> > アイフルの提携銀行が気になる人向けの耳トク情報が満載

アイフルの提携銀行が気になる人向けの耳トク情報が満載

サラリーマン金融でのカードローンでは、アイフルの提携銀行のような提携先が存在します。確認をする際には、利用されているカードローン業者でチェックするだけでいいのですが、基本的にコンビニATMで提携先のものについては似たような構成となっています。

今では、サラリーマン金融の大手であれば基本的に対応していないということもありません。他の支払い方法が決まった時間なのに対して、コンビニATMであれば24時間営業のコンビニなので、自由に入出金できるメリットが存在します。

手数料は210円までで設定がされているのですが、特に高いという手数料ではないので、金額によっては利用が困難というわけでもありません。

提携先と提携銀行の存在意義

アイフルでもそうですが、今のサラリーマン金融では提携銀行というサービスは必ず存在します。また、提携先と言ったり提携銀行と言ったりしている理由は次の通りです。
(⇒アイフルと銀行の違いとは?

大まかに提携先についてまとめると、イーネット、コンビニATM、銀行ATMの3種に分かれるようになっています。イーネットだけでも数種類以上の提携先が存在するので、提携銀行と分別されているのです。

また、ネット発祥のサービスでなかった場合は24時間対応をしているわけではないという部分で、サービスによって対応が違っているという特徴があります。ただ、利用する際の手数料や利用方法については、ATM操作なので大まかな違いは存在しないとなっています。

アイフルの提携先一覧

下記が、アイフルの提携銀行や提携先のATMとなっているので、なるべく正確に把握しておき自分好みのものを選択するようにしておきましょう。

アイフル提携ATM

提携先の名称 提携先の案内
セブン銀行 ネット利用ではお馴染みの銀行。ほぼ全てのサラリーマン金融で提携先として選ばれている
ローソンATM 全国店舗数の多いローソン。地方であってもお店が多いために提携先の中ではよく利用されている
イオン銀行 全国展開をしている特徴があり、また大型スーパー内には数種類のATMが設置されている
三菱東京UFJ銀行 カードローンでもお馴染みの銀行として親しまれている。ネットのみで契約が結べるようになっており、インターネット対応サービスが非常に豊富なことで知られている
親和銀行 使い勝手の良い銀行として提携先として選ばれやすい銀行
西日本シティ銀行 提携先として選ばれやすいだけに利用頻度が高いことで知られている銀行

イーネットの主な提携先

提携先の名称 提携先の案内
ファミリーマート 世界的に有名なコンビニ。ATMだけでなく、店舗側のサービスとしてローン関係のサービスを昔から対応している
ミニストップ 食事などを楽しむことができる数少ないコンビニ。他のコンビニと違ってローン関係のサービスに対して簡素なサービスまでで対応している
ポプラ 人によって利用する人とそうでない人に分かれるコンビニ。新しいサービスを積極的に取り入れているので、コンビニATMでも親しまれている特徴がある
サークルKサンクス 全国展開しているコンビニでは最大手の1つ。コンビニATMだけでなく、インターネット対応のサービス端末まで店舗に備えている
スリーエフ 女性などから支持されているコンビニ。画期的というよりカジュアルな内装などで知られており、シンプルでクリーンなイメージが強いため、幅広い年齢の女性から利用されている
デイリーストアヤマザキ 他のコンビニと違い、店主が契約者となりコンビニ経営を行っている。その為、サービスについては多種多様となっている

アイフル提携先の利用料

アイフル提携銀行などは必ず利用する際に利用料が発生するようになっています。

アイフルは、利用料が発生しないようになっているので、別に誰かに利用しているところを見られてもいいというのであれば、アイフル店舗内に存在するATMで入出金をするのがベストとなります。

お取引内容 入金にかかる手数料 出金にかかる手数料
アイフル店舗利用 無料 無料
提携先で1万円以下の利用 108円 108円
提携先で1万円を超える利用 216円 216円
上記では、利用料について書かれているのですが、利用料はキャンペーンにより料金が異なるという特徴もあります。また、新しく提携先でサービスを申込む場合には、利用料が安くなる(無料になる)というサービスも存在します。

その他の注意点

アイフル提携銀行などを利用する場合ですが、人によっては注意点も存在する場合があるので、なるべく下記については先に理解されておき、アイフル提携銀行を利用するようにしてください。

  • 提携先CD/ATM(他にマルチメディア端末を含む)では、お取引の都度で手数料が発生する
  • 出金手数料は次回入金時に精算できるようになっている
  • キャンペーン等の影響で手数料が一時的にかからない場合が存在する
  • アイフルATMは原則として取引の手数料が無料

上記のリストに出てくるCDですが、キャッシュディスペンサーと呼ばれている現金の入出金・振込に対応している機械です。

アイフルATMについては銀行に設置されているCDと扱い方は同じとなっており、さらに声による案内についても受けられるようになっています。操作メニューについても銀行のCDと大きな違いはありませんので、感覚的に操作できるようになっています。

利用者が多い理由

サラリーマン金融の公式サイトを確認すると、○○では提携先が多い、もしくは利用の際の手数料が安いというキャッチコピーがよく使われている傾向にある場合が多いです。
(⇒アイフルは借りる条件が銀行より分かりやすい!

どうしてこのようなキャッチコピーが目立つように配置されているのか?というと、サラリーマン金融利用者のほとんどがバレずにカードローンをしたいという目的があるからです。

逆に言うと、アイフル提携銀行のようなサービスがなかった場合には、あまり利用されるケースがなくなってしまうので、今では死活問題として捉えられるようにもなっています。

また、利用者にとってはアイフル提携銀行のようなサービスは非常に便利です。実際に利用を行う際にはコンビニATMなどを利用すればいいだけなので。コンビニATMを利用している場合、一般客に見られたとしてもカードローンの入出金だなんて誰も思わないでしょう。

さらにコンビニATMは24時間いつでも利用可能になっているメリットがあるので利用されています。

アイフルATMの場合は、店舗によって営業時間が違うのですが、大体で7時~23時までとなっています。これについては、アイフルが短いのではなく店舗ATMというのは、どうしても営業時間が決まりができてしまいやすい特性があるためです。

コンビニATMであれば、常に監視カメラやメンテナンス作業員が決まった日時で対応してくれますが、店舗内に設置されているATMではメンテナンスのために時間を空けないといけない場合があるのです。なので、サラリーマン金融は23時以降は対応していないケースが多かったりします。

手数料について考える

アイフル提携銀行に関する手数料は、消費税の影響を受けたとしても100円以上300円未満となっています。

人によっては、それほど手数料で面倒なこともないようになっているのですが、よく返済などされている人にしてみると支払い手数料が馬鹿にできなくなったりします。

また、このようなケースで悩んでいる場合は、以下のような対応をすることで手数料を無料化することが可能であったりします。面倒でなければ、アイフルでカードローンする際には知っておいたほうが良いでしょう。

  • インターネット(アイフルの公式サイト)からサービスを利用する
  • キャンペーン条件を満たしておき契約を結ぶ
  • アイフルに設置されているATMで入出金を行う

イーネットのサービス内容

アイフル提携銀行でもそうですが、近年のサラリーマン金融のサービスや、インターネットを介したサービスでは、イーネットとの提携あり、サービスについても利用が可能という案内があったりします。

イーネットとは、ファミリーマートに設置されていることで有名なのですが、全国13,000箇所に設置されている銀行ATMの総称となっています。

つまり、アイフル提携銀行のようにイーネットが利用可能となっている場合には、全国のどこからでも入出金の対応ができるとなります。一般的な利用のされ方では、有名な銀行でキャッシュカードを発行し、持ち前が少ない場合にはイーネット設置店舗を利用し、お金を引き出す利用が有名です。

イーネットはなにもコンビニATMだけで対応をしているわけではないので、最寄りのスーパーや大型電気店などでもイーネット端末を設置されているケースが存在します。つまり、関連しているカードローンやカードについては、全国のどこでも最寄りの対応店で利用できるというわけです。

イーネットのサービス概要

イーネットは設置店舗数だけでなく、8つのサービスが存在しているのでサービス力についても高いという特徴があります。

具体的によく用いられているサービスについては、以下のサービスとなっているので、これからイーネットについても考えていこうという方は、ご一読頂いておくことで便利な利用が可能になるかと存じます。

  • イーネットと提携している銀行では、出金・入金・カード振込・残高照会・カードローン取引・暗証番号変更サービスが利用可能
  • その他の銀行・金融機関であっても、出金・残高照会サービスは利用できる
  • 平日や休日、祝日に関係なく最大で24時間の利用が可能。銀行によっては対応時間が違う
  • 利用手数料は必ずしも有料ではなく、利用銀行や曜日・時間帯で無料となる対応も存在する
  • 1回の取引では1000~最大50万円まで入金可能。紙幣の利用可能枚数は最大で59枚となっている
  • 1回の取引では1000~最大20万円まで出金可能
  • キャッシュカードを用いた振込にも対応している
  • クレジットカードがある場合、クレジットカードからキャッシングすることも可能

コンビニATMの設置位置

コンビニATMは、アイフル提携銀行としてよく利用される頻度が高いものです。しかし、コンビニによってはATMの設置位置が違っていたりするので、なるべく周りの人に注意しないで使えるものを選択するようにしておきましょう。

具体的には以下のような2種類の設置位置となっているだけなので、自分にとって使いやすいのはどちらかを選択するだけで問題ありません。

また、先に注意しておくべき点があるのですが、ATMにはフードのようなものは付いていません。なので、真後ろに他の利用客がいた場合には覗き見られるというケースもありえます。

このような場合ですが、ATMに設置されている後方視認ミラーというものを利用するようにしましょう。ATMの操作パネルの直下に取り付けられている小型のミラーなのですが、背後を確認するくらいは簡単に行えるようになっています。

ATM設置位置がレジカウンター近く

セブンイレブンやローソンといったコンビニでは、レジカウンター近くにATMがよく設置されています。コピーやFAX利用客が少ない場合には見られることもありませんので、コンビニATM利用を何気なく見られるのが嫌という場合には、これらのコンビニのものを利用するといいでしょう。

ATM設置位置が中央付近

サークルKサンクスやファミリーマートは、中央付近にコンビニATMが設置されているケースが多いです。コンビニの雑誌・漫画コーナーの近くにあるので、トイレ利用や立ち読みの相手がよく後ろを歩いて行くケースが目立ちます。

ただ、大きなプラスチックのカバーが取り付けられているので、斜めから覗き見るのは難しい作りとなっています。しかし、コンビニATM利用を何気なく覗き見られる可能性があるので、どうしてもそのような対応が嫌という人には使い勝手の悪いATMとなるでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンからアイフルに乗り換えるとお得?

新着記事
ページトップへ