> > アイフルで借りるなら何がいる?融資に欠かせない物を完全解説!

アイフルで借りるなら何がいる?融資に欠かせない物を完全解説!

融資というのは一つの契約であり、契約となると必要な物を用意して臨む事が古今東西の条件とされていますね。

アイフルという消費者金融は主に個人向けの融資を提供しており、その融資も契約を結ばないと使う事はできませんね。

このアイフルの場合、必要とされる書類はどんな物なのか、きちんとご存知ですか?知らない場合は後から手間がかかります。

どんな融資を使う場合でも書類は必須なのですから、さきに必要な書類について勉強しておき、実際に契約する時には手際よく進められるようにしましょう。

必要書類は融資で変わる?アイフルの複数の借入方法での違い

融資では多かれ少なかれ必要書類が存在し、会社及び借入方法により必要とされる書類が異なってきます。

アイフルの場合、実に8種類もの融資方法があり、それぞれで融資の用途が大きく異なっています。

これは同時に融資方法によって必要書類も異なっているというわけであり、その融資ラインナップについて説明していきます。

サービス名 限度額 金利 特徴
キャッシングローン 最大500万円 4.5%?18.0% 用途自由なカードローン
かりかえMAX 最大500万円 12.0%?17.5% 借り換え専用プラン
おまとめMAX 最大500万円 12.0%?15.0% おまとめ専用プラン
事業サポートプラン(無担保) 最大300万円(個人事業主は250万円) 12.775%?18.000% 無担保で利用出来る事業向け融資
事業サポートプラン(不動産担保) 最大1億円 6.8%?12.0% 不動産を担保に大金を用意できる事業向け融資
わんポチッと。 最大10万円 18.0% 書類レスで利用できるお手軽カードローン
ファーストプレミアム・カードローン 最大500万円 4.5%?9.5% 一定以上の年収がある人向けの特別なカードローン
目的別ローン 最大100万円 9.8%?17.0% 目的によって内容が変わる使い切りのローン

通常複数の融資プランを用意しているのは銀行に多い傾向ですが、大手の消費者金融はそれに負けないくらい用意していたりします。

アイフルはこの通り、ともすれば銀行顔負けとも言える種類を誇っており、昔から大手として活躍してきた消費者金融の威光を保っていますね。

一つだけ別格?アイフルで書類をほぼ気にせずに借りる方法

こうした融資の表を見てお気づきかもしれませんが、実はアイフルにも比較的書類に関する心配が少ない融資が、一つだけ存在していますね。

アイフルの『わんポチッと。』は、限度額こそ少ないものの、非常に簡単に借りられるカードローンです。必要書類も簡単に送れる事から書類レスとも表しています。

通常のアイフルの融資では書類の用意や送付が若干面倒になる事がありますが、『わんポチッと。』はそんな問題点を解消しています。

  • 収入証明書類は原則不要
  • 身分証明書は携帯で撮影して送付するだけ

まず、収入証明書類が不要である事が最大の利点ですね。収入証明書類とは融資を返済する際に欠かせない、収入の有無を確認する物です。

それが無くて融資が可能なの?と思うかもしれませんが、そこは『わんポチッと。』の条件を良く見てみましょう。

このカードローンの場合、限度額が最大で10万円と使い過ぎが非常に起きにくく、同時に金融業者側の負担も小さなものとなっています。

例え10万円と言えど返済してもらえないと困るのですが、万が一貸し倒れが起きた場合でも被害が最小限だからこそ、ここまで簡単にできています。

また、身分証明書は絶対に必要ではあるものの、わざわざコピーをとってアイフルに郵送して…という手間が無く、携帯電話で写真を撮影してからそれをメール送付するだけです。

書類のメール送付が可能な点、そして必要最低限の限度額のカードローンと、融資の入門としては本当に気軽に使える融資方法と言えます。

アイフルの自慢の二大カードローンは必要書類もシンプル?

アイフルで必要になる書類について、まずは『キャッシングローン』と『ファーストプレミアム・カードローン』の二つのケースで見ていきましょう。

この借入プランは双方ともカードローンであり、必要書類が全く同じである事を先にお教えしておきます。

☆本人確認書類
・運転免許証
・保険証
・住基カード(住民基本台帳カード)
・パスポート
・在留カード(外国人向け)
・外国人登録証明証(外国人向け)
・特別永住者証明書
☆収入証明書類
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・確定申告書
・所得証明書
・給与明細書(直近二ヶ月分)

大きく分けると『本人の証明が出来る物』と『収入が証明できる物』の二つに分かれており、これはアイフルの他の融資プラン及び他の消費者金融とも共通しています。

キャッシングローンはアイフルの最もスタンダードなカードローンで、申し込みに必要な条件と金利及び限度額のバランスが優れています。

ファーストプレミアム・カードローンについては、一定以上の年収が必要だと明記されており、収入に余裕がある人向けとなっています。

多くの人がアイフルを使うとなると、大抵は『キャッシングローン』を使う事と同義になっています。

本人確認書類はほぼ共通?まずは覚えておきたい必要書類の傾向

まずは覚えておきたい融資審査での必要書類の傾向についてですが、アイフルの場合は全ての書類において、本人確認書類は必須とされています。

それ以外の書類については借入方法によって用意すべきものが異なってくるのですが、本人確認書類は最初に説明した『わんポチッと。』でも同じです。

融資における本人確認書類というのは身分証明書の事でもあり、これが提出できないという事は、その人は社会的に存在しているとは見なされないと同義です。

この身分証明書というのは融資だけでなく、他のあらゆるサービスを受ける際に提示ができないとなると、同様の扱いを受ける事もあります。

また、補足として『本人確認書類に記載された住所が現住所と異なる場合、今現在の住所が記載された書類の提出も必要』となります。

該当する書類はいくつかありますが、アイフルも明示しているのは以下の書類です。

  • 公共料金の領収書(固定電話・電気・ガス・水道等)
  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書

どれも自分の今現在の正確な住所が記載されていますので、住所が異なっている際の補助としては十分な物です。

尚、収入証明書類は以下の場合は不要となります。

  • アイフルでの利用限度額が50万円を超える場合
  • アイフルと他社の利用限度額も合わせて100万円を超える場合

これらに該当しないなら、提出書類は少なめで済むのはありがたいですね。

おまとめローンはやや特殊?必要書類の内容に注意!

次におまとめローンに該当する『かりかえMAX』と『おまとめMAX』の必要書類について見ていきましょう。

☆本人確認書類
・運転免許証
・保険証
・住基カード(住民基本台帳カード)
・パスポート
・在留カード(外国人向け)
・外国人登録証明証(外国人向け)
・特別永住者証明書
☆収入証明書類
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・確定申告書
・所得証明書
・給与明細書(直近二ヶ月分)
☆他社借入条件等を確認出来る書類
・契約書
・利用代金明細書

このようになっています。

かりかえMAXとおまとめMAXの違いというのは、主に『アイフルを初めて利用したかどうか』となり、初めてならかりかえMAX、すでに利用した事があるならおまとめMAXになります。

金利を見てみると分かるように、アイフルを利用していて信用がある場合に使えるおまとめMAXの方が条件的にはお得になっていますね。

複数の借入先からお金を借りていると金利が高くつき、返済日も一ヶ月に複数存在する事になってしまい、非常に大変です。

どちらのおまとめローンを使っても、まとめた時点で高確率でお得になるのは嬉しいですね。

追加で書類を出す事も?必要書類はその人によりけりです

これはおまとめローンだけに限った事ではありませんが、融資での必要書類はその人の状態によって必要になったり不要になったりします。

例えばおまとめローンの場合、他社の借入をまとめる為に、その他社の利用条件を知る為の書類が必要です。

しかし提出した書類が単なるATMの利用明細だけだった場合、そこからでは正確な利息や借入額が分からない事もあるでしょう。

にも関わらずそれしか提出していない場合、他の書類を用意して欲しいとお願いしてくるのは不自然な事ではありません。

同様に、以下のような場合は書類の再提出や追加での提出が求められます。

  • 本人確認書類と現住所が異なる場合
  • 給与明細が手書きだった場合
  • 提出書類が不鮮明で情報が読み取れない場合

一番上に関しては先ほど説明した通りであり、提出する身分証は出来るだけ最新の物に変更しておきましょう。

そしてあまり無い事ですが、給与明細の全部及び一部が手書きだった場合、勤務先の社印や社判が必要です。

手書きだと偽造が簡単すぎる為に説得力が非常に弱く、そこの会社ならではの印鑑などが無いと厳しいのですね。

そして提出書類ではコピーを利用する事があると思いますが、このコピーが不鮮明だとアイフルでは審査が進められません。

自宅のコピー機がインクジェットなら掠れが起きやすいのでメンテナンスをしたり、コンビニのコピー機を使うなどしてはっきりと印刷して下さい。

こうした事があると二度手間になりますので、急ぎの審査を希望している際には致命的なミスにもなりかねません。

目的毎で全然違う?目的ローンは必要書類も臨機応変に

次に目的ローンの必要書類ですが…この目的ローンというのは設定された利用目的により、大きく必要書類が変化していくのです。

☆本人確認書類
・運転免許証
・保険証
・住基カード(住民基本台帳カード)
・パスポート
・在留カード(外国人向け)
・外国人登録証明証(外国人向け)
・特別永住者証明書
☆収入証明書類
・源泉徴収票
・住民税決定通知書
・確定申告書
・所得証明書
・給与明細書(直近二ヶ月分)
☆用途の証明が出来る書類
・見積書(各用途共通)
・予約確認書(冠婚葬祭など)
・診断書(医療系)
・母子手帳(出産)
・学生証(教育系)
・案内資料(ライセンス取得)
・自動車検査証(車関係)
・住民証(引っ越しなど)

目的ローンの用途の一例も記載しておりますが、例えこれら以外であったとしても、アイフルとの相談次第で利用可能になります。

同様に、アイフル側としてもまず利用用途を明確にしてもらえないと、必要書類に関しても注文を出す事ができません。

今回記載した書類については特に目的ローンで多いものに絞っていますが、使う人と用途により大きく変わるのがこのプランの特徴です。

書類だけでなく融資条件も変わる目的ローンの特殊性は要チェック

目的ローンは用途により必要書類が変わるのですが、実はそれだけではありません。

目的ローンは用途によって、金利や限度額まで変化しており、事前の打ち合わせをきちんとしないと満足のいく条件ではない事もあります。

具体的には以下の表のようになります。

用途 限度額 金利
ブライダル 最大100万円 13.0%?12.0%
葬儀 最大100万円 9.8%?12.0%
デンタル 最大50万円 13.0%?17.0%
メディカル 最大100万円 9.8%?12.0%
出産 最大50万円 9.8%?12.0%
教育 最大100万円 9.8%?12.0%
家具・車関係 最大100万円 13.0%?17.0%
引っ越し・ライセンス取得・トラベル 最大50万円 13.0%?17.0%

こちらも書類同様に主な利用用途にて例を挙げてみましたが、使い方により非常に多岐に渡っているのが凄いですね。

どの用途であっても「この用途ならこれくらいあれば不足はない」としてアイフルが判断している数とになります。

自分がこれから使いたいと思う用途と重なる部分があれば、そこと照らし合わせて条件の過不足を確認しましょう。

事業にうってつけの融資は必要書類の確保が大変!?

それではいよいよ、アイフルで最も大きな貸し付けにもなる事業サポートローン2種の必要書類について見ていきましょう。

☆本人確認書類
・運転免許証
・保険証
・住基カード(住民基本台帳カード)
・パスポート
・在留カード(外国人向け)
・外国人登録証明証(外国人向け)
・特別永住者証明書
☆収入証明書類
・確定申告書(個人事業主)
・決算書二期分(法人)
☆無担保ローンの場合の必要書類
・事業内容確認書(個人事業主)
・商業登記簿謄本(法人)
☆不動産担保ローンの場合の必要書類
・事業内容確認書(個人事業主)
・商業登記簿謄本(法人)
・不動産登記簿謄本
・公図
・名寄せ台帳or固定資産評価証明書

このように、事業者ローンは事業形態及び無担保か不動産担保かで用意すべき書類が変わります。

ざっくりと説明するなら、無担保は手軽に借りられる代わりに限度額が少なく、不動産担保は用意が大変な代わりにたくさん借りられるという事になります。

書類の用意だけでなく不動産担保融資が大変な理由とは?

アイフルの事業サポートローンの無担保版は、はっきり言えば『事業者しか使えない目的ローン』です。

なので事業者であるという証明が出来れば良いので、必要書類も手軽で私たちにとってはリスクが少ないですね。

問題は不動産担保の事業サポートローンであり、こちらには以下のような特徴があります。

  • 低金利かつ高限度額で借りられる
  • それなりに価値のある不動産の用意が必要
  • 返済出来ない場合担保は失う

不動産を担保にした事業サポートローンの場合、最大で1億円もの大金を借り入れて事業資金に充てられるし金利も低いのですが、リスクも把握しておかないといけません。

まず担保にする不動産(建物や土地)に、それなりの価値がある物でないと当然意味はありません。

例えば非常に狭い土地だったり古い建物だったりすれば価値が落ちてしまい、借入額や審査の合否にも関わってきます。

仮に審査に通ったとしても、担保というのは『返済できなかった場合は金融業者に損害の補填として明け渡す物』である事を忘れてはいけません。

もしも自宅などを担保に借り入れた場合、返済できないと事業がダメになる上に住む場所も失うという結果にもなります。

不動産担保ローンはその金利や限度額だけを見て飛びつき、後から何もかも失って後悔するというケースが非常に良くあります。

日本において事業を行う際に慎重になっている人が多いのは、こうした借入を利用した際のリスクを考えての場合が多いのです。

もちろんその分成功した時は大きいですし、アイフルの事業サポートローンはその手助けとして魅力的なのは事実です。

無担保でも事足りるならそちらから利用し、不動産担保を使うというのなら、審査に通る事もそうですが事業の今後についてもしっかりと考えた上で決断すべきです。

書類は事前に用意できる!素早く手続きを終えるコツとは

アイフルは多数の融資プランがある分、必要書類の違いもあってなかなか一度に覚えるのも大変かもしれません。

「こんなに大変なら、申し込む時に調べたり聞いたりすればいいんじゃないの?」と思うかもしれませんし、それで良い場合もあります。

ただし、それは融資を受ける場合でも時間的な余裕がある人の話です。

融資を受ける人がみんな時間的に余裕がある人とは限らず、むしろ時間的に焦っている場合もしばしばあります。

そんな時に先に必要書類について把握しておくと、以下のような利点があります。

  • 書類提出が早く終わって審査も早く終わる
  • 書類が用意できない場合は先に相談ができる

例えばアイフルではキャッシングローンの場合、最短で即日融資も可能になっています。
(⇒即日融資も可能なアイフル情報

ですが、真夜中に申し込んでも即日融資にはならないように、以下にアイフルの営業時間に合わせて素早く申し込めるかが大事です。

その点で言えば、先に自分が対応した書類を用意してから申し込みを行えば、書類提出が極めて早く終わる分、審査結果が出るのも早いです。

仮にアイフルが指定した書類が用意出来ない場合、申し込み前に「別の書類でも大丈夫ですか?」と尋ねる事で、対応を変えてもらう事もできるかもしれません。

必要書類というのはアイフルが明示した書類以外でも対応できる事がありますから、最後まで諦める必要はありません。

アイフルのように融資プランが多い借入先の場合、必要書類について先に理解を深めておくと早く確実に審査を終える事が出来るのです。

前持った準備は何事でも役立ちますが、アイフルへの申し込みでもそれは同じというわけなのですね。

【参考ページはこちら】
アイフルの申込みから利用までの流れとは

新着記事
ページトップへ