> > 増額体験されている人が多い?アイフルだけの得するメリット特集

増額体験されている人が多い?アイフルだけの得するメリット特集

カードローンに慣れると、多くの契約者は増額体験についても考えるようになります。というのも、初期設定の借入額ではあまり大きな借入にならないからです。

しかし、焦ってアイフルに連絡を入れても、借入状況によっては厳しい結果となりやすい・・・。そんな場合に備えて、先にアイフルについて詳細を学習しておきましょう。

簡単な努力を怠らないだけでも、アイフルのような大手では増額体験できることもあります。今回はそんなテクニックの中でも、特に誰にでもできるようなテクニックをご紹介していきます。

アイフルは他の業者より増額体験のチャンスが多い!

なぜ?増額体験だとアイフルが良く選ばれるのか?というと、それはアイフルのみ他の業者より増額が簡単だからです。(こちらもご参考に→アイフルと他社カードローンの比較

一般的なサラリーマン金融では、それほど増額体験されている人はいません。また、銀行やサラリーマン金融を通じても、人によっては増額体験をまったくされていないケースが多いのです。

しかし、アイフルは増額などに対して柔軟な対応を見せてくれます。

その理由ですが、アイフルは昔から増額に対して甘い審査を行っていることが多いからです。人にもよりますが、半年以上の利用で増額体験できたという人は多いです。

通常だと、半年ではなく下記のような条件を満たさないと、増額体験できないままとなりやすいです。

  • 1年以上の利用実績が存在する
  • ローンの個人信用情報で高い評価を得ている
  • 基準を大きく満たすほど収入に余裕がある

このような条件が存在するのですが、共通して言えることは「利用実績は絶対に必要!」という点です。

利用実績についてですが、基本的に今ではデータベース上で登録されるようになっています。

なので、アイフルを使っていると「アイフルだけで個人信用情報が評価される」わけではありません。他の銀行やサラリーマン金融に持ち越して、過去の個人信用情報を使えるのです。

逆に考えると、他の業者で迷惑をかけている契約者については、将来的にお金を借りられなくなる危険性があります。

小さな借入であっても、毎月の返済だけはキッチリと対応されておいたほうが良いでしょう。借入額に関係なく返済に問題があると、「遅延・事故」といった評価がされてしまうので注意が必要です。

銀行系は増額体験されている人が少ない

増額体験というのは、多くの人が体験しているようでそうでもないサービスの1つです。
(⇒アイフルの借入限度額は変更可能!

従来では、貸付を行っている側が定期的に借入額を見直すという形で、選別を行っているという仕組みになっています。

つまり、「業者から連絡がない相手」に関しては、まったく増額体験ができないままで時間が流れていくのです。

そのため、「審査そのものが厳しい業者」の場合、増額体験のチャンスがないということもあります。チャンスそのものが等しくない・・・という点は、なるべく正確に理解しておいたほうが良いでしょう。

特に注意したいのは、アイフルのようなサラリーマン金融ではなく、「銀行系カードローン」です。

銀行の場合、「年収を前提にして増額審査を行う」ため、年収が変動しないようであれば、あまり増額体験できないケースが多いのです。

このような仕組みを「スコアリング審査」と言うのですが、銀行系は特に厳しいと思っておいて良いでしょう。

正確な情報については下の表の通りです。

年収 スコアリング審査
100万円未満 最低
100万円~200万円 低い
201万円~500万円 普通
500万円以上 高い

簡素にまとめてありますが、「年収は500万円以上」でなければ特に評価に変化はありません。

例えば、200万円の人がお金を借りた場合、100万円の人の倍以上借りられる・・・というわけではないのです。

実際に100万円の人が30万円、200万円の人が50万円、300万円の人が70万円・・・というケースも存在します。

しかし、年収500万円の人は200万円超借りられるケースがあります。やはり、ある程度の年収を得ていないと、特別な評価がされないという仕組みのようです。

銀行やサラリーマン金融において特に変化もありません。なので、安易に銀行系のほうが借りられるというわけでもないのです。

総量規制があるので増額にも限度が存在する

現代のカードローンは「総量規制」がベースになって、借入額の設定が行われています。

総量規制とは、借入に関する制限だと思ってください。そのため、銀行カードローンのように総量規制対象外の場合は、通常の倍以上借りられるケースまで存在するのです。

ここで、あれ?と思う人もいるでしょう。

先ほど、銀行やサラリーマン金融で借入額の大きな差はない・・・と案内しました。スコアリング審査が存在するため、年収が他より大きくないと特別な評価がされないという案内のことです。

しかし、銀行には「一般的な規模の銀行」と、「メガバンク」と言われている大きな規模で運営されている銀行が存在するのです。

一般的な規模の銀行では、総量規制対象外であっても大きな借入は許可されにくいものです。

ですが、メガバンクの場合は「100万円以上の貸出に対しても審査が甘い」ので、人によっては大きな借入を行っている人も存在します。

ただ、アイフルとは違い最初の借入額から特に変更などはありません。そのため、増額体験なしで100万円、200万円というケースが多いのです。

わかりやすくまとめると、「増額体験、最初から大きな借入」のどちらを選択したいか?ということです。また、年収よりも信用のほうが重んじられるので、あまり年収は影響を与えません。

アイフルや銀行では、「信用のおける人物」であれば年収が300万円程度の人でも、実は特に大きな借入の違いもなく借りられるのです。

やはり、金融を利用してお金を借りる場合、「信用第一」で利用したほうが良いでしょう。

補足となりますが、増額体験の場合は10万円前後で設定額の加算が行われます。

なので、50万円をアイフルから借りれている場合、次は100万円以上になるという保証はありません。また、利用に問題が見られるようであれば、減額されるということもあります。

上手くカードを利用すれば大きな借入も可能

カードローンの話を先ほどから行っているのですが、別に他のカードをカードローン利用中に使っても特に問題はありません。

借入は、あくまでも借入の総額に対して規制が存在するだけです。つまり、複数でローンされている場合、通常より大きく借りている状態になりやすいのです。

例えば、「クレジットカード」の利用が該当します。

クレジットカードとは、ショッピング枠・キャッシング枠の2種類の借入枠が存在するカードのことです。

2000年に入ってから、利用者が増え続けているカードなのですが、現在では「3人に1人が所持しているカード」として有名です。

また、クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外、キャッシング枠は総量規制の対象となっています。つまり、カードローンと併用しやすいカードの1つなのです。

このようにカードローン契約を組まれている人にとって、クレジットカードは有益なカードとなりやすいです。

しかし、下記のようにクレジットカード特有のデメリットもあるので、先にそれらを了承してから利用する必要もあります。

  • 利用限度額がそれほど高くない
  • キャッシング枠は20万円以上の審査からかなり厳しくなる
  • 審査が長引くと1週間~2週間ほどかかることが多い
  • 細かい利用が可能なので管理が大変
  • 大手のクレジットカードは審査条件がかなり厳しい

クレジットカードというと、気楽な気持ちで持てるカードのイメージもありますが、実際は厳しい部分も多いです。

特に過去にクレジットカードを契約し、その後「まったく利用していない」人は、増額体験なども余りできない場合が多いです。

どうして審査に通っているのに、増額体験できないのか・・・というと、「クレジットヒストリー」という評価が存在するからです。

クレジットヒストリーとは、現代ではクレヒスと略されていることが多い信用情報の1つです。

カードローンとは別に信用情報が存在するのですが、クレジットカードは利用歴が重要なのでクレヒスで何度も評価がされます。つまり、利用されていないということは低評価に直結しているのです。

実際にカードローンの場合、年齢が高く収入が安定していると審査に高確率で通ります。しかし、クレジットカードの場合は、利用していないようであれば審査に通りづらいのです。

もし、このような状態にあるのであれば、ショッピング系のクレジットカードを作っておくと良いでしょう。

他のクレジットカードを利用されていても、「利用の意思がある」と判断されるからです。もしくは、過去に契約したクレジットカードを更新し、その後、良く利用するようにするだけでも良いです。

収入増や転職時は進んでアカウントの更新をする

現代のカードローンは、「原則として自身の操作で個人情報の更新をする」時代です。

昔のカードローンであれば、業者のほうから電話がかかってくるという形で、情報の更新がつぶさに行われることが多かったものです。

しかし、現代では「システムにより簡略化」されているので、自身の情報は簡単に更新できるようになりました。

例えば、自分の住所・仕事先に関する情報は、「マイアカウントの情報を変更する」というメニューで行えます。時間にして数分で更新されるので、まったく時間なども使いません。

このようになっているのですが、実際に更新されている人は少ないと言われています。

ですが、マイアカウントの情報を放置し続けていると、以下の面倒が発生しやすいので、注意しておいたほうが良いです。

  • 過去の情報と大きな食い違いがあると継続利用ができなくなる
  • 情報に不審点が見られると業者から良く電話がかかってくる
  • 将来の借入額・増額において有利になることがない

人によっては、「わざわざ操作するのが面倒」という人もいるでしょう。

そんな場合ですが、「電話でサポートしてもらう」ようにすると、時間を無駄にすることもなく更新作業を行えます。

アイフルでは、このような電話サポートにも力を入れているので、やはり増額体験しやすいサラリーマン金融なのは確かでしょう。

補足となりますが、電話サポートには特に制限のようなものは存在しません。なので、将来的な借入について質問されても問題ありませんし、その他の悩みについて質問されても良いです。

今の時代なら指一本で増額申請も可能

増額体験をされたいのであれば、マイアカウントの操作で増額申請を行うだけで良いです。

増額申請をされると、その後に個人信用情報を元にして審査が行われます。

ですが、落ちたとしても「特にデメリットはない」ので、むしろ気楽に申請されたほうがメリットが多いのです。人によっては、即日で増額体験を完了できる人もおられるでしょう。

アイフルのクチコミでは、半年以上の利用で増額体験できることもある・・・というクチコミもあります。ですが、これはあくまでも半年以上だと増額体験しやすいという意味です。

人によっては、「3ヶ月以内」でも増額体験されているので、あまり半年という期間にこだわらなくても問題ありません。

重要なのは、以下のような点を守ってカードローン利用されているかどうかです。

  • 返済を延滞させていない
  • 他からの借入でトラブルを起こしていない
  • 短期間で借入契約が集中していない

意外と知られていない重要ポイントは項目の3番目です。

短期間で借入契約が集中していない・・・という点を、守れていない人がカードローン契約者では多いため注意しましょう。

例えば、カードローン審査をされている間に、他のカードローンでも審査を受けている状態が該当します。業者側は特に注意してきませんが、評価上では低評価という扱いになることもあります。

これはアイフルでも同じで、短期間で借入が集中している場合は「借金トラブル中の相手」という扱いになりやすいのです。

そのため、借入の契約(審査)を行っている場合、1週間程度で間を置くようにして、別の申込もするというのが理想となります。

あまりにも利用に問題が見られると、新規でカードローンを組むのが難しくなるので注意してください。

アイフルでも増額体験が難しいという人の特徴

重要ポイントの続きとなりますが、アイフルでも増額体験できない可能性が高いという人物もいるので、今回はそのような人物について案内していきます。

まず、どうして人によってはアイフルでも増額体験が難しいのか?について解説します。

理由としては、以下のような2つの理由があるため、人によってはアイフルでも増額体験できないのです。

1.金融の評価上で借入が難しい状態の人が存在する

金融だけでも細かい評価が存在します。その中で、「多重債務者、自己破産者」については、「数年間以上で借入ができない」という扱いになってしまいやすいです。

全ての金融業者で同じ扱いを受けるわけではありませんが、借入に関するほとんどの審査は正常に行われなくなるでしょう。

その理由ですが、多重債務者、自己破産者という状態になると、多くの人は裁判による債権の処理を行っているからです。業者のほうは貸したお金が返ってこないままで処理されてしまいます。

すると、業者だけのデータベースで「金融事故者」として登録されます。この状態が半永久的に残ってしまうので、人によっては決まった業者からは絶対に借りられなくなります。

因果応報と言ってしまえばそれまでですが、先にそのような事情を知っておくと、返済対応の必要さが良くわかるものです。

2.個人信用情報でブラックの扱いを受けている

金融業者の間ではブラックという評価も存在します。利用による問題が多い相手のことをブラックというのですが、ブラックになると半年以上で正常なローンの利用ができなくなります。

インターネットでは、「いきなりカードローン利用ができなくなった」という情報も存在しますが、要はブラックとして扱われているだけです。

また、このような評価については「業者から一切教えてもらえない」ので、返済履歴などを個人でチェックするしかありません。

もしくは、半年以上経過してから利用が許可されるか、確認しないといけないのです。返済を後になって急いでも、特にブラックとしての扱いが和らぐわけでもないので、先に注意しておく必要があります。

知っておくだけでもアイフルの増額は違ってくる!

最後に増額体験の豆知識について案内します。

豆知識ではありますが、知っておくだけでも増額体験などのチャンスが広がるので、なるべく最後まで読んでいただけると幸いです。

豆知識1:増額体験は「返済の安定」が重要

毎月大きな金額で返済していると、増額体験のチャンスが広がる・・・というわけではありません。

なるべく毎月安定して返せる金額で、返済回数などの調整をしたほうが賢いのです。

豆知識2:銀行カードローンを使うのは先にしておく

その理由ですが、銀行によってはサラリーマン金融を使っているだけで、低評価になることがあるからです。

逆の手順で利用された場合、サラリーマン金融では特に悪い評価になりません。増額体験は銀行側でも発生する可能性があるので、サラリーマン金融の利用は銀行の後で問題ないのです。

豆知識3:アルバイトやパートでも利用可能

意外と知られていませんが、アルバイトやパートであっても正確に評価は行われます。アルバイトといった低収入の場合、あまり増額体験のチャンスがないというわけではありません。

他にも「専業主婦」がカードローン契約することは可能です。アイフルの場合、レディースカードローンが用意されているので、条件を満たせる相手であれば、特に問題なくカードローン契約が行えます。

専業主婦がカードローン契約を組む場合、「配偶者」に安定した収入があれば、特にカードローン審査が厳しくなることはありません。これは増額体験の評価においても同じです。

【参考ページはこちら】
アイフルのカードローンが家族にばれる心配はない?

新着記事
ページトップへ