> > 限度額をあげたいなら!アイフルの増額審査完全ハウツー

限度額をあげたいなら!アイフルの増額審査完全ハウツー

限度額をあげたい!必ず一度は思うことです、借入をしていればどういう業者でも思うものでしょう。

街金やサラ金のような小さい業者でもそうですし、中規模な消費者金融でもアイフルのような大手でも同じです。

銀行からの融資やビジネスカードローンでも同じです。やはり限度額をあげたいという人の気持はよくわかります。

最もその中で多いであろう、アイフルのような大手の業者を使って限度額を上げる方法を考えてみましょう。

多くの人が消費者金融の限度額をあげたいのはなぜ?

多くの人が消費者金融の限度額をあげたいと思っています。あげたいと思ったから簡単に上がるわけではありませんが。

限度額をあげたい!と思うのはなぜなのでしょうか?多くの人が限度額をあげたい理由はたいてい決まっています。

  • 当初よりも大きな借り入れが必要になってきた
  • 借入額が最初少なかったので増やしたい
  • 増額して大きな金額を一気に使いたい

だいたいこのような三つの理由が多いと思います。最も多いのは一番上の借り入れが必要になってくることだと思います。

多くの人は当初「このくらいだけで足りるだろうな」と思っていたかもしれないですが、足りなくなるのです。

予測が甘いといえばそれまでですが、どのくらいのお金が必要かは最終的には使ってみて初めて分かることも多いものです。

だから最初はギリギリでこのくらいの金額でと思っていたら足りなくなるということがあるのです。

最初は小さく借りて大きく増額をするパターン

もう一つパターンとしてよくあるのが最初に少なく借入をしていたという人たちです。

最初に少なくして借り入れをするのは審査に通りやすくするための一種のテクニックでもあります。

ですので少しだけ借入をして、後は少しずつ増額していくというような考えの人もいます。

この時は結構簡単にある程度まではアイフルもあげてくれるでしょう。そもそも少ない金額だったためです。

アイフル以外の業者でも同じですが、アイフルは審査は楽な方なので増額もしやすいかと思います。(こちらもご参考に→アイフルの増額審査3つのルール

一気に借りるための金額に増額したい人も

あまり人数は多くはありませんが、大きな金額を一気に借りたいという人も中には存在します。

大きな金額は簡単にいえば100万円を超えるような金額で、それを借りたいために増額したいというわけです。

普段はそんなに使うわけではないのですが、大きな買い物や大きな出費のために一気に使うのです。

一時的でもいいので大きく増額してほしいと考えている人はいます。この場合は実績次第で審査に通る可能性もあるでしょう。

限度額をあげるときにアイフルで必要な条件は?

さて、限度額をあげるときにアイフルではどういう条件が必要担っているのでしょうか。

条件は当然色いろあるにせよ、限度額をあげるために大きく関係しているのは消費者金融だと決まっています。

それは返済実績です。返済実績をしっかりとつけているかどうか、これが大きく関係してくるでしょう。

返済実績をどのくらいつけているのか?それを一番最初に見られると思って下さい。

アイフルの増額条件になる返済実績の事例

例えばの事例をいくつかあげてみたいと思います。

  • 現在の限度額は30万円
  • 今まで借入をしてきた金額は累計で50万円
  • 返済は毎月行ってきて、今は20万円の残高

このような人がいるとしましょう。一つの事例ですがよくある事例かと思います。

現在の限度額が30万円、ここから増やしたいという設定です。累計で借りては返しを50万円分行ってきました。

今は20万円の残高があり、後10万円借りられるけれども限度額を挙げたいというパターンです。

この場合、しっかりと返済をしてきており、かつ50万円と限度額の倍近い借入をしてきている実績があります。

借りて返済を行っていて、ほとんど遅れていないでしっかり返しているのでまず増額申請に通るでしょう。

  • 現在の限度額は60万円
  • 借入は30万円累積で行ってきて、返済がたまに送れることも
  • 現在の残高はゼロ、借入はしていない

逆にこういうパターンも考えてみましょう。借入限度額は高く、その半分くらいまで使ったことがあるパターンです。

限度額の半分くらいまでしか使っていないし、かつ返済もたまに送れるような人にはなかなか増額は難しいと思います。

このパターンのポイントはまず限度額いっぱいまで使ったことがないということです。増額が必要ないと思われてしまいます。

次に遅延をしているという点です。遅延をしているというのはかなりのマイナスになり、増額はほぼ出来ないと思っていいでしょう。

遅延もしくは延滞というのも非常に印象が悪いです。そういった出来事は記録されているので絶対にしないようにしましょう。

最後に現在残高がないという点です。全く借入をしていないのに枠だけ大きくしてほしいというのは難しいでしょう。

枠だけ大きく出来るならみんなできているでしょう。少なくとも最低限の条件として現在でも足りない必要があります。

現在の残高を見て足りない、過去に沢山借りていたという実績がない限りはなかなかアイフルは増額してくれません。

なるべく確実に限度額を増額するための方法について

ではこういった条件があるとした前提の前で、どうやったら確実に限度額を増額できるようになるでしょうか。

100%というのは難しいでしょう。100%あげると保証はできませんがかなり高い確率であげられるようになる方法というのはあります。

それが下記の通りの条件を満たすことです。

  • 返済実績を十分つけておく
  • 収入・職業を安定させておく
  • 現在の借入限度額の半分以上の残高を残しておく

こういった条件を満たしていれば、アイフルや消費者金融の多くで借入をしやすくなるかと思います。

具体的な増額の条件について、詳細な解説

さて、具体的に増額の条件について一つ一つ見て行きましょうか。まずは返済実績についてです。

返済実績は非常に重要、というのは上記で説明しているとおりで、だれでも知っていることだと思います。

返済実績がしっかりついている人ほど、借入もしやすくなるし、金利優遇もしてくれたり増額もしてくれるものです。

ではどのくらい返済実績があるといいのか?という点ですが、返済実績としてはまず遅れは絶対にないようにしましょう。

遅延がまずゼロであること、これが重要です。そして毎回決まった金額をしっかりと返済できていることです。

返済が難しくなると金利返済だけをお願いすることもアイフルは可能ですが、それではアイフルは増額してくれません。

アイフルはしっかりと遅れず、そして金額も決まった金額を払っている場合に、ちゃんと評価してくれるのです。

次に収入と職業の安定というのもかなり重要です。実はアイフルは増額するときに証明書を要求する時があります。

50万円以上の借入をするときにはアイフルは収入証明が必要になるので、借入が難しくなります。

それ以下出會れば借りやすいのですが、それ以上になると証明が必要になるので転職をしたり収入源はダメージになります。

最初に審査を受けた時の収入よりもだいぶ下がっているとなると、さすがに増額は難しくなるでしょう。

だから収入も職業も安定している時に増額をした方がいいでしょう。より良い職業になってから増額をするというのもいいと思います。

公務員や大企業などが有利と言われるのはまさにこのためです。収入も多く、安定性もあるからです。

最後が借入の残高を増やしておくということです。限度額に近いほうがアイフルも増額しやすくなります。

よく「限度額いっぱいまで借りない方がいい」と言われます。これはその通りで計画的な利用には必須です。

計画的に利用するなら限度額に余裕を持たせておく必要がありますが、増額となると話は別なのです。

増額をするときにはできるだけ「この限度額では枠が足りない」ということをアピールしないといけません。

アピールするならやはり残高は出来る限り限度額に近い金額まで借入をする必要があるでしょう。

そのほうが「この人はもっと必要としている」と考えてくれます。少なくとも残高ゼロよりは通りやすくなるでしょう。

借入審査と増額審査、どちらのほうが厳しい?

そんな風に限度額をアイフルで増やすための方法と言うのは上記の通りですけれども、審査は厳しいと思う人は多いです。

増額審査になかなかとおらないという人も多いわけですが、借入審査と増額審査、どちらが厳しいでしょうか。

この話はよくされるのですが、はっきり言って借入審査よりも増額審査の方が圧倒的に厳しいと思っていいでしょう。

アイフルでもそうですし、他の消費者金融でも銀行系カードローンでも、だいたい同じような形だと思います。

増額の方が借入を始めるよりもリスクが高い事が多い

なぜ増額審査の方が借入審査よりも難しいのか?それは比較してみてみればわかると思います。

増額審査 借入審査
数十万円からスタートし、そこから数十万円さらに貸出をする。
合計で数十万円、時には100万円を超えて金額を貸出しすることになる。
借入金額は人によるが、少ないと数万円から、多いと数十万円レベル。
最初から100万円を超えるような貸出はほとんどない

というようになっているのです。パッと見てもわかるようにたくさん借り入れをするのは増額審査の時です。

増額審査の時はどうしても借り入れしている金額に上乗せする形になるので、数十万円は必要になります。

例えば30万円の限度額から20万円さらに必要となれば、合計で50万円の金額を借りることになります。

50万円と言うと30万円から20万円分も増えて、返済されない時ノアイフルのリスクが大きく増えます。

借入れ審査の時にはアイフルが貸出をするわけですが、場合によっては5万円といったこともあります。

多い金額でも数十万円といったところでしょう。30万円くらいが多いんじゃないでしょうか。

そのくらいであれば、貸し倒れになるリスクは増額審査の時よりも圧倒的に低くなります。だから借入れ審査の方が楽なのです。

借入れ審査と同じ気持ちで増額申込みしないように!

ですので、借入れ審査をするとき同じような気持ちで増額申し込みをするのは失敗をしてしまう元になります。

必ず増額は難しいという気持ちを持ったほうがいいでしょう。そしてしっかりと準備を整えてから申し込んで下さい。

できれば準備をしている時に、アイフル側から増額の申し出があるようになるのがベストです。

アイフルもたくさん借りてくれて、かつ返済をしっかりしてくれる人に対しては、お金を貸してくれます。

そうでなくてもしっかりと準備をしていれば、アイフルの場合は増額申請が通りやすくなるでしょう。

限度額増額に100%はない、落ちたら再チャレンジ!

以上のように限度額増額について、あげたいと思っている人には参考になるのではないかと思うことを説明してきました。

最後に一つ、限度額増額には100%成功というのはありません。それは本文中でも書いてきているとおりです。

限度額増額は成功しないこともあります、失敗もあります。しかし再チャレンジすればいいだけです。

再チャレンジも半年ほど明けてからチャレンジすればいいでしょう。その時にしっかりと返済実績をつけておくのです。

返済実績をしっかりつけて再チャレンジすれば、限度額増額の可能性は上がっているはずです。

少しでも限度額増額が出来るように、その間は準備をしましょう。何度も期間を空けて挑戦すればいつかはあがります。

あげたいと思う前に準備をしてあげられるようにすることがオススメです。

【参考ページはこちら】
アイフルで増額するには信用が必要?

新着記事
ページトップへ