> > ローンブラックでもアイフルは審査対象として審査する理由

ローンブラックでもアイフルは審査対象として審査する理由

ローンブラックでも、近年では計画返済支援を行っているので、おまとめローンなどが利用できるようになっています。また、このおまとめローンは銀行だけでなく、サラリーマン金融も取り扱っていることで有名です。

人によっては、これから先も長く使ってきたサラリーマン金融を使っていきたいという人もいるでしょう。その要望にお応えしてくれるのが、前述の計画返済支援のおまとめローンです。

また、おまとめローンといったローンブラックなどが利用している返済プランは、なにかしらのデメリットがあるのでは?と思われているケースが多いです。

しかし、そんな疑問にも下記において回答や対策を書き記してあるので、不安に思っている人ほど、今回の記事では不安が解消されるようになっています。ローンブラックではあるけれど、返済については真面目に考えている人の助けになれば幸いで御座います。

ローンブラックと扱われ方

ローンブラックになってしまった場合、自分がどのように業者に見られているのかを理解するのが最重要となってきます。業者側が、それほど悪く見ていないのであればカードローンのチャンスがあるからです。

ローンブラックとは、ブラックの扱いを受けるわけなのですが、実際にブラックとして長年に渡ってローンが組めないというわけではありません。ローン返済の目処が立っていない人や、返済可能な収入を得ていない人がカードローンできなかったりするだけです。

また、ローンブラックといっても、下記のような金融トラブルと呼ばれている行為を行っていないのであれば、早い段階で借入などが銀行やサラリーマン金融でできるようになるとされています。

  • 返済で既に遅延をしている状況で、長きにわたって返済を行っていない
  • 返済などで業者と揉めてしまい、返済計画の見直しを要請している
  • 返済が難しいという点で金利分支払いを懸念しているため、その点で業者と相談している
  • 返済に対応できないだけでなく、支払いに関する連絡を無視し続けている
  • すでに業者ではなく弁護士と相談している状態で、裁判沙汰で決着する予定

上記のような状態になっている場合、後になって支払いを再開したとしてもローンブラックのままとなります。

また、返済で遅延していい期間というものは存在しません。返済で遅延している場合には督促状というものが郵送されてくるのですが、最初の郵送時点で返済の意志があるのを電話などで伝えておいたほうがいいです。

後になって、「返済する意思はありました」というのは、どこのローンであっても通用しなくなっています。過去であれば、2・3ヶ月程度は待ってくれる余裕というものもあったのですが、現代ではそれも難しいとされているのです。

ペナルティの発生と解除年数

ローンブラックというと、インターネットのクチコミサイトなどでは、ペナルティが発生するようになってブラックになったのを知ったという情報が書き込まれていたりします。

ローンブラックとブラックは一緒?という気持ちになりますが、正確にはローンブラックのほうが傷が浅い状態となります。というのも、ブラックになってしまうと解除されるのに年数も必要となってくるからです。

例えば、Aさんがローンブラック、Bさんがブラックになったとします。Aさんは半年以内に通常通り借入ができるようになりました。しかし、Bさんは1年経過しても借入ができないままです。

また、さらに1年経過しても借入ができずにBさんは困ってしまいました・・・どうして、これほど長期でブラックのままになってしまうのか?というと、それは業者側でブラックリストを作成し、その情報を半永久的に保存しているからです。

主なブラックリストの扱いと、解除にかかるとされている年数については以下のとおりです。

元金のみで完済をした場合 多重債務者になった場合 自己破産者になった場合
約1年間 約3年間 約3年~10年間

自己破産者が特に厳しいペナルティとなっていますが、これは返済義務を一切果たしていないからです。

自己破産を裁判所に対して申請してしまうと、申請後のローン返済は一切行わないでいいようになります。つまり、ローンで苦しんでいる分とは無関係のローンも返済しないままとなるのです。

そのようにされてしまうと、返済してもらえると思っている業者さえもブラックリストの対応をしなければいけなくなります。また、解除後については借入はできるのですが、過去に使っていた同業者は絶対に使えなくなるという重いペナルティが発生します。

もし、自己破産を考えているのであれば、先に小さなローンくらいは完済をしておくか、もしくは自己破産申請の際のローンリストには記載をしないとしておく必要があります。

信用情報というものが存在する

あまりインターネットでは騒がれていませんが、ローンというのはローンをしている人単位で情報が記録されるようになっています。これを金融業界では登録というのですが、個人信用情報機関に加盟している業者では登録が義務化している点を知っておくと得な場面が多いです。

個人信用情報機関とは、CICなどが有名となっている個人信用情報のデータを集積している機関です。今では、ローン審査の際に各金融業者が必ず利用している機関となっているので、一般的に高い知名度を誇っていたりもします。

また、個人信用情報というものが存在するので、基本的に個人の身勝手なカードローン申請は行えないようになっているとされています。

具体的には、個人信用情報機関を通じて、以下のような虚偽の申請がすぐにわかるようになっているのです。

  • 年収や年齢といった個人情報を偽る
  • 記述した情報を別のローン業者ではさらに違った情報に変えてローン申請する
  • 借入金額・借入件数を偽る
  • 自分以外の個人情報をカードローン申請で勝手に使用する
  • 過去に発生した金融トラブルがないように偽る
  • すでにローンブラック登録されているのを偽る
  • 無職・無収入になってしまったことを偽る

審査落ちも登録される情報

今では、カードローン業者で情報の共有を図るようになってきています。

そのような仕組みになっているので、審査落ちを繰り返している場合には、ローンブラックのような扱いを受けるようになっているのです。
(⇒アイフルはブラックでも借りられる?

例えば、アイフルのようなカードローン業者で何度か審査落ちしたとします。その場合に、他のカードローン業者で申請をされたとしても、審査においては落ちてしまいやすかったりするのです。これは、年収などの条件を満たせるようになっても同じです。

というのも、先ほどのアイフルでの申請において、何度も審査されている点が悪く評価されているからです。ローンブラックと同じではありませんが、そのような行為により他のカードローン業者も、「この人にはお金を貸さないほうが良さそうだ」と判断するわけです。

ローンに関する情報はすぐに伝播するようになっているので、すぐに別業者に駆け込んだとしても審査落ちするリスクは軽減できなかったりするのです。

ふと考えると、いきなりカードローン審査で落とされやすくなったという場合には、一週間から一ヶ月程度は申請をするのを止めてみるといいでしょう。他にペナルティ回避の上手な方法もなかったりします。

年収が高くなくても申請可能

アイフルの計画返済支援についてですが、年収が低かったとしても申請をすることは可能となっています。また、パートやアルバイトのような低収入の職業であっても、アイフルでは審査に受かるという前例が多く存在するとなっています。

どうして、おまとめローンをサラリーマン金融で行う場合にはアイフルなの?というと、このような前例が多く高い人気を誇っているためです。

また、アイフルのおまとめローン審査に受かった例を全て掲載すると、10以上もの種類が存在するので、低収入の範囲で絞ったものを下記にリストアップします。

  • 年収が100万円にも満たないパートをしている主婦
  • 年収が200万円にも満たないアルバイトをしている20代男性
  • 無職であった期間が3年にものぼる30代男性のサラリーマン
  • 結婚後に専業主婦となり年収が50万円未満になった30代女性
  • 年収が500万円以上で収入が不安定なホストや、ホステスといった特殊な職業の人

このように意外な条件でも、おまとめローンというのは審査に受かる可能性があります。

また、通常ではホストやホステスといった夜のお仕事をされている人物に対しては厳し目の審査がされるようになっています。しかし、アイフルをはじめとして近年のサラリーマン金融では、そのような人でも審査対象にするように変わっています。

過去にこのような夜のお仕事をしていた影響で、どうしても大きなローンはできなかったという人も、今ではチャンスがあるのだと理解していただければ幸いで御座います。

アイフルの審査基準

おまとめローンの審査基準についてですが、アイフルの審査は甘めとなっている特徴があります。

下記がその条件であり商品概要なのですが、年齢や年収だけでもかなり余裕をもって申込めるようになっているので、よほどのことがない限りは審査で落ちるということもないでしょう。

貸付対象となる者 満20歳以上で安定した返済能力を有する方で当社基準を満たせる者
貸金使途 当社及び他社借入金の借換が目的の場合
実質年率(金利) 12.0%~15.0%
遅延損害金 20.0%
利用限度額 1~500万円
返済方式 元利定額返済方式
毎月の支払金額 契約当初に定められた固定金額
返済期間、返済回数 最長10年間か120回までの中から選択
担保・連帯保証人 不要
必要書類 本人確認書類かもしくは収入を確認できるもの

このような審査基準(商品概要)となっているのですが、条件をみたすのが働いていても難しいという人はほとんどおられないでしょう。サラリーマン金融の審査条件ではかなり甘い設定になっているので、若い人でも気軽に利用しているという特徴もあります。

また、必要書類の収入を確認できるものについてですが、「源泉徴収票や給与の受取口座として利用されている口座の写し」でも問題ないようになっています。

給与については、直近2ヶ月分が写しの中に入っているものであれば、本人確認書類の代わりになると定められていますので、過去の情報まで正確に記載されている物でなければ、いけないという訳ではありません。

審査では属性も確認される

近年では、アイフルのような大手のサラリーマン金融では、属性による確認も行うようになってきています。属性とは、信用のおける相手かどうかをチェックする項目のことですが、そのまま属性評価として知られようになってきている項目です。

この属性評価ですが、個人でも前もってチェックできるとされている項目が幾つか存在します。具体的には下記のような項目でチェックが可能なので、先に自分は借入条件を属性レベルで満たしているかチェックしておくのも大事です。

  • 年収が不安定ではない
  • 勤務先が何度も変更になっていない
  • 勤務先だけではなく転職回数も少ない
  • 年収を正確に把握している
  • 勤務年数を正確に把握している
  • 住居が存在している
  • 住所が点々と変わっていない
  • 固定電話、携帯電話などの電話サービスを利用できる
  • 借入に問題がない(事故歴、破産歴が存在しない)

意外と面倒な属性の確認に思えますが、時間にして10分とかからない内容となっています。

また、上記の中で特に重要な項目は、実をいうと住所・連絡の簡素な2つの項目であったりするのです。

なぜこの2つの項目がそれほど重要なのかというと、審査は現在ではステップ方式になっているので、住所や連絡が正確に掴めない相手の場合には、審査を次のステップへと進められなくなってしまうからです。

なので、もし電話サービスなどの申込をされていないのであれば、これをキッカケとして申し込まれておくとよいです。また、電話サービスについても住所と同じで、長期に渡って利用されている方が属性評価は高くつくようになっています。

主にNGとされる属性一覧

下記のような属性については、ローンブラックのような扱いを受けやすいので注意しておいたほうがいいです。

  • 情報に不備がある状態で申請をしている
  • 過去の情報を更新せずに申請をしている
  • 家族の誰かが悪質なローンブラックとして情報登録されている
  • 金融事故の経歴があり、過去にローン申請そのものを拒否されている
  • 申請の際の人柄チェックにて悪い点数が付けられている

上記の中で気になるのは、人柄チェックにて悪い点数が付けられているという項目かと思います。

また、このような項目についてはアイフルだけではなく、どこのサラリーマン金融でも現在では対応するようになっているので、なるべく温和にカードローン審査を受けるというのも大事です。

どのようなタイミングで人柄チェックをしているのかというと、基本的には電話の受け答えです。人によっては、すぐにカードローンしないと借金返済で厳しくなる・・・という人もいるでしょう。そのような人を見抜くために、このようなチェックが存在するのです。

具体的にどのような対応がNGとされているのかというと、暴言が特に有名です。

相手が下手に出てくれるスタッフだからといって、相手を「お前呼ばわり」されたり、もしくは「早く審査を終わらせろ!」など命令口調で会話するのもNGです。基本としてはです・ます調で言いたいことをキッチリと言うだけにしておきましょう。

例えば、下記のような会話はNGですが、ちょっとだけ工夫をすると良い評価に繋がる会話に変化したりもします。

NGな会話例:おい!いくらなんでも審査に時間がかかり過ぎじゃないか!?こっちは早くカードローンを行って別の業者でもローン審査を受けたいんだ・・・。もう、10分ほどしか待てないから早く終わらせろ!
OKな会話例:(上記の会話を丁寧にしたもの)こんにちは、先ほどカードローン申請させて頂いた○○と言います。審査結果について不安があったのですが、まだ時間はかかりそうでしょうか?良ければ大まかでいいので審査時間について教えてください。今から予定が入っているので正確な時間が知りたいのです。よろしくお願いします。

OKな会話例では、こちらの印象が悪くなりそうな部分を、抽象的な内容に置き換えているので、スタッフのほうの対応も機械的で済むというメリットがあります。

スタッフも基本的に特殊なお客様の対応まで正確にはできませんので、一般客ならどのようにして電話相談されるのか?と考え、現在の要求について焦らずに伝達をしたほうが良いとなります。

融資まではステップ対応

アイフルでもそうですが、今では審査というとステップ対応になっています。

ステップ対応というのは、具体的には全部で5つの手順があり、5つ目まで終了すると融資を受けられるという手順のことです。アイフルであっても、他のサラリーマン金融であっても内容については同じとなっている場合が多いです。

具体的な手順については、ステップ1と2でカードローン申請と審査となります。

ステップ3と4では契約書類の記入と確認を行い、その後にカードローン契約者としてカード発行を受ける流れになっています。今ではシステムにより簡略化されているので、どのような申請の仕方であっても30分~1時間ほどで完了する場合が多いとされています。

アイフルでは審査だけでなく対応についても、スタッフが丁寧に対応してくれるようになっていますので、もしローンが不安という場合にはアドバイスを受けるところからステップアップしていくと、安心して借入することまで可能になっています。

【参考ページはこちら】
アイフルの審査はブラック可能ってホント?

新着記事
ページトップへ