> > 借入限度額30万円欲しい!アイフルは90万円以上の年収が必要

借入限度額30万円欲しい!アイフルは90万円以上の年収が必要

カードローンの利用を考えた時、最低この金額は使えるようにしたい!という希望がありますよね。

仮に、30万円の借入限度額を希望した場合、誰もがその限度額を設定してもらえるわけではありません。

アイフルの場合、最低でも90万円以上の年収があることが条件となってきます。しかし、これはアイフル独自の基準ではありません。
(⇒アイフルの審査基準とは?

実は、年収と借入可能金額について法律で定められているのです。

総量規制って何?年収と借入上限金額の関係をチェック

借入限度額と年収には関係がある、それは総量規制が原因です。

総量規制とは貸金業法内で定められているもので、個人の借入上限金額を年収の3分の1までと制限しているのです。

ですから、アイフルで30万円の限度額を設定してほしいと思えば、その3倍である90万円以上の年収が必要なのです。

総量規制は、貸し手と借り手、双方を守るために設けられました。

  • 多重債務になることを防ぐ
  • 借りすぎて返済が苦しくなることを防ぐ
  • 貸し倒れを防ぐ

総量規制により借入上限金額を設定することで、貸し手には確実に返済してもらい貸し倒れを防ぐというメリットがあるのです。

また、借り手にとっても、確実に返済できる金額を借入できる、借りすぎて多重債務になる事を防ぐというメリットがあるわけですね。

アイフルの借入限度額設定の際は、総量規制を守らなければいけないため
年収の3分の1を超える限度額設定をすることは出来ない

借入できる金額は限られてしまいますが、返済が苦しくなっては意味がないですよね。

総量規制は、借入を上手に利用するために必要なものであると言えます。

契約後に返済可能かどうかの様子見?新規契約時の限度額は低め

総量規制の関係で、年収の3分の1が借入可能な上限金額となってしまうことは紹介しました。

年収90万円だから30万円の限度額設定は可能?希望しても大丈夫?そう思うかもしれませんが、そう簡単なものではありませんん。

実は、新規契約時に、総量規制ギリギリの金額が限度額として設定されることは無いのです。

総量規制ギリギリの金額は、その人が借入可能なマックスの金額ということになります。

その金額を限度額とした場合、本当に返済が可能なのか、毎月滞ることなく返済ができる収入状態にあるのか、契約前に判断することは難しいのです。

ですから、最初はどうしても低めの限度額設定を行い、返済可能かどうか、問題なく返済できるかどうか様子を見ていくわけです。

限度額は増額が可能!利用実績を積み重ねて増額を目指そう

契約時の限度額が低くても、その限度額はずっとそのままというわけではありません。限度額は増額することが可能なのです。

最初の限度額は、本当に返済可能かどうかの様子を見る目的で低めに設定されているという部分もあると紹介しました。

つまり、返済能力があるということを証明できれば、増額することも可能なのです。

増額するためには、最低でも6か月、できれば1年以上の利用実績が必要となります。

それだけの期間で問題なく返済を続けていけば、増額をしても返済可能だろうという判断をしてもらえる可能性が出てくるのです。

信用さえあれば、総量規制による上限金額まで増額することは可能です。問題の無い利用実績を積み重ねて、将来的には増額を目指していきましょう。
(⇒アイフルの増額には本人確認必要?

限度額を決めるのは年収だけじゃない!勤務先や雇用形態も重要

限度額は、申し込み後の審査によって決定されます。このとき、年収が1つの目安になる事は間違いありません。

総量規制をオーバーしないよう、注意しなければいけませんからね。

しかし、限度額を決める条件になるのは年収だけではないのです。

  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態

これらの要素が、限度額を決める為に必要となってきます。

年収が高くても、勤務先が不安定、勤続年数が数か月、雇用形態が非正規という状態では、高い限度額設定は望めません。

今の年収を継続して得られることが出来る、と判断出来ないためです。収入が安定していなければ、毎月返済し続けることが難しくなる可能性がありますよね。

ですから、勤務先や雇用状態が安定し、今後も今の収入を得られると考えられることが重要なのです。

正規雇用じゃなくても大丈夫!勤続年数が長くなれば有利に!?

限度額を決める、増額するためには、収入が安定しているかどうかが重要となってきます。

しかし、正規雇用じゃなくても希望限度額を獲得する、増額を認めてもらう事は可能です。

収入の安定性を判断する要素の1つが、勤続年数です。勤続年数が最低でも1年以上あれば、勤続年数数か月の正社員よりも審査が有利になる場合があります。

長く勤めていることで、解雇になる、転職するというリスクが少ないと判断されるのです。

パート、アルバイトでもアイフルを利用することは出来ますし、利用実績を重ねて勤続年数も長くなれば、増額も可能です。

勤続年数は出来るだけ長くして、収入が安定していることを示すようにしたいですね。

限度額の設定は総量規制だけでなく、現在収入を得ている環境も重要視される
勤続年数が長くなれば、パート・アルバイト等の非正規雇用でも
希望限度額を得られる可能性がある

アイフルでは、年収が高ければ高額限度額が設定されるというわけではありません。

その収入が安定していること、これが必要なのです。

返済遅れがブラックの原因に!?返済日と返済金額は要確認!

実際借入が可能となれば、自分の都合によっていつでも、いくらでも自由に借入ができるようになってしまいます。

この便利さ、使い勝手の良さがカードローン最大のメリットではありますが、使えるからと言ってむやみに借入してしまうと返済が苦しくなってしまう可能性が出てきます。

借入金額が増えれば、返済総額も当然大きくなってきます。返済期間が長引けば、1日ごとにかかってくる金利も膨らんでいくのです。

うっかり忘れによって1・2日返済が遅れた程度では、大きなペナルティにはなりません。

しかし、返済が苦しくなり2・3か月延滞してしまえば、ブラックになってしまう可能性が出てくるのです。

ブラックになれば、次のような支障が出てきます。

  • 新規ローン、借入の審査に通らない
  • クレジットカードが作れない

大きな買い物、出費が生じても、借りる手段がなくなってしまうわけです。

ブラックにならない為にも、借入時には返済日・返済金額をしっかりと確認し、計画的な利用を心掛けましょう。

アイフルの返済金額、返済日は返済方法によって違う!?

アイフルでは、返済方法によって返済金額と返済日が変わってきます。2つの返済方法をチェックしておきましょう。

  • 約定日制
  • 35日制

アイフルの返済方法は、この2つから選ぶようになっています。

約定日制は、毎月指定日に返済をするという方法です。返済日が何日と決まっているため、把握しやすいメリットがあります。

サイクル制は、返済日翌日から35日後に返済日が来るというものです。

毎月の返済日が決まっていないので管理は難しいのですが、約定日制よりも返済日の余裕があるというメリットがあります。

ここで、返済方法ごとの返済金額を一部紹介します。

借入後残高 約定日制 サイクル制
10万円 4,000円 5,000円
10万円超~20万円 8,000円 9,000円
20万円超~40万円 11,000円 13,000円
40万円超~50万円 13,000円 15,000円

借入後残高が増えれば返済金額が増えるというのは変わりませんが、サイクル制の方が約定日制よりも返済金額が若干高くなっています。

自分にはどちらの返済方法が合っているのか、自分がいくら借入をして、いくら返済することになるのか、しっかりと確認しておきましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルの追加融資は自宅からでもOK?

新着記事
ページトップへ