> > アイフルで無収入でもキャッシング!知っておくべき裏ワザとは?

アイフルで無収入でもキャッシング!知っておくべき裏ワザとは?

様々にノウハウを説明しているサイトでの結論は、無収入あるいは無職であればアイフルを利用できないということのようです。

そのようなサイトが勧めていることは、キャッシングが無理ならしない工夫をすれば良いというものに見受けられます。しかし、キャッシングが無理だからといって生活資金が不要になるものでもありませんよね。

でもどうしてそのような結論に至ってしまうのでしょうか。なんとか本当にキャッシングが助かる無収入の時期を乗り切る裏ワザにスポットを当てていきたいと思います。

なぜキャッシング利用が必要なのか

キャッシングを利用する機会しようと思う時って言えば、いったいどのような時なのでしょうか。金融関係の調査会社が実施したアンケートによれば、キャッシングを利用する機会はほとんど以下の3通りで78%を占める結果を得たそうです。

  • 急な出費
  • 買い物
  • 生活費

確かに急な出費に迫られると本当に困ります。急な出費を予想することは不可能だからです。だからこそキャッシングできればありがたいですし、キャッシングしてもらえると助かります。

買い物は勿論予定を立てることが可能なはずです。しかし、実際に買い物をしていると予定外の出費が嵩んでしまうことや、予算をオーバーしてしまうことも少なくありません。そればかりではなく、予算を立てて計画している間に機会を無くしてしまうことも。

これらに対するキャッシングであれば、確かに他のノウハウのサイトが勧めているように生活規模・生活行動を調整することで出費を回避することが可能になるかもしれません。しかし、最後の生活費は少し事情が異なってくる場合があるのではないでしょうか?

生活費が予定していたより余計に必要になってしまうことは日常茶飯事です。特に景気が悪くなってくると思わぬモノの値段が上がってしまったり、生活の根幹に関わる経費が嵩んでくることはなかなか予測通りにはいかないものですよね。

このことは学生であっても同様でしょう。新学期に授業を登録することになりますから、事前に単位数や学費の積算程度は可能かもしれません。しかし、ゼミに参加する、ゼミ旅行やコンパなど事前に予定できない出費の機会は山のようにあります。

つまり急な出費がキャッシングの直接対象になるばかりではなく、様々な機会を圧迫することで間接的に生活費の予定を狂わせてくるのです。それほど急な出費というものは予測することが難しく故に管理することが難しいものだということができるでしょう。

消費者金融でのキャッシング用途を知っていますか?

消費者金融業の始まりは戦後の高度経済成長期にあります。生活物価の高騰に収入がわずかに追いつかない時代でした。企業に勤める人たちの生活資金が逼迫する中、少しでも高品位な消費が求められた時代になっていきました。

当時の個人金融は物品を抵当に入れてキャッシングサービスを提供する質屋かもしくは銀行などのキャッシングでしたがいずれも、担保や保証人を用意することができない一般勤労者には使いづらいものだったのです。

それを解決するのが消費者金融というノンバンクの出現だったとまとめることができるでしょう。消費者金融業とはそもそもが無担保・無保証人による個人向けの少額キャッシング提供なのです。つまり信用によるキャッシングサービスが消費者金融ということです。

時々、消費者金融業者のキャッシング申込みで高額のローンを申し込む方もいらっしゃるようですが、これはほとんど可決されることがないのは消費者金融業の来歴を無視したことに原因があるのではと言われるのです。

生活資金のキャッシングに焦点を当てている消費者金融だからこそ、少額キャッシングを重要なものだとして扱っているわけです。消費者金融のキャッシングは少額利用が原則だと言われる理由がここにあります。

そして生活資金のキャッシングはスピードが命。ですからどこの消費者金融業者でも即日キャッシングを標榜し、少しでも早いキャッシング実行を宣伝していると言えるでしょう。これらのスピードキャッシングはあくまでも少額のキャッシングが原則なのです。

生活資金のキャッシングが最も役立つ時

生活資金のためのキャッシングが消費者金融業者が提供するキャッシングの本命であることはお分かりいただけたでしょうか。では、とにもかくにも生活資金が足りなくなったらキャッシングを利用すればよいかと言えば、そうではありません。

キャッシング利用にも品質・クオリティというものがあるはずです。生活資金の捻出にはバランスが必要です。借り過ぎに注意しましょうという注意書きが業者の公式サイトには記載されています。

バランスがとれていないキャッシング利用はしてはいけません。でも本当のことをいうとバランスがとれないときが本当にキャッシングする必要があるときなのではないでしょうか?資金が手元にない時のキャッシングは無限の価値を持つかも知れませんね。

例えば、給料日を前にお金がなくなってしまったなどというケース。後数日であってもこれはどうしようもなくなったという経験が誰にもあるのではないでしょうか。後数日だからと自宅にこもって時間をやり過ごすという選択はありえません。

予測不能な急な出費が立て続けにやってきます。その度に生活費を切り崩しやりくり。そして最後に生活費が底をついた時、この時こそが、キャッシングサービスが利用できるなら本当に勇気づけられるというものでしょう。

これが、「いざというとき」です。この時にキャッシングサービスを利用することで、翌月からのローンに変換することができれば、つまり急な出費を予定の支出に置き換えることになります。これによって計画的な生計を維持することができるようになります。

キャッシングの品質はどれだけ生活の質を向上させることができるかで決まります。つまりキャッシングの品質を最大化するのは生活をスタートさせようとするときということになります。その時にキャッシングできる可能性を高めることができれば大丈夫ですね。

キャッシングローンを活用する方法

キャッシングローンには銀行が提供している銀行系カードローンと言われるものと、消費者金融業者が提供している消費者金融系カードローンとがあります。必ずしもこの2種類に分かれるとは限りませんが便宜上この2種類に分けてざっくり比較すると、
(⇒アイフルと銀行カードローンの違いとは?

比較項目 銀行系カードローン 消費者金融系カードローン
限度額 500~1000万円 300~500万円
金利 低め 高め
審査 難しい 易しい
法律 銀行法 貸金業法
総量規制 なし あり
配偶者貸付 あり なし

限度額や金利を見れば銀行のカードローンの方が有利です。しかし、その代わり銀行のカードローンの審査は難しくなっています。貸金業法に縛られている消費者金融のカードローンは総量規制の制限を受けていますが、銀行のカードローンは制限を受けません。

銀行のカードローンが配偶者貸付に対応しているということは、収入を配偶者に依存している主婦であってもカードローンを申し込む資格があるということになります。これは消費者金融では考えられません。ただし銀行がカードローンを発行するかは別問題です。

じゃあ本当に困っている時、お金がない時にキャッシングしてくれるのはないということか?と思われても仕方がありません。ほとんどのノウハウサイトが無収入のキャッシングをあっさりと諦めるように諭しているのはこの辺りに問題があるからです。

しかし、ノンバンクである消費者金融業は実際に個人向けにキャッシングを実施しなければ収益を挙げることができなくなってしまいます。消費者金融業者としてはなんとかキャッシングを提供したいという思いが隠れているのです。

だから本当にキャッシングを必要としているのであれば、消費者金融業者としては是非利用して欲しいと思っているはずなのですが、結論は無収入の人には利用できないということになるのです。一体、これはどういうことなのでしょうか。

消費者金融のキャッシング利用制限-法的問題と社会的問題

キャッシングサービスの提供は法律行為なので法律が制限しています。逆に言えば、違法行為から一般利用者を保護しているのです。貸金業法による制限。この法律の目的は貸金業の運用が潤滑に行われることです。そして同時に利用者保護なのです。

この法律は長い時間をかけて整備されてきました。その経緯で様々な社会的問題を経験した結果として消費者金融業をいくつかの点で規制するようになっています。その結果確かにこの規制には現在でも問題が指摘されており、さらなる改定が議論されてもいます。

これらの規制で利用者にとってもっとも大きく関わってくる規制は、いわゆる「総量規制」と呼ばれる規定です。この規定によって年収の3分の1を超えたキャッシングの利用はできないようになっています。また同時に慎重審査が定められていることにもなります。

総量規制は本人の年収を基準にしています。例えば、年収500万円の人であればキャッシングの利用は150万円まで可能になるはずです。しかし、100万円のカードローンを申し込んだりすると少し厄介なことになることが予想されるのです。

どこの消費者金融業者でも慎重審査の基準に注意を喚起しています。アイフルでなら50万円を超える場合、または他社の利用金額との合計が100万円を超えた時点で慎重審査の対象になります。こうなると消費者金融はメリットは発揮できなくなります。

収入証明書の提出が義務付けられており、申込者の属性を慎重に審査することが定められておりアイフルでも審査に時間がかかってしまうのです。これでは可決できたとしても時間がかかってしまっては消費者金融業の最大のメリット=スピードはもうありません。

年収の3分の1という総量規制のボーダーラインが適正かどうかを現在の社会的基準に照らせば同意できない人が多くいそうです。それはローンの期間が短期ということであれば、返済の工夫をすることでそれ以上の利用が現実的なものだと考えられるからでしょう。

そこで、総量規制そのものは議論の対象になっているとはいえますが、残念ながら今のところ総量規制は有効な制限となっており、どこの消費者金融であっても総量規制を超えたキャッシングを提供することはできないのです。

また総量規制が定める慎重審査の基準は利用申し込み50万円だということから逆算すると年収150万円であれば、消費者金融業者一社の申込みの限界を利用申し込みできることになると言えます。年収が150万円なら、月収換算で12万5千円です。

この月収の水準であればクリアすることは比較的容易だといえるでしょう。アルバイトでも実現可能な数字だと言えそうです。つまり消費者金融業が利用対象とする収入の水準はかなり低いと言えそうです。

このように低所得であっても利用者として利用対象者である消費者金融業者として長く実績を積み上げてきた業者の一つがアイフルです。アイフルだからこそ本当に困った時の頼りになる秘密があるのです。アイフルが頼りになるのはどこに秘密があるのでしょう。

アイフルはどういう消費者金融業者か?

ある時代を境にして金融業界は大きく姿を変貌させました。消費者金融業者の多くは銀行と業務提携を開拓するなどして資金力強化を図り、銀行は消費者金融業界とタッグを組むことで個人向け金融商品を開拓し発展させるようになったのです。

その結果、かつては銀行系・消費者金融系といった分類であったカードローンも大きくありかたを変えることになりました。現在では銀行系カードローンのほとんどは保証会社として消費者金融業者と提携することで利用しやすいカードローンを目指しているのです。

そのような業界全体の動きの中にあって、アイフルは独自の路線を進んできたということができるでしょう。アイフルは銀行との提携を最低限に保っています。かつての消費者金融の良きイメージを色濃く残す営業スタイルがアイフル精神を象徴しています。

いわゆる積極的なキャッシング審査が消費者金融業者ならではの価値だったと言えます。銀行との提携はその積極性に慎重さを宿らせる結果になったのですが、アイフルは前述したように銀行提携の影響を受けていません。

まずあげられるべきアイフルの特徴としては、利用者の便宜を図ったアイフルのサービスを挙げておく必要があるでしょう。アイフルの契約は非常に簡便化されており、定評あるスピード審査に結びついています。

また、アイフルはキャッシングカードの送付に当たって、配達時間を指定できるようにしています。アイフルでも振込キャッシングは利用できますが、キャッシングカードを利用したキャッシングの便利さは振込では代えがたいのも事実だからです。

内緒のキャッシングがもっとも周囲に気づかれるタイミングは郵送によるということは定説でしょう。当然店舗に出向いてキャッシングカードを受け取れれば言うことなしなのですが、様々な条件を考慮して郵送してもらうしかない場合も少なくないからです。

アイフルの大きな特徴にはアイフルの金融商品が多岐に渡って提供されていることが挙げられます。簡単に列挙しておく方がわかりやすいでしょう。アイフルの金融商品は大まかに分けると「まとめ系」「カードローン」そして「その他」に分けることができます。

まとめ系商品

消費者金融業者でまとめ系商品を提供しているところはあまり多くありません。まとめローンはむしろ銀行の提供するものだと言うイメージが強いのではないでしょうか。確かに銀行と業務提携していると市場が衝突する可能性があるかもしれません。

しかし、アイフルは独立系消費者金融業者なのです。ですから次のようなまとめ系のローンを提供できているのです。もちろん、まとめ系であっても消費者金融業者基準の審査を受けられることに最大のメリットがあるということは言うまでもありませんね。

商品名 かりかえMAX
実質年利 12.0%~17.5%
最高融資限度額 500万円まで
商品名 おまとめMAX
実質年利 12.0%~15.0%
最高融資限度額 500万円まで

アイフルのカードローン商品

カードローン商品こそが、もっともメジャーな商品ですから馴染みも深いでしょうし、いまさらという感じは否めません。しかし、アイフルのカードローンは一味ちがうのです。カードローンが3種類も用意されています。

商品名 キャッシングローン
実質年利 4.5%~18.0%
最高融資限度額 500万円まで

キャッシングローンと言えば、金融業界の用語です。資金を一時的に用立ててもらって返済を分割で支払うことを言います。しかしここでは、キャッシングローンはアイフルのスタンダードカードローンのこと。普通に公式サイトから申し込むとこれになります。

商品名 ファーストプレミアム
実質年利 4.5%~9.5%
最高融資限度額 500万円まで

ファーストプレミアムと銘打たれたカードローンが用意されています。一番大きな違いは低く設定された金利です。銀行系のような設定になっています。これは消費者金融系カードローンのスペックとは言えないかもしれません。

当然、条件は厳しいモノになっているようです。「一定の収入」が条件に挙げられており、それがどれくらいの収入なのかが明示されていません。ですから実質、ファーストプレミアムカードローンを利用することは困難なことだと思われます。

商品名 わんポチッと
実質年利 18.0%
契約限度額 10万円

そしてもう一つのカードローンがこれ。なんと契約限度額が10万円です。選択の余地はなく固定になっており、その分申込みに必要な書類も簡素なものになっているようです。実はこのわんポチッとカードローンがオススメ商品なのです。

わんポチッとは収入証明書が不要で免許証だけでカードローンを取得できる大本命だということができるでしょう。携帯電話などで画像を送信するだけでカードローンが発行されるというのですから、利用しない手はないでしょう。でも額が小さい?という思いも…。

10万円の利用限度額は他の商品に比較すると大変慎ましやかに映ります。しかし、生計資金の使途として考えれば、一般的な当面の利用はこれで十分なはずです。それに消費者金融業者でのキャッシングは最小限度にすることが大原則でした。

その他商品

このような商品の他に事業向けのプラン、そして様々な目的、旅行や学資などの目的別のローンが用意されています。そして女性専門のレディースアイフル。レディースアイフルでは通常のキャッシングローンと条件は同一ですが、女性スタッフが対応してくれます。

無収入でもキャッシングに申し込めるワケ

そもそも労働意欲がない人がキャッシングできる可能性はないでしょう。しかし、転職などによって短期的に無収入になってしまうケースもあります。このような短期的な無収入であればアイフルに申込みする価値は十分にあるでしょう。

アイフルは柔軟な審査と積極的な可決で非常に評判が高い消費者金融業者です。ですから申込みに多少問題があると感じるのであれば、諦める前に相談の電話を入れることをオススメできるのです。そうすることでアイフルの担当者が親身に相談に乗ってくれるはず。

そのためにもまず、収入の手段を確保することが大切です。就職するばかりが方法ではありません。とりあえずのアルバイトやパート、あるいは派遣勤務。これらの就労形態では銀行では難しい判断がされるのですが、アイフルなら十分可能性があります。
(⇒アルバイトでもアイフルなら問題なし?

あるいは自営業を考えることも一法だと言えます。今ならインターネットを活用することで自宅で開業することも不可能ではありません。自営業の場合、銀行でカードローンと考えると様々な書類が必要になって大仕事になってしまうでしょう。

とにかくこれらの手段を講じて収入を確保することが先決になってきます。収入の手段に特に制限はありません。この点が銀行とは大きく違う点になっており、いざというときに消費者金融業者の方が使いやすいという評価がある根拠になっています。

この場合見込み収入で申し込むことになるわけです。今日就職面接に出かけて夕方に採用通知を得たとすると最初の収入があるのはおそらく来月の給料日ということになるはずです。それまでは無収入でやりくりしなければならないわけです。

そのような状態の無収入をやりくりすることは本当に大変です。家にこもっていれば不要な出費がかさんでくるからです。しかし経済的な問題を会社に相談することはできないに違いありません。そのようなときアイフルに見込みで申し込んでみましょう。

わんポチッとがオススメです。わんポチッとであれば、収入の証明書類が原則不要になっており、免許証かパスポートがあれば申し込みすることができるのです。

わんポチッとの申込みからカード発行までの手順は次の通りになっています。

  • ネットから申込み
  • ネット利用で必要書類を送信する
  • 審査結果の連絡が入る
  • ネットでそのまま契約手続き
  • 振込みキャッシングが可能になる
  • カードが郵送される

メリットいっぱいにアイフルを活用する

アイフルのお得なメリットは以上で終わるわけではありません。更に実際にキャッシングを利用した後、ローン返済のやり方次第でさらにお得にすることが可能なのです。その方法は繰り上げ返済をするというやり方のこと。

アイフルのカードローンの返済方式は借入後残高スライド元利定額リボルビング支払いです。これはキャッシングした金額によって毎月の返済金額が決まってくる方式です。例えば10万円を借りて毎月返済をする例を考えてみましょう。

支払い回数 32回
月次分割額 4,000円
総支払利息 26,260円

キャッシング利用の損得を考える時、ポイントになるのは総支払利息です。この場合、26,260円程度になるはずです。そして節約できるのはこの総支払利息ということになります。このローンを毎月1000円だけ頑張って返済したとすると次のようになります。

10万円を借りて毎月1000円の繰り上げ返済する例

支払い回数 24回
月次分割額 5,000円
総支払利息 19,429円

如何ですか?支払い回数が小さくなり、総支払利息が圧縮できています。これは毎月繰り上げて返済した1000円が利息を発生させる前に返済することになることによる効果なのです。

このようにアイフルを活用することで、短期的に無収入状態になったとしても切り抜けることは可能です。是非とも一時的な境遇に負けることなく豊かな生活を送っていただきたいと思うのです。

【参考ページはこちら】
アイフルが専業主婦でもキャッシング可能なわけ

新着記事
ページトップへ