> > どうしてこんなに人気?アイフルが借りやすい理由を徹底解説

どうしてこんなに人気?アイフルが借りやすい理由を徹底解説

人気の消費者金融といえばどこでしょうか。何人かの利用者に尋ねたら必ずアイフルの名前は出るでしょう。

アイフル以外の消費者金融にも人気のものはありますが、それら以外も当然名前は上がってくるかと思います。

しかしその中でもアイフルはどちらかと言うと名前が上がりやすいグループになっているような気がしませんか?

それはどうしてなのか、借りやすいと言われている特徴も関係しているのでしょうか。詳しく比較してみていきましょう。

アイフルが借りやすい理由を条件から見てみる

さて、まずアイフルが借りやすい理由を条件面から見てみましょう。これはホームページなどで誰でも見ることができます。
(⇒アイフルでお金を借りたい方におすすめ!

条件面で見ると金利と限度額が基本ですが、アイフルの場合は下記のようになっています。

金利 限度額
アイフル 4.5~18% 500万円まで

このようになっています。条件面で注目すべきは金利がさほど安くないという点と限度額が十分ある点です。

例えば金利は低いよりも高いほうが審査が緩く、通りやすいという傾向があります。

銀行系カードローンは審査が厳しく、その代わり金利が低いとされていますがその逆の傾向がアイフルに見られます。

また限度額は500万円とそれなりにあります。これは信用金庫や地方銀行よりもだいぶ大きい金額になっています。

ですので限度額が大きいのでたくさんのお金を借りやすく、かつ審査は金利が高めなので通りやすいと言えるでしょう。

これが借りやすい理由の一つといえると思います。条件面から見てもアイフルは使いやすいのです。

アイフルは商品が分かれているのも使いやすさの一つ

さて、アイフルは実はキャッシングローン一つだけしかない他の消費者金融とは違う側面を持っています。

実はキャッシングローン以外にも細かい商品を持っています。商品一覧は以下のとおりです。

  • 一般的な借入のキャッシングローン
  • 貸金業法に基づく借り換えローン
  • 事業性資金向けローン
  • 一定の年収がある方向けのプレミアムローン
  • 用途に合わせた目的別ローン

以上のようなものが基本的にキャッシングローンとそれ以外の商品としてアイフルには用意されています。

これらのローン商品が多いということも魅力的な部分であり、利用者の幅も広がっていると言えるでしょう。

借り換えローンについてはアイフルを初めて使う人と、すでに使ったことがある人で商品がわかれています。

また事業性資金として使うことが出来るローン商品も不動産担保ありと担保なしの融資に分かれています。

細かくいろいろな人が使えるように商品を分けてあるというのも、条件面から見た借りやすい理由の一つではないでしょうか。

口コミを見た場合、アイフルが借りやすい理由は何?

条件面から見た借りやすい理由はだいたい上記のようなものがメインと考えて間違いありません。

では口コミから見た場合はどうでしょうか。実際に利用している人や利用を考えている人の印象が口コミに反映しがちです。

アイフルを使っている人や使っていた人、使おうとしていた人の口コミをまとめてみるとだいたいこんな感じでしょう。

  • 学生やアルバイト、転職期間中でも借入ができた
  • カードローンをまとめたことで返済が楽になった
  • 希望額よりも少ないが、融資可決してもらえた

こういった口コミが多く並んでいます。もちろん落ちたという人もいますが、さほど多くはありません。

どちらかと言うとアイフルの口コミを見ると、少額ではあるけれどもかりられるというのが特徴的です。

希望額を最初に言った時、消費者金融の反応としては一つは否決、もう一つが少額での融資です。

今の消費者金融では中小業者も含めて否決をするところが多い中、少額でも融資してもらえるのはありがたいことです。

またやはり商品としてはまとめローンがよく使われいて、これに助けられたという人が多いのもよくわかります。

アイフルの口コミが悪い理由は審査に落ちたものが大半

口コミサイトでアイフルを調べてみたら、悪い理由が多かったから使わなかったという人もいるかもしれません。

悪い理由は良い理由よりも目立ちやすいので、同じ数だけあってもどうしても悪い印象が残りやすいのでしょう。

ただし、アイフルの口コミを見るなら悪く書かれている口コミはよくよく見ておいたほうがいいでしょう。

  • 審査にとおらなかった恨みで書いている
  • 電話対応が悪いなど、融資と直接関係ない
  • 無職で借りようとしたなど属性に問題があった

よく見てみたら、この3つの特徴が当てはまるようなところが多かった、といえるのではないでしょうか。

つまり使ってみた時の話というのはほとんど少ないのです。使っていないけれども書いている人が多いといえます。

実際、消費者金融は使ってみてどうなのか?が重要です。借りやすいのか使いにくいのかなどが知りたいと思います。

もしくは審査に通りやすいかどうかが重要ですが、こういった悪い評価の口コミはあまり役立たないものばかりです。

アイフル以外の業者も有名なところはどうしてもこのような批判を浴びやすい傾向にあります。

ですのでよくよくこういった悪い評価については内容を見た上で、信用するかどうか決めたほうがいいでしょうね。

今や当たり前のネットや提携ATMでの借入が広いアイフル

口コミや条件面などを見てもアイフルは使いやすい・借りやすい理由がよく分かるかと思います。

もちろんそれだけではなく、アイフルの場合はコンビニATMなどでも使いやすいというのがあります。

アイフルで借入をするときに使える方法は5つ、あります。この5つの方法が対応の幅広さを物語っています。

  • アイフルのATM利用
  • コンビニや提携ATMを利用
  • インターネットからの振込予約
  • 電話(フリーダイヤル)での振込予約
  • 店舗に来店しての借入

この5つの方法で借入をすることができます。ただし、店舗の来店は不動産担保融資だけということは注意してください。

それ以外では特徴的な点としてはアイフルのATMが全国にいくつも存在しているということです。

特にアイフルのATMが多いのは都心部ですので、東京・大阪・横浜といった場所が近い人は使いやすいと言えます。

じゃあ都心以外はダメか?というとそうではありません。都心以外も地方銀行なども対応しています。

対応している提携ATMは下記のようになっています。

借入・返済 借入のみ 返済のみ
セブン銀行
三菱東京UFJ銀行
イオン銀行
西日本銀行
ローソンATM
イーネットATM
親和銀行
熊本銀行
福岡銀行
ファミリーポート
ロッピー

このように使えるところが多いので、地方ではアイフルはかりられないということはまずありません。

特に地方銀行やコンビニ、そして最大手である銀行の三菱東京UFJ銀行が使えるのは大きなメリットです。

もちろんネットからの振込予約は全国でもできますし、電話もフリーダイヤルで振込予約可能です。

アイフルは日本に住んでいればまず借りられる、そんなカードローンになっていると言えます。

過去もアイフルは利用できる場所が多かった背景は?

「インターネットやコンビニATMがなかった時代はアイフルは人気がなかったの?」と言う質問があります。

確かにインターネットでの振込予約はここ最近の技術ですし、コンビニATMも昔は全国にありませんでした。

ですのでアイフルは昔は人気がなかったのか?そんなことはなく、今と同じくらい大手で人気だったのです。

そして今のように便利ではありませんでしたが、当時ではかなり借りやすい消費者金融だったのです。

その理由が今では少なくなっているアイフルの店舗、そして無人機・ATMが多く置かれていたためです。

昔はアイフルの有人店舗でも借入対応をしてくれていました。友人店舗がない場合も無人契約機があったのです。

この無人の専用ATMが今以上に、それこそ町中いたるところにあったと言われています。

そのため、昔も今と同じようにアイフルは使いやすく利用者は多かったと言われています。

借りやすい理由がアイフルの人気に直結している!

以上のように、アイフルが借りやすい理由というのは誰が見てもはっきりとしていると言えます。

口コミでも人気の理由がわかるし、利用条件が借りやすいということも言えます。

また借入できる場所が多いというのも借りやすい理由であり、人気の理由に直結していると考えられます。

大手の消費者金融であるアイフルは人気ですが、大手だから人気というよりもこういった使いやすさが人気の理由なのでしょう。

他にも大手の消費者金融は存在していますが、アイフルがここまで人気であるというのは使いやすさにあるのではないでしょうか。

銀行系カードローンが人気なのは別の理由がある

アイフルのような大手消費者金融の人気が高いというのはこれらの理由を見ればわかるでしょう。

しかし最近では大手の消費者金融よりも、銀行系カードローンのほうが人気なのでは?と思う人も多いと思います。(こちらもご参考に→アイフルと銀行カードローンの違いとは?

確かに一時期銀行系カードローンが出てきて、消費者金融以上に使われることになりました。

人気であるのは確かですが、アイフルとは全く違う理由で人気なのです。その理由をまとめてみましょう。

銀行系カードローンとアイフルでは利用者がだいぶ違う

まずはその理由というのをリストにまとめてみると、下記のようになります。

  • 金利が低く15%前後になっている
  • 総量規制対象外のため、専業主婦などが使いやすい
  • 大手銀行という安心感がある

これらの理由が大きいと考えられます。つまり全く違う側面からの人気になっているというわけです。

例えばアイフルは消費者金融なので総量規制の対象ですが、銀行系カードローンは対象外になっています。

対象外で専業主婦や学生が使える、同意書無しでかりられるということで人気なのは間違いありません。

また大手銀行から借りているという安心感が消費者金融と違うというブランド志向も関係しています。

そして何よりも金利が低いということが重要です。金利が低めなので返済が楽になっているのです。

金利が低いというのはありがたいことです、支払金額は少ないに越したことはありません。

しかし金利が低いということは必ずしもプラスではなく審査が厳しいということにも関係します。

金利が低い銀行系カードローンは審査が厳しいため、利用できる人と利用できない人が出てくるのです。

正社員や安定した仕事をしている人なら借りやすいですが、それ以外の人は非常に使いにくいというデメリットもあるのです。

アイフル 銀行系カードローン
人気の理由 金利は高いが審査がゆるいため借りやすい 審査は厳しく借りにくいが金利は安い

このような違いがはっきりとあるというわけです。

銀行系カードローンは圧倒的にアイフルに比べると借りにくさはありますが、金利を下げたい人にはおすすめです。

借りやすい理由としてはやはり今も昔もアイフルのような消費者金融の方が豊富に存在していると言えるのです。

【参考ページはこちら】
使い方次第で利息が変わる!アイフルの賢い利用法

新着記事
ページトップへ