> > 安定した収入があれば大丈夫!アイフルならフリーターも審査対象

安定した収入があれば大丈夫!アイフルならフリーターも審査対象

アイフルはフリーターでも借りられることで有名です。今では、サラリーマン金融であれば、大抵のサラリーマン金融で対応されているサービスでもあります。

しかし、なぜアイフルがフリーターから人気なのか?という疑問もあるでしょう。今回はそんな疑問について1つずつ詳細部分の案内を行っていきます。

特に案内では、カードローン審査を受けようと思っている方、特殊な立場にある人にとってのカードローンも解説しています。そのような構成となっていますが、多くの人に参考にしていただければ幸いです。

フリーターでも安定した収入があれば大丈夫

インターネットを使っていると、「フリーターは借りられるのか?」と誰もが思うところです。

しかし、サラリーマン金融の実態を調べてみると、現代ではフリーターでも借りられる状態にあります。これはアイフルだけでなく、他のサラリーマン金融でも同じような状態です。

なぜ?フリーターでも借りられるのか?についてですが、以下のような2パターンで借りられる状態にあるようです。

1.昔と違いサラリーマン金融も新規顧客開拓に努めている

こちらの理由が、サラリーマン金融の実情を知る上では重要なようです。昔であれば、サラリーマン金融は基本的に男性、しかも年収が高い人に多く貸出を行っていました。

・・・ですが、近年では「男性以外もカードローンに興味をもっている」ため、アイフルといった大手では新規顧客開拓に努めているのです。

実際にアイフルには、一般のカードローン以外に「レディースカードローン」も用意しています。安易に収入や性別、年齢などで借りられないという決め付けをしないほうが良いでしょう。

2.規制そのものが大きく変わった

現代のカードローンは「総量規制」が前提となっています。総量規制とは、借入額が年収をベースにして計算される・・・という規制のことです。

銀行系カードローンは総量規制の対象外です。しかし、サラリーマン金融では規制がかかっているため、「大きく貸せない」という実情で悩んでいる状態でもあるのです。

そのため、質より数にこだわらないといけなくなっています。このような背景があり、年齢では高年齢に該当する人であっても、サラリーマン金融からお金を借りられるわけです。

フリーターの場合、年収などにこれといって決まりは存在しません。

そのため、年収が100万円未満の人でも、年収が100万円以上の人でもアイフルでお金を借りられるわけです。ただ、年収が少なすぎる場合は、要相談となり貸付に関しても制限がかかります。

わかりやすい例では「専業主婦」が該当します。

専業主婦の場合、「収入の保証、もしくは契約を代理で対応してくれる方」が必要です。収入の保証というのは、預金口座などを用いて収入を得ているという証明をすることです。

契約を代理で対応してくれる方というのは、主に「配偶者」が該当します。つまり、働いている相手が配偶者であれば、配偶者の了承を得た状態でお金を借りられるようにもなっているのです。

このような変化が、過去から現代にかけての大きな変化でしょう。

借入額の設定は決まった計算方法で算出される

先ほど出てきた総量規制について詳細の案内を行います。

総量規制の規制についてですが、一般的に年収の3分の1までで貸出が制限されるという規制です。

つまり、「年収300万円の人は100万円まで借りられる」という規制なのです。この話を聞くと、カードローンで大金を借りるのは簡単・・・と思ってしまいますが注意してください。

というのも、「すでに他でローンを組んでいる場合」は、そのローン額も借入額の計算の内に入ってしまうからです。

もし、すでに50万円借りている場合ですが、必ずしも50万円貸してもらえる・・・というわけでもありません。

というのも、50万円借りた場合は「利子がついて50万円以上借りている」からです。また、返済などのペースも記録に残ってしまうので、実際の返済能力も審査では見られるようになります。

そのため、毎月1万円以内で返済されていると、他のカードローンでは30万円借りられるかどうか・・・という状態になるのです。

もし返済などをされておらず延滞されている場合は、お金を貸してもらえないこともありえます。安易な足し算、引き算で借入額を計算しないほうが良いでしょう。

サラリーマン金融は金利にこだわっても意味がない

インターネットを使って、サラリーマン金融選びをされている人は多いです。しかし、サラリーマン金融を金利前提で選ぶ必要はどこにもありません。

これはアイフルも同じです。というのも、金利というのは銀行や信用金庫で変動が激しいだけで、サラリーマン金融では0.5%以内の変動しかしていないからです。

実際に「50万円未満を借りた場合」で、大手サラリーマン金融の金利を比較してみました。すると、金利差はありそうでないという結果を確認することができます。

借入先 金利(年率)
アイフル 18.0%
プロミス 17.8%
レイク 18.0%
モビット 18.0%
アコム 18.0%

このような案内を通じて何を教えたいのか?というと、それは「金利比較だけをしているサイト」は参考にしないで良いということです。

実際にサラリーマン金融、もしくは消費者金融で金利比較しているサイトは多いです。ですが、肝心の「収入が少ない人でも使える?」という点について、特に明らかにされているサイトは少ないです。

なるべく、収入が少ない人でも安定して借りられるアイフルのような業者を、徹底して検証しているようなサイトのほうが利便性は高いでしょう。もしくは、体験談(クチコミ)などを参考にしたほうが良いです。

補足となりますが、「融資限度額」もあまり気にしないで良いです。というのも、サラリーマン金融では「1万円~500万円」という設定が特に多いため、比較する意味そのものがありません。

銀行カードローンと併用する場合の注意点

サラリーマン金融選びについて案内しているサイトによっては、「銀行カードローンのほうが良い」という案内をしているサイトが存在します。

そのため、人にもよりますが銀行カードローンでカードローン選びを進める人もいます。ですが、安易に銀行カードローンのほうが優れていると思わないほうが良いです。

その理由ですが、下記の点で圧倒的にサラリーマン金融のほうが優れているからです。

  • 同僚や身内にばれにくくするための配慮
  • 営業やダイレクトメールの数
  • 増額の際に営業の電話を行う回数
  • インターネット依りのサポート
  • 初めての利用(契約)を嫌がらない

特に重要なのは、「初めての利用の際にどれだけのサポートをしてくれる」かという点です。

銀行では、電話などのサポートを専門的には行っていません。なので、この点に関してもサラリーマン金融のほうが上です。

アイフルでは24時間お申込み受付がネット上に存在しますし、電話サポートも専門のスタッフが対応するようになっています。

そのため、「カードローンそのものがどうしても怖い」という人にはサラリーマン金融がオススメです。また、フリーターが利用できる割合でも、圧倒的にサラリーマン金融のほうが上です。

実際に銀行カードローンの審査基準を確認するとわかりますが、基本的に下記の条件を満たせない場合、銀行ではカードローン契約が組めません。
(⇒アイフルと銀行カードローンの違い

  • 年収100万円以上の人
  • 勤続年数が1年以上の人
  • 安定した収入であることを確認できる人

フリーターの場合、「先月になってようやく仕事が決まった」という人もいるでしょう。そのため、年収以外の条件を満たせない・・・という人が多いのです。

アイフルであれば、このような面倒な審査基準もありません。つまり、安定した収入があり勤続に関する確認が取れる相手であれば、カードローン契約が結べるのです。

インターネットから申込可能!最短で審査結果が出る

現在人気のサービスというと、インターネットのみで申込可能なサービスが人気です。

このようなサービスはアイフル以外でも行っているのですが、基本的に大手サラリーマン金融以外では内容に食い違いがある状態でもあります。

インターネットのみの申込サービスとは、「WEB完結型」のカードローン審査です。

中小サラリーマン金融でも同じようなサービスを行っていると言われていますが、実際はまったく違うカードローン審査です。そのため、インターネットのみで審査が終わらないこともあります。

例えば、アイフルなどの大手であれば、カードローン審査の本人確認が電話だけで済むので、非常にスムーズという評価が行えます。

しかし、中小サラリーマン金融の場合は人によっては他の証明を行わなければいけません。しかも、書類などを郵送でやりとりしないといけないのです。

このようにサービス名はまったく同じでも、内容が食い違っているということがあるので、安易に信用しないほうが良いです。

また、「どうしてインターネットだけで審査を終えられるの?」という疑問も良く見つかります。

こちらについて回答すると、インターネットだけでフォーム入力が可能となっているためです。必要書類に関しても、「データ送信するだけで対応可能」なので、他に必要な手続きなどは存在しません。

インターネットに関しても、「PCのブラウザ、スマートフォンのブラウザ」のどちらにも対応しています。つまり、若い人や若い人以外でも簡単に対応できるようになっているのです。

サービスに関して不安がある人は、「電話サポートを受けながら申込サービス」を受けましょう。

アイフルでは、カードローン未経験者のために専門の電話サポートが用意されています。そのため、電話のガイダンスに従って入力するだけでも、簡単に手続きを進められるよう配慮されているのです。
(⇒初心者必見!アイフルの明細書を解説

アイフルの審査時間が短い理由をピックアップ

アイフルでもそうですが、カードローンでサラリーマン金融が銀行より利用されているのには大きな理由があります。

それは、カードローン審査時間が金融業者内ではトップクラスのスピードに達しているからです。

簡単に審査時間を比較してみましたが、中々サラリーマン金融よりスピーディーという業者は存在しませんでした。

業者の種類 審査時間
サラリーマン金融 最短30分以内
銀行 最短60分~2日以内
信用金庫 最短即日~2日以内
その他の金融業者 1日~7日以内

表を見てわかる通り、「すぐにお金を借りたい」のであれば、アイフルといったサラリーマン金融を利用したほうが良いでしょう。

その他の金融業者というのは、主に街金といった個人などが経営している金融業者のことです。特に審査などが早いわけではないので、数日ほどカードローン審査にかかることもあります。

誰にも知られずに済むアイフルだけのサービス

フリーターがアイフルを選んでいる理由のトップは、アイフルであればフリーターのような立場でも貸してもらえる、しかもバレないで借りられる場合が多いからです。

近年になって、「サラリーマン金融はバレにくい」ということが知られるようになってきました。

なぜサラリーマン金融はバレにくいのか?というと、審査時間が短いだけでなく、「業者名を伏せて連絡する」からです。

主に以下のような場合に、アイフルなどの大手では業者名を伏せて個人名で連絡してくれます。

  • カードローン審査時の在籍確認電話
  • カードローン審査時の本人確認電話
  • 業者から連絡を行う際の自宅にかかってくる電話

逆に考えると、これらのサポートがなければ、フリーターに関係なくバレやすい状態だと思ったほうが良いです。

銀行カードローンなどは、このような対応がしっかりしている・・・と思うものですが、実はそうでもないので注意してください。

例えば、何気ない営業の電話をかける際には、そのまま「○○銀行の○○と言いますが、△△(契約者名)様はご在宅でしょうか?」と電話がかかってきます。

そのため、銀行カードローンでは電話がかかってくるだけでも、バレることが多いのです。これは過去から現在にかけて対応されていないので、マニュアル上で実名を使うようになっているのでしょう。

サラリーマン金融の場合ですが、「△△君に連絡があって電話しました」というふうに配慮してくれます。

このような個人名による電話であれば、かかってきたとしても問題はほとんど起きませんし、バレることもありません。何度も電話がかかってきても、「用事の電話」で片がつくのです。

誰でも借りられるが審査基準も存在するので注意!

最後に、サラリーマン金融でカードローン申込をする際の注意点について案内します。

一見サラリーマン金融にはデメリットがなさそうですが、完全にデメリットがないというわけではないので注意してください。

特に下記のような方にとっては使いにくい一面もあります。

  • 50万円以上の借入で収入証明書を求められる
  • 過去にトラブルを起こしていると審査そのものを行ってもらえなくなる
  • 借換・おまとめに関するローンの金利が低くない

インターネットでは、よく「フリーターでも50万円以上借りられた!」という記事を見かけるものです。

しかし、フリーターとして長く借りているので、55万円、60万円、65万円といった微妙な額が借りられているだけです。大きな借入をサラリーマン金融が許可しているわけではないので注意しましょう。

実際に50万円以上借りる場合、よほど収入が大きくない限り「収入証明書」を求められます。

収入証明書とは、給与受取口座や給与明細書などのことです。

簡単に提出できる書類ですが、それでも審査時間が長くなりやすいため、あまり好ましく思っている人は少ない書類でもあります。サラリーマン金融の場合、銀行よりこの書類が求められやすいのです。

なので、どのサラリーマン金融であっても、収入証明に対して甘いわけではない・・・と思っておいたほうが良いでしょう。

フリーターの場合、勤続ではなく「引越しが目立つ人」の場合に、最初から収入証明書を求められることがあります。

サラリーマンの場合は転勤が多い場合に求められます。両方に共通して言えることなのですが、「住所が安定しない」相手に関しても、収入が安定しない人と同じ扱いを受けやすくなるのです。

そのため、これから引越しを予定している人は、なるべく「住所などが変更になる前」に審査を受けておいたほうが良いでしょう。

住所を転々としている場合、銀行やサラリーマン金融では審査そのものを行ってもらえない・・・、というケースまで存在します。

アイフルカードローン商品情報

これからアイフルでカードローン審査を受ける人のために、アイフルカードローンに関する商品情報を掲載しておきます。

タメになる情報が多く掲載されているので、カードローン初心者の方にも役立つ情報で構成されています。良ければ、カードローン審査の検討にお役立て下さい。

業者名 アイフル
商品名 キャッシングローン
金利(年率) 4.5%~18.0%
融資限度額 500万円
遅延損害金 20.0%
審査基準 ・安定した収入(※)のある方
・満20歳以上で満70歳未満の方
※当社基準を満たす方
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング
返済期間 1回~151回(※)
※限度は最長14年6ヶ月まで
担保・保証人 不要
PR 1.アイフルは24時間のお申込みに対応
2.カードローン審査時間は最短30分以内
3.簡易審査を本審査前に受けることも可能
4.インターネットのみで審査を終えられる
5.返済においても来店の必要性なし

【参考ページはこちら】
アイフルの契約手順案内ナビ

新着記事
ページトップへ