。

アイフルが業務停止に追い込まれた取立についても、夜間に加え日中の過剰な取り立ても法に反する事になったのです。

その上に借り手の自殺を助長する生命保険金弁済の禁止などにより、ヤミ金融と呼ばれる悪徳違法業者のまん延も防げるようになりました。

貸金業法は確かに利用するものにとって、無理な借入をしなくなる。金利が実質引下げになるなど、安心して消費者金融を利用出来る法律と言えるでしょう。

消費者金融を追い詰めた総量規制と利息制限法改正

ただ、アイフル初め消費者金融会社にとっては融資額や顧客の激減に繋がる法律であったことは事実です。

貸金業法の改正により多くの消費者金融会社が窮地に立たされました。消費者金融の暗黒時代は貸金業法の改正から始まったと言っても過言ではありません。

貸金業法の改正で消費者金融会社が特に打撃を受けたのは次の二つの法律の施行です。

  • 総量規制の施行
  • 利息制限法の改正

特に利息制限法の改正にともなうグレーゾーン金利廃止によって、過払い金が生じた顧客からの過払い金返還請求に応じる為に経営破綻が相次いだのです。

独立経営のアイフルが顧客に与える満足とは?

打撃を受け、経営の悪化を余儀なくされた大手消費者金融は生き残りをかけて大手銀行と提携する道を選びました。

大手銀行グループとして経営する所、大手銀行グループに吸収されブランドとして名前を残すもの、内容は様々ですが、経営再興を目指しました。
(⇒アイフルと銀行カードローンの違いは?

そんな中、アイフルは銀行と提携する事なく、独立経営を貫いています。それは経営の悪化をあくまでも私的整理による再建を図ると言う考えからに 他なりません。

他の大手消費者金融会社の経営がやっと上向いてきている昨今、アイフルもひと頃のイメージをやっと払拭できるまでになりました。

私的整理、大幅なリストラや経費削減により独立経営での再建を図っているアイフルです。現在のアイフルは顧客にどのような満足を与えてくれるのでしょうか。

「アイフルが顧客に応える3つのS」

  • SPEED
  • SIMPLE
  • SECRET

「スピード」早くて便利、最短30分での審査回答、即日融資可能

「シンプル」簡単で便利、4ステップで申込み完了

「シークレット」誰にも知られずカード受取が可能(配達時間えらべーる)

上記のように独立経営ならではのサービスもいろいろ、返済方法も選べて安心のカードローンです。一度信用を失墜したアイフルだからこそ、二度と顧客を裏切らない。

そういった強い意思もあるのではないでしょうか。危機感を常に持っている社員の顧客への応対にも定評があります。

アイフルが約束する5つの安心!

アイフルの事、わかって頂けたでしょうか。初めてのカードローンなら、5つの安心を約束してくれるアイフルを検討されるのも良いですよ。

「アイフル5つの安心」

  • 利息は借りた日にち分だけで安心
  • 急な出張!どこでも借入可能で安心
  • 定評のある迅速さで安心
  • ウェブ契約なら来店不要で安心
  • セキュリティもデーター暗号技術で安心

カードローンは何よりも安心出来る事が1番です。アイフルの上限利息は年率18%、かかるのは借りた日にち分だけです。給料日前の3日間だけ借りれば3日分です。

1万円を借りて3日後に完済すれば、利息はわずか14円です。土日、銀行の預金を引き出すのにかかる手数料よりも少ないくらいですね。

もちろん提携のATMで全国どこででも借入可能です。急の旅行先での借入もコンビニのATMで出来るのは安心ですね。(こちらもご参考に→コンビニATMを使ったアイフル借入

ネットで契約なら来店も不要。もちろんセキュリティはデーター暗号化でしかもその暗号技術も最高レベルで安心。これなら本当に任せて安心ですよね。

もちろん、どのカードローン会社でも言える事ですが、いくら安心のカードと言っても、無計画な借入はいけません。計画的な借入返済を心掛けて下さいね。

【参考ページはこちら】
アイフルのカードを即日入手する方法

新着記事
ページトップへ