> > アイフルの審査内容には車のローン滞納も関係あるって本当?

アイフルの審査内容には車のローン滞納も関係あるって本当?

消費者金融を利用していると、車のローンを組みにくいという話は、多くの人が耳にしたことがあるのではないでしょうか。

では、逆に、車のローンを利用している時にアイフルからの借り入れを考えた時、車のローン滞納が審査に関係あるかどうかを、みなさんはご存知ですか?

実は、車のローンを利用している人の場合、アイフルの審査内容には滞納しているかどうかのチェックも含まれていますので、関係があると言えます。

しかし、車のローンを利用しているだけなら、問題はないのです。

そこで、なぜ車のローンを利用するだけなら問題がいないのに、滞納してしまったらアイフルの審査に影響が出るのか、詳しく見ていきましょう。

本来なら車のローンは総量規制の対象外なので審査には無関係!

お金を借りると、全部がアイフルの審査に影響しそうなイメージがありますが、実はそうではありません。

アイフルでの借り入れに影響するのは、無担保のローンをすでに利用している場合です。

それには、アイフルが守っている法律である、貸金業法が関わっています。

貸金業法は貸金業者が守るべき法律で、貸金業者とは、アイフルなどの消費者金融や信販会社など、お金を貸すことを業務としている業者のことです。

貸金業法で定められている総量規制とは

なぜ無担保のローンの利用がアイフルの審査に関わってくるのかというと、貸金業法で定められている総量規制があるからです。

総量規制は、個人が借り入れできる金額が、年収の3分の1までになるよう制限されるという内容のものです。

これは、借り入れをする人を保護するために定められたもので、借り過ぎて返済に困ることがないようにすることを目的としています。

そのため、アイフルは申し込みをした人にお金を貸す場合、年収の3分の1を超えることが無いように調整しなければいけません。

借り入れできる金額は、アイフルからのものだけではなく、その人が他の貸金業者からも借り入れをしていたら、その金額を合わせて考えます。

年収300万円の人は、通常最大でアイフルから100万円まで借りることができますが、すでに他社から50万円の借り入れをしている場合、新たにアイフルから借り入れができるのは最大で50万円までということです。

貸金業者以外からの借り入れは金額に入りません

貸金業法は、貸金業者が守るべき法律なので、貸金業者以外からの借り入れは総量規制の対象となりません。

貸金業者以外からの借り入れとは、例えば銀行や信用金庫、信用組合など、キャッシング商品を業務の一部として扱っていても、分類上貸金業者に当たらない業者から借り入れをした場合を言います。

例えば、これからアイフルを利用する人が、すでに銀行から50万円借りていたとしても、それは総量規制の対象とはならず、計算しなくていい借り入れだということです。

実際には、総量規制による制限ではなく、多くのお金を借り過ぎたら返済できなくなるという観点から、アイフルの場合、審査の際には銀行からの借り入れも申告することになっています。

しかし、法律上の決まりだけで考えると、銀行から借り入れをしている金額は、総量規制の計算をする時には除外していいことになっています。

そのため、例えば銀行の車のローンを利用している場合、全く総量規制には関係ないのです。

車のローンは総量規制から除外されています

それから、総量規制には、総量規制の対象から除外される貸し付けがいくつかあります。

全てではありませんが、どのようなものがあるのか例を挙げて見てみましょう。

  • 不動産を購入するための貸し付け
  • 自動車を購入する際の自動車を担保とした貸し付け
  • 高額の療養費のための貸し付け
  • 不動産を担保とした貸し付け
  • 有価証券を担保とした貸し付け

高額の療養費は、借りられないと困るお金であり、借り入れをする人に有利になるため、総量規制から除外されています。

また、不動産や自動車、有価証券など、担保となるものがある場合も総量規制から除外されることがわかります。

車のローンは、車を担保に入れた形でお金を借りるものです。

担保がある分、返済が滞った場合にはそれを売却するなどしてお金が回収しやすいローンなんですね。

そのため、無担保で融資をするキャッシングとは分けて考えられているのです。

このように、車のローンは総量規制から除外されていますので、たとえ貸金業者の車のローンを利用していたとしても、アイフルの審査に関わることはないというわけです。

アイフルでは申し込みの際に車のローンの金額は申告しません

さらに、申し込みの際に申告しなければいけない、他社からの借り入れの内容からも、車のローンがアイフルの審査には影響しないことがわかります。
(⇒アイフルの審査基準とは?

アイフルで、申込み時に申告が求められるのは、下記の場所からのキャッシングについてです。

  • 消費者金融(アイフル以外)
  • 信販会社(キャッシング機能を利用した場合のみ)
  • 銀行

これらの利用件数と、利用金額を記入します。

車のローンは申告するように求められていませんので、アイフルの審査には影響が無いと言えるのです。

滞納するとアイフルの審査内容に関わってくる!その理由とは?

ここまで確認したように、車のローンを滞納していない場合は、アイフルの審査に影響を与えることはありません。

しかし、滞納してしまったら話は別です。

今組んでいるローンの支払いもできないのに、新たに借り入れをしても返せるとは思えませんよね。

アイフルも、同じように判断します。

そこで、アイフルでは、総量規制の対象となっていないローンでも、滞納していないかだけは審査内容としてチェックしています。

そのため、車のローンであっても、滞納していたらアイフルの審査に悪影響を与えます。

そう言われても、申し込みの際に申告もしないのに、なぜアイフルに車のローンを滞納していることがわかるの?と疑問に思われた方もいらっしゃることでしょう。

では、なぜアイフルに滞納がわかるのか、その理由を見ていきましょう。

個人信用情報機関に情報の照会をすると滞納がわかります

アイフルでは、申し込みがあったら、個人信用情報機関というところに申し込み者の情報を問い合わせます。

そこには、個人のお金の借り入れに関する情報が集められていて、問い合わせをすることで情報を閲覧することができます。

扱われている情報は、下記のようなものです。

情報の種類 詳細
本人を識別できる情報 氏名・性別・生年月日・電話番号・住所・運転免許証の番号など
契約内容についての情報 商品名・契約金額・契約日・貸付金額など
支払状況についての情報 借入残高・入金の履歴・延滞・完済日など

登録されている情報を見れば、まずは誰がどのような商品を契約し、利用限度額がいくらなのかがわかります。

さらに、実際に借り入れをした日付や借り入れをした金額などもわかる仕組みになっています。

今回の、車のローンがアイフルの審査に影響するかどうかに関しては、支払状況についての情報が関係しています。

支払状況についての情報について、もう少し詳しく確認してみましょう。

表には書ききれなかったものも含めて、主な内容を挙げて確認したいと思います。

  • 入金の履歴…入金がいつあったか、いくら入金したのかを示す情報
  • 完済…借り入れしていたお金を全て返済したことを示す情報
  • 延滞…返済に遅れがあることを示す情報(2~3カ月以上の長期に渡るもの)
  • 保証履行…保証会社が保証を履行して債務者の代わりに支払ったことを示す情報
  • 債務整理…支払いが難しくなり法律にのっとって債務の軽減を図ったことを示す情報
  • 破産申立…自己破産したことを示す情報
  • 強制解約…何らかの問題があったため契約を強制的に解除したことを示す情報
  • 延滞の解消…延滞をしていた場合、それが解消された日を示す情報

個人信用情報機関に問い合わせをすると、契約した商品で何らかの問題を起こしている場合、情報が掲載されているので、どのような問題を起こしたのかわかるということですね。

次に詳しく確認しますが、国内には個人信用情報機関が3種類あります。

それぞれで、扱う情報の内容や掲載期間が違うこともありますが、だいたい似たような内容となっています。

国内にある個人信用情報機関

国内には、下記の3つの信用情報機関があります。

  • シー・アイ・シー(CIC)…主に消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などが加盟
  • 全国銀行個人信用情報センター…主に銀行が加盟
  • 日本信用情報機構(JICC)…主に信販会社などが加盟

余談ですが、クレジットカード会社はクレジットカードの発行を専門にしている業者で、信販会社はクレジットカードの発行だけではなく、他のローンも扱っている業者のことです。

クレジットカード会社という大きなくくりの中に、信販会社があると思ってもらえればわかりやすいと思います。

消費者金融・信販会社・銀行などは、これらのいずれかに加盟しています。

そして、加盟先に利用者の情報を提供しているのです。

ここで、加盟先に情報を提供しているのなら、それぞれが加盟している機関の会員になっている業者の情報しか見られないのではないかと思われた方がいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、そうではありません。

なぜかというと、3つの機関は提携していて、情報の共有を行っているからです。

そのため、アイフルが加盟していない個人信用情報機関に加盟している会社の車のローンを利用していたとしても、返済上問題を起こしていると、その事実がわかるのです。

アイフルが加入している個人信用情報機関

アイフルが加盟している個人信用情報機関は、下記の2つです。

  • シー・アイ・シー(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)

そのため、アイフルはこれらの機関に利用者の情報を提供しているのと共に、これらの機関に掲載されている情報を見ることができるのです。

例えば、車のローンを扱っている信販会社のオリエントコーポレーションも、アイフルと同じくこの両方に加盟しています。

ということは、オリエントコーポレーションで車のローンを組んだとしても、この2つの個人信用情報機関に借り入れの事実が掲載されますから、アイフルはその情報を見ることができます。

さらに、3つの機関は情報を共有しているのですから、全国銀行個人信用情報センターに掲載されている情報も確認することができます。

どこで借り入れをしたとしても、全ての情報が照会できるというわけですね。

車のローンの例と加入している個人信用情報機関

それでは、実際に車のローンにはどのようなものがあるのか、そのローンを提供している業者はどの個人信用情報機関に加盟しているのか、見てみましょう。

消費者金融系の車のローンの例

実は、アイフルも車のローンを扱っているのですが、みなさんはご存知でしたか?

消費者金融の中にも車のローンを扱っているところがありますので、確認してみましょう。

消費者金融名 商品名 加盟信用情報機関
アイフル 目的別ローン(カーライフ) CIC・JICC
プロミス 目的ローン CIC・JICC

アイフルもプロミスも、CICとJICCに加盟していることがわかります。

信販会社系の車のローンの例

車のローンを扱っている信販会社には、下記のような例があります。

会社名 商品名 加盟信用情報機関
アプラス 目的別ローン(オートプラン) CIC
オリエントコーポレーション オートローン CIC・JICC
ジャックス オートローン CIC
セディナ マイカーローン CIC・JICC

以上のように、信販会社もいずれかの個人信用情報機関に加盟しています。

銀行系の車のローンの例

銀行でも車のローンは扱われていますので、いくつかの商品を例に挙げて見てみましょう。

銀行名 商品名 加盟信用情報機関
住信SBIネット銀行 Mr.自動車ローン 全国銀行個人信用情報センター・JICC
みずほ銀行 新車ローン CIC・全国銀行個人信用情報センター
三井住友銀行 マイカーローン CIC・全国銀行個人信用情報センター・JICC
三菱東京UFJ銀行 マイカーローン 全国銀行個人信用情報センター

銀行も、いずれかの個人信用情報機関に加盟していることがわかりますね。

信用情報機関に情報が提供されています

車のローンを扱っているところは、いずれかの個人信用情報機関に加盟しています。

中には、3つ全てに加盟しているところもありましたね。

このことから、車のローンの情報も個人信用情報機関に提供されていることがわかります。

アイフルの審査に通りたいのなら車のローン滞納は避けよう!

以上のことから、下記のことが言えます。

  • 滞納していなければ車のローンはアイフルの審査に関係ない
  • 滞納についてはアイフルの審査内容としてチェックされるので滞納すると悪影響

車のローンは総量規制からは除外されている借り入れなので、滞納していなければ車のローンを利用していてもアイフルの審査には関係ありません。

しかし、今組んでいるローンを滞納している場合、すでにお金に困っていることが考えられますので、総量規制には関係ないローンであっても、アイフルは審査内容として滞納していないかどうかだけはチェックしています。

もちろん、滞納だけではなく、支払えなくなった場合も同じです。

ローンに関する情報は、個人信用情報機関に集められていて、照会することが可能です。

アイフルは、それを利用してローンの滞納が無いかを確認しているのです。

そのため、借り入れ先がどこであっても、車のローンを滞納していることはアイフルにわかってしまいます。

車のローンがあると返済に回すお金が必要なので、どうしても生活に困ることもあるでしょう。

そのようなとき、カードローンを利用するのはとても便利なのですが、今あるローンを滞納してしまうと、それができなくなります。

どのような借り入れも同じですが、利用する以上は滞納しないことが大切です。

【参考ページはこちら】
審査の前に要チェック!アイフルのついか融資

新着記事
ページトップへ