> > 最低30万円!?アイフルで10万円借りるために必要な収入とは

最低30万円!?アイフルで10万円借りるために必要な収入とは

急な出費が必要になった!そんな事態は誰にでも起こり得ます。だからこそ、そういうときに備えてアイフルの利用を検討するのかもしれません。

急な出費の多くは10万円あれば何とかなるものです。冠婚葬祭、小旅行、レジャーなど、10万円あるとだいぶ助かりますよね。

ただ、アイフルで10万円借りるためには最低でも30万円の年収が必要になるという事は知っていますか?

アイフルでお金を借りる時、実は法律で借りる金額の上限が年収に応じて決められているのです。

借り入れ上限金額を決める法律がある!?その内容とは

個人でキャッシングローンを利用する際には、その借り入れ上限金額が法律で決められています。それが総量規制です。

総量規制は貸金業法という法律内で定められている規制で、年収の3分の1を超える限度額設定をしてはいけない、貸し付けをしてはいけないというものです。

対象となる貸し付けは、貸金業法に準じている会社です。

  • 信販会社
  • 消費者金融

これらの会社ですね。ここで何か気が付きませんか?そうです、銀行、信用金庫が含まれていないのです。

銀行や信用金庫は銀行法、信用金庫に準じていますから、貸金業法は無関係です。つまり、総量規制を気にする必要は無いわけです。

アイフルは消費者金融ですから総量規制の対象となります。10万円の限度額設定を希望するのであれば、最低でもその3倍である30万円以上の年収が必要というわけです。

個人が貸金業者のキャッシングローンを利用するときは
総量規制により年収の3分の1を超える借り入れができない
消費者金融であるアイフルも総量規制の対象となる

総量規制は利用者の負担軽減のために設けられたのです

借り入れできる上限金額が決められてしまうことで、年収が低い人は本当に低い限度額しか利用することが出来ないという事になってしまいました。

これって借りる側、キャッシングローンの利用者に損じゃないの!?そう思う人も多いかもしれませんね。しかし、これは利用者を守るための規制でもあるのです。

総量規制は、収入に対して大きすぎる金額を借入れすることで返済が苦しくなることを避けるために制定された規制です。

返済負担が大きくなり過ぎないように、借金苦にならないように借りられる金額を制限したのです。

また、総量規制があることで複数のローン利用をする多重債務になることを避けることが出来ます。

複数のローン利用をしようと思っても、その金額が現在のローン利用と合算で年収の3分の1を超えることが出来ないためです。

  • 借り入れ上限が決められることで、無理のない返済金額の範囲で利用出来る
  • 上限金額を超えた借り入れが出来ないため、多重債務になりづらい

この2点が利用者のメリットだと言えます。

また、総量規制は貸し手である消費者金融に対してもメリットはあります。

それは、無理なく返済できる金額を限度額とすることで貸し倒れのリスクを軽減することが出来るという点です。

実際、自己破産の件数は総量規制の制定後半数以下に減少しているのです。これは利用者、消費者金融双方にメリットがあるということを示しています。

総量規制は利用者のために作られた規制だということを認識し、キャッシングローンを利用する際は借りすぎないこと、計画的な利用をすることを心掛けましょう。

総量規制ギリギリの限度額設定は難しい!低い限度額になる理由

借り入れ上限金額、つまり限度額を決める時に総量規制が関わっているという事は紹介しました。

「じゃあ総量規制ギリギリの限度額を設定してもらえるの?」と考えるかもしれませんが、それは違います。

実は、総量規制ギリギリの限度額設定をしてもらう事は極めて難しいのです。

少なくとも新規申し込み時の限度額設定は、総量規制よりも低い金額になってしまいます。それは申し込み者の信用度をはっきり知ることが出来ないためです。

アイフル申し込み後は審査が行われ、その審査に通れば利用することが出来ます。審査に通れば信用されたと思うかもしれませんが、それは最低限の信用です。

返済能力があるかどうか、それを本当に知ることが出来るのは利用後です。何回か利用をして期日通り返済していくことで、返済能力を証明することが出来るわけですね。

しっかりと返済できるか分からない状態では、その人が利用できる上限金額の限度額設定をするのはリスクが高いわけです。

ですから、最初の設定限度額は総量規制ギリギリではなく、それよりも低い金額になってしまうのです。

新規契約時に総量規制ギリギリの限度額にはならない
総量規制よりも低い金額設定になることを理解しておこう

利用と返済を問題なく続けて利用実績を重ねることで、限度額を増額することも可能になってきます。

最初の限度額が低くても、長く優良顧客で居続ければ総量規制ギリギリまで限度額を引き上げることも可能になってきますので、まずは利用、返済をしっかりと続けていきましょう!

限度額10万円コースのみ!?手続き簡単な「わんポチっと」とは

アイフルは一般的なキャッシングローンの他にも多くの商品を取り扱っています。その1つが「わんポチっと」です。

「わんポチっと」は限度額10万円のコースのみとなっていますから、申し込み時の希望限度額を悩むことがありません。

また、高い限度額になるとどうしても使いすぎてしまう心配がありますが、限度額10万円と決まっていれば安心です。(こちらもご参考に→アイフルなら誰でも500万借りられる?

「わんポチっと」の商品内容を紹介しましょう。

金利 返済金額 必要書類
18.0% 35日サイクル払い:5,000円
毎月約定日払い:4,000円
本人確認書類
(運転免許証またはパスポート)

返済金額も固定ですし比較的少額なので、毎月の負担も大きくはならないはずです。

必要書類も本人確認書類のみですし、メールで送付することが出来るため、店舗に行ったり無人契約機に行ったりする必要もありません。

限度額10万円でOKということであれば、申し込みが簡単な「わんポチっと」もオススメですよ。

アイフルには総量規制対象外の商品もある!?

アイフルは消費者金融ですから、基本的には総量規制の対象となってしまいます。しかし、実はアイフルにも総量規制対象外の商品があるのです。

それが「かりかえMAX」と「おまとめMAX」です。

「かりかえMAX」は、高い金利で別の消費者金融を利用して返済をしている人を対象としたものです。

アイフルに借り換えをすることで金利負担を軽減させて返済総額を減らそうというものです。

「おまとめMAX」は、複数の借り入れを一本化して支払利息を減らそうというもの、そして複数の支払日をまとめることで債務管理を楽にしようとするものですね。

この2つは総量規制の対象外ですから、年収の3分の1を超える金額でも利用することは可能なのです。

ただし、審査に通らなければいけませんから、その金額を返済するだけの安定した収入があること、延滞を繰り返すなど不安要素がないことが必要です。

すでにある借金の返済負担を少しでも軽減したい!そんなあなたは総量規制対象外の「かりかえMAX」と「おまとめMAX」をチェックしてみては?

【参考ページはこちら】
アイフルで希望通りの金額を借りたい!

新着記事
ページトップへ