> > 追加借り入れは難しくない!アイフルで誰でも出来る賢い借り方

追加借り入れは難しくない!アイフルで誰でも出来る賢い借り方

アイフルでカードローン契約を結んだ場合、後で追加借り入れを受けることも可能です。

追加で借り入れを受けるだけなので、今では誰もが利用しているサービスでもあります。

そんな追加借り入れですが、あまり利用をしたことがない人にとっては不安もあります。

どれほど借りられるのか?どのような計算で追加借り入れ分を計算するのか?と言った不安があるのです。

そこで今回は、アイフルで利用可能な追加借り入れの案内を行います。記事内では注意点の案内も行っていますので、カードローン経験が少ない人にとって、有益な案内が多く見つかるでしょう。

追加借り入れはカードローンなら利用可能

追加借り入れというサービスは、アイフル以外でも対応しているサービスです。

カードローンの仕組みそのものが、追加借り入れに対応しているため、カードローン会社にとっても対応が難しいサービスではないのです。その仕組みは、今ではスライドリボルビング方式と呼ばれています。

スライドリボルビング方式の”方式”というのは、「返済方式」を表しています。

返済方式とは、金融業者で定められている返済の型だと思ってください。

返済方式の名称が同じ場合、返済の内容が異なるということはないのです。そのため、現在利用しているカードローンと別のカードローンを利用しても、返済でトラブルが起きにくくなっています。

スライドリボルビング方式は、特にサラリーマン金融で目立つ方式でもあります。

スライドリボルビング方式でカードローン契約を結んでいる場合、毎月の返済額は以下のような計算で算出されるため、返済額は「段々と減っていく」という仕組みになっているのです。

  • 返済額に対して利息計算が行われる
  • 返済額が減ると利息計算が再度行われる
  • 新規で利用すると返済額が加算される

上記を見ると「シンプルな計算」であることがわかります。

現在30万円の借入をされている人が、追加借り入れで10万円を借りた場合、「40万円に対して利息計算が行われる」ということです。

金利18.0%の場合、30万円では「年間5.4万円の利息が発生」します。40万円では「年間7.2万円の利息が発生」するわけです。

使えば使うほど利息が高まっていきますが、返済を安定して行っていれば、利息が安定して減っていくという仕組みになっていますので、利息の計算はそれほど難しくありません。

追加借り入れの申込はアイフルでは不要

追加借り入れというサービスは、「自動で適用」される仕組みになっています。

つまり、毎回カードローン会社に申請をする必要がないため無駄な時間を使わないで済むのです。

ただ、「アイフルのような大手」であれば自動で適用される・・・ということも忘れないでください。

アイフル以外のあまり知られていない業者では、そもそも追加借り入れに対応していると公表されていないのです。

逆に、「いきなり融資をストップさせる」業者まで存在します。

そのようなケースもあるので、安定したカードローンを求めている方は、アイフルのような大手で契約を結んだほうが賢明です。

追加借り入れはキャッシングローンでは難しい

話がわかりづらくなるため先に案内させていただきますが、アイフルのカードローンは「キャッシングローン」です。

キャッシングローンという名称のため、カードローンとは別物だと思う人もいますが、カードローンと同じ内容の金融商品です。カードローンのように追加借り入れが可能なので、特に利用する上で細かい注意点もありません。

キャッシングローンとカードローンに関して全く知らないという人も、おられるかと存じます。なので、下記にて違いの詳細について案内させていただきます。

キャッシングローンとは、「指定口座に振込」を行う形のローンです。

指定回数で返済をすることで知られているローンのため、人によっては毎回決まった回数で返済されているローンとしても有名です。

カードローンはキャッシングローンとは違い、「カードで入手金する」形のローンです。

キャッシングローンとの大きな違いは、「好きな金額を引き出せる」という点です。返済に関しても契約期間内であれば、何度でも利用可能という仕組みになっています。

このような違いがあるため、50万円の融資に対してキャッシングローンでは「一括の振込」が行われます。

カードローンでは、「50万円までで好きな金額を引き出せる」のです。

今ではサラリーマン金融のほとんどがカードローンの形式で販売を行っていますが、自由度の高さではカードローンのほうが上なため、カードローンが良く選ばれるというのも不思議ではありません。

他にもキャッシングローンとの違いは存在する

その他のキャッシングローンとの違いは下記の通りです。

  • キャッシングローンは若干カードローンより金利が低い
  • キャッシングローンはカードローンより融資限度額が低い

前述しましたが、アイフルで提供されているキャッシングローンはカードローンと同じ内容の商品です。

そのため、アイフル以外で提供されているキャッシングローンの場合に、上記のような差を良く見かけることがあります。

キャッシングローンで追加借り入れを利用する方法

アイフル以外のキャッシングローンは、追加借り入れに対応していない可能性があります。

ですが、基本的に対応しているキャッシングローンもあるので、今回は通常とは違うキャッシングローンの案内をさせていただきます。

そのキャッシングローンは、「クレジットカードのキャッシング枠」です。

  • ショッピング枠:50万円
  • キャッシング枠:0万円

上記はクレジットカードの一般的な枠です。

ショッピング枠のみ審査を行っていることが多いため、基本的にキャッシング枠は「利用しない前提」で審査結果が出ます。

ですが、こちらは「本人からの申請」があった場合、審査を後から行ってもらうことも可能なのです。

キャッシング枠は「5万円~20万円程度」で審査されます。本人の年収によるのですが、カードローンのように50万円以上で融資を受けるのは難しいでしょう。

ですが、カードローンのように使えるキャッシング枠で、且つ追加借り入れにも対応しています。

サラリーマン金融でも、クレジットカード一体型カードローンを販売しています。間接的な方法ですが、このような方法でも追加借り入れサービスを利用することができるのです。

クレジットカード一体型カードローンとは、カードローンの機能を備えているクレジットカードのことです。

通常ではクレジットカードをカードローンのように使うことはできません。ですが一体型で審査を受けると、カードローンのカードがクレジットカードとして発行されるのです。

つまり、「クレジットカード1枚、カードローン1枚」ではなく、クレジットカード1枚だけでショッピング、キャッシングを楽しめるのです。

アイフルでも対応しているサービスなので、カード枚数を1枚でも多く減らしたい・・・という人にはオススメです。

追加借り入れが多過ぎると審査に影響を与える?

噂程度でインターネットで見かけるものに、「追加借り入れは審査に影響を与えている」という噂があります。

ただ、追加借り入れは利用限度額の範囲で行っているカードローン利用です。なので、この噂はあまり信用できる情報ではありません。

追加借り入れについて「規制などもない」ので、利用限度額の範囲内であれば、「何度利用しても問題ない」サービスとなっています。

このように追加借り入れには悪影響がないのですが、下記のような利用状況ではペナルティが課されることもあります。

  • 他の業者でも追加借り入れを行っている
  • 追加借り入れ後の返済で遅延が目立つ

上記を見ていただければわかりますが、ペナルティの発生は「利用者の管理次第」となっています。

他の業者でも追加借り入れを行っている・・・という問題は、そもそも正常な利用では見られない問題です。

つまり、借金の管理で問題のない人であれば、追加借り入れでペナルティを受ける心配がないのです。

返済の遅延に関しても同じことが言えます。

昔と違い、今では返済の遅延が発生すると「返済用の通知書」が送られてきます。

通知書を確認し返済対応を行える人であれば、カードローン会社側も、特に厳しいペナルティを課すことがありません。

意外なチャンス!追加借り入れと融資余裕額の関係

追加借り入れを利用する際に、「追加借り入れに余裕がある」かチェックするのも大事です。

追加借り入れの融資は融資余裕額で表示されているので、利用する前に一度チェックしてみることを推奨します。

その理由ですが、融資余裕額が「増額している」こともあるからです。
(⇒アイフルの増枠は来店不要?

長期で利用されていると不意に増額してもらえることもありますし、融資余裕額が常に多いと「申請することも可能」となるので、チェックしておくと良いのです。

アイフルでも追加借り入れの増額申請は可能です。

以下の条件を守られている人であれば、アイフルから増額に関する通知(連絡)が届くこともあるでしょう。

  • 利用限度額を全て利用していない
  • 多数の業者でカードローン契約を結んでいない
  • 長期間でカードローンを利用している

上記で重要な部分は「期間」です。

カードローン会社は審査が甘い業者でも、「半年間~1年間」の利用が見られない限り、増額審査の対応を行ってくれません。

しかし、アイフルでは「3ヶ月前後」の利用で、増額審査の基準を満たせることがあります。

もし、カードローン増額に力を入れたいと考えている場合、サラリーマン金融の中ではアイフルを選ぶのが最善でしょう。

追加借り入れを行う前に知っておくべきこと

追加借り入れを利用する上で注意すべきことを案内します。

追加借り入れを複数の業者で行った場合、総量規制の面でも損をすることが多いので、できるだけ信頼できる業者のみで行ったほうが良いです。

総量規制とは、サラリーマン金融などのノンバンク系で適用されている規制です。

「年収の3分の1を超えて借りることを禁ずる」という規制で、アイフルでも総量規制を前提にして利用限度額の設定が行われています。

複数の業者で追加借り入れをしてしまうと、「どの業者に対して幾ら利用しているのか」が非常にわかりづらいです。

例えば、4件のカードローンで「30万円、35万円、25万円、15万円」だったとします。総額では105万円を借りている計算になりますので、年収300万円の人では借り過ぎている状況となるでしょう。

このようなわかりやすい借入状況であれば、借金の管理を面倒臭がらない人はミスをしないかも知れません。

しかし、「27万円、38万円、29万円、11万円」となると、人によってはミスをしてしまいます。

実際にカードローン利用をされると、規則正しくお金を借りるというのはかなり難しいものです。

そのような利用上の不便や問題もあるので、なるべくカードローン会社は1件以内に留めておいたほうが賢いでしょう。

借り過ぎはお金以外でも発生する!?

借り過ぎというのは、基本的に「カードローンの利用額」に対して言われています。

カードローンのCMでも、計画的なご利用を・・・と案内されているので、現代では借り過ぎにならないよう業者側も配慮してくれることが多いです。

ですが、契約者側が気をつけていないと、利用額以外で借り過ぎ注意!となる事例も存在します。

  • カードローン以外に信販系も利用している
  • カードローン件数が多い
  • 複雑なローン状況

上記の利用が目立つ場合、追加借り入れにも制限がかかってしまいます。もしくは、「審査で落ちやすくなる」ので気をつけなければいけないのです。

複雑なローン状況について補足させていただきますが、「銀行とサラリーマン金融」の関係がローン状況では良くないとされています。

その理由ですが、銀行側はサラリーマン金融からの借入(※)を好ましく思っていないからです。
※追加借り入れも含む

銀行カードローン審査でいきなり通りづらくなった場合は、サラリーマン金融のカードローン利用を控えてみると良いでしょう。

サラリーマン金融の審査の場合、銀行カードローンで契約されていても、特に問題が発生することはありません。

アイフルキャッシングローン商品内容

最後に、アイフルで提供されているキャッシングローン商品内容を紹介させていただきます。

下記のような商品内容となっているのですが、PRの通り「追加借り入れにも向いている」キャッシングローンとなっています。

商品名 キャッシングローン
融資限度額 1~500万円(※)
※最大で500万円まで融資可能
金利(年率) 4.5%~18.0%
遅延損害金 20.0%
返済期間 最長14年6ヶ月(※)
※回数では151回が最長
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
担保・保証人 不要
PR 1.WEB審査に対応している
2.お使いみち自由
3.満20歳以上70歳未満まで利用可能
4.サラリーマン金融内では最速の審査速度
5.1分以内で終わる簡易審査をご用意

【参考ページはこちら】
アイフルで最初に借りられる金額の決まり方

新着記事
ページトップへ