> > 利用実績6か月以上!?アイフルで融資金額増額に必要な条件とは

利用実績6か月以上!?アイフルで融資金額増額に必要な条件とは

アイフルの融資金額は増額することが出来ます。ただし、誰もが増額を認めてもらえるわけではありません。

増額するためには、契約者がクリアしておかなければいけない条件があるのです。

いずれの条件も難しいものではありません。利用実績を6か月以上作る等、事前に知っておくことで対策が可能なポイントばかりです。

増額のためにどのような条件が必要なのか、それは何故必要なのか、お伝えしましょう!

利用実績で返済能力を証明!?優良顧客であることが第一の条件

アイフルの融資金額を増額するためには、優良顧客である必要があります。何をもって優良顧客とするか、それを知っておかなければいけません。

アイフルを契約してから今までの利用実績で、優良顧客かどうかを判断しているのです。

  • 返済日に遅れたことがない
  • 適度な頻度で利用を続けている
  • 6か月以上の利用実績がある

このように、最低6か月以上定期的に借入をし、返済に遅れることなく利用を続けているということが重要となってくるわけですね。

「返済に遅れていなければ利用期間が短くても問題ないのでは?」「全く利用していなければ返済に遅れることもないでしょ?」そう思うかもしれません。

しかし、いくら期日通りの返済をしていたとしても、その利用回数・期間が短ければ長期利用をしたときも返済可能かどうかを知ることは出来ません。

1回借入をして、その分の返済が問題なかったからといって増額後の返済も問題なくできる、と判断するのは危険ですよね。

ですから、最低でも6か月以上の利用実績が必要であり、何度か借入をして問題の無い返済を続けていることが大切なのです。

アイフルの増額審査をクリアするためには、6か月以上の利用実績が必要
定期的に借入をし、その返済を期日通りに行っているかどうかが重要視される

アイフル契約後は、優良顧客と判断してもらえるように借入・返済を確実に行っておくようにしたいですね。(こちらもご参考に→アイフルの契約に関するおすすめ記事

増枠時の他社借入は最低限に!件数・金額が多いと審査で不利

増額の審査をする際には、アイフルの利用実績だけではなく他社の借入状況もチェックされます。

他社の借入状況を知ることは、今後アイフルを問題なく利用し続けることが出来るかどうかを判断することに繋がるのです。

  • 他社借入金額が多ければ、返済金額も大きくなっている可能性がある
  • 他社借入件数が多ければ、返済日が色々あることが考えられ
    返済日管理が煩雑で遅れてしまう可能性がある
  • 他社借入が増えていれば、現在の収支状況が厳しくなっている可能性がある

このように、他社借入金額・件数を知ることで返済能力を判断していくわけです。他社借入状況は、個人信用情報をチェックすれば簡単に知ることが出来ますね。

また、個人信用情報をチェックすれば、他社借入金額だけでなくその返済状況も知ることが出来ます。

アイフルの返済に問題が無くても、他社の返済に遅れがあるようであれば、やはり返済能力が不安視されるということで審査に通らない可能性が高くなるわけです。

増額申し込み時には、他社借入が無いことが理想です。

実際借入していなくても、他社の限度額設定があれば借入しているのと同義となってしまいます。

もし他社借入をゼロに出来る、解約できるということであれば、事前に対応しておきたいですね。

他社借入・返済の状況が増額審査に不利に働く場合がある
出来るだけ金額・件数を減らしておくようにしよう

増額審査には、アイフルの利用状況だけではなく他社の利用状況も大きく影響するということを知っておきましょう。

総量規制でNGになるかも!?他社借入金額との合計額をチェック

他社借入件数が1件、その金額も10万円程度と少額だったとします。

この場合は審査で不利にならないか、問題視されないかと聞かれれば、そう言い切れない部分もあります。

それは、他社借入金額とアイフルの融資金額の合計金額が総量規制に達してしまう可能性があるためです。

年収150万円の人の場合、総量規制による借入金額の上限はその3分の1である50万円となりますよね。

アイフルの限度額と、他社借入金額を合計した金額が50万円を超えないようにしなければいけません。(こちらもご参考に→アイフルの借入額はどう決まる?

アイフル限度額 他社借入額 新規借入可能額
30万円 10万円 10万円
30万円 20万円 0万円

アイフルからの融資金額を増額しようとしても、他社借入金額との合計がすでに総量規制に達していたとすれば、これ以上増額することは出来ないのです。

増額申し込み前には、他社借入金額とアイフルの限度額の合計が、総量規制に対して余裕があるかどうか確認しておく必要があるのです。

増額申し込みのはずが減額!?契約時との状況変化には要注意

アイフルで増額を申し込んだのに、審査を受けてみると減額となってしまう、新規借入停止となってしまう可能性があります。

それは、次のようなことが原因であると考えられます。

  • 契約時よりも年収が低下している
  • 転職をして勤続年数が短くなった、収入が不安定になっている

契約をしてから時間が経過していると、勤務先の状況が変わってしまったり転職をしてしまったりという場合はありますよね。

転職をすることで年収がアップし、これからもその収入が維持される、安定して得ることが出来ると判断されれば問題はありません。

しかし、業界が不安定であったり雇用形態が非正規であったりすれば、収入の安定性に不安があると考えられてしまいます。

そうなれば、今の限度額利用で返済が滞る恐れがあるとして減額されてしまう可能性が出てくるわけです。

年収低下により、総量規制の限度額も少なくなりますから法的にも限度額を引き下げることは考えられますね。

増額が行われるためには、契約者本人に返済能力があるということが絶対条件です。

年収、勤務先が変われば、アイフルの判断も変わってくる可能性があるという事は知っておきましょう。

来店する必要なし!増額はインターネットで申し込み可能

アイフルで融資金額を増額したい場合は、インターネットで申し込みをしましょう。

インターネットでの申し込みは、24時間可能です。自分の都合に合わせて申し込みをしましょう。

会員ページにログインすれば、増額申し込みのページがあります。申し込み後は審査が行われ、審査に通ればインターネットでの手続きが可能です。

申し込みから手続きまで、全てインターネットで行う事が出来るので店舗へ行く必要はありません。

平日は仕事で時間がない、担当者と話をするのは抵抗がある、そんなあなたも安心して申し込めますよ。

【参考ページはこちら】
アイフルの増額は電話からでもできる?

新着記事
ページトップへ