> > アイフルで限度額を増額するには?3つのポイントをチェック

アイフルで限度額を増額するには?3つのポイントをチェック

アイフルの限度額、希望通りの金額になりましたか?もちろん、希望通りの金額が限度額となって、問題なく借入出来ている人もいるでしょう。

しかし、最初は満足でも状況が変わってくることもありますよね。もう少し利用できればいいな、そう思っていませんか?

また、希望通りの限度額設定とならなかった人は、限度額を上げたい!そんな思いも残っていることでしょう。

アイフルの限度額を増額することは出来ます。増額に必要な3つのポイント、これを知ればスムーズに増額が可能となりますよ。

借入・返済に問題の無い利用実績がカギ!?返済能力をアピール

アイフルで限度額を増額するためのポイント、1つ目は利用実績です。

アイフルを利用していれば、その利用情報が残っていますよね。そこに、返済遅れ等マイナスの情報が登録されていれば、増額は厳しくなるのです。

今の限度額で返済に遅れが出ているのであれば、借入金額が増え、返済金額が増えた時の返済が厳しくなることは容易に想像できますよね。

延滞してしまうかもしれない可能性がある状態で、増額を認めるわけにはいかないのです。

まずは、利用実績に問題を起こさないことを心掛けておきましょう。

  • 適度に借入を利用している
  • 借入の頻度が高すぎない
  • 返済期日に遅れたことがない

これが、問題の無い利用実績です。

実は、全く借入をしていない状態も好ましくはありません。返済実績をチェックできなければ、本当に返済が可能かどうか知ることが出来ないですよね。

返済実績がない状態で増額するのは、あまりにもリスクが高いと言えます。ですから、適度な借入利用をして、その返済に遅れが無いという事が求められるわけです。

ただし、借入を利用しすぎていると、資金面に不安がある、支出が多い状況にあるとマイナスの判断になってしまう場合もあります。

使いすぎには注意が必要だという事ですね。

他社借入は最低限に!返済金額が増えてもOKとの判断が必要

次に注意しておくポイントは、他社借り入れ状況です。アイフル以外にも借入をしているのであれば、増額審査で不利になってしまう可能性が出てきます。
(⇒他社借入ありの人がアイフルで借りる場合

件数・金額に関わらず、他社借入があるということは、アイフル以外にも毎月返済をしている状態であるという事になります。

返済金額が大きくなれば、返済が苦しくなってしまうかもしれません。そうなれば、アイフルの返済に遅れが出る、返済そのものが困難になってしまうこともあるでしょう。

ですから、他社借入があるということは少なからず審査に影響してしまうのです。

他社借入がゼロである、これは理想ですが、実際は簡単ではないかもしれません。その場合は、他社借り入れ状況を最低限に減らして下さい。

  • 利用していないカードローンがあれば解約する
  • 返済途中の物があれば出来るだけ完済しておく

これだけでも違ってきます。

アイフルの増額審査では、他社借入の有無が影響してくる
返済金額が増えると返済が苦しくなるため
現時点での返済は最低限にしておく必要がある

増額を認めてもらうためには、増額後でも問題なく返済できるということを判断してもらう必要があります。

ですから、今の時点では、出来るだけ債務を減らしておくことが重要になってくるのです。

増額後の金額が年収に占める割合は?総量規制には要注意

借入実績や他社借入状況に問題がないのにも関わらず、増額が認められない場合があります。

それは、増額した金額が年収の3分の1を超えてしまう場合です。つまり、総量規制によって増額が認められないケースがあるという事ですね。

増額を希望する前に、今の年収がいくらなのか、希望限度額がいくらなのか、それが総量規制の範囲内であるかどうかをチェックしておかなければいけません。

年収300万円の場合、総量規制によって最高100万円までしか借入が出来ない、限度額設定を行う事が出来ないことになっています。

アイフル限度額 増額可能額
50万円 50万円
80万円 20万円
100万円 0万円

仮に、総量規制の金額まで10万円程度の余裕があったとしても、MAXの限度額設定は返済が滞る可能性があると不安視されることもあります。

その場合は、やはり増額が認められないという事になってしまうわけです。

増額時には、増額後の金額が年収の3分の1を超えないか確認が必要
総量規制を超える限度額設定は、法的にNGである

アイフルの借入限度額だけならOKだったとしても、他社借入があるようであれば注意が必要です。

総量規制では、貸金業から借入している金額全てが合算されてしまいます。

自身の債務状況はもちろん、いくらまで借入できるのかについても、しっかりと把握しておきたいですね。

増額後の利用状態では減額or利用停止も!?返済は期日を守ろう

無事に増額が出来たとしても、その後の状況に問題が生じれば減額されてしまう可能性があります。

そして、一度減額されてしまえば、再度増額することはかなり困難となってしまうのです。

減額されてしまう可能性があると考えられるのは、次の2つの状況です。

  • 返済に遅れる、延滞する
  • 収入が低下する

返済に遅れが出るような状態が続けば、貸し倒れの危険が出てきます。アイフルとしては、返済してもらえなければ損失になってしまうわけです。

ですから、確実に返済してもらえる金額まで減額するという対応を取ることがあるのです。

また、収入が低下することで総量規制に引っ掛かる場合があります。法的に、現在の限度額での利用が問題あると判断されれば、減額されてしまうわけですね。

状況が悪化すれば、減額だけでは済まないこともあります。延滞が続く、収入が著しく低下して返済できない恐れがある場合は、新規借入を停止されてしまうことがあるのです。

増額後、限度額を引き下げられないようにする為にも、期日を守ってしっかりと返済をするよう気をつけてください。

勤務先が変わった場合は連絡を!忘れていると融資停止も!?

勤務先が変更になったこと、アイフルに連絡するようにして下さい。特に必要ないのでは?そう簡単に考えてはいけないのです。

勤務先が変われば、当然収入も変わってきますよね。勤続年数もゼロからのスタートとなっています。つまり、契約時と比べて収入状況が全く違う状況になっているということです。

総量規制の関係もありますから、アイフルとしても収入の変化は把握しておく必要があるのです。

そして、連絡先が変わってしまうというのも問題です。もし、契約者本人との連絡が取れないという状態になれば、アイフルは勤務先に連絡をするしかありません。

勤務先に電話をしても、すでに契約者が退社してしまっていたらどうなるでしょう。アイフルは連絡する手段を失ってしまいますよね。

契約者と連絡がつかないというのは、督促をする事が出来ないという事にもなります。ですから、アイフルもリスク回避の為に新規融資を停止する手続きを行うのです。

勤務先が変わった時には、速やかに会員ページもしくはフリーダイヤルで連絡をするようにしましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルを利用できる職業は?

新着記事
ページトップへ