> > 誰でもできる!超簡単なアイフルの追加借入方法

誰でもできる!超簡単なアイフルの追加借入方法

「アイフルなら追加借入は何度でも可能!」とよく言われますが、このフレーズの意味、具体的にイメージできますか?

すでに何度かアイフルで借りたことがある方なら、「ああ、あのことだな」と想像がつくかもしれません。

が、アイフルを契約したばかりの方や、利用を検討中の方は、いまいち具体的な利用イメージが湧かない方も珍しくありません。

アイフルを利用するメリットの一つは、まさにこの点。何度でも気軽に追加借入ができる点にあるんです!

初歩的な内容も含みますが、非常に大事なことですので、丁寧にご紹介していきます。

「追加借入ってできるの?どうやるの?」と、少しでも思う方は是非ご覧ください。

アイフルなら超簡単!まず知っておきたい追加借入の方法

アイフル契約後、追加借入ってどうやるんでしょうか?

まずはアイフルで追加借入をするときに使える二つの方法を、ざっくりとご紹介しましょう。

主には、下記の二つの方法により、自分が借りたいと思ったタイミングで、好きな額を追加借入することができます。

  • ATM
  • 振込

どちらも身近で、非常に簡単な方法です。

さらに具体的に、それぞれの方法を使った追加借入の方法をご紹介していきましょう。

ローンカードがあればATMでキャッシング可能

アイフルを契約すると、ローンカードを発行してもらえます。これがあれば、追加借入は非常に簡単。

アイフルに事前に連絡する必要もありません。

自分がローンカードを持ってATMまで出向けば、すぐに現金をキャッシングすることができます。

この方法の特徴です。

  • アイフルへの事前連絡が不要
  • 画面操作だけなので手っ取り早い
  • 借入額は自分で決められる

ATMで自分の貯金をおろすようなイメージです。

ATMから出てくるお金がアイフルから借りたお金だということだけは、決して忘れないようにしてください。

ATMとローンカードがあれば、画面操作だけですぐ現金を借り入れできる、非常にストレートな方法です。

一回あたりの借入額は、契約時に決められた上限額を限度として、自分が好きに決められます。

上限額まで余裕がある限り、何度でも借りれます。

つまり、「(上限額に余裕がある限り)追加借入はATMで何度でもできる」というワケ。

手軽に借りれるとアイフルが人気の理由の一つが、コレです。

ちなみに、アイフルが使えるATM、またはCDは多数あります。

  • アイフル
  • 主なコンビニ
  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行

これらの場所にあるATMやCDによって、簡単に追加借入が可能です。

振込でも追加借入は可能

もう一つ、簡単に追加借入ができる方法が、振込です。

これはごくごく常識的な意味での「振込」であり、借入金を口座に直接振り込んでもらう形になります。

事前にアイフルに連絡が必要になりますが、ATMまで出向く手間を省くことができる方法です。

  • 希望額をアイフルに連絡
  • 連絡はインターネットで可能
  • 希望額は自由に決められる

連絡が必要と言われると、面倒に感じる方もおられるかもしれません。

が、その連絡はインターネットでできてしまうので、簡単です。相手の顔色などは一切気にしなくて大丈夫ですよ。

振込の依頼をすれば、あとは振り込んでもらうのを待つだけです。

「今すぐ現金が欲しい!」というようなケースでなければ、ATMまで出向く手間を省けるこちらの方が楽かもしれませんね。

現金が振り込まれるまで、多少のタイムラグがある点にはご注意ください。

ちなみにこの方法も、回数制限などはありません。

上限額に余裕がある限り、この方法で何度でも追加借入が可能です。

アイフルの追加借入の簡単さは、大手ならではの利点!

アイフルならATMの利用や振込によって、簡単に追加借入ができるということをご紹介しました。

方法自体は誰にとってもなじみ深い簡単なものだったと思います。

方法の簡単さに加えて、借入額も利用するタイミング自由に決められるため、初心者でもストレスフリーで追加借入が可能です。

あまりに簡単すぎて、ありがたみを逆に感じにくいかもしれませんね。

これが例えば中小の貸金業者や他のローンだったとしたらどうなるのか、ありがちな事例をいくつか挙げてみます。

  • 追加借入のたびに審査がある
  • 来店や電話でしか振込依頼ができない
  • ATMでの自由なキャッシングが不可能
  • 利用できるATMの数が極端に少ない

仕組みやインフラが原始的すぎて、自分が欲しいとき、欲しい額を、何度でもスルッと借りることが難しいことも多いんです。

特に、ATMです。コンビニATMに行けば、上限額まで余裕がある限り、何度でも借りれる…というのは、なかなか見ない条件ですよ。

アイフルを使えば、誰でも知っている身近な方法で、何度でも追加借入ができる。

これは大手のサービスを選んだからこそ得られる、大きな利点です。

いつ・何度起きるともしれないお金の悩みには、アイフルが便利です。ぜひ何度でもご利用ください!

上限額がミソ!絶対理解しておくべき、アイフル追加借入の原則

追加借入をするための具体的な方法を先にご紹介しましたが、いまいち腑に落ちない方もおられたかもしれません。

その理由ですが、もしや「具体的な追加借入の方法」ではなく、「追加借入をするための前提条件」が不明だからではないでしょうか?

ATMや振込で追加借入は何度でもできると言われても、まさか無制限に借りれるわけはありませんもんね。

事実、その通りです。

アイフルでの追加借入に回数制限はありませんが、額によって制限が出てきます。

利用額によっては、借入方法を問わず、一度も追加借入ができない場合もあります。

アイフルで問題なく追加借入するためには、根本的な追加借入の原則を絶対に理解する必要があります。

先ほども登場した「上限額」がミソです。

「上限額まで」なら追加借入ができる

アイフルを契約すると、契約時に「上限額」というものを決めることになります。
(⇒アイフルの借入額はどうやって決まる?

アイフルのキャッシングは、先にご紹介した通り、非常に自由度の高いものになります。

それらの方法で、いくらまで借りれるのか?を決めるのです。

  • 上限額までなら、任意の方法で自由に借りれる
  • 上限額に達すると、返済なしには追加借入が不可に
  • 上限額までの間で、利用者が好きにやりくりできる
たとえば、上限額が「10万円」までだったとしたら、10万円に達するまでは、いくらでも、何度でも追加借入可能です。

方法は先にご紹介した通りで、街中のコンビニATMでも、WEB上から振込依頼をしても、どちらでもOKです。

ただ、自由に追加借入ができるのは、上限額までです。先の例で言うと、アイフルから10万円借りてしまうと、追加借入ができなくなります。

自分がいくら借りれるかは、自分が今アイフルからいくら借りているかによります。

上限が10万円だったとして、追加借入ができる額は、次のようになります。

利用中の額 追加借入できる額
0万円 10万円
5万円 5万円
10万円 0万円

追加借入できるかどうかは、ひとえに自分が今、どれくらい借りているかによります。

ちなみに、一度上限に達するともう二度と借りれなくなる…といった、使い捨てのサービスではありません。

  • 返済すれば、また借りれる
  • 自分のやりくり次第で、追加借入は常に可能に

上限額いっぱいまで借りてしまっても、返済をすれば、それはまた自分の借入可能額に反映されます。

するとまた借りれる枠ができて、ATMや振込などにより、自由に追加借入ができるようになるのですね。

これが、アイフルのサービスの根本的な仕組みです。

必要に応じて随時追加借入をしたいと考えている方は、必ず理解しておきましょう。

上限は自分のステータスで決まる

追加借入自体は、非常に身近な方法でやれてしまうアイフル。

しかし、本当に追加借入ができるかどうかは、上限額の影響も大きいと言えますね。

上限額 追加借入の余地
小さい すぐ上限に達して、できなくなりやすい
大きい 比較的、何度でもやりやすい

もちろん自分がいくら借りるかにもよりますので、一概には言えませんが、上限が高い方が追加借入の余地が大きいのは、間違いありません。

だったら、上限は大きいほどいいということになりますよね。そちらの方が、追加借入し放題です。

じゃあできる限り上限は高く…と言いたいところですが、上限ってどうやって決まるんでしょうか?

答えは、「審査」です。

追加借入に便利だからと言って、自分の身の丈に合わないほどの高額の上限額は、選べないのですね。

  • 上限は主に審査結果で決まる
  • 自分の身の丈に合っていれば、自分の希望も通る
  • アイフルの最大上限は500万円

こういう形で上限が決められるからこそ、一度契約を終えれば、ATMで自由にお金が借りられるのです。

事前連絡なしで自由に借りてもらって問題ない限界額を、各利用者ごとに審査して決めているから、追加借入も簡単なのです。

ですので、上限額については、利用者の希望より審査の結果が優先されます。

100万円の借入を希望していても、本人の返済力が10万円程度の場合、上限額は10万円に決まります。

そのため、追加借入がどれだけできるかは、結局のところ、自分のステータス次第という至極常識的な結論に落ち着くのです。

ある意味、アイフルが健全なキャッシングサービスであることの証拠でもあります。

ATMなどでいくらでも自由に追加借入できるようで、自分の身の丈を超えた借入はできないようになっているのです。

以上のことを、追加借入の原則として、必ず理解しておいてください。

追加借入はいつまでできる?簡単にわかるアイフル利用判断方法

アイフルで追加借入をするための方法や仕組みについては、先の話で以上ですが、ここで少し気になる点があるかもしれません。

アイフルの契約って、一度作ったらいつまででも有効なんでしょうか?

すなわち、「上限額までいつでも追加借入可能」という状態は、いつまで続いているのでしょうか?

いざ借入しようと思ったら、有効期限切れで借りれなかった…ということになると、困りますよね。

必要なときにすぐ借りたい…という方は、こういう部分もチェックしておきましょう!

契約が生きている限り、追加借入は可能

結論から言うと、アイフルの契約が生きている限りは、上限額まで追加借入は何度でも可能です。

アイフルの利用頻度は関係ありません。つまり、以下のような方でも、アイフルから借りれる可能性はあるのです。

  • 長いこと借りていない
  • 一度利用してそれっきり
  • 実は一度も借りていない

ポイントは、契約が続いているかどうかです。

アイフルとの契約が続いている限り、利用は可能です。先にご紹介したような形で、追加借入ができます。

アイフルは継続利用が可能なサービスですから、利用のない期間が少し続いたら、すぐに契約が消えるわけではありません。

自分自身がアイフルのことを忘れていても、契約自体はまだ生きているということもよくあります。

久しぶりに金欠になり、アイフルのことを思い出したら、契約のことを確認してみましょう。

契約については、以下の方法などで確認してみるといいでしょう。

  • 会員サービスにログイン
  • 専用ダイヤルまで相談
  • ATMで試してみる

簡単に試せるのが、会員サービスですね。ログインし、利用状態などを確認してみましょう。

専用ダイヤルまで問い合わせ、契約のことを確認してもらうこともできます。

また、カードが手元にあるなら、ATMで使えるか、一回試してみるという手もありますね。

契約が生きていれば、審査などは不要ですぐにまた借りることができます。

長い間使っていなくても、「もう使えないんじゃ?」と早合点せず、一度契約のことを確認してくださいね。

契約切れや一度解約済みの場合

アイフルを以前使っていた方で、現在はもうアイフルを使えなくなってしまった方もおられると思います。

  • 契約が切れた
  • 自分で解約した

継続的に使えるサービスではありますが、何らかの理由で契約が切れてしまった場合、もう使うことはできません。

自らアイフルを解約した場合も同様です。

この場合、たとえ手元にローンカードが残っていても、追加借入はできません。

このとき、「もう一回アイフルで借りたい」と思ったら、どうしたらいいのでしょうか?

このときは、再度の申込みになります。

  • アイフルをもう一度契約
  • 審査も必要
  • 契約が終われば、追加借入がまた随時可能に

アイフルの利用歴があっても、一度契約が切れてしまった場合、新規申し込み者と同じ流れになります。

ただし、一度経験済みの流れですし、アイフルの新規契約は簡単なので、即日で終えることも十分可能です。

まもなく契約でき、いつでもまた追加借入ができる、以前の状態に戻ることができるでしょう。

借りたいときに契約が切れていることが確認されたら、すぐにまた申込みをすることをオススメします。

簡単におさらい!アイフルで追加借入するための3つのポイント

アイフルでの追加借入とはどうやるのか?少しはイメージができるようになったでしょうか?

これまでお話してきた追加借入に関する3つのポイントについて、簡単にまとめます。

ポイント 内容
方法 ATM・振込
借入限度 契約時に決めた上限額まで、何回でも可能
期間 アイフルとの契約が切れるまでは可能

方法については単純な話で、ATMや振込で借りれるというお話でしたね。

身近な方法で追加借入が自由にできるという、アイフルの便利さが際立つ部分です。

が、借入限度についての理解が今一つだと、具体的にイメージがつきにくいかもしれません。

ポイントは、契約時に審査で決められる「上限額」。

この額に達するまでは、かなり自由に借りれるというのが、アイフルのサービスです。

  • 一回当たりの借入額
  • 借入回数

上限額に空きがある限りは、一回あたりいくらでも、何回でも追加借入ができます。

ただし、上限額に達すると、返済なしには追加借入はできません。

アイフルのサービスの原則です。よく確認しておきましょう。

このような形で、自由に何度もキャッシングができる期間は、アイフルの契約期間とイコールです。

  • 契約が生きていれば、追加借入が可能
  • 契約切れの場合、再契約の手続きが必須

以上のような形になっています。

アイフルが追加借入が簡単…と言われる理由も、納得いただけたのではないでしょうか?

ただし、無制限に、いくらでも追加借入ができるわけでもありませんでしたね。

追加借入がいつでもできるように、利用額のやりくりや契約の確認をしっかり行ってください。

そうすれば、必要なとき、すぐにいくらかのお金を、アイフルから借りることができます。

【参考ページはこちら】
アイフルは収入があれば誰でも借りられる?

新着記事
ページトップへ