> > アイフルで最高額まで借りるために満たすべき3つの条件

アイフルで最高額まで借りるために満たすべき3つの条件

アイフルでは、最高で500万円借りることができます。

しかし、実際にアイフルを利用したことがある人からすると、そんなに高額は借りられなかったという声の方が多いのではないでしょうか。

アイフルでは、確かに500万円まで借り入れができますか、最高額を借りるためには満たすべき条件があります。

みなさんは、それが何かご存知ですか?

実は、アイフルが守るべき法律や、返済できるかどうかという観点から考えると、3つの条件を満たしていれば、最高額の500万円借りられる可能性があるという結論が出ます。

では、それがどのような条件なのか、詳しく見ていきましょう。

あなたはいくら?年収によってどれくらい借りられるかが変わる!

いくらアイフルでの最高額である500万円を借りたいと思ったとしても、年収によっては借りられないことがあります。

アイフルから借りられる金額は、実は年収によって変わるのです。

では、その理由を説明していきましょう。

アイフルは貸金業者なので総量規制に従っています

アイフルなどの消費者金融や、クレジットカード会社は、貸金業者に分類されています。

貸金業者は、お金を貸すことをメインの業務とする業者のことで、貸金業法という法律を守って経営する必要があります。

その中に、総量規制という決まりごとがあります。

総量規制を守ると、アイフルは申し込み者の年収の3分の1までしかお金を貸すことができません

総量規制は、お金を借り過ぎてしまい、返済できない額の借金を抱える人が多く見られるようになったことを受けて、そういう人が出ないようにすることを目的に制定されました。

年収の3分の1までしかお金を貸さないように制限した理由は、それくらいの借り入れであれば返済が可能だろうという目安になる割合だからです。

実は、総量規制に影響されない銀行のカードローンでも、返済できるかどうかという観点から、この年収の3分の1という割合を目安に利用限度額を決めているところが多いと言われています。

この総量規制によって、アイフルを始めとする貸金業者からは、年収の3分の1までしかお金を借りることができません。

アイフルが独自にそう決めているのではなく、法律によって、年収に対してその人が借り入れできる金額が決められているということですね。

アイフルで最高額まで借りるには年収が1500万円必要です

総量規制を元に考えると、アイフルの最高額である500万円を借りられる人は、年収が1500万円以上ある人ということになります。

アイフルを利用したことがあるけど、そんなに高額は借りられなかったという方は、年収との兼ね合いが原因だと考えられます。

ところでみなさんは、一般的な年収の平均をご存知でしょうか?

年代別の前半・後半に分けて見てみたいと思います。

年代が20代で前半となっている場合、20歳前半の人の平均年収を表しています。

年代 前半 後半
20代 246万円 339万円
30代 384万円 425万円
40代 459万円 491万円
50代 491万円 485万円

年代別にみると、40代後半・50代前半の人が、一番年収が高い傾向にあるのですが、それでも各年代の年収の平均は、1500万円には届きません。

そう考えると、アイフルで最高額の500万円借りられる人は、そう多くはないことがわかります。

借り入れできる金額には年収が関わっているのですから、アイフルからあまりたくさん借りられないんだけど…と思われる方がいらっしゃるのも、納得できる話ですね。

最初から最高額は借りられない!取引をしながら信用を得よう

年収が1500万円なければ、どうやってもアイフルで最高額である500万円の融資を受けることはできません。

しかし、たとえ年収が1500万円以上あるとしても、すぐに500万円の金額を融資してもらえるわけではありません。
(⇒アイフルは誰でも500万借りられる?

融資する金額が高額になるほど、返済してもらえなかった時に消費者金融が受ける影響は大きくなってしまいます。

そのため、最初は、実際に貸せる上限である年収の3分の1に当たる金額ではなく、それよりも低い金額で契約をするのが普通です。

その後、その人の利用状況を見て、もう少しお金を貸してもいいなと判断した場合、利用限度額を増額するという形を取るのです。

つまり、アイフルから、この人ならたくさんのお金を貸しても返済してくれると、信用を得ることが大切なのです。

増額してもらうためには、増額の審査があり、信用を得ているとその審査に通りやすくなります。

そうは言われても、信用は目に見えないから、どうやっていいのかわからないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

アイフルから信用を得るためには、注意すべきポイントがありますので、確認していきましょう。

返済は遅れずに!

アイフルから、もっとたくさんのお金を貸してもいいかなと思ってもらうためには、きちんと返済ができる人だと思ってもらう必要があります。

返済能力という点で、信用を得るということですね。

逆に考えれば、返済がきちんとできないことを印象付けてしまえば、利用限度額の増額が難しくなると言えますので、注意が必要なのです。

返済が一度でも遅れると、きちんと返済できない人だと思われます

一度返済が遅れただけで増額ができなくなるの?と驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、最高額を借りるとなると、アイフルからの審査もそれだけ厳しくなっていますので、返済の遅れがあってはいけません。

最高額まで借りたいと思っているのなら、アイフルを利用し始めた時点から意識して、返済を遅れずにするようにしましょう。

また、さらに増額してもらいやすくなるポイントがあります。

それは、通常決められた金額よりも、返済額を多くすることです。

決まった返済額よりも多く返せるということは、もっと借りても大丈夫だと判断する材料になりますよね。

毎月きちんと返済することで、増額の審査に通りやすい状態になっていますから、それよりもさらに有利になるというわけです。

アイフルでは、決められた返済額以上の金額を返済することが可能です

そのため、増額の審査に通りやすくしたいのなら、余裕がある月には多めに返済をしましょう。

もちろんですが、多めに返済する月を作っても、次に滞納したのでは意味がありません。

それよりは続けて返済している方が有利ですので、しっかり計画を立ててから返済しましょう。

すぐに増額を申し込まない!

一度返済を遅れずにしたから、増額してほしいと申し込んだとしても、残念ながらそれでは増額してもらうことはできません。

初回の返済はきちんとできても、返済を続けているうちにまたお金に困ることが出てくるかもしれませんよね。

長期に渡って返済状況をチェックしなければ、その人が本当に返済を続けられるかどうかがわからないのです。

そのため、アイフルでは、すぐに増額していいかどうかを判断せず、しばらくの間取引を続け、それで毎回返済の遅れがなければ、増額してもいいかなと思うようになります。

増額の審査に通りやすいのは、アイフルとの取引期間が1年以上経ってから

アイフルとの取引を始めて半年経てば、増額の審査に通る可能性は出てきますが、最高額の融資となるとアイフルも慎重になります。

借りる金額が高くなるほど、審査は慎重に行われるものです。

そのため、アイフルで最高額を借りたいのなら、取引期間が1年を超えてから増額審査を申し込みましょう。

ここで一つ注意点があります。

借りたお金を一度完済し、取引が無い期間は取引期間とみなされません

借りたお金を完済しているという時点で、アイフルからの信用は高くなるのですが、利用していない期間は、取引期間とはみなされません、

そのため、実際に返済をした期間が1年以上になるよう注意しましょう。

借り入れ金額が最高額の500万円となると、返済期間はかなり長くなります。

そのため、アイフルとしては、長期に渡って返済を続けられると確認することが必要になるのです。

いつも利用限度額いっぱいになるような借り方をしない!

消費者金融は、たびたび借り入れをしてくれる人を好みます。

消費者金融にしてみれば、その方が儲かるのが正直なところですからね。

しかし、いつも利用限度額いっぱいになるような借り方をしている場合は別です。

返済期間が来たから、一度お金を返したけど、また足りなくなったから借り入れをするような感じで、毎月借り入れをしていると、下記のような点で問題があります。

  • いつも限度額いっぱいまで借りているのでお金に余裕が無いと思われる
  • 返済が進んでいない

限度額いっぱいまでいつも借り入れをしていると、お金に余裕が無いから常に借りているんだと思われます。

また、返して借りてを繰り返しているということは、結局借りたお金を返せておらず、返済が進まないことになります。

それもまた、お金に余裕が無いと判断されるきっかけです。

お金に余裕が無い人にそれ以上のお金を貸しても、返済できないのはわかりますよね。

それに、お金に余裕が無い場合、いつ返済が滞るかわかりませんので、アイフルから警戒されてしまいます。

だから、このような借り方をしていると、増額の審査に通らなくなります。

消費者金融が好む使い方とは、必要な時に借り入れをして返済を続け、また必要になったら借りるというものです。

毎月のように借り入れをしていては、お金に余裕が無いと思われてしまいますので、アイフルで最高額を借りたい人は、本当に必要な時だけ借り入れをすることを心がけましょう。

ただ取引期間が長いだけでは意味がありません

以上のことから、アイフルに信用してもらい、最高額の500万円を借りるための増額審査に通りやすくするポイントをまとめます。

  • 返済日に遅れない
  • アイフルとの取引期間が1年を超えてから申し込む
  • いつも利用限度額いっぱいまで借りるような利用の仕方をしない

ただ取引期間が長いだけでは意味が無く、どのように取引をしてきたかが重視されます。

お金を借りてもきちんと返せる人だと判断してもらうために、上記のことを守りましょう。

他社からの借り入れがあると限度額に大きく影響する!

アイフル以外の業者からの借り入れがあると、アイフルでの利用限度額が大きく変わります。

では、その理由を見てみましょう。

総量規制の影響

先ほど、消費者金融などの貸金業者からお金を借りる場合、総量規制によって年収の3分の1までしか借り入れができないことを確認しました。

総量規制は、アイフルからの借り入れだけではなく、他社の借り入れも含めた金額で考えます

アイフルから最高額の500万円を借りられる人は、年収が1500万円以上ある必要があると言いましたが、他社からの借り入れがある場合、その金額を含めて年収の3分の1におさまるようにしなければいけません。

他社からすでに借り入れが100万円ある場合、年収が1800万円なければアイフルで最高額の融資を受けることは不可能になります。

年収が1500万円の人の場合、他社からすでに100万円の借り入れがあったら、アイフルからは最高で400万円までしか借りられなくなりますね。

そのため、アイフル以外の業者からの借り入れがある場合、アイフルで借り入れできる金額が大きく変わるのです。

他社からの借り入れ件数が増えるだけ不利になる!

他社から借り入れをしていると、アイフルでの利用限度額に影響があるのは、総量規制によるものだけではありません。

アイフルを利用しながら他社からも借り入れをしている、または他社を利用していたのに新たにアイフルに申し込むという利用方法をしていると、不利になります。

なぜかというと、いろいろなところからお金を借りているということは、それだけお金に困っていることを表しているからです。

だから、アイフル以外の会社から借り入れがあると、印象が悪いわけですね。

もともと、信用がある人で年収が多い人なら、年収の3分の1ギリギリまでではなくても、ある程度まとまった金額のお金を借りることができます。

しかし、勤務年数が短い、転職したばかりなどの理由で信用が低かったり、年収が少なかったりすると、1社からあまり多くのお金を借りることができません。

そうなると、いくつもの会社に手を出さざるを得ないのです。

だから、他社からの借り入れ件数が増えるだけ、不利になります。

もともと、他社からの借り入れが3件あると、通常の申し込み時の審査にも通りません。

増額の場合も、それは同じです。

アイフルで最高額の融資を受けたいならアイフルのみから借りよう

以上のように、アイフル以外の会社から借り入れをすると、下記の点で不利になります。

  • 総量規制の関係でアイフルから借り入れできる金額が制限される
  • 他社からの借り入れがあるとお金に困っていると思われ審査に通りにくい

アイフルで最高額を借りようとしているのなら、それ以外の業者との関係は持たないことをお勧めします。

アイフルで最高額を借りるなら年収とアイフルからの信用が必要!

以上のことから、アイフルで最高額の500万円を借りるために満たすべき、3つの条件をまとめます。

  • 年収が1500万円以上ある
  • アイフルとの取引期間が1年を超えている
  • アイフル以外の業者から借り入れをしていない

まず、どうしても満たさなければいけないのが、年収の条件です。

これには法律が関係していますから、総量規制で定められた年収の3分の1以上借りることはできません。

また、先ほども確認したように、ただ取引期間が1年を超えるだけではなく、返済が遅れたり、いつも限度額いっぱいまで借り入れをしたりすることがないように、アイフルから信用が得られるような利用の仕方をすることも大切です。

取引期間が長く、その期間の返済状況が良ければアイフルからの信用を得ることができます。

年収の条件を満たしたうえで、アイフルからの信用を得ることができたら、初めて最高額の500万円を借りられる可能性が出てくるわけですね。

その他にも、申し込み時の審査と同じように、自宅や職業に関する情報など、増額の際にも見られるものがありますが、これに関してはアイフルの基準としか言いようがありません。

しかし、上記のような対策をしていれば、アイフルで最高額の500万円借りられる可能性が高くなるのです。

アイフルからの案内を待つ方法も!

アイフルの場合、利用状況を見て信用できると判断された人には、アイフルの方から増額しませんかという誘いが来ることがあります。

案内がある場合、案内された金額が借りられるだけの信用が、もうあるということですね。

そのため、案内を待ってから増額を申し込む方法もあります。

ただし、案内をもらった後で転職したり、他社から新たな借り入れをしたりしている場合は、案内があっても増額の審査に通らないこともあるので注意しましょう。

増額の希望の仕方にも気をつけよう

アイフルを利用し始めてすぐに増額の申し込みをしたり、何度も増額を希望したりすると、お金に困っていると思われます。

すると、かえって増額の審査に通りにくくなりますので、アイフルから増額できるという案内が無いのなら、先ほど確認したように1年以上経過してから申し込みをした方が安心です。

それから、一気に500万円まで増額できないこともあります。

その場合は、段階を踏んで少しずつ増額していく方法もあります。

アイフルで最高額である500万円の融資を受けたい人は、利用し始めた時から滞納しないことなどに注意しながら、アイフルとの取引を続けることで、アイフルからの信用を得ましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルの追加借入は難しくない!

新着記事
ページトップへ