> > 生活保護者・年金受給者にご紹介!アイフル利用の条件とは

生活保護者・年金受給者にご紹介!アイフル利用の条件とは

生活保護や年金による支給金で生活されている方で、「私でもアイフルでお金を借りれるの?」と、お悩みの方はおられませんか?生活保護者や年金受給者でも、急な金欠で悩むことってありますよね。

このとき、収入源が「支給金のみ」では、アイフルの利用は少し難しい状態です。現金の収入はあっても、生活保護者や年金受給者は、アイフル利用の条件から少し外れてしまっているのですね。

ではアイフルを利用するための条件とは、どんなものなのか、詳しくご紹介していきます。

アイフル利用には仕事の収入が必要!支給金だけでは無職扱い!?

生活保護者も年金受給者も、現金による支給金があるのにアイフルを使えないのは、アイフル利用のための規定から外れているからです。

アイフルを利用するための基本的な条件とあわせて、詳しくご紹介します。

アイフルの利用には仕事による収入が必須

アイフルでお金を借りるためには、もちろん「収入」が必要です。返済のためですよね。無収入の方がお金を借りるのは少し難しいところがあり、大手サービスのアイフルですらも、無収入の方への貸付は行なっていません。

この点で言うと、現金による支給金がある生活保護者・年金受給者は、アイフルを使えても良さそうなものですが、アイフルで言う「収入」には、「仕事によって得たもの」という指定がある点に注意が必要です。

  • 仕事による収入がある人のみ借りれる
  • アイフルの規定でそう決まっている

なぜ、仕事によって得た現金しか、収入として認めてもらえないのでしょうか?これはもう、「アイフルの規定でそう決まっているから」という単純な理由です。

キャッシングサービスには、それぞれ規定があります。各社がどういう形でサービスを提供するかは、各社がそれぞれ決めておられます。

アイフルの場合、「仕事による収入がある方にお金を貸す」と決まっているのですね。この規定から外れた場合、アイフルからお金を借りることはできません。

アイフルでお金を借りたいなら、まずはこの基本的な条件を押さえる必要があるのです。

仕事による収入がない場合、例外なく審査落ちに

では、生活保護者や年金受給者がアイフルの審査を受けたとすると、どういう扱いになるのでしょうか?

対象者 審査での扱い
生活保護者 無職・無収入者
年金受給者 無職・無収入者

いずれの場合も、働いて得たお金を持っていないということで「無職・無収入者」という扱いになってしまいます。一応、現金による収入はあっても、それは、少なくともアイフルの審査に限っては、収入だと認めてもらえないのです。

ちなみに、これは生活保護者や年金受給者だけに限った措置ではありません。

  • 専業主婦
  • 仕送りで生活している学生

これらの方達も同じように、アイフルの審査では落とされてしまいます。アイフルとは、相手の肩書きや立場を問わず、「働いて得た収入がない人は一貫してNG」としているサービスなのです。

だからこそ、たとえ現金による支給金があっても、生活保護者や年金受給者はアイフルで借りれないのですね。

支給金があってもNG!嘘の申告ではアイフルの審査に落とされる

生活保護者や年金受給者が、アイフルの審査に落とされる理由をご紹介しました。「働いて稼いだお金がない」から、審査に落ちてしまうのでしたね。

では、「働いている」と、アイフルの審査で言いさえすればいいのでしょうか?現金での支給金があるだけに、ばれにくいような気もしますが…?

いいえ、現金自体の収入はあっても、嘘の申告はNGです。この点について、詳しくご紹介します。

嘘は印象が悪い!アイフルの審査で必ず落とされる

「生活保護(年金)の支給金があるんだし、ばれないだろう」と、アイフルの審査で「働いている」と、適当な勤め先を申告してしまうのは、NGです。その嘘は、必ずばれます。

そして嘘がばれた場合、アイフルの審査結果は決まってしまいます。

  • お金を借りるには信用が大事
  • 嘘をつく人は信用されない
  • 嘘の申告は必ず審査落ちになる

アイフルへの申告内容に嘘が含まれていた場合、必ず審査に落ちます。これはアイフルを利用する上での鉄則です。

ただ審査落ちになるどころか、下手をすると「悪質な利用者」として、アイフルから利用禁止とされてしまう恐れもあります。

仕事による収入がない方が、うっかりミスで「働いている」と言い、勤め先まで書いてしまうというミスは、かなり不自然ですね。わざとやったと思われても、仕方がないような嘘です。これでは、「悪質だ」と判断されても、文句は言えません。

普通に受ければ、「働いて稼いだ収入がないから」と、普通の審査落ちになるだけで済んだかもしれない生活保護者や年金受給者も、悪質な嘘によって審査落ちになって、余計なペナルティを受けるのは避けたいですよね?

「支給金があるからいいだろう」と、安易な考えで適当な嘘をつくのは、避けた方が絶対に無難です。

現金収入があるのに、勤め先の嘘がばれる理由

ところで、なぜ勤め先の嘘はばれるのでしょうか?現金による支給で、形の上では収入がある生活保護者や年金受給者なら、「働いてる」と言ってもばれないような気もしますよね。

理由は、アイフルの審査には「在籍確認」というステップがあるからです。

  • 職場と申請者の在籍を確認する
  • 勤め先に連絡
  • アイフルの審査では必須の手続き

申請された勤め先を、アイフルは鵜呑みにはしていません。必ず確認を取っています。そのための方法は、申告された職場に電話連絡をするという、かなり直接的なものです。

その結果、嘘はばれてしまうのですね。

職場・在籍の確認 在籍確認の結果
取れる 問題なし
取れない 問題あり(審査落ち)

適当に書いた勤め先は、この電話連絡でばれてしまいます。申告された職場が存在しなかったり、申告者の在籍が確認できなければ、その時点で「嘘の申告」と判断され、審査に落とされるのです。

この在籍確認は、アイフルを利用するすべての方に行なわれます。そのため、仕事をしていない生活保護者・年金受給者のことも、ここでばれてしまいます。

安易な嘘は、絶対にお控えください。

生活保護・年金受給の影響ナシ!アイフル利用資格は一から作れる

生活保護や年金だけが収入源の場合、アイフルを使える見込みは難しいことをご紹介してきました。では、生活保護者や年金受給者は、もうアイフルを使えないのでしょうか?

そんなことはありません。アイフルの利用資格は、一から作ることが可能です。アイフルでどうしてもお金を借りたいと思う生活保護者や年金受給者は、この方法を考えてはいかがでしょう?

今からでも仕事をすればアイフル利用に問題なし!

ぜひ知っておいていただきたいポイントは、次のものです。

  • 今の仕事や収入の状態でアイフルの審査はされる
  • 過去の生活保護歴・年金受給歴の影響はない

アイフルの審査は、簡単なものです。過去を深く遡って、綿密な素行調査などはされません。あくまで今現在の状態で、アイフルの利用が可能か、判断されます。

というわけで、生活保護や年金だけで生活していた時期があっても、その頃の影響によってアイフルの審査に落ち続けるといったことは、ありません。

支給金のみでアイフルから借りることはできませんが、支給金とは別に「働いて稼いだお金」があれば、アイフルの審査を通過できる見込みが出てきます。

生活保護者や年金受給者が、いきなり「働け」と言われても厳しいでしょうが、アイフルから借りたいなら、大丈夫。アイフルの場合、働いて稼いだお金であれば、簡単な仕事のものでも問題ありません。
  • アルバイト
  • パート
  • 派遣

これらの仕事でも構いませんので、働いて稼いだお金さえあれば、アイフルで借りれる見込みが出てきます。

注意!短期の仕事はアイフルの審査に不利

ただし、アイフルで借りるために仕事に就くなら、ポイントがあります。アイフルの審査で評価が高いものと、低いものがあるのです。

仕事の特徴 アイフル審査での評価
長期の仕事 高い
短期限定の仕事 低い

気をつけたいのは、「短期の仕事は、アイフルの審査で評価が低い」という点。生活保護や年金の支給金で、とりあえず生活に困っていなければ、短期間のアルバイトや派遣に興味を持つこともあるでしょう。

それらの仕事も立派な仕事ですが、アイフルの審査では評価が低くなります。

  • 審査通過の見込みはやや低い
  • 生活保護・年金受給よりマシな程度

働いて稼いだ収入がゼロの状態よりはマシですが、これだけでアイフルの審査を通過するのは、まだ難しい状態です。

生活保護者や年金受給者が、いつでもアイフルから借りれる状態をこれから目指すなら、アルバイトでも構いませんので、仕事の期間に定めのないものを、お選びになってください。

一点だけ注意!過去の借金トラブルはアイフル利用を難しくする

生活保護者・年金受給者でも、就職すれば、アイフルで借りれる見込みが出てきます。これで問題は解決かと思いきや、最後にもう一点だけ注意点です。

現在、生活保護や年金による支給金だけで暮らしている方は、過去に借金のトラブルを経験したことはないか、少しだけ振り返ってみてください。

もし心当たりがある場合、生活保護歴や年金受給歴よりも、よほどアイフルの利用を難しくするかもしれません。

就職してもアイフルが使えない!?借金トラブルの影響

借金トラブルは、アイフルの利用を非常に難しくします。借金トラブルとは、次のようなものです。

  • 長期の返済滞納
  • 借金の減額
  • 自己破産

つまりは、「借りたお金を期日までに返せなかったトラブル」のことです。このトラブルに心当たりがある場合、アイフルの利用は、かなり難しくなることが多いです。お金を返せなかったことがある人は、審査でまず落とされます。

  • 借金のトラブルは記録されている
  • 記録期間が非常に長い

「この人は過去にお金を返せなかったことがある」という記録は、アイフルの審査で調べることができるのです。それも、かなりの長期間にわたって。

たとえば、先にご紹介したようなトラブルの記録期間は、次のような状態です。

トラブル 記録期間
長期滞納 5年
借金の減額 5年
自己破産 5~10年

これだけ長期間にわたって悪影響が残るのですから、生活保護歴や年金受給歴よりも、よほど問題です。この問題に心当たりがある場合、たとえ今すぐ正社員になっても、アイフルをすぐには使えないことが多いです。

生活保護者や年金受給者は、この条件に当てはまっていないか、最後にご確認ください。

生活保護者・年金受給者は特に注意したい理由

なぜ、生活保護者や年金受給者は、この問題に注意した方がいいのでしょうか?

  • アイフル審査でのNG度合いが大きい問題
  • 就職した後でこの問題が発覚すると効率が悪い

先ほどもご紹介した通り、生活保護者や年金受給者は、アイフルで借りるためには就職が必要です。口で言うのは簡単ですが、仕事を一から始めるのって、エネルギーが要りますよね。

ようやく就職し、働いて稼いだ収入が安定してきたところでアイフルの審査を受けたところ、「過去の借金トラブルが原因で借りれない」なんてことになったら…?あまりにもムダが大きすぎますよね。

過去の借金トラブルさえなければ、生活保護者でも年金受給者でも、就職するだけでアイフルを使える見込みは高いです。ただし、借金トラブルがあるときだけは、話は別。

5年、下手をすれば10年以上前のトラブルが原因で、アイフルを使えなくなることがあるわけですから、要注意。本当に心当たりはないか、アイフル利用に向けて、就職する前に一度、簡単に振り返ってみることをオススメします。

【参考ページはこちら】
アイフルを利用できる職業とは?

新着記事
ページトップへ