> > 【アイフルの増額】限度額を50万超えするには何が必要?

【アイフルの増額】限度額を50万超えするには何が必要?

アイフルを利用していたら増額の案内が来た。こんな経験をされたアイフルユーザーさんも多いのではないでしょうか。

ここで増額審査に申込んで限度額を増やしておくか現状維持にするかは悩みどころです。

特に限度額が50万円を超える場合は必要条件も厳しくなってきますから、じっくりと考える余裕は欲しいですね。

それではアイフルから案内が来て、50万円を超える限度額増額にアタックする際の心構えや必要な物をご紹介していきます。

既に借り入れをされている方が対象なのですが、新規でアイフルを利用しようと考え中の方もいずれは直面する問題なので是非参考にして下さい。

なぜ50万円を「超える」なの?境目について解説

記事のタイトルを見て「う~ん、なぜ50万でも50万以上でもなく『50万を超える』なんだろう?」と不思議に思われた方もいらっしゃいますよね?

実はこれ、「50万ちょうど」は含めたくない理由があるからなんです。

収入証明書の提出が必須になる

限度額が50万円以下の場合、アイフルに対して収入証明書を提出することは原則不要となっています。

しかし、以下のような場合は提出が義務化されます。これはアイフルが義務付けているのではなく、法律上の提出義務なんです。

    『収入証明書の提出が義務化されるケース』

  • アイフルとの契約額が50万円を超える場合
  • 他社借入額と合わせて契約額が100万円を超える場合

例えば他社で80万の借入があって、新規でアイフルに20万の希望で申込みをした。

このときは合計が100万ジャストなので法的な義務は発生しません。

もし希望額が30万ならば、合計110万で「100万円を超える」状態になるため義務が発生します。

今回お話する「限度額50万を超える増額申請」は上段の義務に該当するんですね。

アイフルとの契約だけで50万までなら義務は生じないものの、これが50万1円になると義務になる。難しそうだけど簡単なことなんです。

「50万ジャスト」と「50万を超える」の大きな違いをお解りいただけたら、次の問題に進みましょう。

収入証明書を提出しても困りごとにならないですか?

持っていれば提出するだけのこと…で済まされない方がいらっしゃるのは、もうお解りでしょう。

新規で申込みをしたとき、収入証明書に記載されている金額よりも水増しして申告をした方は要注意です。

また、書類を見ないで「これくらいだろう」と頭の中にあるイメージで申告をされた方も、その数字が正しくなければ大問題に発展します。

増額にも審査があります。「案内が来たんだからフリーパス」というわけにはいかないんですね。(こちらもご参考に→アイフルですぐに増額したい!

最後に収入申告をしたのは今回提出する収入証明書と同じ額でしたか?また、そこから今までに年をまたいでいませんか?

年をまたいでいれば「一昨年と収入が変わった」と説明もできますが、同じ年であれば「なぜ金額が違うの?」と非常に悪い評価を受けることに。

増額審査に通らないだけでなく、悪質な場合は今の限度額も減らされる可能性があることを覚えておきましょう。

大前提として必要な物…年収はいくら以上いるの?

収入証明の提出義務だけでなく、収入に対する貸付額(限度額)の上限が設けられていることはご存知の方も多いでしょう。

消費者金融からの借入れは、年収に応じて次のような制限がかかっています。

    『年収に対する融資の制限』

  • 申込者本人の年収×1/3まで
  • 消費者金融・信販会社など業界全体での融資額
  • カードローンの場合、残額ではなく限度額が計算対象

「総量規制」という言葉で知られるこの制限は、消費者金融の貸し過ぎを防止する意味合いで法文化されたものです。

「総量規制」はアイフル以外の取引も対象になる

ここで気をつけて欲しいのは、年収の1/3がアイフル一社との取引だけでなく業界全体からの借入れ合計だということ。

例えばアイフルから30万、他社Bで50万借りていた場合、80万円とカウントします。

年収が240万(80万の3倍)程度なら、この状態で増額は難しいことになるんですね。

単純に50万を超える増額なら、希望額60万だと他社借入れなしで年収180万、70万希望なら年収は210万円が最低必要額となります。

増額審査に挑むためには、「アイフルで増額した後の限度額+他社借入れ総額」の3倍+αは収入が必要だということも忘れてはいけません。

自信があるなら…増額は案内がなくても申込みができる!

申込みに必要な「収入証明」と「収入」についてはご理解いただけたでしょうか。そこをクリアしたら次の問題に挑みましょう。

次の問題は「だれでもいつでも申込んで良いものか」という点です。

半年以上の利用者に増額案内が届く理由

アイフルから利用者へ増額の案内を送る場合、その利用者は最低でも半年以上の取引をしていることが知られています。

つまり、最低半年はアイフルと直接取引をして信用を築かなければいけないんですね。

ここから考えると、新規契約から半年未満で増額申請は避けるべきでしょう。時期尚早という言葉が当てはまります。

一度も返済に遅れなかったことも重要な条件

半年間の取引中に1度でも返済期限に遅れたりはしませんでしたか?これをやっていると増額は非常に厳しくなります。

お金の貸し借りですから、返済期限を守った支払いは最大の信用チェックポイントになります。

「1日くらいは大丈夫だろう」は許されない世界なのです。返済自体は大目に見てくれていても、信用は確実にダウンしてしまうんですね。

収入が増えた、正社員になったなどの属性アップがあるか

案内が来れば「現状のままなら審査通過も有り得ますよ」ということなのですが、案内がないということは「現状ではちょっと…」と判断されるおそれも。

しかし、アイフルが把握しているよりも良い情報があるのなら、それも覆すことができます。

  • 昇給・昇格
  • 非正規雇用から正規雇用になった
  • 他社への返済が終わって契約も解約した
  • 結婚や出産で家族が増えた
  • 賃貸から持家に引っ越した

など、属性がUPしている場合はそれをアピールポイントにした増額申請もやってみる価値はあります。

逆に、「新たに借り入れをした」「転職で属性が下がった」「年収がダウンした」などのマイナスポイントがある場合は厳しいと考えるのが無難です。

50万円を超える限度額の重みを考えて行動を

複数社から合計で50万を超える借り入れをするくらいなら、1社で同額の取引をした方が「他社件数」としてもメリットはあります。

ただし、その1社は「10万30万ならまだしも、50万を超えるとなれば慎重に」と考えているわけです。

案内が来ている方は相手方のお誘いですから伸るか反るかの選択と今の自分の状況で審査に通るかを判断すれば良いでしょう。

しかし、自分から積極的に申込む場合、50万を超える借入契約がどれくらいの重みを持つのかをしっかり理解することが重要です。

もう一度必要な条件を確認して、自信があれば申込みを

そのためにも、もう一度必要な物としてお話しした事柄に目を通すことをお勧めします。

  • 収入証明の内容と契約時の申告に大きな差はないか?
  • 増額後の借入れ総額と年収とのバランスは整っているか?
  • 属性や収入のUPなど、アピールポイントは持っているか?
  • これまでの取引で返済期日に遅れたことは1回もないか?

この4点をクリアしていることは最低条件です。

じっくりと考えてみて、「よし!大丈夫だ」と思うことができたならば、アピールポイントを確実に証明できるように申込みを行いましょう。

申込み方法は多いがお勧めは電話相談から入ること

増額申請はアイフルの会員ページにログインをし、PC・スマホ・携帯から申込みが可能になっています。

また、店頭窓口・自動契約機・電話でも受付を行なっています。

筆者がお勧めする方法は、まずアピールポイントを電話で話して希望額に増額できそうかの相談をすること。

ここで「難しいと思われます…。」と回答されたら名乗ることなく審査終了でノーリスクのまま利用を継続できます。

この「相談」で行けるとなってから、各種申込み方法で手続きをされるのが一番安全な方法ですから、ちょっと一手間かける余裕を持ちたいものですね。

【参考ページはこちら】
絶対に知っておくべきアイフルの増枠方法

新着記事
ページトップへ