> > 他社借入中にもアイフルは借りれる!確認したい借入のルール

他社借入中にもアイフルは借りれる!確認したい借入のルール

他社で借入中に、アイフルからさらにお金を借りることはできると思いますか?

すでに借金を背負っている人がさらに借金をするって、なんだか難しそうですよね。

しかし、他社で借入があるからといって、アイフルがすぐに使えなくなると決まってはいないのです。

もちろん、他社借入が原因で、アイフルから借りれなくなることもありますけどね。

大事なのは、アイフルで借りれるかどうかは、なんとなくで判断されてはいないということ。

他社借入があるとき、アイフルを使える見込みについて、ご紹介していきます。

他に借金があってもOK!他社借入中でもアイフル利用は可能

まずは、他社借入があっても、アイフルを使える見込みについてご紹介していきます。

アイフルが利用者にやっている審査や、まだアイフルを追加利用できるような状態について、確認しましょう。

他社借入があっても、アイフルの審査に受かれば問題ナシ

「すでに借金があるのに、さらに新しい借金をする」

このように言われると、他サービスで借り入れがある中で、アイフルを使うのは難しいように感じますよね。

しかし、アイフルは正規のキャッシングサービスです。お金を貸す・貸さないの判断を、何となくで決めたりはしません。

  • 客観的な審査をしてもらえる
  • その他の借金の状況次第では借りれる

他に借金があっても、普通に申込みは可能です。そして、審査の結果が大事。

現在借入中のその借金も含めて審査され、問題がないと思われれば、アイフルで借りることができます。

つまり、他社借入があっても、問題は結局「アイフルの利用審査に受かるかどうか」なんですね。

審査の結果 アイフルでの借入
合格 借りれる
落ちる 借りれない

すでに借金があったとしても、アイフルの利用の判断について、話は非常にシンプルです。

アイフルの審査は簡単!?

他社借入があっても、つまりはアイフルの審査に受かればいいわけですが、アイフルの審査は難しいのでしょうか?(こちらもご参考に→アイフルの審査基準は甘い?

いいえ、アイフルの審査はキャッシングサービスの中でも簡単な方です。

  • 消費者金融は審査が簡単
  • 他社借入があっても期待できる

審査の難しさは、どちらかといえば銀行のキャッシングの方が難しいと言われています。

それに比べれば、消費者金融系であるアイフルの方が、まだ簡単です。他社借入がある中で受けるサービスとしては、期待できます。

審査で見られているのは、主に年収などですね。年収額と借金額のバランスが大事です。

借金の額が、年収に比べて小さければ、借金があってもアイフルの審査を通過できることが多いです。

審査を受けるだけなら誰でもできますので、まだ借りれると思うなら、試しに審査を受けてみるといいですよ。

アイフルの審査に受かることが多い他社借入の状況

アイフルの利用に支障がでないような借金とは、どんなものでしょうか?

この程度ならアイフルの審査に受かることが多いよ、という他社借入の例をいくつかご紹介しておきます。

  • 他社借入は1件しかない
  • カードローン契約だけで借入はない
  • 少額の借金で返済も進んでいる

この程度の状態なら、他社借入分があっても、アイフルで借りれることが多いです。

ちなみに、「契約しているだけで使っていないカードローン」も他社借入になるの?と、思いますよね。

審査時には、たとえ利用がなくても、契約中のカードローンは他社借入としてカウントされます。

審査時の申告が必要ですし、申告しなくても調べればわかってしまいます。

審査への影響は少ないですが、借入審査時の基本的なルールとして、一応知っておきましょう。
(⇒アイフルの審査基準とは?

万が一、審査で問題になるようなら、不要なカードローンは解約の上で、アイフルに申し込んでください。

他の借金のせいでアイフルの借入金は減る!?知っておくべき影響

他に借金があっても、アイフルは使えるということをご紹介しました。

しかし、借りれるといっても「いくら借りれるのか?」は、また別の話。

この部分は、「すでに借金を抱えている」という条件が、かなり影響するポイントです。

借金がある時、アイフルから借りれる金額について、ご紹介していきます。

希望した借入額が通るかどうかは別

他社借入の状況によっては、アイフルの利用審査を通過し、新しく借入することは可能です。

ただし、「いくらまで借りれるのか?」については、他社借入分がどうしても影響してきます。

やはり、借金の問題ですので、利用者に貸す金額についてはシビアに判断されています。

現在、他社で借りている金額はカウントした上で、アイフルから貸せる金額が計算されます。

つまり、現在借りている借金があるせいで、アイフルから借りれる金額は少し減ってしまうということです。

例を出しましょう。

項目 金額
本来借りれた金額 30万円
現在借りている借金 10万円
アイフルで新規に借りれる金額 20万円
何も借金がなければ、アイフルから30万円は借りれた人でも、借金が現在10万円あれば、アイフルでこれから借りれるのは20万円だけ…。

このように計算されることが多いということです。

知っておきたい貸金サービスの判断基準

なぜ、他に借金があるとアイフルでの借入金を減らされてしまうのでしょうか?

それは、返済のことが考えられているからです。

  • 借金は必ず返済が必要
  • 他社返済分を見越してアイフルの借入金が計算される

他社借入があれば、必ず「他社返済金」が必要になることを、アイフルも重々承知なのです。

他社に返済しないといけないお金は、本人の収入から差し引いて考えないと、貸したお金を回収できなくなるかもしれませんよね?

ありえない例ですが、「100万円の借金を背負っている、年収100万円の人」って、新しく借金をしたとしたら、返せると思いますか?

返せないですよね。今のは極端な例でしたが、考え方は同じです。

ですから、先程ご紹介したような形で、アイフルで借り入れできる金額を減らされるわけです。

他社借入があってもアイフルで借りれることはありますが、アイフルで借りれる金額が希望通りにいくかは、分けて考えるようにしてください。

借り過ぎている人は要注意!アイフルを利用できなくなるケース

借入金額がいくらになるかはともかく、他社借入があってもアイフルで借りれることはご紹介しました。

しかし、他社借入が原因で、アイフルから利用を断られることも、もちろんあります。

最後に、他社借入のせいでアイフルの利用が難しくなるケースについても、ご紹介しておきます。

借り過ぎはNG!借金の金額や数に要注意

他社借入が原因で、アイフルの利用が難しくなる状況と言われると、なんとなく想像がつくかもしれませんね。

「え?そんなに借りて大丈夫なの?」と、素直に思うような状態です。

  • 借金の金額が大きすぎる
  • 借金の件数が多すぎる

上記のどちらの条件も、アイフルの利用審査では評価が悪くなり、落とされることが多くなります。

もちろん、アイフルの審査は何となくの雰囲気でやっているわけではありませんが、それでも上記の状態では、通過は難しいです。

問題 審査に落ちる理由
借入金額が大きい 本人が返済できる範囲を超えている
借入件数が多い 本人が扱える件数を超えている

簡単にいえば、「今抱えてるその借金だけで、返済が限界でしょ」と、アイフルから判断されるということです。

このような状態では、他社借入が原因で、アイフルの利用を断られることになります。

滞納がないことが必須

また、他社借入がある状態でも、アイフルから新規に借りるためには、絶対に注意すべき条件があります。

それは「滞納歴」です。

  • 滞納歴は審査で致命的な悪印象
  • 審査が簡単なアイフルでも審査落ちに

皆さんもぜひ想像していただきたいのですが、自分がお金を貸したとして、そのお金をちゃんと返してもらえなかったとしたら…?

貸した相手にもよると思いますが、なんとなく感じ悪いなと思いませんか?

日常感覚でもあまり印象のいいことではありませんので、商売としてお金を貸しているアイフルの審査では、まさに致命的です。

アイフルはそこまで審査が厳しいサービスではありませんが、滞納歴がある人で受かることはまずありません。

他社借入がある状態で、さらにアイフルから借りたいなら、滞納歴がないことは絶対に必要です。

滞納歴は簡単に調べられてしまう

滞納歴と言われて、ドキッとしてしまった方、おられませんか?(笑)

「黙ってればわからないのでは?」と、思うかもしれませんが、それはNG。

項目 ポイント
借金の記録 専用の情報センターに保存
滞納歴の記録期間 5年程度

借金を利用した時の返済歴は、専用の情報センターに記録され、過去数年間の記録を調べられたりします。

アイフルの審査では、間違いなくこの記録を参考にされます。

  • 他社借入の状況は一目瞭然
  • NGな記録があると必ず審査落ちに

最初にご紹介した「他社での借入額」や「借入件数」も、すべてこの記録に載っています。

他社借入があるとき、アイフルを使える状態かどうかは、黙っていてもばれてしまうのです。ごまかすことはできません。

かなり厳しいですが、これがアイフルを使う上では避けられない、借入の基本的なルールなのですね。

返済できるならOK!他社借入中にアイフルで借りるポイント

日常感覚では難しそうに思う、「他社借入がある中でのアイフル利用」ですが、可能です。

基本的なポイントは、以下のものでしたね。

  • 審査に受かればアイフルから借りれる
  • 借入金額は他社借入分を含めて考えられる

借りれる金額に若干の影響があるものの、他社借入があってもアイフルで借りることは可能です。

要は、アイフルの利用審査に受かるかどうかが重要。

アイフルを利用するまでの流れは、他社借入があってもなくても、同じなのです。

他社借入があっても、まだアイフルで借りたいと思うことがあれば、審査に申し込んでみてください。

結局、返済が重要!?

もう少し踏み込むと、「アイフルでさらに借りたとして、返済はできるのか?」が、問題だとも言えますね。

利用者の返済力 アイフルの判断
今ある借金で限界 審査に落とす
まだ返済できる 返済できるだけ貸す

審査に落ちる場合としてご紹介したケースがありましたが、結局「返済できるかどうか怪しい」と、アイフルに思われたら落ちるということ。

そして、まだ借りても返済できる人だなと思われれば、アイフルから借りれるものの、借入金額は減らされます。

結局は、返済のことを考えて、判断されているのです。

他社借入がある人は、返済のためにお金を持っていかれますから、よりシビアに、返済のことが見られていると思っていてください。

他社借入がある状態で、アイフルから借りれるかどうかは、返済できるかどうかがすべてなのです。

他社借入がある中でアイフルを使えるかどうか悩むときは、このポイントから考えてはいかがでしょうか?

【参考ページはこちら】
アイフルの仮審査に通ったら借入可能は確定?

新着記事
ページトップへ