> > 保証人ありで自己破産もOK?アイフルの意外なカードローン内容

保証人ありで自己破産もOK?アイフルの意外なカードローン内容

サラリーマン金融の大手であるアイフルでは、ブラックで登録されている人に対して審査を行っていません。

ブラックには、「自己破産者、多重債務者」が含まれます。このような情報は、個人信用情報機関を通じて直ぐに調べることができるため、アイフルでは審査に通らない人は絶対に通らないのです。

ただし、保証人ありで審査を受ける場合は話が別です。ブラックと言っても、内容によってはアイフルでカードローンを組むことが可能です。

今回はそんなブラックの借入について案内しているので、新規でカードローンを予定している方は良ければ御一読ください。

通常のカードローンでは保証人不要

サラリーマン金融でもそうですが、CMや広告のキャッチフレーズに「担保・保証人不要」が使われています。

昔とは違い、今では保証会社が保証を行っているため、カードローン審査の際に保証人などを求められることが減っているのです。大手の銀行やサラリーマン金融であれば、担保・保証人を要求してくることはありません。

保証会社の存在もあり、カードローン審査は昔に比べると甘い基準になりました。

そのため、返済能力に問題がない人であれば審査に通る割合が高いのです。

カードローン審査というのは、年収よりも返済能力が重要と理解していただければ幸いです。つまり、返済能力に問題がある人物の場合、カードローン会社は審査を行うのが難しいということなのです。

その「返済能力に問題のある人物」がブラックです。

ブラックとは、借入契約後に問題を起こした人物を主に言います。

ブラックの評価がされている人物は、「個人信用情報機関」にもブラックとして登録されます。そのため、ブラックになるとお金を貸してもらえなくなるのです。

以下は、ブラックを分類別でまとめたものです。

  • 借金を債務整理した
  • 借金で多重債務者になった
  • 借金で自己破産者になった
  • その他の金融事故を過去に起こしている

これらの問題を起こしてブラックになると、「1年間~10年間」の間でカードローン審査を行ってもらえなくなります。

カードローンの審査基準には書かれていませんが、ブラックの人は金融業者全体でお断りとなっているのです。

保証人が必要となるケースは自己破産以外にもある

ブラックになると、保証人を求められる形でカードローン審査を受けることが増えます。

カードローン会社によっては完全にお断り・・・というケースもありますが、とりあえず審査だけは行ってくれる会社も存在するのです。

ただ、通常より厳しいカードローン審査になるので、審査に通るのは簡単なことではないです。

そんな厳しい審査を受けても構わないという場合は、アイフルでカードローン審査・・・ではなく、カードローン相談を受けてみると良いでしょう。

カードローン相談とは、アイフルで行っている専門的なカードローンに関する相談のことです。

アイフルは自己破産を過去に経験されている方でも、カードローン相談を行ってくれる会社です。あまりにもブラックの内容がひどい場合には、審査に通らないこともあります。

ですが、過去に何度も借金苦の相手に対して融資を行っている会社でもあるのです。

審査が可能!とカードローン会社から連絡があった際ですが、とりあえず審査は可能・・・というだけなので注意してください。

また、審査が可能な場合は下記のような要求も発生する、と思っておいたほうが良いです。

  • 保証人になってくれる人の署名
  • 収入証明書の提出

自己破産されている人がカードローン審査を受けた場合、この2点が不要というケースは稀です。

保証人は、契約者の返済に問題が発生した際に代わって返済を要求される人物です。そのため、収入が乏しい保証人の場合、カードローン審査がスムーズにいかないということもあります。

なので、保証人そのものの収入についても、カードローン会社で確認されることが多いです。保証人も借金を多く負っている場合は、カードローン審査に通る可能性は低いと思ったほうが良いでしょう。

次に収入証明書ですが、契約者の収入を確認する目的で提出を求められます。

収入証明書とは、収入を証明できる書類全般のことです。

主にサラリーマン金融で要求される書類は、「給与明細書の写、給与受取口座の写(※)」のどちらか1枚となっています。
※写というのは元本ではなく元本のコピー

収入証明書を用意するのは難しくありません。保証人になってくれる人を探すよりは時間もかかりませんので、先にこちらを用意するようにしておくと時間の無駄を省けます。

保証人次第で借入が変化するわけではない

インターネットには、自己破産者がサラリーマン金融でお金を借りられたという話が多く存在します。

ですが、このお金を借りられた話には大げさな話も含まれています。話の内容によっては、何度もお金を借りられたという話までありますが、実際は自己破産者に対して何度もお金を貸してくれる会社は存在しません。

上手く借りることができたとしても、「多くて2社まで」と思ったほうが良いです。

大手サラリーマン金融では、プロミスやアイフルで借りている人が多いです。他のカードローンで焦げ付きを出してしまっている人でも、この2社であれば借りられたという報告が多く見つかります。

焦げ付きとは、多重債務に陥った状態のことです。

返済しないといけない金額が多すぎると、どこからもお金を貸してもらえない状態となるため、カードローンそのものが焦げ付いている(使用不可)という意味で良く使われています。

ただ、自己破産や多重債務に陥った後の借入は、なるべく1件で済ますようにしておいたほうが賢いです。

というのも、借入というのは個人信用情報機関に1件ずつ登録されていくため、借入件数が2件より1件のほうが信用されるからです。

過去に自己破産申請されている人の場合、小さな借入が2件であっても、新規のカードローンで審査にまったく通らないこともあるので注意してください。

保証人次第で借入が変化するケースは特殊

保証人というのは、「返済リスクを下げる目的」で求められています。

大手サラリーマン金融の場合は特に顕著なのですが、保証人を付けたからと言って借入限度額が増えるということはないのです。

インターネットを用いると、保証人次第で借りられるお金が増える・・・という情報を見つけることはあります。

ですが、下記のような事実が存在するため、保証人を付けてもお金は増えないと思っておいたほうが良いでしょう。

・サラリーマン金融の総量規制

総量規制とは、「年収の3分の1」までで借入が制限される規制です。銀行にはかかっていない規制ですが、サラリーマン金融などの「ノンバンク系」にはかかっている規制です。

年収が多い場合でも、昔のように「100万円以上」借りるというのは難しくなっています。

これはサラリーマン金融が貸し渋りを行っているわけではありません。厳密には、「個人信用情報を前提に審査を行っている」ためです。

保証人を付けた場合ですが、主に受けられるメリットというのは下記の通りです。それほど保証人を付けるだけで、大きなメリットを受けられるというわけではありません。

  • 通常とは違う(※)プランでカードローン契約を結べる
  • 長期のカードローン契約が可能になる

※通常とは違うというのは、借入に問題がある人向けのプランのことです

保証人なしで自己破産者がお金を借りる方法

自己破産者でも、保証人を付けることでカードローン審査を受けられます。

ですが、自己破産者は絶対に保証人がいないとお金を借りられないわけではありません。

というのも、「保証人なし」でもお金を貸しているカードローン会社は多数存在するからです。

例えば、「中小サラリーマン金融」などが該当します。

中小サラリーマン金融とは、大手サラリーマン金融以外の金融業者のことです。

中小ということで、「小さな会社」をイメージしてしまいますが、正確には「営業を行っている地域」に対して中小と言っています。

中小サラリーマン金融を利用すると、保証人なしでお金を借りることは可能です。しかし、以下のようなデメリットもあるので、誰もが安心して使えるというわけではありません。

  • カードローン審査の審査結果が出るまで時間がかかる
  • 高齢者の場合は審査対象外のケースが多い
  • 借りられる金額が50万円以内で制限される

大手サラリーマン金融(主にアイフル)の場合、これらのデメリットはありません。

カードローン審査も通常のカードローンと同じ時間で審査結果が出ます。

ブラックになってしまったが、「年収に自信がある、保証人を付けられる」という人は、中小サラリーマン金融で審査を受けるより、大手のアイフルで審査を受けることをオススメします。

補足となりますが、中小サラリーマン金融は「提出を求められる書類」も多いです。

本人確認書類・収入証明書類の2点は、必ず求められると思っておいたほうが良いでしょう。

中小のカードローン内容は通常より劣ることが多い

中小サラリーマン金融で利用できるカードローンの話ですが、基本的に「大手を超えるカードローン」はありません。

以下のようなカードローン内容となっているので、長期で利用するより短期で利用したほうが賢いです。

業者の規模 大手 中小
融資限度額 500万円 20万円、50万円から選択
金利(年率) 4.5%~18.0% 5.0%~18.0%
遅延損害金 20.0% 20.0%
担保・保証人 不要 必要
WEB審査 対応可 対応不可

WEB審査ですが、「大手サラリーマン金融では対応していない会社がない」状況です。つまり、大手サラリーマン金融は中小サラリーマン金融より審査が素早いという魅力があります。

つまり、即日融資や1日以内の審査結果(連絡)に対応して欲しい・・・と考えている方は、あまり中小サラリーマン金融と相性が良くありません。

WEB審査とは、インターネットを通じて行えるカードローン審査のことです。

WEB審査に対応していない会社でカードローン審査を受ける場合、「電話・郵送・自動契約機」の3パターンで申込をする必要があります。

WEB審査は「24時間いつでも申込可能」となっていますが、それ以外の申込では「会社の営業時間内」となっているのです。

そのため、今では24時間いつでも申込めるWEB審査に対応している会社が人気となっています。

中小サラリーマン金融でも対応している会社は存在しますが、ほとんど対応していないと思ったほうが良いでしょう。

自己破産でも通るカードローン会社には共通点がある

保証人ありでカードローン審査に通る会社というのは、共通点も存在するので共通点についても案内させていただきます。

その共通点ですが、借金返済の目的でカードローン審査を受けられる会社で共通しています。

借金返済のためにカードローン審査を受けるというのは、銀行ではあまり好ましくない目的とされているため、銀行カードローンの審査では通らないことが多いでしょう。

しかし、サラリーマン金融では昔から「自由なお使いみち」で利用が可能です。

そのため、借金返済であってもカードローン契約を認めているのです。

カードローン契約の内容に関してもペナルティはありませんので、安心して利用されても問題はないのです。

そのようなカードローン会社は存在するのですが、以下のような相手と判断された場合、カードローン審査で落ちてしまうこともあります。

  • 嘘の情報を含めてカードローン申込を行っている
  • 他のローンで返済の遅延が確認されている

カードローン会社は個人信用情報機関を通じて、これらの情報をすぐに確認することが可能です。

特に年収の記入部分で大げさな年収を書き込んでも、「審査上の有利」とはなりません。

年収より返済能力の方が重要視されるので、現在までに安定して返済されていることのほうが大事です。

自己破産OKの審査で注意すべきこと

ブラックOK、自己破産OKという広告を出しているカードローン会社は存在します。

ですが、このOKというのは審査を行うだけであればOKという意味で用いられています。

アイフルのような大手であれば、実際にカードローン審査に通ることもあるでしょう。しかし、中小サラリーマン金融の場合は、「他に条件を付けてくることが多い」ので注意しましょう。

中小サラリーマン金融は大手とは違い、以下のような条件を付けてくることが多いです。

  • 借入制限(利用限度額10万円以内)に関する条件
  • 返済の遅延が見られる場合は別の業者で再契約するという条件
  • 保証人だけでなく担保も必要という条件

「担保」について補足すると、「借入額より高い物品」が担保に指定されやすいです。

なので、中小サラリーマン金融でカードローン契約を結ぶ場合は、条件も厳しい内容となっていないか確認しておきましょう。

【参考ページはこちら】
完済?解約?アイフルから契約書を返してもらうシーン

新着記事
ページトップへ