> > 心配な人はアイフルへ!過去に返済の遅延があっても期待大!

心配な人はアイフルへ!過去に返済の遅延があっても期待大!

アイフルと言えば人気の消費者金融です。様々な商品を取り揃え、サービスも充実しているのでぜひ借入したいものですが気になるのが審査です。

過去にクレジットカードの支払いが遅れたり、他社からの返済が滞ったりした経験があっても借入できるものなのでしょうか。

アイフルの審査ではどのようなことをチェックするのでしょうか。審査の詳細を知ることでスムーズに審査を突破しましょう。

知って得する!アイフルの審査内容と注意点

消費者金融や銀行カードローンを利用する際には必ず審査があります。一般的に銀行カードローンに比べ、消費者金融は審査が通りやすいと言われていますが、審査内容はあまり違いがありません。
(⇒アイフルの審査基準をチェック!

おもに下記の項目を審査します。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 過去の借入歴

その他にも細かいところで

  • 自宅に電話があるか
  • 既婚か未婚か
  • 持ち家か借家か

などをチェックする会社もあるようです。

まず年収ですが、総量規制の関係上、年収は限度額を設定する上でとても重要です。現在の法律では年収の1/3以上は借入できませんので、年収に応じて限度額が決まってしまいます。

もし年収の1/3を超えて貸付を行えば、会社が罰則を受けることになりますので、原則収入のない人には借入はできません。

勤務先に関しては、電話で在籍確認を行い、本当に在籍しているか確認します。勤務先が大手や公務員でなくても問題はありません。きちんと安定した収入を得ているということを確認できればいいわけです。

勤続年数ですが、最近は転職によってステップアップする人も多くいます。そのため事情を説明すれば柔軟性を持って対応してくれると思われます。

最後の過去の借入歴がおそらく審査の中でも最も重要なポイントです。過去の借入歴とは過去のクレジットカード履歴やカードローンの返済履歴のことを指します。

過去に返済の遅れや自己破産、債務整理があると借金を返さないと人と判断され、審査に不利になります。

しかし、もし過去に返済の遅延などがある場合にはどうしたらいいのでしょうか?

若いころに借金の意味もわからず、借入をして信用情報に傷をつけたしまった人、口座引き落としにしていて残高がないのに気づかず返済が滞ってしまった人などでも審査をクリアすることはできるのでしょうか?

審査の難易度は口コミを見ればわかる!遅延でも借入可能

消費者金融は銀行カードローンよりもハードルは低いと言われていても、実際に借入できるかどうかは個人差があります。(こちらもご参考に→アイフルと銀行カードローンの違い?

利用者は一人ひとり属性も違いますし、信用情報もさまざまです。他の人が借入できたからといって、自分も借入できるとは限りませんが他人の実体験は参考になります。

インターネットを検索すれば様々な情報を入手することができますので、活用しない手はありません。

アイフルの口コミをチェックしてみました。

  • 過去にクレジットカードの滞納がありますが融資してもらえました。
  • 申込ブラックとなりとても困っていたときに唯一貸してくれたのがアイフルです。
  • 過去に債務整理をしていて、絶対無理だと思っていたが審査に通った。
  • 延滞情報をしつこく聞かれたが、結果的に融資してもらえた。
  • 10年前に自己破産歴がありますがめでたく借入できました。
  • 過去に数社から借入があり、数日間延滞したことも何度かありますが、借入できました。

もちろん辛口の口コミもありますが、信用情報に問題があっても借入れできたという報告もちらほら。信用情報に自信がなくても申し込んでみる価値があるかなと思いました。

過去に支払いの滞納があっても5年以上経過している、もしくはすでに完済済みなどのケースでしたら望みがあるようです。

ただし、アイフルは他の大手に比べると審査に時間がかかるようです。即日融資可能、審査最短30分と宣伝していますが例外も多くあるようなので、余裕をもって申込をするようにしましょう。

スムーズな借入のために事前に準備確認しておくべきこと

過去に借金の遅延があってもアイフルなら借入できるかも!と希望を持つことができたところで、スムーズに審査に通るために作戦を練りましょう。

事前にどのような準備をして、審査に臨めばいいのでしょうか。

  • 書類の不備がないか
  • 信用情報に問題がないか
  • 希望額が高すぎないか
  • 他社からの借入件数や借入額を把握しているか
  • 在籍確認はきちんとできる環境か

申込書の不備や嘘の申告はとても印象を悪くします。誤字脱字、基本情報に間違いがないか何度もチェックしましょう。

審査で最も重要な項目である信用情報ですが、先ほども書いたように自分でも知らない間に傷がついているというケースも少なくありません。

信用会社に問い合わせれば自分の信用情報を公開してもらうことができるので確認しましょう。もし何か問題があるようでしたら、申込を延期するなど対処しましょう。

希望額を高く書きすぎないことは重要です。希望額が多いと、とてもお金に困っている人と思われてしまいます。希望額はあくまでも必要最低限にしておきましょう。

申込フォームには必ず他社からの借入件数や借入総額を申告する欄があります。自分をよく見せるために嘘の申告をしたり、また覚えていないので適当に記入したりする人がいますが、これは信用情報と照らし合わせるとすぐにばれてしまいます。

自分の借金をきちんと管理できないと、返済に関してもルーズできちんと返してくれないと思われてしまうかもしれません。

申込の後、必ず在籍確認があります。在籍確認の際にはカードローン会社から申請された勤務先で本当に働いているかどうかチェックするものです。
(⇒アイフルの在籍確認は避けたい!

在籍確認は申込者の承諾なしに行われることはありませんし、電話をかける際には個人名でかけるなど配慮してくれます。在籍確認が行われることを前提に準備をしておいた方が審査がスムーズに進むと思います。

アイフルの審査がだめでもまだ希望はある!その他のカードローン

審査に備えていろいろ準備しても、様々な原因で審査に通らないことがあります。

しかし、審査に落ちた理由を公にする義務はありませんのでもし審査がダメだった場合、できることはもっと審査の緩い別の借入先を探すことです。

アイフルよりも審査が緩いと言えば、やはり中堅の消費者金融でしょうか。中堅がなぜ審査に通りやすいかと言えば、大手に対抗するためにハードルを低くしているということが考えられます。

どれくらい緩いかと言えばそれは会社にもよりますが、多少過去に返済の遅延があったとしても目をつぶってくれるぐらい緩いわけです。

遅延と言っても3日遅れたのか、半年遅れたのかによっても審査結果は変わってきますし、また属性によっても左右されます。他の人が審査に通ったからと言って自分も通るとは限りませんが、希望は捨てないようにしましょう。

ノーローン

ここでご紹介したいのは株式会社新生銀行グループのノーローンです。銀行の系列ということで、消費者金融に対して不安がある人でも安心してご利用いただけます。

ノーローンの最大の特徴は1週間何度でも無利息サービスがあることです。通常、無利息サービスは新規利用者に限り最初の一回が無料というケースが多いのですが、ノーローンは全額返済した翌月は再び無利息を利用できます。

そしてもうひとつ珍しいのがノーローンポイントサービスです。これは「楽天スーパーポイント」「ネットマイル」「Gポイント」の中から選んでポイントを貯めることができます。

ノーローンの商品の基本情報ですが金利は4.9%~18.0%、限度額は最大で300万円となります。

申込資は20歳~69歳までの安定した収入のある方で、必要書類は限度額が50万円に以下であれば本人確認書類のみとなります。

審査に関しても関しても通りやすいという口コミが多いので、期待できること間違いありません。

【参考ページはこちら】
アイフルの仮審査は試す価値ある?

新着記事
ページトップへ