> > 特徴を押えお得な活用を!銀行ATM利用のアイフルからの借入れ

特徴を押えお得な活用を!銀行ATM利用のアイフルからの借入れ

カードローンを利用している人は何らかの方法で融資を受けるわけですが、どのような方法を利用していますか。

最近ではインターネットが発達した事で、インターネット経由で自分の口座に振り込んでもらう振り込み依頼が増加傾向にあります。

しかし借り入れをしようという場合、何と言っても多い方法というのはまだまだATMを利用したものと言って良いでしょう。

実はアイフルは独立系の消費者金融のため、利用できるATMが限られているのではないかと危惧して利用を躊躇する人がいます。

そのあたりの真偽を探るため、アイフルのATM事情と使い勝手について、調べてみることにしましょう。

アイフルは独立系!利用できるATMを探すのは心配無いの?

ATMが見つからなくてカードローンの利用ができないなんて簡単に利用できるはずのカードローンの意味がありませんよね。

しかしATMの数が少なかったとすれば利用できるATMを探し回らなければなりませんからそれも冗談ではなくなります。

以前はもともとそれほどATM網が発達していませんでしたから、近隣の業者を選ぶのが普通でしたが、現在は違います。

業者を選ぶ段階からATMはすぐに探せるものと言う前提があり、実際に利用できるようになっているのが普通です。

現在は振込利用が増えている

利用形態から考えれば、現在ではインターネットの発達で通信販売の利用者が増えたことで、必ずしも現金が必要なくなりました。

この根底にはスマホの普及で誰でもインターネットが使いやすくなったことがあります。現金の出番が減ってきたという事です。

このような理由っでカードローンを取り巻く様相も様変わりしATMの利用から振り込みでの利用に利用者がシフトしつつあります。

このまま進めば、いつかATMでの利用シーンが少なくなってカードローンと言う名前自体がおかしいものになるのかもしれません。

しかしそうはいっても、まだまだこの傾向は過渡期にあってATMの利用者のほうが数としては圧倒的に多いと言って良い段階です。

主流の利用方法はまだまだATM

したがって現在振込依頼が増えているとはいっても、カードローンの利用方法の主流はATMとの認識は業者にも浸透しています。

このためカードローンの使い勝手はこのATMがすぐ見つかるかどうかが大きく関係しているといってよいでしょう。

ATMと言えば一般的な認識で言えば銀行に設置されている物を思い浮かべるますし、それ以外はないと思っているかもしれません。

しかし消費者金融を利用した事がある人は知っていると思いますが、消費者金融独自のATMという物も店舗等に設置されています。

カードローンで利用できるATMの基本はこのカードローンを提供している金融機関のATMという事になります。

しかし勿論それだけでは手薄になる地域が出てきますので、金融機関はそれに対応するため提携を結んでこれをカバーしています。

消費者金融のATMは数が少ない

ここまでの話を踏まえて、これまで消費者金融というものを利用したことがない人に思い出してみてほしいことがあります。

まず銀行のATMを思い浮かべてください。誰でもキャッシュカードは使うのですぐに多数のATMを思い出す事ができるでしょう。

しかしこれを消費者金融のATMに質問を変えたら、まずほとんどの人は思い浮かべることはできないと思います。

このように消費者金融のATMはアイフルだけではなくどこの場合でもまず知りません。数がそれだけ少ないという事です。

このことは何を意味しているかというと、もし消費者金融が自前のATMしか利用できなければ大変不便だという事です。

現在では銀行がカードローンに参入しているため、このままではATMの数で使い勝手が決まり太刀打ちできなくなってしまいます。

多くの大手消費者金融は親会社の銀行等のATMが利用できる

ここで現在の消費者金融業界の状況を見てみます。カードローンを提供している大手消費者金融は軒並み銀行の系列子会社なのです。

したがってこれらの消費者金融のカードローンでは親会社の銀行のATMが提携ATMとして利用する事ができる様になっています。

これらの親会社の銀行というのは大手の有名銀行ですから、全国規模のATM網を持ち、都市部では探すのに困ることは有りません。

都市部で駅前などに降り立ってみれば、銀行の支店がそこらじゅうで目につきますので、考えてみればすごいネットワークですね。

銀行のほうも子会社である消費者金融に、個人の信用保証業務を委託しているので、両社はうまく提携関係を作っていると言えます。

今後も様々な面で提携は進んでいくと考えられますので、さらに便利な利用方法も提供されるようになるかもしれませんね。

アイフルは現在の大手消費者金融では少ない独立系

ところがここで紹介しているアイフルという消費者金融は大手消費者金融にしては大変珍しく銀行の系列子会社にはなっていません。(こちらもご参考に→アイフルと銀行カードローンの違いとは?

そもそも消費者金融が銀行の傘下に入ったのは貸金業法の改正で商売に行き詰ったものを銀行が救済したものです。

アイフルはこの救済を受けず独立を保ったという経緯があります。このため現在アイフルには親会社の銀行というものがありません。

こういう理由で他の消費者金融とは違って親会社の銀行のATMが利用できないため、ATMの面で不安を抱く人がいるのです。

確かにもしアイフルだけのATMしか利用できなければ、はっきり言って使い勝手は極めて悪いと言わざるを得ません。

こういう状況なら、誰でも利用を躊躇せざるを得ませんね。消費者金融のほうもすぐに経営に行き詰ってしまいそうです。

独立系の場合ATMの利用環境に不安はないのか

このような理由があるため、これだけを知れば誰でも独立系の消費者金融のATMの利用環境に不安を抱くのは致し方ありません。

独立して頑張っているアイフルを応援しようと思っても、ちょっと心配になって申込みを見合わせた人もいるかもしれませんね。

以前であればインターネットの利用者も少なく、近隣にATMが有るところがすなわち消費者金融の利用範囲でした。

しかし今はこれでは事業展開はできません。消費者金融のほうも独立系かどうかは関係なく利用環境の整備は至上命題です。

このままの状態という事になると他の大手消費者金融が親会社の銀行のATMを利用できたのでは勝負になりません。

アイフルもそういった状況が予想できた時点から周到に計画を作り、これに対応できる環境を整えてきていたのです。

提携銀行はたくさんある!利用できるATMの機能に要注意

ここまでの話だけを見るとアイフルの使い勝手に不安を抱く人も多いと思いますが、金融機関の提携は親子関係だけではありません。

例えば銀行のATMを考えてみてください。別に系列にはいっていなかったとしても、相互にATMが利用できているはずです。

銀行間でこういった関係ができている以上、この関係が銀行と消費者金融でも実現できたとしても全くおかしな話ではありません。

こういった関係を構築すれば系列であろうとなかろうとATMの使い勝手の問題は解消でき、他の消費者金融にも対抗できます。

アイフルにも提携している銀行は多数ある

アイフルは確かに独立系ではありますが、アイフルもこういった提携関係にある銀行はたくさんありATMが利用できます。

これらの銀行の支店は全国に散らばっており、どこに行ってもアイフルを利用できるATMを見つけることができるのです。

これらの提携関係にある金融機関をまとめます。

金融機関名 引き出し 返済
三菱東京UFJ銀行
イオン銀行
セブン銀行
西日本シティ銀行
親和銀行
福岡銀行 不可
熊本銀行 不可
E.net
ファミリーマートFamiポート 不可
ローソンATM
ローソンLoppi 不可

様々な銀行が入っていますが、メガバンクと言われる三菱東京UFJ銀行が入っているので、全国で利用できるのが分ります。

地方銀行も入っているのでその地方ではきめ細かい支店網にあるATMが利用できるようになっていて便利です。

アイフルの利用を考えているのであれば、まずは自分の周囲にある銀行をチェックしてみてはいかがでしょうか。

ATMの数から考えても他の消費者金融と遜色なし

これらを踏まえて考えれば利用できるATMの数からいって、他の大手消費者金融との利用環境の比較でも遜色はまずありません。

したがって他の銀行や消費者金融が展開しているカードローンと全く同じような利用ができると考えて間違いありません。

ですからこれまで利用可能なATMの数を心配してアイフルの申込みができなかった人はこの点では安心して申し込む事ができます。

検討しておかなければいけないのは利用者個別の利用環境という事になります。その点はどの業者であっても確認が必要です。

いくら全国で大丈夫とは言ってもどこのカードローンでも地域的にはATMの設置台数にむらがあって少ない場所も出てきます。

アイフルの場合でも十分ATM網はできているとはいえ、利用者の環境によってはたまたま利用しにくい場所というものは有ります。

提携先ATMでは利用できる機能が限られる場合がある

また提携先ATMというものは利用上注意しなければならない点が存在します。これらの点を予め確認しなければなりません。

その注意しなければならないというのは提携先のATMで提供される機能的な問題で、利用上大変重要な事項になります。

ATM利用では引き出しと返済が必要です。表からも分かるように提携先によってはこの提供される機能が限られてしまうのです。

したがって自分が利用しようとしているATMで自分の利用したい機能が使えるのかどうかについて確認しておく必要があります。

たとえば近くに提携ATMがあるから大丈夫と思っていても、実は返済専用で借り入れができなければ意味がありません。

また利用時期についても金融機関の都合上、利用できない時期もあるので利用中もよく店頭などの告知を確認する必要があります。

返済には対応していても借り入れができないこともある

これらの提携ATMはそれぞれ表に示したような機能が提供されています。多くは借り入れも返済もできて提携と言えども便利です。

ただし、説明したようにすべての提携先ATMが借り入れと返済の両方の機能を備えているわけではありません。

問題なのは片方の機能しか備えていない場合です、利用者によって違いますが借り入れだけができるものはまだよいでしょう。

問題になりそうなのは借り入れができなくて返済しかできない提携ATMというものがあるという事ではないでしょうか。

例えば地方に行ったときに折角利用できるATMがあると思って飛び込んだとしても借り入れできないということです。

今後こういったことが解消に向かうのか、このままなのかはアイフル次第と言えそうですが、利用には十分注意が必要です。

提携銀行のATMを利用する場合には利用可能機能を確認しよう

そこでアイフルにかぎらずカードローンを利用する時には、提携銀行のATMを利用する場合予め機能を確認しておきましょう。

もちろん先ほど示したような表を全部覚えるのは大変ですから、実際には主な利用可能銀行を覚えておくとよいでしょう。

また提携関係というのは時間経過とともに徐々に大きくなっていくものであるという事も頭の隅に覚えておきましょう。

そして別に定期的に行う必要はありませんが、年に一度は提携先を再確認するようにしておきましょう。変化があるかもしれません。

知らない間にもっと便利な提携ATMが出現しているかもしれませんし、利用できる機能も変わっている可能性もあります。

自分が利用する上で便利になるようなことは見逃す手はありません。時々は確認して便利に利用しましょう。

自分の行動範囲を確認してアイフルの利用を判断しよう

そこでアイフルを利用する際も、まずは自分の行動範囲を見まわしてみましょう。通勤経路なども忘れないようにしてください。

その範囲内に借り入れできるATMと返済できるATMが実際に存在しているのかどうかを確認してみてください。

自分の行動範囲内には見つけることができず、利用するには寄り道が必要という場合にはお勧めはできません。

利用開始時には寄り道も苦になりませんが、そのうちにだんだん面倒になってきて、結局利用しなくなってしまう場合があります。

このATMの件のほかにもカードローンへの要求事項はいろいろと有るものです。その要求についても調べてみましょう。

もっとも自分の要求を満たすカードローンというのが自分にとって使い勝手の良いカードローンという事ができます。

銀行が見つからなくても大丈夫!コンビニATMも利用可能

表を見ればわかる通り最近では金融機関といっても実に多様化してきており提携先も銀行だけとは限らずコンビニもあります。

よく考えてみれば数から考えても現在でも便利に思えるのは銀行というよりもコンビニの方に軍配が上がるのではないかと思えます。

もちろん表からわかるようにアイフルにも提携先にコンビニATMがあり、多くのコンビニで利用できるようになっています。

ただしコンビニATMも銀行のATMと同じように機能についての問題があるのでその点については注意しなければなりません。

提携銀行が無くてもコンビニがあれば利用は可能

田舎に行くと分るかもしれませんが大手銀行といってもそこらじゅうに支店があるわけではなく、銀行を探すこと自体が面倒です。

しかし、これに対してコンビニというのはかなりの田舎に行っても探すことができるまで店舗網が充実しています。

したがっていまや提携関係が進んでコンビニさえあれば提携ATMが利用できる環境になっていますからアイフルの利用は可能です。

自分は田舎暮らしてカードローンを申し込んだところで利用する場所がないといって諦めていた人も考えを改めましょう。

まずは自分の身の回りの生活環境をみてみましょう。いつも便利に買い物に利用しているようなコンビニはないでしょうか。

地方であれば自動車での行動という事になりますから、かなり広い範囲で探すことができるので大概コンビニは見つかるはずです。

コンビニATMも機能的には十分

よく聞く話ですが、こういうコンビニATMは金融機関とは言えないから機能が限定的なんだろうと考えている人がいます。

しかし今はコンビニは新しいタイプの金融機関と言ってもよいほど進んでいて、決して侮れないものになっているのです。

現に最近のコンビニATMの機能は銀行のATMに比べても何ら劣る所はありません。考え方によっては進んでいる部分もあります。

たとえば昔のコンビニATMしか知らない人は、コンビニATMでは一万円単位の取引しかできないと思っている人もいます。

確かにかつてはそういう場合もありましたが、現在ではほとんどの取引で千円単位の取引が可能になってきているのです。

したがって現在のコンビニは従来のコンビニ+金融機関という様相を呈しており、決して侮ってはいけないのです。

自分の近くのコンビニで利用可能かどうか調べてみよう

そこでまずは自分の近くのコンビニでアイフルが利用できるのかどうか調べてみましょう。表からはどこでも利用できそうです。

しかしそう楽観することはできません。地方の場合には地域限定のコンビニもある場合があるので利用できるとは限りません。

このような地域限定のコンビニの場合にはアイフルなどカードローンと提携していない場合も珍しいことではありません。

まずは先ほどの表を基にして確認してみましょう。表にないようなコンビニの場合には実際に行ってみて確認してください。

アイフルが近くに無い場合の利用手順

ではアイフルが近くになく、コンビニ主体にアイフルを利用する場合の具体的な利用手順について纏めておきましょう。

まずアイフルを利用するには申込みを行わなければなりません。しかし心配はいりません現在では店舗に行かなくても申込めます。

電話や郵送でも可能ですが、やはりパソコンや携帯、スマホからインターネット経由で申込みが行えるようになっています。

申込みさえ済めばコンビニのATMを利用してキャッシュカード感覚で借り入れや返済が行えるようになります。

アイフルの会員管理はインターネット上から可能になっていますから連絡なども店舗がなかったとしても何も問題はありません。

このように、利用しようと思えばアイフルの店舗の有無に関係なく、都市部にいる人と同じように利用することができます。

コンビニ利用は使い過ぎに注意

ただしコンビニでアイフルなどカードローンを利用するには大きな落とし穴が有ることだけは知っておかなければなりません。

察しの良い人は分かっていると思いますが、コンビニというのは買い物をするところで、日々新しい商品を開発しています。

そのコンビニ内にお金を借りることができる機械があったらどうなるでしょう。お金がなければ諦めますが借りられるのです。

いつもコンビニで欲しい商品があると思っている人は要注意です。これまで以上に大きな誘惑にさらされることになります。

要するに欲望がある以上、ついつい物欲が抑えられなくなって、借り過ぎてしまう可能性が出てくることは否定できません。

返済のことも考えて、利用する場合には十分自制して使いすぎる事が無いように注意しなければならないことは覚えておきましょう。

いずれのATMを利用する場合も借入れ前に返済計画を立てよう

お金を借りた後には、次に行う必要が有るのは返済です。返済できて初めてカードローンの利用は完結することになります。

もしこの返済が滞ればどうなるのでしょうか。アイフルは不良債権を抱え、利用者は最悪自己破産することになってしまいます。

自己破産したら、債務は帳消しにできますが、その後長期間ブラックという烙印を押され、お金を借りることはできません。

そこでそういう事態を避けるためにはどうすれば良いか考えてみましょう。その方法はそんなに難しいことではありません。

その方法とは借り入れをする前に返済計画というものを立てることです。まず返済期間をアイフルのホームページで計算します。

次にその期間の収入と支出を計算して余裕はどの程度あるのかを見極めます。これが完済まで返済額を上回る計画を立てるのです。

手数料に要注意!借り方を工夫してお得に利用しよう

金融機関はこのように提携先を確保することによって自分が手薄になっている地域でのATM網を確保でき利用者も便利になります。

しかし便利に利用できる反面、注意しなければいけない問題というものがあることをよく知っておく必要があります。

もしこういった問題を理解しないまま利用していると自分ではあまり意識していないうちに思わぬ損失につながってしまいます。

したがって、アイフルはもとよりカードローンを利用する場合には、こういったことも十分に認識しておく必要があります。

提携銀行やコンビニのATM利用には手数料がかかる

その問題というのはどのようなものなのかというとATMを利用する場合の利用手数料です。何だと拍子抜けする人もいそうですね。

もちろん預金の引き出しであっても提携ATMを利用したり時間外に利用したりすると利用手数料がかかりますが、それと同じです。

カードローンでも提携先のATMを利用するわけですから当然ATMの利用手数料が発生し、相手先金融機関に支払われます。

利用者の中には、それは利用したんだから仕方がないじゃないかと考える人もいて、気にしていない人も多いようです。

しかしこの利用手数料を気にしている人もいて、なるべく提携ATMは利用しないようにしているという人もいます。

しかし消費者金融の場合提携先ATMを利用できなければ使い勝手はかなり悪くなってしまう事は間違いありません。

アイフルを提携ATMで利用する場合の手数料

引き出し、返済の金額 手数料
1万円以内 108円
1万円超 216円

手数料は微々たるものに見えるが馬鹿にはできない

確かに一回の利用手数料は通常108円であり、ある意味微々たるもので、あまり気にしないという人の話も説得力が出てきます。

しかし実際に計算してみると実は無視してよい金額ではないという事が分かってくるのでやはり考えたほうが良いことが分かります。

実は借り方によってはこのATMの利用手数料が借り入れに伴って支払わなければならない利息の額よりも大きいことがあるのです。

そこでその例を示しておきます。

前提として金利が年利15%、給料日1週間前の金欠状態の時に1万円借りて、給料日に返済することを考えます。

1万円(元本) × 15%(金利) × 7/365(期間) = 29円(利息)

これに対して提携ATMの利用手数料は借り入れと返済の2回掛るため、

108円(1回分) × 2 = 216円

となります。もっとたくさん借りてもまだ手数料のほうが高くなってしまいますね。

カードローンを選ぶときには金利を気にしたりしてなるべく有利なものを探すと思いますが、利息以外の部分で掛ってしまうのです。

しかし特にアイフルのような消費者金融の場合提携ATMの利用は避けては通れないので、その点を考慮しての利用が必要です。

利用方法は利用者ごとに違いますから、この考慮も利用者ごとにもっともお得な方法を考えることが重要になります。

お得に利用するためにはATMの利用回数を少なくする

まずATMの利用手数料を少なくするための有効手段としてはATMの利用回数そのものをなるべく少なくすることです。

たとえば細かい借り入れを何度もするのではなく纏めて一回での借り入で済ませらられれば、その分支払う手数料は少なくできます。

ただし借り入れすればその時点から利息の計算が始まります。利息から考えれば分割して必要になった時に借りたほうがお得です。

したがって借り入れが細かすぎると手数料がかさむことになってしまい、逆に大きすぎると今度は利息がかさむことになります。

そこで考えるポイントとしては利息と手数料の兼ね合いでもっともお得な利用方法を見つけることが必要になるわけです。

緊急でなければ振り込み依頼を利用しよう

利用方法を考えた場合緊急に利用する必要がある時には提携ATMでの利用は必要ですが、緊急でない場合はどうでしょうか。

借り入れを行うのは振り込み依頼でもできることを忘れないようにしましょう。これは連絡するだけで利用できます。

振り込んでもらえば現金で利用したい場合でもいつも利用している自分のキャッシュカードで引き出すことができます。

このような利用をすれば自分の使っている口座が提携関係にない銀行であっても時間内の利用であれば手数料はかかりません。

緊急の場合以外と言いましたが、実は振込みは通常振り込み依頼すればすぐに実行されるのでかなり緊急でも利用できます。

ただし振込にも問題があります。振り込み可能時間には営業時間という制限があるのでその点については注意しなければなりません。

振込とATMを上手に利用することが重要

そこでこれらの利用方法をよく理解しておいて、緊急性と利用時間、そして手数料を十分考慮してお得な方法で利用しましょう。

お金が引き出せればどんな方法でも気にしないという人もいますが、お金の取引というのはなるべく有利なものを選ぶのが鉄則です。

先ほども言いましたが、カードローンを選ぶ際には誰でもいろいろとお得さを追究するのに後はあまり気にしないのが不思議です。

お得になるかどうかというのは、利用前の検討だけでは意味はありません。利用時に対応できてこそお得になるのです。

ATM利用では手数料を研究しよう

アイフルの提携先ATMの利用では融資額が1万円を境にしてATMの利用手数料の金額が倍額に変わる特徴があります。

またホームページの記載によれば利用法によって手数料がかからないこともあるそうです。この点記述があいまいで分かりません。

こういった損得に関わる部分についてははっきりとした記述をして欲しいものですが、分らない部分はアイフルに確認してください。

損得の判断がつかなければ、お得な利用を検討しても無意味な部分も出てくるので、まずは分からない点を解消しましょう。

アイフルを利用するのであればアイフルの仕掛けというものをよく理解して実際の利用方法を検討してください。

検討不足というものは自分の損失につながっているという事をよく理解して、損の無いようにしてほしいと思います。

【参考ページはこちら】
コンビニATMなら夜間でもアイフル使える?

新着記事
ページトップへ