> > 借入先に悩むパート主婦にアイフルがお勧め出来る3つの理由

借入先に悩むパート主婦にアイフルがお勧め出来る3つの理由

未だに不景気が続く日本の家庭では共働きが増えており、家事と仕事の両立をしているパート主婦と呼ばれる人が大変多いです。

短時間の仕事を行う事で家計を支えつつ家事も行うという非常に涙ぐましい立場であり、本人からすると納得のいかない事もあるでしょう。

そんな時はパーッとお金を使ってストレス解消したい所ですが、パート主婦では収入の大半が家計として消えてしまい、自由になるお金の少なさがさらにストレスに繋がります。

かといって収入が少ないので融資を受けるのにも不利…ではありますが、アイフルにはそんな悩みを解決するのにぴったりなのです。

主婦にも種類あり?専業主婦とパート主婦の違いとは

主婦というのは家庭生活に置ける中心人物であり、家事などを中心に無くてはならない立場の人を指します。

近年では主夫と呼ばれる言葉も盛んに使われるようになり、一概に女性だからとか男性だからとかは、当てはまらなくなってきています。

しかしながら男性の方が女性に比べて長時間労働に適している身体的特徴が多い為に、女性が家庭における中心となる事が未だに多いです。

そしてこの主婦にも二種類存在しており、『パート主婦』と『専業主婦』に分かれています。

金融業者では稀に主婦=家事のみを行う人と断定して説明されている事もありますが、主婦と表現するだけでは実際はどちらなのかは分かりません。

もはや社会常識のレベルではありますが、パート主婦と専業主婦の違いを、金融業者の観点として見てみましょう。

☆パート主婦とは
労働を行っている事で、自分名義の収入を持っている女性。
☆専業主婦とは
家事を中心とした家庭を構成する要素のみを行い、自分名義の収入を得ていない女性。

もっとざっくり説明すると収入があるのがパート主婦、無収入なのが専業主婦です。この違いが、融資審査では大きく判断を分けています。

パート主婦には選択肢が多い?借入先は多数存在!

パート主婦というのは、基本的にはフルタイムの労働ではありません。例外というのは存在しているものの、大体は5時間前後でしょう。
(⇒アイフルを利用できる職業とは?

そうなると当然収入というのは少ないですし、収入が少ないという事実は、融資審査で当然マイナスとなります。

ただ、パートといえども仕事をしていれば、普通に融資審査を受けて通過する事例というのは、珍しいものではありません。

大昔の消費者金融の前身となった存在は『特定の勤務先に勤める人に年率100%くらいの利息で貸し付ける』という、想像を絶した存在でした。

しかし国が豊かになるにつれて個人消費も激しく、同時に仕事の内容に関わらない個人向け融資が一般化してきました。

そうなるとまず重要なのは『収入があるかどうか』という一点になり、パート主婦はその点に関しては危なげなくクリアしていますね。

そして昔は働くのは男性ばかりという感じでしたが、女性の社会進出が盛んになった事で、従来では融資となかなか縁がなかった客層の取り込みが始まったのです。

その結果、

  • 貸付額に応じた収入はあるのか
  • そもそも仕事をしているのか

こうした簡易的な条件で見た場合、パート主婦でも小額融資なら十分クリアできているので、アイフルのような女性に対しても積極的に展開している業者なら使えるのです。

専業主婦はどんな融資も不可?借入審査の厳しい現実

パート主婦に変わりまして、専業主婦に話を移していきましょう。専業主婦も時給に換算した場合は…みたいな話題があるように、労働者として一切認められていないわけではありません。

ただ、融資審査では本人に収入はあるか、そして仕事はしているかで判断している部分が色濃く、その視点で言えば専業主婦は融資審査に原則通りません。

そもそも消費者金融には総量規制という決まりがあり、それを参照すると専業主婦が融資を受けられないというのがはっきりと分かります。

☆総量規制について
総量規制とは『借入を受ける本人の年収の三分の一までしか融資が出来ない』という法律です。専業主婦では本人の収入が0なので、最大借入額も0円になってしまうのです。

専業主婦とて例えば旦那さんからお小遣いなどをもらったりしているかもしれませんが、それでは残念ながら年収という風には見なされていません。

仮になにがしらの本人名義の収入が発生していたとしたら、金融業者からすると専業主婦とはカウントされません。

それに今回メインで紹介するアイフルでは、専業主婦には融資が出来ないときちんと明言されています。

そうなるとアイフルというのはまだ良心的であり、主婦で借入できる場合はどうなのかときちんと説明をしている分、無駄な申し込みをしなくて済みますね。

それでは、『借入先に悩むパート主婦に何故アイフルはおすすめできるのか』について、これから見ていきましょう。

安定収入があればOK!アイフルはパート収入も認めています

まずはすでに再三説明している事ですが、アイフルは『収入さえあれば融資の可能性はある』としており、パート主婦もその審査対象に含みます。

もう少し掘り下げて説明すると、アイフルでは安定収入があるかどうかで融資をするかどうかを決めています。

「パートって正社員じゃないから安定収入とは言えないんじゃないの?」と疑問をお持ちかもしれませんが、それは大丈夫です。

そもそも金融業者が良く言っている安定収入というのは、以下の定義を含んだ収入の事です。

  • 定期的に労働の対価が支払われているか
  • 一定期間以上の勤務歴があるか
  • 労働者としての権利が確保されているか

この条件を見てもパートが該当するとは思えない人が居るかもしれませんが、労働者の権利が守られている日本では、パートでもきちんと満たす事ができます。

労働の対価が支払われているのは当然として、パートと言っても半年どころか一年以上同じ場所で働くケースも多く、勤務年数が多い人は雇用形式はさておいても評価が上がります。

逆に言えばパートでも勤務期間が短い場合は審査に落ちやすくはなるものの、融資額が本当に最低限なら相談はしてみるべきです。

また、勘違いしている人が多いですが、パートでも不当に解雇された場合はそれを訴える権利があります。

そうした権利がある以上は安定した立場で収入もあると見なされ、アイフルはきちんと審査をしてくれるのです。

多少不安定な収入でも大丈夫?収入のある主婦と審査の関係

主婦の主な収入源と言えばパート労働…これは今でも当てはまっている事ですが、近年ではネットの発達により在宅ワークも盛んになりました。

家に居る事が多い主婦と在宅ワークは相性が良く、時には夫以上の収入を挙げるケースもあるのですが、こうした仕事でもアイフルで融資を受ける事が可能なのでしょうか?

実は、こうした仕事であっても収入さえ証明する事が出来た場合、融資を受けられる可能性はあるのです。

ただ、こうした働き方は個人事業主と呼ばれる形に近く、個人事業主自体が以下の理由で融資審査で不利になり、パート主婦よりも厳しいかもしれません。

  • 収入が安定していない事が多い
  • 仕事がいきなり無くなる事がある
  • 仕事が無くなった際の保障が充実していない

在宅ワークは主婦と相性が良く、時代が進むにつれて増えていると言えるのですが、まだまだ融資する側としては受け入れにくい状態が続いています。

収入額によっては結構な額を借りられたりしますが、こうした仕事でそこまで稼ぐのは難しい為、特殊な例であると言わざるを得ないでしょう。

そして収入と言えば気をつけたい事が、先ほども説明した総量規制の問題です。

パート主婦でも年収によっては融資が厳しくなる理由とは?

パート主婦というのは基本的に収入が少なく、配偶者控除が関係する年収103万円以内に調整している人も多いです。

年収103万と言えば総量規制で直すと、34万円は最大でも融資が受けられる為、いざという時の個人用カードローンとしては十分です。

ですが、パートとして働いている日数及び時間が極めて少ない場合、収入も月に1?2万円というケースが考えられます。

仮に年間の収入が30万円を切っている場合で考えると、消費者金融から借りられるのは多くのカードローンでの最低限度額である10万円にすら到達しません。

この事からも分かるように、パート主婦でも融資審査を受ける資格はありますが、収入が少なすぎるとどうしようもありません。

パート労働であまりにも不定期で収入が少ないと毎月の返済すら疑わしくなる為に、パート主婦でも満足がいくように借りるなら100万円付近は欲しい所です。

以下、パート主婦と年収による税制について記載しますので、融資を受けるかどうかも含めて把握をしておいて下さい。

年収 税制による違い
38万円以上 確定申告が必要
99万円以上 住民税が発生
103万円以上 所得税が発生し配偶者控除が受けられない
130万円以上 各種保険料の支払が必要

夫にも内緒で借入可能なアイフルは主婦の味方!?

自分が融資を受ける当事者である場合、あなたはどう思いますか?オープンにされた方が良いか、誰にも内緒の方が良いか…その二択だと、答えは決まりきっていますね。

誰でも融資を受けるという事は秘密にしておきたいですし、ましてやパート主婦の場合、夫にバレないように借りたいと願うのは普通です。
(⇒家族にばれないアイフル利用法

家庭によっては家族の出費に利用する為にカードローンの利用をオープンにしている場合もありますが、パート主婦の内緒のお小遣いとして使うなら、秘密にしておきたいですよね。

ですが私たちは融資を受ける側の為に、そうした細かい注文がつけられる立場か分からない…なんて心配も、アイフルでは無用です。

アイフルでは原則として、融資を受ける人との一対一のやり取りを意識しています。本人が周りに話す分はさておき、アイフル自身が家族などに言いふらす事はまずしません。

主婦が融資を受けて尚且つ夫の給料から返済するというのなら、夫の同意が必要になるとしてもおかしくは無いでしょう。

ですがそもそも本人に収入が無い主婦はアイフルには申し込めませんし、本人の収入内で返済するのなら、他の人に迷惑はかからずわざわざ連絡するのはお門違いです。

保証人が必要な融資なら保証人にも当然連絡を行いますが、アイフルのカードローンは無担保無保証人の融資なので、安心して自分だけの意思で受けられるわけです。

郵便物が届いても安心?アイフルからの差出人はどうなるのか

アイフルから届く郵便物に関しては、以下のような物が送られてくる可能性があります。

  • カード
  • 利用明細
  • キャンペーンなどのお知らせ

内緒で融資を受けたい人にとって、これらの郵便物というのは非常に不都合になりませんか?例え融資利用に必要でも、無くしたいというのが本音だと思います。

そしてアイフルは郵便物を無くせるかというと、実は無くす事が可能です。電話で郵送を断れば余計な物は送りませんし、カードは無人契約機で発行すれば送られてきません。

仮に何らかの郵送物が届いたとしても、きちんと配慮がされており、封筒にアイフルですと分かるような事は書いておりません。

アイフルからの郵便物の差し出し名は『AIセンター』となっており、ぱっと見ではアイフルかどうかの判断が極めて難しいです。

もちろん勝手に開封されてしまえば発覚しますが、そもそも郵便物を無くせる上にこうした配慮もされているので、これ以上は過剰な心配と言えるでしょう。

ただ、返済に遅れた場合の督促状は断っても送られてきますので、返済を延滞しない事も内緒で借り入れるコツの一つです。

アイフルからの電話はどんな感じ?プライバシーへの配慮について

郵便物だけでなく、金融業者からの電話というのもあり得ます。特に以下の場合はどうしても必要になる事が多いです。

  • 在籍確認(仕事の有無の確認の為)
  • 携帯電話への連絡(本人確認の為等)
  • 自宅の固定電話への連絡(固定電話の有無の確認)

まず一番上の在籍確認ですが、これはほぼ必須です。自己申告だけでは仕事の有無というのは完璧には分からず、下手をすると無収入の人に貸し付ける羽目になりますね。

ただ、他の電話連絡についてもそうですが、アイフルからの電話は「アイフルです」といきなり切り出すわけではありません。

電話の担当になった人の個人名にて連絡をしてきますので、職場にかかってきた場合は友人や保険など何とでも言いようができるのです。

同様に家や携帯電話にかかる場合も同じですが、家の場合は他の家族が出る可能性も考えると、主婦にとっては厳しいですね。

しかしその場合は「携帯電話のみに連絡して下さい」とお願いするか、そもそも携帯電話番号のみ申告すれば良いでしょう。

最低限申込者と電話が繋がればアイフルとしては良いので、携帯電話が普及した現代ではこの問題はさほど大きくはならないでしょう。

女性専用の応対も可能なアイフルの細かな配慮とは?

融資というのは、お世辞にも今までは『女性でも気軽に使えるサービス』とは言えませんでした。

この理由は社会的なものや収入的なもの、さらには精神的なものと該当する理由が極めて多いと言えますね。

ですがそれは昔の話であり、冒頭でご説明したように多くの消費者金融は今まで重視していなかった分、女性の利用者獲得の為に配慮を行っています。

アイフルも女性に対して配慮している金融業者の一社であり、レディースローンというプランを公式サイトにて大々的に宣伝しています。

レディースローンというのはその名の通り、女性しか選べない代わりに女性ならば何らかの特典を得る事ができます。

尚、レディースローンを用意している消費者金融で大手といえば以下となります。

  • アコム
  • プロミス
  • モビット

レディースローンを謳っていてもその対応は各社で異なるので、今回はアイフルの特典について見ていきましょう。

女性の悩みを取り除くアイフルのレディースローンの詳細

アイフルの女性専用ローンである『レディースアイフル』の特徴については、以下のようになります。

  • 電話相談の相手が必ず女性になる
  • 人目が気になる女性向けの申し込みについて詳しく説明している
  • 融資の基本条件は『キャッシングローン』と同じ

こうして並べてみると「あれ?もしかしてそこまでと特典が多いわけでもない?」と思うかもしれませんし、実際金利や限度額での優遇はありません。

ただ、女性で融資を使うのは少数派である事、相談相手が男性だと話しにくいという女性特有の悩みを解決しているのは、見逃せない点です。

特に『女性専用ダイヤル』を設置しているのは非常に大きく、女性が電話すると必ず女性の担当の方が出てくれます。

男性で融資の窓口担当だと、どうしても女性からすると威圧感を感じてしまい、それだけで気が引けてしまうのは仕方の無い事です。

精神的なフォローをレディースローンにてきめ細やかに行っているのが、アイフルなりの女性優遇策なのですね。

尚、より一層女性に特化した融資を使うなら、女性への融資専用の会社もあるのでそちらの利用を検討するのも良いでしょう。

通常の融資利用ももちろんOK!女性で制限される事は無し

「レディースローンって言うくらいだから期待したのに拍子抜け…」とがっかりしている人も居るかもしれませんが、良く考えてみて下さい。

  • 収入の少ないパート主婦でも取り合ってくれる
  • レディースローンという男性には使えないプランがある
  • 女性でも他の融資プランは普通に使える

まだ女性だと若干審査で不利になる事がある一部の消費者金融に対し、アイフルでの融資では女性で不利どころか、女性の方が優位性があると言える状態です。

レディースローンという応対に加え、通常の融資プランの全てを普通に使う事が可能というのは、それだけでも十分男性よりもアドバンテージがあります。

女性でもしっかり稼いでいるなら気にせず様々なプランの利用も検討できますし、パート主婦で収入が心許ないのなら、そうした相談も気楽にできます。

女性でも普通に全ての融資を、より安心して使える…アイフルはそう明言しているだけでも、女性にとってはお勧め出来る金融業者の一つとして挙げられているのです。

女性は借りにくいからと安易に甘い言葉で誘ってくる違法金融業者を利用する場合に比べて安全なので、女性の方は迷ったら気軽にアイフルに電話して、相談をしてみるのも良いでしょう。

実は銀行以上?女性ならアイフルの方が使いやすい事も!

銀行カードローンの方が低金利だし、総量規制も無い分女性でも有利になるのでは?と思うかもしれませんが、今回説明した点を比較して、良く考えてみましょう。

  • アイフルなら最低限の収入があれば期待できる
  • 夫に対して連絡をする事はまずない
  • 目に見えて分かる女性優遇策を実行している

銀行と比較すると、このような違いが明確になっています。

銀行というのはそもそも、融資審査が厳しく収入が少ないとそれだけで審査は安定しなくなります。

さらに銀行なら総量規制が無いので専業主婦でも借りられる…と思っている人が多いですが、専業主婦は予め断っている銀行も多いです。

本人に収入が無いと厳しいのは当たり前で、仮にOKだとしても、夫の収入で返済するので内緒での融資は不可能です。

その点アイフルなら、借りられる場合は完全に内緒にできるように郵便物の停止も出来るので、内緒の利用という意味でも上ですね。

それに銀行というのはそもそも、レディースローンという女性優遇策をとっている場所は非常に少ないです。

なので例え電話口が変更されるだけであっても、心理的な障害は圧倒的にレディースローンがあるアイフルの方が少ないのです。

以上の事から女性への優遇を行っている消費者金融の方が、銀行よりも時として使いやすい事が多いです。

敢えて家族にオープンに?アイフルをもっと効率的に使うには

最後に一つだけ補足としてアドバイスするのなら、『アイフルは家族で利用するのなら、オープンに振る舞う方が良い』という事です。

アイフルが女性にも推奨出来る理由に『夫にも内緒にできるから』と書きましたが、良く考えてみましょう。

例えば以下のような理由だけで使うなら、いっそ他の家族に伝えた方が良いかもしれません。

  • 急な病気が発生した時の医療費に
  • 子供が大きくなった時の教育費の補填に
  • 家族サービスの為に

実は主婦の融資利用でこうした家計を優先したケースは多く、それでも誰にも心配をかけたくないから…と内緒にしている事があります。

でも、こうした融資の使い方であるのなら、その恩恵に預かっているのは本人だけでなく、家族全員です。

つまり家族の為に使うのなら予めカードローンがある事を伝えておき、その上で利用したら全員で協力して返していくようにすると良いでしょう。

そうすればカードの名義人に何かあっても、家族の協力により問題なく返済をできる可能性が高いです。

内緒で使えるのは利点ですが、内緒にしないからこそアイフルがより便利になる事もあるのは忘れないで下さい。

【参考ページはこちら】
アイフルの明細書は郵送しないでもらえる?

新着記事
ページトップへ