> > 融資余裕額0…そんな状況でもアイフルなら安心の理由

融資余裕額0…そんな状況でもアイフルなら安心の理由

金融業者で融資を受けている場合、借入状況によって融資余裕額0になることもあります。

ですが、マイナスの評価がされていて、融資余裕額0になっているわけではないのです。現状の借入に対して、金融業者が定期的に見直しをしているため、「結果的に0になる」こともあります。

大半の人で融資余裕額0になってしまうケースでは、この見直しにより0になってしまったと考えたほうが良いでしょう。

ケースバイケースと判断し、融資余裕額を大きくするために尽力されたほうが、後々になってカードローンも使いやすくなります。

アイフルでも融資余裕額0になることはある

融資余裕額0というのは、マイナスの評価ではないので安心してください。

もし、マイナスの評価が目立つ相手であった場合、金融業者はカードローン審査で通すということはありません。審査に通っている時点で、契約者として多少の評価はされているのです。

では、どうしていきなり融資余裕額0となるのか?というと、それは以下のような原因で0になってしまうためです。

1.借入が多すぎるのでペナルティが課せられている

借入は件数・金額で常に評価されています。そのため、サラリーマン金融では数件のカードローン契約を組むことが難しくありません。

例えば、アイフルで最初に契約した場合は厳しいペナルティは一切発生しません。「借入に余裕がある相手」と判断されているからです。

しかし、別の業者で借入が50万円以上、100万円以上というふうに「基準以上で借りている」場合はペナルティが課せられます。

ペナルティが課せられているので注意してください・・・とは、業者から言われませんので「自己管理が大事!」なのです。

サラリーマン金融でも、「年収の3分の1まで」は借りられると言われていますが、なるべく20万円以内で様子見をしたほうが良いです。

アイフルでは、長期利用者に対して優しい対応も行っています。つまり、利用上で問題のない人物となり、複数のカードローン利用者として評価されることは可能なのです。

2.業者の運営状況が好ましくないので見直しが発生している

融資余裕額0というのは、借りてから決められる融資額ではありません。人によっては、利用前に融資余裕額0という通知を受ける人もいます。

契約者でもないのにどうして!?と思うかも知れません。

ですが、これはサラリーマン金融側の運営が「現状では好ましくない状況」と判断したほうが良いです。つまり、「据え置きで融資余裕額0になっている」だけなのです。

融資余裕額について疑問がある場合、なるべくですがアイフルに相談しておいたほうが良いです。

アイフルはカードローン経験が少ない人のためにアドバイスも行っています。専門的なことも教えてくれるので、融資余裕額についても詳細の意見をいただけることが多いです。

意外な融資余裕額0になるケースも知っておこう

融資余裕額0に対して、「ペナルティ、運営状況の2種類で発生する」という案内を行いました。

ですが、カードローン契約者の想定外で発生する融資余裕額0もあるので、前述の案内がすべてだと思わないよう留意してください。

具体的なケースでは、下記のような意外なケースまで存在します。

1.ファミリータイプのカードローンを用いている

ファミリータイプのカードローンというのは、「家族でまとめて利用できるカードローン」のことです。

こちらは、親となる契約者が契約を交わすと、親の権限で子もカードローンの一部を利用できるようになります。

しかし、子は「親の影響を受ける」ので親の借入状況が面白くない状況となると、子にまでその影響を及ぼす結果になるのです。

例えば、親がパンク寸前まで借入をされていると、微々たる金額しか使っていない子も、「借入に要注意!」という見方がされてしまうのです。

今では家族構成を含めてローンというのは管理されています。

そのため、家族全体でルーズに借入をされていると、「家族に対して公平に貸すことを嫌がられる」ようになってしまうのです。

近年では、学生の子に対して親がファミリータイプの契約を結ぶことがあります。

子が成人を迎えてカードローン契約が結べるようになった場合、融資余裕額0のリスクを避けるために、通常のカードローンに戻すというのも大事な作業です。

2.アカウント情報の更新を長期で行っていない

契約者の失態として、ペナルティに近いタイプの制限がかけられているだけです。

ペナルティではないので、「情報更新をするだけ」で制限解除となります。

なぜ、そこまでアカウント情報の更新に対して躍起になっているのか?というと、アカウント情報は個人で管理されていなければいけないからです。

人によっては、「結婚・転職・転居」などで姓が変わる人もいますし、勤務先・住居が変わる人もおられるでしょう。

アイフルでも、アカウント情報を頼りにしてメールや郵送サービスに対応しているのです。つまり、アカウント情報が過去のままであった場合、「正確に情報の伝達が行えない」状況になります。

それを業者側は嫌がっているので、頻繁に更新を行ってくれる契約者ほど信用が高くなるのです。

大事なことなので補足を入れさせていただきます。

「頻繁に更新を行う」と評価が上がる・・・と案内しましたが、可能であれば「更新しない状況を作る」ほうが良いです。

アイフルでもそうですが、サラリーマン金融などは転勤・転居を嫌がります。生活習慣がガラッと変わってしまうと、人によってはカードローン返済の対応力も違ってしまうためです。

あまりにも転勤・転居が目立つ場合、業者側から電話がかかってくることもあるでしょう。

特に転居の際に、住んでいる地区が大きく変わってしまう場合、アイフルに対して電話(※)を入れておいたほうが良いです。
※メールでは対応が遅いこともありますので、重要な情報の伝達は電話が推奨となります

誤解を招く心配もありませんし、業者側としても納得してもらえるため、借入に関するリスクが少なくなるからです。

融資余裕額が減ってしまう借入に注意する

融資余裕額0以前に、「段々と借入が減ってしまう借方」もあるので注意してください。

カードローンはCMでも良く言われていますが、計画的な利用を第一にして利用するのが最善です。そのため、無計画に利用していると判断されると、カードローンではペナルティが発生しやすくなります。

具体的なケースでは、以下のようなケースがあるので下記を参考にして、ペナルティが発生しない使い方を心がけてください。

  • アイフルと別の業者で同時にカードローン申込を行う
  • 申込サービス(システム)を使って申込を行う
  • 借入に関してネガティブな連絡を繰り返す

上記のような行いが目立つ場合、早期に融資余裕額0となることも考えられます。

どうして上記のような行いがいけないのか?に関しては、下記にて詳細の案内を行わせていただきましたので、良ければ参考にしてください。

1.システム申込は業者側が嫌がる行為

あまり知られていない事実ですが、インターネットのシステムから申込を行うと、場合によっては「業者側の記録に残りやすくなる」ので注意してください。

同時にカードローン申込をされても、1社だけでシステム申込をしても評価は同じです。

業者側としては、「借入に対して誠実さが欠ける相手」と判断します。その情報が記録として残ると、別の業者でもその情報を参考にして、審査が行われるようになります。

つまり、「貸したくない相手」と評価されている状態で、何度も審査が行われるのですから、融資余裕額が0となってもおかしくはない訳です。

このような行為が頻繁に目立つ場合、借入の相手と見なされない可能性まであります。

これは「印象の評価」と呼ばれている評価です。印象がマイナスの評価となると、融資を受けられるだけの収入があっても、審査が進行しなくなるというトラブルに見舞われるのです。

2.ネガティブな連絡が目立つと印象が悪くなる

アイフルでもそうですが、サラリーマン金融は「相談可能」な業者が多いです。ですが、どのような内容の相談でも引き受けています・・・とは言っていないので注意しましょう。

例えば、「どこに行ってもお金を貸してもらえない」という相談をされても、業者としては対応に困ってしまうのです。

カードローンは、「信用のある相手」であれば審査に通し、契約を結んでもらうという決まりになっています。

ここで重要なポイントが信用とは何か?です。

信用は基本的に、「申込者の年収・借入状況・印象」の3点で成立しています。

そのため、あまりにも「返済が難しいと判断される相手」では信用が高まらないのです。信用を低めてしまう行為が、借入に対して急ぎすぎている状態で発生するため、あまり焦って融資を受けようとしないほうが良いでしょう。

これはアイフルだけでなく、全金融業者で言える事実です。

もし、本当に返済に困っていたとしても、「前向きに返済する前提で相談する」ことを心がけてください。

先ほどの借入が厳しいという場合は、「○○万円までであれば返済が可能です。ですが、借入が思わしくないので相談させていただきました」と連絡したほうが良いでしょう。

自身の返済能力を伝えているので、業者側もカードローンやプランについて良く相談に乗ってくれるようになります。

銀行はサラリーマン金融より見直しが厳しい?

融資余裕額0が、サラリーマン金融全体の審査で見られる場合ですが、いっその事、銀行カードローンで審査を受けるのだけはやめておいたほうが良いです。

銀行は、サラリーマン金融より審査項目が多いので、サラリーマン金融より厳しい審査となりやすいからです。

誰でもそうですが、融資余裕額0という現実に直面すると「焦ってしまう」ものです。

ですが、だからといって「当てずっぽうで業者を選ぶ」のは良くありません。

そのような行為を繰り返しても、「余計に評価にキズがつく」だけ・・・だからです。

・大手サラリーマン金融は銀行の傘下になり提携している

大事なことなので案内させていただきますが、今では銀行とサラリーマン金融は「提携の関係」にあるので、銀行はサラリーマン金融と無縁・・・というわけではありません。

そのため、あまりにもサラリーマン金融で低い評価が付いていると、銀行カードローン審査では確実に通らなくなります。

評価に関しては、「業務内容に関わる情報」のため業者側が正確な情報を伝えてくることもありません。

つまり、「サラリーマン金融で何度も落ちた」のであれば、銀行カードローンは自然と控えるようにするほうが良いのです。

銀行やサラリーマン金融に関係なく、「短期間に連続で審査の申請をする」という行為は評価されない行為です。

銀行やサラリーマン金融で結んでいる提携もあり、情報の共有も行われていますので、銀行では「借入が苦しくない人物」を装っても、数分とせずバレてしまいますので気をつけましょう。

短期間について補足させていただきますが、「1週間に1つの業者」で申込みするのが理想です。

数日以内で立て続けに申込を行うと、審査に落ちるごとにペナルティ(主に評価)が厳しくなります。

融資余裕額を通常より大きくする方法

融資余裕額0というだけで、何もかもチャンスを失ってしまったと諦めないようにしましょう。

というのも、評価は下がってしまうと上がらなくなるわけではないからです。

下記のような行動が目立つようになると、業者側も下げた評価を上げてくれるなど、運営上の努力を欠かさず行ってくれる場合が多いです。

  • 借入件数を完済により減らす
  • 随時返済・一括返済で相談を行う

上記の手段でより効果的なものは、「借入件数を完済により減らす」という手段です。

カードローンを販売している業者は、借入金額・借入件数ともに何度も見直しをしています。

ですが、借入金額が「完全に返済されていない」場合、借入件数は1件追加された状態となるのです。つまり、返済する・・・ではなく完済しているが好ましいのです。

借入件数についても、できる限り「自身で確認を怠らない」ほうが良いでしょう。

サラリーマン金融でも、「4件以上の借入」に対して融資余裕額0のようなペナルティを課しているようです。

通常のローン(住宅ローン、自動車ローンなど)も、借入件数としてカウントされているので注意してください。

要約すると、「後もう少しで完済するローン」がある場合、一気に返済してしまったほうが良いのです。

また、少しでも印象を良くするために、「随時返済・一括返済」を行う際はアイフルへ連絡しておきましょう。

アイフルも契約者を大切にしているため、そのような連絡を密に行ってくれる相手の場合、無碍な対応をすることもほとんどありません。

評価を少しでも上げるためには、「細密な対応」こそ好ましいというわけです。

カードローン以外を利用するのも賢い利用方法

先ほどは「完済による評価上昇」の案内をしました。

ですが、逆に借金をして評価上昇させるテクニックまでありますので、次のような手段も知っておいたほうが良いです。

・クレジットカード利用でクレジットヒストリーを高める

先ほどから何度も信用として案内しているものは、実は「クレジットヒストリー」という正式名称が存在します。

重要な部分のみ解説しますが、クレジットヒストリーというのは「現在までの借入実績」のことです。

借入実績って借金のことじゃないの?と思う人は多いでしょう。ですが、借金であり返済履歴のことでもあるので、捉え方は人によって様々です。

ただ、金融業者にとっては「信用情報そのもの」なので、重要視している情報であるのは確かです。

クレジットヒストリーは、「契約後の返済実績」なので契約を踏まえた返済でなければいけません。しかし、クレジットヒストリーのために大きな借金をしては本末転倒です。

そのため、「10万円程度のクレジットカード」で、毎月1万円以内の利用を行っていくのです。返済に困る金額でもありませんので、安定して返済が行える金額となります。

このようにして信用を高めていくと、「返済実績ありの信用できる人物」と評価されます。

すると、融資余裕額0のような人物であっても、将来的には「新規カードローン、クレジットカードの審査で通る人物」になれるのです。

このテクニックは、カードローン審査で通りにくいとされている40代以上で効果的なテクニックです。

融資余裕額0と聞くと萎縮(いしゅく)してしまいますが、ほんの僅かな閃(ひらめ)きでチャンスをものにできることも多いのです。

借入全体を安定させる意外な解決方法も存在する

ここまでに何度か「信用・実績」の案内をさせていただきました。

ですが、現代のカードローンでは他の方法でもカードローンのチャンスを広げることが可能です。

人によっては、アイフルだけでなく銀行カードローンでも通用するテクニックなので、できる限り実践して欲しいテクニックでもあります。

・返済支援制度でカードローン契約を結び返済してしまう

返済支援制度というのは、「金利優遇で長期返済」に望むという制度です。

通常ではサラリーマン金融の融資額が、制限を大きく超えてしまうということはありません。それは、「総量規制」という規制で完全に借入の制限がされてしまうためです。

しかし、返済支援制度そのものは「総量規制がかからない借入」となるため、50万円以上、100万円以上の借入が実現可能となります。

銀行やサラリーマン金融で活発に対応しているカードローンなので、安易に融資余裕額0というだけでチャンスを諦めるのはもったいないでしょう。

アイフルでも「収入証明書あり」の審査となりますが、かりかえMAX・おまとめMAXというカードローンで審査に通っている人は多いです。

(⇒アイフルの審査基準とは?

返済支援制度を利用すると、信用情報の回復にもつながります。

アイフルは「借金に困っている人向けの相談窓口」も用意しているので、サラリーマン金融内では比較的安心して相談できる業者でもあります。

また、返済支援制度を利用することで、以下のようなメリットを得られることが多いです。良ければ下記も参考にして、カードローンのおまとめについて考えてください。

  • 借入件数を大幅に減らすことが可能
  • 長期返済で返済の難易度が大幅に下がる
  • 金利優遇は1.0%以上になるケースもある
  • 通常のカードローン審査より審査が甘い業者が多い
  • 返済先の口座についてもまとめることが出来る

中小サラリーマン金融を頼るのも賢い対応方法

融資余裕額0という審査結果は、大手の銀行やサラリーマン金融の場合に発生しやすいです。

つまり、大手では情報が共有されているため、別の業者を選んでも似たような結果になりやすいわけです。

この話を聞くと、人によっては「大手のどこなら借りられるのか?」と考える人もいます。ですが、すでに大手では借りづらい状況なので、考え方を変えて「中小を使ってみる」ほうが将来的に良いかも知れません。

評価というのは、一度付いてしまうと簡単には消えません。

トラブルを起こされている場合、「半年間~1年間」は残ってしまうとされています。なので、いつになれば借りられるのか?とヤキモキされている人も実は多いのです。

待っていても中々消えない・・・。それであれば、トラブルを抱えている人でも審査が甘い金融業者を利用するという考え方もありなのです。

アイフルですでに契約している場合、融資余裕額0となった際は中小サラリーマン金融で審査を受けてみると良いでしょう。

今回のような融資額が小さい問題に関しては、以下のような中小サラリーマン金融と相性が良いと言われています。中小サラリーマン金融の利用でワンチャンスあるので、何も大手のみでカードローンを検討する必要はないのです。

  • セントラル:WEB申込に対応。ローン内容もアイフルとほぼ同じ
  • フクホー:創業46年の老舗。金利が他の業者よりやや高い
  • ニッセイキャッシング:即日融資に対応している中堅サラリーマン金融

中小サラリーマン金融を使い信用を高め、そしてアイフルなどで増額審査を受けてみると、意外と信用が上がっていて審査に通りやすくなることもあります。

人が利用できる時間は無限ではありません。なので、有限の中のチャンスをものにするために、少しくらいは面倒な手段についても考慮・検討したほうが良いでしょう。

【参考ページはこちら】
アイフルのの賢い使い方を教えて!

新着記事
ページトップへ