> > 決定版!東京三菱UFJとアイフルで両方借り入れするための方法

決定版!東京三菱UFJとアイフルで両方借り入れするための方法

消費者金融と銀行系カードローン、どちらか一つだけを使うという人は多いと思います。

一般的には2つを同時に使うことはありませんが、たまにそういった2つを同時に使いたいという人もいるかと思います。

例えばアイフルと東京三菱UFJのカードローン、両方を使いたいとなった時にはどのようにすればいいのでしょうか。

またちゃんと両方を借りることが出来るのでしょうか。申込方法など、工夫をすればいい点を紹介します。

消費者金融と銀行系カードローン2つ借りられる?

消費者金融と銀行系カードローン、ここではアイフルと東京三菱UFJのバンクイックを中心に考えてみたいと思います。(こちらもご参考に→アイフルと銀行カードローンの違い

どちらも有名業者ですから知らない人のほうが珍しいかと思います。この2つ、両方とも借りられるのでしょうか。

結論から言えば、東京三菱UFJ銀行のカードローンを持っていてアイフルを持つということも可能です。

もちろんアイフルを持っている人が東京三菱UFJのカードローンを使うことも出来るでしょう。

やり方次第というところもありますし、申込みをして借りやすくする方法というのもあります。

まず正社員の人だったら特に気にせず借入はできるでしょう。しかし収入が少ない人などは気をつけたほうがいいと思います。

パート・アルバイトなどは借入れが厳しくなりがち

パート・アルバイトなどは借入がしづらいというのはご存知でしょうが、2つ借りるとなると特に厳しくなりがちです。

消費者金融だけ、銀行系カードローンだけというのであれば借りるのはさほど難しくはありません。

しかしパート・アルバイト、もしくは主婦や学生といった人たちには厳しくなってしまうでしょう。(こちらもご参考に→アイフルは学生ローンとしても利用できる?

特に消費者金融と銀行系カードローンの2つを使うのが厳しいのは、収入のない専業主婦や学生でしょう。

何が厳しいかというと総量規制に阻まれてしまうからです。総量規制は収入の3分の1までしか借りられないというものです。

3分の1までしか借りられないというのは言い換えると、収入がなければ一切借りられないということになります。

収入がなければ一切借りられないので、主婦もパートをしていない人、学生でもバイトをしていない人はまず借りられません。

アイフルは審査がゆるいから大丈夫と思っている人もいるみたいですが、アイフルでも厳しいのです。

東京三菱UFJのカードローンであれば借りられる可能性はありますが、額も10万円程度までと非常に少なくなります。

もちろん収入を誰かに依存しているのであれば、その人達の同意書を持ってくれば借りられます。

しかし親や夫の同意書を持ってきて借りるというのはあまり多くはないと思います。そんなにできることではありません。

ですのでパートをしていない専業主婦やバイトをしていない学生には厳しいので、少しでも稼ぐことをおすすめします。

少しでも稼ぎがれば総量規制の対象であるアイフルも借りやすくなるので考えてみてください。

まずは東京三菱UFJ銀行カードローンから申し込む理由

さて、では両方を借りることが出来るとした場合、カードローンをどういうふうに申し込んだらいいでしょうか。

同時に申し込みをするということを最初に考えるかもしれませんが、一つ一つを申し込みした方がいいでしょう。

すでにバンクイックを使っている、アイフルを使っているという人でも借りることは可能です。

申し込みについてはできるだけ東京三菱UFJの方からしておいたほうがいいと思います。

東京三菱UFJ枯らしておいたほうがいい理由は下記のとおりです。確実に借りられる可能性が高まります。

  • 東京三菱UFJから借りているという実績を作る
  • 審査が厳しい方から借入をする
  • アイフルを使っていると思わせないこと

有名企業から借り入れできたというのは実績になりうる

まず一つ目の説明ですが、東京三菱UFJ銀行はだれでも知っている銀行であり、カードローン取り扱い会社です。

そんな東京三菱UFJで借入が出来たというのは実績になります。つまり他の業者にとっても有利に働くということです。

例えば中小企業では、大手の銀行から借りることができれば、小さな銀行の融資に通りやすいと言われています。

これは大手が貸したのだからきっと安全な人だと考えるためであり、また大手の審査に通ったというのが実績になっています。

大手が貸したというのはそれだけ他の業者に影響を与えます。もちろんアイフルも同じなのです。

厳しい審査に先に通れば甘い審査に通るのは楽

複数借入をするというのはあまり好ましくない、というのはよく知られていることだと思います。

アイフルと東京三菱UFJの2つを借りることもまた複数借入になるのですから出来るだけ借りやすくする必要があります。

そこで審査が厳しい東京三菱UFJ、つまり銀行系カードローンから審査を受けるというのが重要になります。

なぜなら審査が厳しい業者は複数借入をしている人に対してはより厳しく見るからです。

逆に審査が甘い業者であれば複数借入でもさほど厳しく見られないというメリットも有ります。

つまり東京三菱UFJの方が銀行系カードローンで審査が厳しいので、アイフルよりも先に借りる方がいいのです。

そうすればアイフルから借り入れをするよりも複数借入の審査に通りやすいといえるでしょう。

アイフルから借りていることがマイナス評価になる?

最後の一つがアイフルから借りているということでマイナス評価される可能性があるという点です。

マイナス評価というとちょっと大げさですが、簡単にいえば「この人は返済できるのか?」と見られてしまうのです。

仮に消費者金融を2つであれば、さほど問題はありませんが銀行系カードローンを更に借りようとすると厳しいでしょう。

アイフルを申し込んで、そのすぐあとに三菱東京UFJを申し込んだらお金にかなり困っている人と見られてしまうのです。

ですからまず両方を借りたいという人はアイフルからではなく三菱東京UFJからのほうがいいでしょう。

もちろん現在アイフルでの借り入れがある人が東京三菱UFJを使えないということではないので安心して下さい。

絶対にやってはいけないのは同時申し込み!?

アイフルと東京三菱UFJを使うときには別々に、そして東京三菱UFJのカードローンから申込みをすると借りやすいでしょう。

「でもできれば同時に一気に借りたい」という考えの人もいるかもしれませんが、同時申し込みはオススメできません。

どうして同時申し込みはおすすめできないのか?一言で言えば申し込みブラックになる可能性があるからです。

申し込みブラックになってしまえば借入はできなくなるでしょう。しかもそれは2つとも借りられなくなってしまいます。

2つとも借りられないだけならまだしも、アイフルと東京三菱UFJカードローン以外も借りられなくなるのです。

2つ同時というのはそれだけ怖いことになりますから、絶対にやめましょう。一つ一つを申込みするのがベストです。

貸金業者が申し込みブラックの人を嫌がる理由は?

貸金業者の人は申し込みブラックの人を嫌がるわけですが、それはどういう理由なのでしょうか。

まずは同時申し込みをすると申し込みブラックになると言いましたが、それはどうしてなのでしょうか。

それは貸出をする側の業者が「この人はだいぶお金に困っている。貸しても返ってこないかもしれない」と考えるからです。

同時に申込みをする人というのはどういう人でしょうか。今まで業者はいろいろな人を見てきました。

その中で同時にいろいろな業者を複数申し込みをする人は、だいたいダメな人が多いという結果になっています。

つまり貸出をしても返済される可能性が低い人、というような考え方をしているのです。

今まで長い間、貸出をしてきた実績がありますから底から見て返済されにくいと考えるようになったのです。

業者は必ず信用調査をします。東京三菱UFJのカードローンも、アイフルも信用調査をしています。

信用調査にはその人が過去にどういう借入をしてきたかが載っていますが、申込みをした業者についても載っています。

いつ申し込みをしたのかがわかりますので、それが直近だったり同時だったりすると業者は警戒するわけです。

かくして信用調査の段階で「この人は貸さない方がいい」と思われてしまうので借りられなくなります。

これが申し込みブラックです。その履歴は半年は残っているので、他の業者も警戒するでしょう。

こうなってしまえば半年は借りられないわけですから、絶対にやらないほうがいいのです。

別に同時に申し込まなければいけないという理由はないと思いますから、一つ一つ順に間を空けて申し込むのがベターです。

アイフルで審査にとおらないという時は実績作りを

「すでにアイフルから借入をしているんだが、東京三菱UFJに通らないのかな?」と心配に思っている人もいるかと思います。

確かに東京三菱UFJとアイフル、両方を使う場合には東京三菱UFJの方を先に使うようにと上記しています。

書いたとおり、借入を両方行うのであればやはり東京三菱UFJの方が先のほうが借りやすいのは間違いありません。

しかしだからといってアイフルを使っている人が一切使えないということではないので安心して下さい。

アイフルを使っていて東京三菱UFJを使うためにはポイントが有りますのでご紹介します。

  • アイフルを使って実績を作っておくこと
  • すぐに東京三菱UFJの申し込みをしないこと
  • 借入限度額の枠を大きくしすぎないこと

一つ一つを確認していきましょう。

アイフルでも返済実績は評価の対象になる!

まず一つ目がアイフルで返済実績を作っておくことです。返済実績をしっかり作れば評価されることになります。

借入をして返済をしている、ちゃんと契約した金額を遅れずに支払っているというのは大きなメリットになります。

それができているかどうかでかなり変わってくるのですが、評価の対象になることは間違いないでしょう。

東京三菱UFJがアイフルの返済実績を見ているの?と思うかもしれませんが、これは確実に見ています。

しかもその返済実績が良ければ貸出をしたいと東京三菱UFJ側から思うことだってありうるのです。

重要な事は「この人は貸したら返す」と思わせることです。アイフルでも他の街金でもそれは同じです。

そう思われるようになったら、アイフルの編成実績で東京三菱UFJは借入をしやすくなるのです。

申込期間は十分とって、限度額は抑えておく理由

次に申込期間は十分間を取ったほうがいいでしょう。これは申し込みブラックにならないために必要な措置です。

申し込みブラックになるのは同時に申込みをした場合もそうですが、間を空けずに次に申し込みをするのもよくありません。

ですので申し込みブラックにならないように間を空けておくこと、これで東京三菱UFJも借りやすくなります。

最後の一つが限度額で、限度額はできるだけ抑えておかないといけません。大きいと借りられない可能性が出てきます。

限度額が大きくなればなるほど借りられない可能性は高くなります。つまり逆ならかりられる可能性は高くなります。

総量規制は東京三菱UFJには関係ないですが、やはり大きな金額を貸すときには審査が厳しくなりがちです。

借入総額がアイフルと合わせて大きくなりすぎると、審査に通りにくくなってしまうでしょう。

だからこそ、アイフルと合わせて大きくならないように気をつけておく必要があるわけです。

できるだけ総量規制の半分くらいの金額がいいと思います。それなら東京三菱UFJも借りやすいでしょう。

少なければ少ないほど、両方を一緒に使うのは使いやすくなります。

東京三菱UFJに移っていけるように努力したい

最後にアイフルと東京三菱UFJを同時にずっと使うのはあまり良くないでしょう。

できれば両方を一つに、一本化してしまったほうがいいです。しかも東京三菱UFJの方に一本化するほうがいいでしょう。

そうすれば金利を抑えて返済総額を抑えることも出来ます。ゆくゆくは一本化したほうがいいと思います。

複数借入からより条件の良い借入に一本化していくのは自分自身にとってもプラスになるかと思います。

【参考ページはこちら】
知っておきたいアイフルの利用方法

新着記事
ページトップへ