> > 携帯料金の支払いに要注意?アイフルの増額で注意したいこと

携帯料金の支払いに要注意?アイフルの増額で注意したいこと

カードローンをいきなり利用できなくなって困る人もいます。ですが、カードローン業者側も簡単にはそのような対処を行ってきません。

このような問題が発生した際は、利用者側にも問題があると判断するようにしましょう。特に何気なく返済している携帯料金を確認することが重要です。

携帯料金は返済額が小さい場合であっても、携帯料金滞納とならないように注意しなければなりません。放置していると、将来においてローンそのものが難しくなってしまいます。

携帯料金滞納でカードローンに影響が出る

携帯料金というと、大半の人があまり滞納経験もないため、それほどカードローンに影響を与えないと思っている人が多いです。

ですが、携帯料金滞納は個人信用情報機関に登録される情報です。放置されていると、段々と個人信用情報に悪い評価が追加されていくため、最終的にカードローンが難しくなる場合もあるのです。
個人信用情報機関とは

個人信用情報を取り扱っている機関のことで、CIC・JICCといった機関は国内でも加盟数が多いことで有名です。

加盟についてですが、「銀行やサラリーマン金融」などの金融業者は、営業を行う上で個人信用情報機関に加盟しています。つまり、加盟していないために個人信用情報をチェックされないで済む・・・というのは稀と考えたほうが良いのです。

ちなみに、携帯料金滞納をされていて評価が下がってしまっても、業者側からは何も連絡がきません。

つまり、「自分でローン状況を把握」しないといけないのです。

このような面倒もあるので、なるべく携帯料金に関しては毎月しっかりと返済していくようにしましょう。

携帯料金に近い形のローンでは、以下のようなローンも存在しますが、携帯料金と同じように返済が滞納となっていると、個人信用情報機関に登録されてしまいます。

  • クレジットカード利用料金
  • 割賦販売契約で発生する支払い代金
  • 自動車、バイクなどのオートローン

これらは生活に欠かすことのできないローンでもあります。

ローン契約を結んでいる場合、必ず「個人信用情報機関」には利用状況が登録されます。携帯料金と同じで支払状況が面白くない場合は、悪い評価が付きやすいと思っていおいたほうが良いでしょう。

カードローン利用限度額が減少する可能性もある

アイフルではカードローン審査だけでなく、カードローン利用限度額の増額も定期的に行われています。

その際の注意点なのですが、増額に関する審査でも今までのローン利用状況が反映されるので注意してください。

例えば、増額を申込んで利用限度額を30万円から50万円にしようとしたとします。

しかし、すでに悪い評価が付いている人の場合、50万円とはならず「逆に減額対象者になる」ことも珍しくありません。

酷い場合では、「カードローン利用停止処分」となることもあります。

減額対象のみのペナルティが課せられた場合、30万円から10万円程度に利用限度額が減ってしまうこともあります。基本的に「利用限度額を最低に引き下げる」という形で減額されることが多いです。

このような状況に陥った場合、慌てずに「返済で滞納している分」を返済(もしくは完済)していくようにしましょう。

業者側としてもペナルティを与えたいわけではありません。ただ、他の支払いで滞納が目立つので、通常のカードローン利用を認めるのが難しくなっているだけです。

カードローンのペナルティは大きく分けて2種類

カードローン利用は、返済の評価でペナルティが発生します。ですが、常に「カードローン利用停止のペナルティ」ばかりが発生するわけではありません。

大きく分けて以下の2種類でペナルティが分類されています。

  • 返済の意思・対応が見られる場合はノーペナルティ
  • 返済の対応が酷い場合は追加でペナルティ発生

携帯料金でもそうですし、増額申込されている場合でも発生するペナルティは大きく分けて2種類です。

返済を素早く行うと、ノーペナルティになることもあります。ですが、1ヶ月か2ヶ月程度はペナルティが継続となり、新しくカードローンを組む、増額申込を進めるということは難しくなります。

逆に返済の対応が著しく遅い、もしくは完全に放置されているようであれば、「1年以上のペナルティ」が発生することもあります。

ペナルティは業者によって異なりますが、基本的に新規でローン契約を結ぶことは難しくなる・・・と思っておいたほうが良いでしょう。

携帯料金滞納が知られてしまう仕組みの詳細案内

個人信用情報機関が存在するので、携帯料金滞納がバレてしまうようになっています。

もしくは、カードローン申込において何度も情報の不備が見られても同じです。情報の不備とは、例えばカードローン利用状況に対して、ウソの申告をしてしまうことが該当します。

実際は「借金件数3件、借金総額100万円」となっているのに、「借金件数1件、借金総額50万円」と連絡する人も、カードローン申込者の中には少なからずいるのです。

カードローンは、アイフルでもそうですが現在では「無担保・無保証人」で問題ありません。

このような形でローンが可能となっていますが、それを支えているのは「保証会社」の存在です。

保証会社とは

担保・保証人の要素を保証してくれる会社のことで、保証会社が存在するため無担保・無保証人が成立しています。

今では、ほとんどのカードローンで保証会社を通じて審査を行う形式となっています。そのため、細かい調査が入る形となり、人によっては携帯料金滞納がバレてしまうのです。

昔は携帯料金などのカードローン以外の返済は、あまり知られることがありませんでした。なので、返済トラブルを起こしている人でも審査に通ることが多かったのです。

保証会社の存在も考慮してカードローン審査を受ける

カードローン審査を申込む場合、審査を行っているのも保証会社のため、審査で通るには保証会社から認められなければいけません。

ここで重要なのが、「返済実績であり与信能力」です。

返済実績というのは、正しく返済状況を把握していることと、返済状況を正しくカードローン申込で報告できていることの2点を指します。

つまり、「ウソの申告(ウソに近い申告)」をされていると、与信能力とされている「信用の高さ」を評価するのが難しくなってしまうのです。

この与信能力は審査に通る上で必要な能力・・・だけでなく、「借入限度額を上げる」うえでも必要とされています。

ウソの申告を繰り返す、もしくは返済に難がある状態でカードローン申込をされても、最終的に借りられる金額が大きくなるわけではありません。

その点も考慮して、返済に関してトラブルがない状況を意識的に作っていく必要があります。

自身の信用情報は本人確認を通じてチェックできる

個人信用情報機関についてですが、「本人確認が可能」な場合は自身のローン利用状況を照会することも可能です。

個人信用情報の開示というのですが、個人信用情報機関には本人からの申込にも対応となっています。

ただ、申込をされても以下のような対応となっていますので、安定して個人信用情報の照会を行えるわけではありません。

  • 照会の依頼をしてから2週間程度で報告が行われる
  • 照会の依頼をする際は利用料金を支払わなくてはいけない
  • 必要とされる本人確認書類を揃えて申込まなければいけない

さらに「混み具合」も反映されます。

今では、個人信用情報機関を通じてカードローン利用状況を調査している個人は多いです。

代行業者に依頼されている個人も増えてきているため、混み具合によってはさらに時間がかかると思っておいたほうが良いでしょう。

携帯料金滞納は何ヶ月以上で影響が出る?

携帯料金滞納は「3ヶ月以上の滞納」で、個人信用情報機関に登録されやすくなってしまいます。

3ヶ月以上の滞納と案内しましたが、業者によってはさらに長い期間で放置されても、特に問題がない・・・ということもあります。

要するに、「3ヶ月」というのは登録されるかも知れない目安です。

なので、返済に関しては「出来るだけ素早く対応」すると良いでしょう。また、携帯料金滞納が長い場合には「返済に関する通知」が届くようになります。

ハガキで通知されることが多いので、ハガキが良く送られてくるような状況では、すでに個人信用情報機関に悪い評価が付いているかも知れません。

このような状況となってしまうと、返済を「一括で行わないといけなくなる」こともあります。

業者側としても、なるべく契約者側に迷惑をかけないよう配慮しています。なので、早い段階で返済の意思があることを見せておいたほうが、通知が来るといったトラブルを避けられるでしょう。

滞納関連のトラブルは相談で解決しておくことも大事!

携帯料金滞納ですが、なるべく業者側に「相談しておく」のも大事です。

相談した程度で何が変わるのか?と思うかも知れませんが、無連絡で放置されているよりは評価が下がりにくくなる場合が多いです。

実際に借金を滞納されていると、「業者側から電話がかかってきやすくなる」ので、その電話連絡を嫌がらずに取っておくだけでも、業者側の評価は違ってきます。
(⇒アイフルからの電話連絡について

なぜ電話一本で評価が違ってくるのか?というと、以下のような状況確認を先に行っておけるからです。

  • 携帯料金の返済がどれほど厳しいのか把握できる
  • 携帯料金の返済が指定日まで可能なのか把握できる
  • 携帯料金の返済を行う意思があるかを把握できる

業者にとっては上のような連絡は非常に大事です。時間にして数分で相談を終えられるので、面倒臭がらずに対応するようにしておきましょう。

このような連絡が入っているだけでも、業者からの電話・ハガキなどの連絡量が減少します。

評価が下がった場合は評価を上げるようにする

下がってしまった評価は元に戻らない・・・と思っている人もいるのですが、携帯料金滞納などの悪い評価は元に戻すことも可能です。

具体的な方法では、完済を意識して返済することで、評価が元に戻ることも珍しくありません

なぜ完済しないといけないのか?というと、返済を行っている間は「借入1件」として記録に残り続けるからです。

返済は返済額のみでチェックが入っているわけではありません。

実際に返済されていると返済分の評価が発生するのですが、完済するまでは「返済件数が必ず残る」仕組みになっているのです。

人にもよりますが、携帯料金だけで10万円以上という人もいるでしょう。そのような場合、返済があまりにも難しいために分割払いを選択する人もいます。

このような状況では、「返済の残額、返済の件数」という2種類の情報が記録されたままとなります。

最終的に「返済の残額0円、返済の件数0件」となると、評価についても段々と元に戻っていくようになっていくのです。

評価が下がってから対応しないほうが良いこと

携帯料金の件でもそうですが、返済苦に陥った場合は落ち着いた対処を取ることが一番です。

そのため、逆に返済を急いで解決しようとして借金をさらに申込むのはNGです。

近年では、「借金返済のための借金」もカードローンのお使いみちに含まれています。アイフルも対応していますが、大手サラリーマン金融であれば対応していないということはありません。

ですが、このようなローンを業者側が「奨励しているわけではない」ので注意してください。

もし、借金返済のための借金が多すぎる場合、将来的に借金そのものができないほど、厳しいペナルティが課せられることもあります。

以下のような借金状況となると、新しくカードローンを申込むことは難しくなるでしょう。

  • 借金件数が4件以上(※)
  • 借金総額が年収の3分の1以上

※銀行でカードローンを組む場合は3件以上で厳しくなる

その他の増額前に注意すべきことは?

アイフルで増額審査を受ける場合、なるべく「完済されている借金がある」ほうが好ましいです。

携帯料金滞納でもそうですが、借金が残っている場合はあまり増額審査では通りません。現在支払っている借金分も、増額審査では重要となってくるからです。

現在、毎月の収入に対して返済が厳しい状況・・・となっている場合は、カードローン増額申込を行わないほうが良いでしょう。

また、より確実にアイフルで増額を受けたい場合は、「利用を継続するだけ」でも効果的です。(こちらもご参考に→アイフルで限度額をアップさせるポイント

アイフルは他のサラリーマン金融と同じで、「一定の月数で利用が見られる」ようであれば、定期的に増額に関する通知を行ってくれます。

増額に関する通知とは

サラリーマン金融では3ヶ月間~1年間の間で、増額に関する連絡(通知)を行っているとされています。

業者によっては1年以上経過でようやく通知・・・というケースが目立ちますが、アイフルのような大手であれば半年以内で通知が送られてくるとされているのです。

増額申込はイタズラに何度も行ってはいけません。かえって自己の評価を下げるだけ・・・となってしまいます。

借入のちょっとした工夫だけでも評価は違ってくる!

最近になって知られるようになった事実ですが、「借り過ぎて良いことはまったくない」ということが知られるようになりました。

当たり前のように感じる人も多いかと存じます。ですが、実際に業者から「○○様なら50万円以上でも貸せます」と案内されてしまうと、中々その案内を断るのが難しかったりするのです。

なぜ借りられるだけ借りてはいけないのか?というと、「将来的に増額される機会が減る」からです。

先ほどの50万円という数字は、業者が余裕をもって貸し出せる金額ではありません。最大に等しい金額として算出されているのです。

そのような金額で借りてしまうと、以下のような弊害が発生することもありますので、なるべく大きく借り過ぎないよう注意しましょう。

  • 他のローン(オートローンなど)で審査に通りにくくなる
  • 借り過ぎの状態のため返済が苦しくなる

ローン返済は安定させる方法も存在する

カードローン、光熱費の支払い、賃貸の料金、オートローン、割賦契約・・・といった返済についてですが、支払いが面倒に感じる場合は「クレジットカード支払い」を検討すると良いです。

現代のカードローンは、「クレジットカード一体型」というカードローンが販売されていますが、アイフルにもクレジットカード一体型の商品が販売されているのです。

クレジットカードの場合、「支払いを代わって行う」ことが可能となりますので、複数存在する返済に関しても、1枚のカードで安心して支払えるようになっているのです。

クレジットカード支払いは以下のような面でも使いやすいため、今では、クレジットカード一体型のカードローンの人気も高くなっています。

  • 返済額に応じてポイントが発生する
  • ポイントを貯めると現金として利用することが可能
  • ポイントを貯めると特定の商品と交換できる
  • クレジットカード支払で優待チケットをもらえることがある
  • クレジットカード払いで個人信用情報の評価が上がりやすくなる

クレジットカードはローン(分割)による返済を行えるため、支払いを継続的に行っていると信用が上がっていきます。

クレジットカードはスタンダード以外にゴールド会員用のカードも用意されています。信用を貯めていくと、将来的にグレードアップを狙うという利用も可能となるのです。

【参考ページはこちら】
アイフルでお金を借りたい方、必見!

新着記事
ページトップへ