> > アイフル申込み前に知りたい!審査時の希望限度額の意味と決め方

アイフル申込み前に知りたい!審査時の希望限度額の意味と決め方

アイフルに申し込むとき、「希望限度額」について聞かれることを知っていますか?

試しに申込み画面を見てもらうと分かりますが、申告が必須となっている重要項目です。

つまり「これに答えないと申し込み手続きが先に進まない」わけですが、すぐに答えられそうですか?

適当に答えておけば先に進めますが、実際にこれはアイフルで借りる上で重要な条件です。

申告した希望限度額によっては、審査への影響もあります。

申し込み前に知っておきたい、希望限度額の意味や決め方についてご紹介していきます。

希望を聞かれるのも納得!?限度額はアイフルの使いやすさに直結

まず最初に、「そもそも限度額ってなんなのか?」について、ご紹介していきます。

この「限度額」の条件によって、アイフルのキャッシングの使いやすさは格段に変わります。

その重要性がわかれば、審査時に希望を聞かれる理由も、見えてくると思いますよ。

限度額とは、アイフルで借りれる金額の上限のこと

限度額について知るためには、アイフルのキャッシングサービスの仕組みを知る必要があります。

アイフルでお金を借りる」というのは、次のような形でサービスを利用することになるのです。

  • 借入前にアイフルへの連絡は不要
  • 借入額は利用者が自分で決めていい
  • 借りれる金額は、「限度額」まで

まだアイフル、もしくは似たようなキャッシングサービスを一度も使ったことがない方は、ぜひこの機会に使い方を確認してみてください。

アイフルのキャッシングは、一度契約を終えてしまえば、好きな額を好きなときに借りることができます。

実際にお金を借りるときに、いちいちアイフルの許可をもらわなくていいので、非常に楽です。

しかし、借金である以上、借りれる金額には限度があるはずですよね?アイフルも、もちろん無制限に借りれたりはしません。

その限度を決めているのが、「限度額」になるわけです。

限度額によってアイフルの使いやすさは大違い!

つまり、限度額まではかなり自由にお金を借りれるけど、そこまでしか借りれるようになっていないということです。

これが、アイフルのキャッシングサービスの仕組みなのですね。

ちなみに、限度額は最大500万円までの間で設定できます。

同じアイフルのキャッシングでも、限度額によって、まったく違うサービスに思えるかも…?

限度額 アイフルから借りれる金額
10万円 1,000円~10万円
500万円 1,000円~500万円

限度額が10万円なら、最大でも10万円までしか借りれませんが、500万円なら1,000円から500万円まで借りれるサービスになります。

同じサービスとは思えない違いですよね(笑)。

このように、アイフルは「限度額」によって、借りれるお金が大きく変わります。お金を借りたい人にとっては、非常に大事な条件ですよね。

限度額がいくらになるかで、使いやすさも大きく変わります。そんな重要条件だからこそ、審査時に希望を聞いてもらえるのです。

限度額は、本人の属性と希望によって決められる

限度額によって、アイフル契約後に借りれる最高金額が決まるのですから、100%本人の希望だけで決められることはありません。

アイフル契約前の審査で、本人の「属性」を見た上で、利用者に合っている限度額を決められます。

「属性」とは、借金を返すために必要な肩書きや立場のことで、次のようなものです。

  • 年齢
  • 仕事
  • 年収

簡単なチェックですが、これらが調べられ、利用者の属性に合った限度額が決められます。

年収100万円の人なら、だいたい30万円程度の限度額が、最高額になります。

借金に関することなので、自分の身の丈に合った限度額までしか、許してもらえません。

ただし、もちろん本人の希望限度額も聞いてもらえます。

  • 希望限度額は審査時に聞かれる
  • 審査の結果次第では希望が通る

限度額はどうしても審査結果が優先されますが、希望が通ることもありますので、自分の希望限度額はもちろん伝えておきましょう。

アイフル契約後に借りれるのは限度額までですから、自分が借りたいと思っている金額以上のものを伝えたいところです。

自分が借りたいお金 伝えるべき希望限度額
10万円 10万円以上
20万円 20万円以上

このように、アイフルの審査時に聞かれる「希望限度額」は、かなり大事な条件です。

希望が通るかはともかく、意味を知った上で、自分が必要な金額は必ず伝えておきましょう。

アイフルの審査にも影響!希望限度額は妥当な金額がオススメ

「限度額」の意味や、アイフルの審査時に希望限度額を聞かれる理由をご紹介しました。

希望限度額の重要さがわかれば、今度は「とにかく多めに答えておけばいい」と、思うかもしれません。

しかし、希望限度額は審査の難易度や手続きにも影響します。無謀なまでに高い金額を希望するのは、オススメしません。

希望限度額は、過不足ないものが妥当だという理由をご紹介しましょう。

希望限度額が高いほど、審査が難しくなり、手間も増える

限度額を多めにしておけば、とりあえず自分が欲しい金額をアイフルで借りやすくはなります。

希望が通るかどうかはともかく、多めに応えておいて損はありませんよね。

しかし、意味もなく多めの金額を希望するのは、審査の難易度に影響する恐れがあります。

項目 内容
審査の難易度 希望額による
慎重審査になる基準 50万円以上

なんとなく感じるかもしれませんが、借入審査は、希望する借入額が大きくなるほど難しくなります。

同じアイフルへの借入希望でも、金額が違えば、意味合いも違ってきますよね。

  • 1万円借りたいとき
  • 100万円借りたいとき

同じ借入希望でも、どちらの方が審査が厳しくなると思いますか…?

1万円の借入希望よりは、100万円を希望しているときの方が、厳しい目で見られてしまいますよね。

もちろん「言うだけはタダ」ですが、明らかに必要ない高額な金額を希望するのは、何かと面倒ですのでオススメできません…。

アイフルの審査が慎重審査になりやすい目安も覚えておくといいでしょう。50万円以上の希望は要注意です。

慎重審査になると、審査時の必要書類も増える

高額な限度額を希望して慎重審査になると、必要な書類も増えることになります。

アイフルのキャッシングは、少額利用の範囲なら収入証明は不要ですが、慎重審査になると提出が必要になってくるのです。

  • 自分の収入を証明する書類
  • ローン契約時にはよく求められる書類

収入証明とは、自分の収入を公的に証明する一部の書類のことです。

身分証明書と並んで、お金を借りるときには求められることの多い書類です。

たとえば、以下のような書類が「収入証明書」になります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

用意できないほど厄介な書類ではありませんが、運転免許証ほどいつも持ち歩いている書類でもありませんよね。

必要のない高額希望をして慎重審査になってしまうと、書類を揃える手間も増えてしまうわけです。

ちなみに、少額の限度額の希望なら、身分証明書だけしか求められないことが多いです。

この手軽さこそ、アイフルの利点なんですよね。必要のない高額な限度額を希望すると、その利点をなくしてしまいます。

以上のような理由から、「とりあえず高額限度額を希望しておけばいい」というスタイルは、あまりオススメできないのです。

なるべく自分の必要な金額に、過不足なく合わせた方が便利です。

目安は簡単!アイフルへの希望限度額は年収を3で割ればOK

アイフルの希望限度額は、審査の難易度や手続きにも影響することをご紹介しました。

希望限度額が少なすぎると欲しい金額を借りれず、かといって希望が高すぎると審査が面倒に…。

じゃあどれくらいの希望額がちょうどいいの?と、思いますよね。

自分の身の丈にあったアイフルの希望額は、実は簡単に計算できます。目安と計算方法をご紹介していきます。

アイフルでは年収の3分の1までしか借りれない

アイフルは審査時、利用者それぞれの年収や仕事などから、限度額を決めているとご紹介しましたよね。(こちらもご参考に→アイフルの借入額はどう決まる?

この審査時、アイフルはどういう基準で「利用者それぞれにちょうどいい限度額」を決めているのでしょうか?

思いつきで適当に決めている…なんてことはありません。ちゃんと基準があります。

  • 「利用者の年収の3分の1」の金額が一つの目安
  • 総量規制という法律の関係による基準

大きな基準は、利用者の年収です。

アイフルで借りるためには、年収が必要です。その年収を3で割った額が、アイフルで借りれる金額の目安になります。
年収 目安となる限度額
100万円 30万円
300万円 100万円
1500万円 500万円

このように、年収から自分にちょうどいいと思われる限度額は、簡単に計算できます。

なぜ、そのような決まりになっているのでしょうか。

「総量規制」という法律があり、貸金業者はこの基準以上にお金を貸してはならないと決まっているのです。

この法律の関係から、アイフルで借りれる金額の目安は、利用者も簡単に計算できるのです。

アイフルへの希望限度額は、法律の規制額を超えない範囲で

総量規制のことを知れば、アイフルへの希望限度額として、ちょうどいい金額もわかりますね。

  • 目安額をまず計算
  • 目安額より低めにするのもオススメ

「年収を3で割るだけ」という非常に簡単な計算でいいため、自分がアイフルから借りれる限度額は、簡単に計算できます。

まずは、その目安額を計算し、超えないことが大事です。

目安額の範囲内での希望限度額なら、希望限度額がそのまま通ることが多いでしょう。

また、総量規制とは、個人が借りれる最大額を決めているだけで、そこまで借りないといけないわけではありません。

自分の目安額より、もっと低い金額でもいいなと思えば、そちらに合わせるのもOKです。

目安限度額 自分の借入希望額 アイフルへの希望額
30万円 10万円 10万円
100万円 30万円 30万円
自分の年収的に問題ない金額だったとしても、高額な限度額を希望すると、それだけ審査や手続きが面倒になるのは、ご紹介した通りです。

必要ないと思えば、なるべく抑えめの希望額にしておくと、審査や手続きが楽になりますのでオススメです。

以上のように、ちょうどいい希望限度額は、自分でも簡単に計算できます。

アイフルへの希望限度額を決めるときの参考にしてみてください。

過不足のない希望限度額がベスト!アイフル利用前に知りたい基本

アイフルに申し込むとき、希望限度額を聞かれたとしても、もう大丈夫ですね。

希望を聞かれる意味や、ちょうどいい答えについて、まとめておきましょう。

  • 限度額はアイフルのサービスの重要条件
  • 希望限度額を聞かれた時に過不足ない答えを
  • 年収を3で割った金額が目安

なんといっても、限度額はアイフルを利用する上で重要な条件ですので、「適当に答える」なんてのはオススメしませんよ。

自分が欲しい金額より少し多めに答えるのはいいですが、行き過ぎると審査に影響するので、過不足ない希望がやはりベスト。

法律の関係で、自分にあっている限度額の計算も簡単です。

以上のことを参考に、自分に合っている限度額を考えてみてください。

結局は、過不足なく自分に合っている希望限度額がベストです。

  • 審査時に余計な手間を取られない
  • アイフル契約後に必要なお金を借りれる

法律の基準に引っかからない範囲で、自分の希望する借入額を尊重してください。

それが一番、アイフルを便利に使う方法になります。

【参考ページはこちら】
アイフルなら借入額アップも簡単!

新着記事
ページトップへ