> > 審査は厳しい?アイフルで増枠したいならココを押さえておこう!

審査は厳しい?アイフルで増枠したいならココを押さえておこう!

アイフルの限度額、増やすことが出来るという事は知っていますか?今の限度額じゃ不満だ!そう思ったら増枠手続きをしましょう。

ただし、増枠をするためには審査を受けなければいけません。アイフルの審査は厳しい?誰でも通るものなの?
(⇒アイフルの限度額を左右するポイント

そんな疑問を持つあなたの為に、「ココさえ押さえておけば大丈夫!」というポイントを紹介しましょう。

審査が厳しいわけじゃない!?最低限クリアしておきたい点とは

審査に通るためには、いくつかクリアしておきたいポイントがあります。その中でも、最低限ココだけは押さえておきたい!というポイントがあるのです。

それが、借入・返済に問題を起こしていない利用実績です。アイフルを利用していれば、その実績が作られていきますよね。

アイフルと契約をして、借入が出来るようになります。そうなれば、ほとんどの人が借入をしますよね。借入をすれば返済も始まるわけです。

借入・返済の状況が利用実績として、アイフル側に情報が登録されていくわけです。

  • 何度借入をしているか
  • いつ返済しているか
  • 返済は期日が守られているか

増枠の審査時にはこれらをチェックして、問題がないかどうかを判断します。返済期日を守り、しっかりと返済していることが何よりも重要なのです。

アイフルも、確実に返済してくれる人にお金を貸したいと思いますからね。今の時点で、すでに返済遅れが繰り返しているようであれば増枠は厳しいと考えましょう。

借入回数が少なければ不利!?審査通過には定期的な借入実績が必要

いくら返済期日を守っていても、借入回数・頻度が少ない場合は審査で不利になることもあるということを覚えておかなければいけません。

利用をしていなければ、当然返済することはありません。利用実績自体は問題の無いものだと言えます。

しかし、それでは増枠の審査をクリアすることは出来ません。なぜなら、返済能力があるかどうかを判断することが出来ないためです。

増枠が認められるのは、今の限度額より大きな金額を借入しても、しっかりと返済することが出来ると判断された人のみです。

今の限度額で利用を続け、1度も返済遅れがないということであれば、返済能力は信用できるものですよね。

しかし、数回しか利用していない、その数回の返済は問題なく行えた、という程度では、本当に返済能力があるかどうか確信を持てません。

長く利用を続けている、定期的な利用をしている、返済に遅れることなく利用できている、これが重要だという事ですね。

増枠審査では、定期的に借入を続けて返済に問題がない利用実績が重要
増枠しても返済可能だと判断してもらう必要がある

アイフルの増枠審査をクリアするために最も重要となるのは、増枠しても返済可能である、返済に遅れることがないと証明できることです。

まずは、返済に遅れないよう、継続してアイフルを利用するようにしていきましょう。

勤務先が変わっても連絡してない!それ、審査で落ちる要因かも

増枠審査では、今の収入・勤務先がどうなっているかどうかもチェックされます。契約時と変わっていないのであれば、問題視されることはありません。

ただし、勤務先が変わっているのにも関わらず、アイフルへの連絡をしていない場合は要注意です。

勤務先が変わったことを連絡していないと、審査で不利になってしまう事があるのです。

アイフルとしては、利用者と連絡が取れなくなってしまうと困ってしまいますよね。

返済が滞った時の督促ができなくなる、つまり、貸し倒れになってしまうリスクがあるわけです。

  • 勤務先の変更
  • 住所の変更
  • 連絡先(電話番号)の変更

これらが生じた場合は、速やかにアイフルに連絡するようにして下さい。

増枠審査で、勤務先等の変更があったのに連絡がないという事が判明すれば、連絡が取れなくなる可能性があると不安視されてしまいます。

勤務先や住所が変わった時はアイフルに連絡をしよう
連絡していないと、連絡がつかなくなる可能性があるとして
増枠審査で不利になる場合がある

不安要素が多くなれば、審査をクリアできない可能性が高まります。

ですから、不安要素を減らすためにも、契約時との変更点があればアイフルへの連絡を忘れないようにしておきましょう。

増枠審査でも在籍確認することがある!

増枠審査をするときにも、勤務先への在籍確認をする場合があります。勤務先が変わっていないか確認する目的があるわけです。

在籍確認の内容は、新規契約時と変わりません。勤務先に電話をして、契約者が勤めていることが分かればOKです。

不在でも、休んでいても、在籍が確認できれば何度もかけ直すことはありません。もちろん、アイフルの社名を名乗ることもありません。

在籍確認は必ず行われるわけではありませんが、アイフルとしても勤務先を確認することは収入を確認する事と同義です。

在籍確認は受ける必要がある、と認識したうえで増枠の申し込みをするようにしたいですね。

事前の準備でスムーズな手続きを!増枠時に必要になる書類とは

増枠の手続きの際、提出が必要になる書類があります。それが収入証明書です。

アイフルは消費者金融ですから、総量規制の範囲内での貸し付けをしなければいけません

増枠をして限度額が増えれば、総量規制の範囲に収まっているかどうかをチェックしなければいけないこともあります。

収入証明書は増枠の際、必ず提出を求められるわけではありませんが、要求されたときに提出できなければ手続きが進みません。

収入証明書として認められる書類を確認し、準備しておくようにしましょう。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書

これらの書類ですね。比較的用意しやすいのは、給与明細書でしょうか。

しかし、給与明細書を提出する場合は、以下の条件を満たさなければいけません。

  • 直近2か月分
  • 発行年月、氏名、勤務先、総支給額が記載されている
  • 上記記名が無い場合は、勤務先の社員もしくは社判がある

収入証明書の提出が必要と言われたときに慌てず済むよう、提出の可能性があるという事を把握しておきましょう。

収入証明書の提出が必要なタイミングは他にもある!

収入証明書の提出は、新規契約時、増枠審査時のみの提出となるわけではありません。

他にも、収入証明書の提出が必要となるタイミングがあるのです。

  • アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
  • 他社借入金額との合計が100万円を超える場合
  • 収入証明書を前回提出した時から3年以上経過している場合

増枠をすれば、アイフルの利用限度額だけで50万円を超えることがあるかもしれませんし、他社借入との合計が100万円を超えることもあるでしょう。

だから、収入証明書の提出が必要となるケースが出てくるわけです。

その他のタイミングとしては、収入証明書を前回提出してから3年以上経過してしまった場合というものがあります。

3年経過していれば、収入が大きく変わっている可能性があるためですね。

収入証明書の提出を求められた際は、速やかに提出するようにして下さいね。

その増枠って本当に必要?自分の返済能力をしっかり考えよう

増枠が実現すれば、今よりも借入できる金額が大きくなります。そうなれば、返済金額も増えていくわけです。

その増えた分の返済を、今まで通り返済期日に遅れることなく返済できるのか、生活は苦しくならないか、それをしっかりと考えておきましょう。

アイフルの増枠審査自体は、特に厳しいものではありません。最低限のポイントをクリアすれば、問題なく増枠できるでしょう。

だからこそ、自分自身でしっかりと返済について考えておく必要があるのです。

増枠後、自分がいくら借入をしていくら返済することになるか、しっかりとシミュレーションしておきたいですね。

アイフルの返済シミュレーションは、ホームページで行う事が出来ます。

借入できる金額増えるからこそ、無理なく返済できる金額を借入するように気をつけておきたいですね。

【参考ページはこちら】
アイフルの契約の流れを知りたい!

新着記事
ページトップへ