> > アイフルはこう考える!給与明細審査の評価について

アイフルはこう考える!給与明細審査の評価について

アイフルにしても他の消費者金融や銀行系カードローンにしても、どこかで必ず給与明細が必要になってきます。

いわゆる給与明細審査の評価なんですけれども、これはどういうふうに消費者金融などは考えているのでしょうか。

アイフルは大手ということもあって、給与明細審査の評価を厳しく考えているのか甘く考えているのかを見てみましょう。

また他の消費者金融や銀行系カードローンはどう見ているのか?というのも合わせてみていきましょう。(こちらもご参考に→アイフルと銀行カードローンの違いとは?

消費者金融や銀行系カードローンにとっての給与明細とは

そもそも消費者金融などの業者にとって給与明細というのはどういう立場の書類になるのでしょうか。

消費者金融や銀行系カードローンはどこかで給与明細を必要とするところが出てきますが、それは業者によって違います。

例えば有名な消費者金融の場合はこのように給与明細を要求するタイミングになっています。

アイフル アコム モビット
アイフルで50万円の借入を超える場合
または他社と合わせて100万円を超える場合
審査の過程で都度依頼された場合
他社を含め100万円を超える借入の場合
アコムで50万円の借入を超える場合
申込時

というようになっています。かなり業者によってばらつきがありますが必要だというのがわかります。

アイフルは他社と合わせて総額の借入金額が100万円を超えるとき、もしくはアイフルで50万円を超えるときに必要です。

もちろんこれは収入証明ですから、給与明細以外でも可能です。ただ、給与明細が最も多く使われているでしょう。

もう一つ気をつけたいのが審査の過程で必要とする場合ですが、これは怪しいと思われたりすると要求されます。

例えば働いている会社がしっかりしている場合や信用できる場合には必要とされません。

しかし過去にトラブルを起こしたとか信用しづらい場合などに要求されると思っていいでしょう。

モビットの場合は最初から必要書類になっているので、最初から持っていかないと借入自体ができないでしょう。
(⇒アイフルとモビットを徹底比較!

銀行系カードローンは給与明細審査の評価のタイミングは

では銀行系カードローンはどうなっているのでしょうか。有名な業者を中心に見てみましょう。

レイク みずほ銀行カードローン バンクイック
100万円を超えるとき 200万円を超えるとき 100万円を超えるとき

このようになっています。銀行系カードローンのほうが消費者金融よりも収入証明の提出タイミングが遅いのです。

しかしどうしてこんなに遅いのでしょうか?それはそもそもの銀行系カードローンの性質にあります。

銀行系カードローンと消費者金融では銀行系カードローンのほうが審査が厳しいと言われていますがこれは事実です。

審査が厳しいということはそれだけ審査を通るには安定して高い収入を得ていないといけないわけです。

つまり銀行系カードローンの審査に通るくらいの人はある程度信用があるのです。だからタイミングは遅いのです。

もちろん給与明細審査の評価としては安定性と収入の高さを超えていないと増額申請では落とされるでしょう。

この辺りの審査の厳しさというのも大きく関わっているために提出のタイミングが違うというわけです。

アイフルの給与明細審査の評価は厳しい?甘い?

このようにアイフルの給与明細審査の評価と言うのは比較してみると、丁度真ん中あたりになります。

最初から必要な消費者金融もありますし、100万円を超えるまで必要な銀行系カードローンもあります。

ちょうどその真中くらいになるわけですが、このアイフルの給与明細審査の評価というのは厳しいのでしょうか、甘いのでしょうか。

アイフルの給与明細審査の評価ははっきり言ってさほど厳しいものではありません。形式的な場合も多いです。

例えば400万円くらいの収入があれば、問題なく借入も返済も出来るでしょうが、提出は必要です。

口頭で本当のことを言っても、ちゃんと書類が必要なのです。この場合は形式的なものと思っていいでしょう。

ぎりぎりの場合、例えば総量規制で言えば200万円くらいの収入の人は67万円くらいまで借りられます。

この場合は50万年を少し超えるくらいまで借りられるわけで、結構返済できな可能性も出てくるでしょう。

こういう場合は形式的なものではなく、ちゃんと返済できるのか?というのを見られるでしょう。

もちろんギリギリでも通る人もいればとおらない人もいますので、そのあたりは十人十色と言えます。

収入証明がなぜ中小の消費者金融にはないのか

さて、余談になるかもしれませんが、中小の消費者金融の中にはこういった収入証明の提出が必要ないところも多いです。

ヤミ金などは完全にそういったものがないので、追い込まれている人が借りてしまうわけです。

しかし大手ではしっかりと給与明細審査の評価をしているのに、なぜ中小の業者はしないのでしょうか。

それはそういった給与明細審査の評価を審査に入れてしまうとお客さんがこなくなるからです。

ちゃんと審査はしたいのですが、できるだけ緩くしておかないと中小の業者に借りに来る人がいなくなります。

ただでさえ大手の方が安心感や知名度で有利ですから、どうしても緩くしてお客さんを増やさないといけないのです。

もちろんやっているところもありますが、それも形式的な場合が多く、少額ならすぐに貸してしまうでしょう。

これはもう中小企業と大企業の消費者金融では考え方がかなり違うというわけです。

こんな人は給与明細審査の評価が低い!というパターン

ではこういう場合は評価が低くなる!アイフルに嫌われる!と言ったパターンの人を紹介しましょう。

アイフルの基本的な考え方としては下記の二つがあります。給与明細審査の評価でもこの軸で考えています。

  • 収入が安定しているかどうか
  • 生活ができ、余裕のある収入があるかどうか

つまり収入が安定しているか、そして収入が高いかどうかを見ていると考えて下さい。

もちろん総量規制の対象なので、最初から総量規制を超える借入の場合は審査にとおらないと思っていいでしょう。

収入が安定していない、転職を繰り返すパターン

まず嫌われやすいパターンとして、転職を繰り返している人はなかなかアイフルで借りにくくなるでしょう。

もちろんアイフルは履歴書を見て「この人は貸してもいい」と面接をするわけではありません。

しかしアイフルには給与明細審査の評価として、2ヶ月分の給与明細を渡す必要があります。

それが難しい場合には住民税の決定通知書や源泉徴収票などを持っていく必要があります。

こういった書類は1年の収支を見ることが出来るのです。給与明細の場合は2ヶ月なのでその分有利ではあります。

ただし2ヶ月持っていくということは転職してすぐは難しいということでもあります。

それだけかんがえてもアイフルは転職を繰り返す、安定していない人には厳しいというわけです。

もちろん日雇いなどで働いているという人も借入は難しいでしょう。そもそも収入証明をしづらいですし厳しいです。

50万円を超えて借りるには、ある程度の安定した収入が必要になってくるわけです。

収入が総量規制を大きく超える必要がある

次に収入が総量規制を超えていない場合です。総量規制を超えていない場合は厳しいでしょう。

しかし総量規制を超えている場合であっても厳しい場合もあります。ぎりぎりの時は通らない可能性は高くなります。

例えば180万円の収入があれば60万円まで借りられます。これは法律上、論理的に借りられるのは間違いありません。

ただしそこで貸すかどうかを決めるのはアイフルの判断です。それは出来る限りギリギリじゃないほうがいいでしょう。

アイフルとしては180万円の収入の人よりも400万円の収入の人に貸したいと思うでしょう。

それは収入が多い、イコール返済してくれる可能性が高いということだからです。

そのため、ぎりぎり50万円を総量規制の基準で超える収入ではなくできるだけ大きく超えておく必要があります。

出来る限り自分の収入を大きくしておくこと、これがアイフルで給与明細審査の評価を高めることに繋がるでしょう。

少額融資で返済実績をつけておくという裏技も

最終的に給与明細審査の評価で高い評価を得る事ができればたくさんの借入をすることができるようになるでしょう。

ただし、融資の借入金額などはそれだけで決まるわけではありません。重要な指標は他にもあります。

その一つが返済実績です。返済実績を多くつけていれば、アイフルの側から枠を大きくしてくれます。

それこそ枠を大きくしてくれて、50万円を超えるくらいまで大きくしてくれることもあります。

もちろんその時は収入証明が必要ですが、ほぼ給与明細審査の評価はパスすることが出来るのです。

このように給与明細審査の評価を高くするのもいいですが、少額融資から始めて返済実績をつけるのもひとつの手です。

少額融資の人は給与明細審査の評価を気にせずOK?

さて少額融資から始めて言って増額してもらい、給与明細審査の評価をパスするという方法も悪くないとお伝えしました。

しかしそもそも少額融資の人は50万円以上の枠を欲しいと思っている人はあまりいないでしょう。

それこそ10万円や20万円ほどで十分という人も多いでしょう。そういう人は給与明細審査の評価気にしなくて良いのでしょうか。

もちろん枠を増やすという意味では必要としていませんが、気をつけておいたほうが良い場合もあります。

それはアイフルの場合は給与明細審査の評価を何処かで急に行うということもあるからです。

モビットの場合は同じ有名業者でありながら最初から収入証明が必要ということは説明したとおりです。

アイフルは必要はありませんが、中には最初か提出を求められる場合もあると言われています。

その人がちょっと信用置けない、過去の利用に問題があった、その他受け答えなども関係するのでは?と言われています。

また収入があまりにも少なすぎるという場合にも最初から求められることもあるでしょう。

こういう場合は少額融資でも給与明細審査の評価を高めておく必要があるので、気にしないでいいとは言い切れないのです。

どこかで何かが起こるかもしれないですから、いつ見られてもいいような状態にしておきたいところです。

給与明細審査の評価だけで判断してはならない

以上、給与明細審査の評価をアイフルはどうしているのか?他の業者との比較を見てみました。

最終的な結論・まとめとしては給与明細審査の評価というのは重要であるのは間違いありません。

  • 出来る限り収入を安定させる
  • 出来る限り収入を増やしておく

この二つが重要であり、安定と収入の高さが大きく関わっているといえるのです。

ただし給与明細審査の評価だけで増額できるかどうかや審査にとおるかが決まっているわけではありません。

過去に返済でトラブルを起こしたりしていないか、返済実績はしっかりついているかも重要というわけです。

この返済実績と給与明細審査の評価を高めること、両方が大きな借入をするためには必要なのです。

アイフルは比較的優しい方ですし、厳しく評価するわけではありませんが、銀行系カードローンなどは厳しく評価されます。

より良い借入条件、金利で借りたいというのであれば給与明細審査の評価はかなり高めないといけないでしょう。

少額融資の人もアイフルからいつ言われてもいいように、ちゃんと準備をしておくことをおすすめします。

【参考ページはこちら】
借りるのが不安な人にもおすすめのアイフル

新着記事
ページトップへ