> > 審査に通るには基本が大事!アイフルで役立つ審査テクニック

審査に通るには基本が大事!アイフルで役立つ審査テクニック

カードローンとはいえ基本は大事です。また審査の基本と言っても、どれから対応すればよいのか?と疑問を抱えている人も多かったりします。

なので、最初はなるべく簡単な自己チェックから始めましょう。このようなチェックをしておくだけでも、カードローン審査時の印象が良くなります。
(⇒アイフルのカードローン審査基準とは?

アイフルの場合、人柄についてもチェックしているので、このような対応が欠かせません。それに自己チェックを済ませていると、審査そのものが素早く終了するという魅力まであります。

借入において問題がないか必ずチェックされる

審査の前に行える自己チェックについてですが、借入状況と呼ばれているものをチェックしましょう。

借入状況とは、例えば借入が多すぎないか?というチェックのことです。現代のカードローンは総量規制があるため、このような自己チェックを怠っていると、カードローン審査が正常に行われないということもありえます。

総量規制についてですが、簡単に重要な部分をまとめてみました。これから自己チェックを行う予定の方は、最低限の知識として総量規制のチェックポイントを学んでおきましょう。

総量規制とは、2010年以降からサラリーマン金融でも良く施工されるようになった規制です。

今までは、「業者側で借入額の設定を行えていた」のですが、現代のカードローンでは規制の影響で、「年収の3分の1」までで借入の制限がかかるようになったのです。

そのため、「50万円以上の借入であっても難しい」ケースが目立つようになっています。

また、銀行であれば総量規制対象外のため、総量規制そのものがかかっていません。ですが、総量規制対象外であっても、極端に借入が大きくなる・・・わけでもないのです。

結局のところ、インターネットの情報を使って「審査が甘い業者」を探さないといけません。その審査が甘い業者で有名なサラリーマン金融が、現代ではアイフルなどの大手サラリーマン金融なのです。

アイフルであれば、「年収相応」の借入に対応してくれます。なので、下記のような自己チェックは面倒臭がらずに、対応しておいたほうが良いでしょう。

  • ローンの借入件数をチェックする
  • ローンの借入金額をチェックする
  • 最近になって借入件数が増えていないかチェックする

アイフルの審査通るには、上記の自己チェックを行っておく必要があります。

特に重要なのは、最近になって借入件数が増えていない状況です。現代では、業者側も審査前に「借入件数」をチェックしているので、自己チェックが必要となっています。

もし、借入が最近になって増えているようであれば、アイフルやアイフル以外のサラリーマン金融で審査に通らないでしょう。

借入が急激に増えた場合、「返済能力を顧みない契約者」として判断されるからです。サラリーマン金融は審査が甘いのですが、その代わり判断力が乏しい人をあまり審査で通しません。

その最たる例が、返済が曖昧な状況で借入が増えている相手です。さすがに、問題の多そうな相手という印象では、サラリーマン金融でもカードローン審査に通らないのです。

過去の情報についてもチェックされるので注意!

先ほどのカードローンの件数・金額のチェックですが、カードローン業者では「過去の情報」も調べるという特徴があります。

なので、最近になって収入が増えた場合でも、アイフルの審査通るには自己チェックが欠かせないのです。

例えば、「自動車購入、マンション・アパートの契約」などをチェックしてみてください。

これらも借入と同じで、ローン返済の一部として判断されます。最近になって収入が増えた場合、このような契約についても増えてしまう人は多いです。

そして、返済などが月収の計算上では余裕が無い場合、自己チェックの結果として「借入が難しい状況」と判断しましょう。

下記のように、銀行やサラリーマン金融で明確な借入に対する規制も存在します。なので、自己チェックが甘いと複数の業者で審査を受けても、審査に何故か通らないという結果になりやすいのです。

  • 銀行は借入件数3件から借入が厳しくなりやすい
  • サラ金(※)は借入件数4件から借入が厳しくなりやすい
  • 金融業者は借入金額が多い場合に審査が厳しくなりやすい

※サラ金とはサラリーマン金融の略称です

アイフルの審査通るには、上記について厳しい自己チェックが必要です。ただ、「新規でカードローン審査を受ける人」の場合、借金がほとんどありませんので特にチェックする必要もありません。

後、借入金額に対しての基準ですが、「100万円以上の借入」があると審査時間が延びやすいです。もし、105万円という微妙な借入がある場合、完済できるものを完済するのも大事です。

100万円未満で借りている状況になるだけでなく、「返済を明確に意識している相手」ということで心象が良くなるためです。小さな借金も借入件数の上では1件なので注意してください。

借入希望額が大きい場合も審査に通らない

何度アイフルなどで審査を受けても、カードローン審査に受からない人がいます。

しかし、カードローン審査において借入希望額が大きいだけで、審査に受からない人もいるので注意が必要です。借入希望額は自分の好きな金額を設定できますが、なるべく遠慮して設定したほうが良かったりします。

このような対応についてですが、「業者側は一切ヒントを与えてくれません」ので、契約者は自分で気をつけないといけないのです。

また、どのような借入希望額であればカードローン審査で受かりやすいのか?・・・というと、以下のようなコツがありますので、下記をなるべく参考にしてください。

  • パートやアルバイトで勤務されている場合は10万円前後
  • 派遣社員で勤務されている場合は30万円前後
  • 正社員で勤務されている場合は50万円前後

これはアイフルだけでなく、「銀行であっても同じ」であったりします。

銀行カードローンも審査はそれほど優しくありません。なので、審査などの案内では語られていませんが、なるべく「職業の状態」によって詳細の判断が必要です。

後、銀行の場合は「1年以上の勤務」など、勤続年数についてもチェックされます。なるべく審査を楽なものにしたい場合は、あまり借入希望額を大きくしないほうが審査に通りやすいのです。

銀行ではなく、アイフルの審査通るには「勤続年数にこだわらない」でも問題ありません。というのも、アイフルの場合は2・3ヶ月ほどの勤務実績が見られれば問題ないからです。

パートやアルバイトでも、サラリーマン金融であれば借りやすい・・・と言われていますが、このような審査の基準があるので、段々と評価されてきている状況です。

今までカードローンを持ったことがないという人は、なるべくアイフルのような大手サラリーマン金融を使ったほうが良いでしょう。

現在の借入額は借りる前に計算しておいたほうが良い

総量規制の件で案内しましたが、なるべく借入は「年収を意識して設定」したほうが良いです。

借入希望額の場合、年収の3分の1以上で設定しないでおいたほうが審査では通りやすいでしょう。

また、どうしてサラリーマン金融でも、年収の3分の1以上で貸してくれないのか?というと、それは「ペナルティ」が存在するからです。

総量規制は、借りる側(カードローン契約者)だけでなく、貸す側(カードローン運営側)にも規制が存在するのです。そのため、貸しすぎないように調整がかけられていたりします。

後、借入額についてですが計算を先に済ませておいたほうが良いです。

例えば、「サラリーマン金融A、Bから50万円借りていた」とします。ですが、実際は「すでにBの分は返済済み」という人が多くいます。

カードローンを利用していると、毎月返済を行う形で継続利用されている人が多いので、自身が完済しているかチェックしている人は少ないのです。

このように、一部の業者で返済が完済となっている場合、「契約の解除」を行ってみるのも賢い手段です。

カードローンは、契約後の返済を終えた後であれば、契約者本人の意思でカード返却が行えます。

良くカードローン契約の解除のために、カードを返却する必要があると言われています。これは銀行やサラリーマン金融で同じなので、継続利用の意思がないのであれば、必ず返却しておくようにしましょう。

このような対応を行っていると、カードローンの利用件数が「1件減る」ため、新規カードローン審査で通りやすくなります。

アイフルの審査通る場合でも同じです。やはり、完済してくれる相手で、正確なカードローン契約の解除を行ってくれるのであれば、アイフルの審査通る際には楽になりやすいのです。

しかし、人によってはカードローンの利用状況をチェックしていなかったりします。このような些細な対応で、カードローン利用上の評価は大きく違ってくるのです。

過去に金融トラブルを起こしていると通らない

前述までは、アイフルの審査通るにはどのような対応が存在するのか?について、テクニックとして有名なものを案内しました。

ですがアイフルの審査通るために、有効なテクニックを駆使していても通らない人も存在するので、その点は先に理解しておいたほうが良いでしょう。

具体的なケースでは、下記のような状況にある人物が該当します。

  • 契約後の返済で何度も遅延している
  • 過去のカードローン契約において踏み倒しを行っている
  • 態度が粗暴であるためコミュニケーション能力が低い相手と評価されている

アイフルの審査通るには、上記のような対応についても理解が必要なのです。

簡単な対応に感じますが、人によっては何気ない対応で「返済リスク」を背負っている人もいます。

例えば、「携帯電話料金の遅延」が該当します。カードローン絡みの評価というのは、契約後の返済に該当するもの全てが該当するので注意してください。

近年では、クレジットカードを所持している人も増えているため、意外なところで悪い評価を付けられてしまう人もいます。なるべく、返済に関しては遅延しないほうが良いのです。

補足となりますが、遅延や踏み倒しでは借りられない期間に差があります。

遅延の場合、遅延後の返済が確認できた際には、早い段階で元の状態に戻ります。そのため、1ヶ月程度で新規カードローン契約ができている人も多いのです。

しかし、踏み倒しをされている場合は「半永久的に利用できない」ケースが多いです。これはアイフルでもそうですが、契約者の扱いを「ブラック」とするためです。

ブラック扱いになると、情報が運営会社の倒産まで残ってしまうため、半永久的に新規カードローンが組めなくなるのです。ただ、他の業者では通常通り利用できることもあります。

ちょっとした問題は丁寧に解決しておくことが大事

カードローン利用の基本ですが、利用上の問題はなるべく早い段階で解決するように工夫したほうが良いです。

例えば、以下のような問題が発生しそうになった際は、早い段階で業者のスタッフに連絡しておくようにしましょう。

  • 返済で遅延しそうな場合は先に連絡を入れておく
  • 返済が約定日までに行えない場合も先に連絡を入れておく
  • 他のカードローン(金融商品)に切り替えたい場合は相談しておく
  • 個人ではなく家族でカードローン契約したい場合も相談しておく
  • 特殊な目的で利用する場合も相談しておいたほうが良い

何度か案内しましたが、アイフルの審査は甘いので審査で通るのは難しくありません。

ですが、「通常のカードローンとは別の利用方法を検討している」場合、まったく相談がないとカードローン審査で無駄な時間がかかってしまうのです。

なので、なるべく早い段階で相談しておいたほうが良いでしょう。

後、返済の「遅延・来月に見送る」というのは似ているようで別物です。遅延であれば問題ないのですが、来月に見送る場合はアイフルと相談しておいたほうが良いでしょう。

というのも、業者によっては無連絡であった場合、必ず返済するように命じてくることが多いからです。相談しておくだけで、業者との関係が柔和なままというケースは多かったりします。

意外と知られていないキャッシング枠のマナー

カードローンは、「キャッシング枠(借入限度額)」が設定されるので、利用の上限が常に決まっている状況で利用できます。

ですがキャッシング枠というのは、何度も返済して利用するというのが正しいわけではない点を覚えておいたほうが良いです。

業者としては、「安定して利用してくれることを期待」しています。

なので、下記のような利用が目立つ場合、あまり良い評価が行えないカードローン契約となってしまうのです。

  • 毎月高額の引き出しを行っているが返済が安定していない
  • 契約後すぐに全額を引き出している
  • 長い利用があるわけでもない相手が増額依頼を何度も行っている

上記のような利用をされていると、「返済が不安定になりやすい」ため印象が悪くなりやすいです。

逆に、50万円の借入限度額が設定された際に、毎月数万円程度で利用されていると、返済能力が高い相手と評価されやすいのです。これは借入において有効的なテクニックです。

アイフルは、「良く増額してくれるサラリーマン金融」としても人気が高いです。

そのため少しでもアイフルから高評価をいただきたい場合は、少額で利用して素早く返済したほうが賢いのです。他のサラリーマン金融でも有効的なテクニックなので、なるべく覚えておいたほうが良いでしょう。

後、下記のような返済方法についても理解しておいたほうが良いです。

  • 大きく借りる際はボーナス払いや随時返済を嫌がらないようにする
  • 安易にリボ払い・分割払いに頼らない
  • 他のサラリーマン金融から借りて返済するのは印象の上で良くない

アイフルを使い続けていく場合、将来的にさらに高額のカードローン契約を組む人はいます。

ですが、返済が上手くいっていないと評価されるようでは、将来的に増額依頼を出しても却下になる可能性は高いです。やはり、早い段階で「返済を安定させる」ことが重要となります。

借入で他にも重要とされているテクニックがあります。

それは、「銀行やサラリーマン金融」でカードローンを検討している場合、なるべく先に審査申込するのは銀行のほうが良いというテクニックです。

銀行はすでにサラリーマン金融の利用が見られる場合、「審査を厳しくする」という特徴があります。

どっちが先でも、借りることそのものに変わりはありません。ですが、再三で連絡しているとおり「審査には印象もある」ので、銀行やサラリーマン金融に違いがあると、先に理解しておいたほうが良いのです。

キャッシング枠をアイフルでまとめるのもテクニック

おまとめカードローンというのは、サラリーマン金融でも販売されている金融商品です。

そのため、おまとめカードローンを利用すると、通常より借入が大きくなることが多いという特徴もあるのです。

サラリーマン金融のクチコミの中には、「自分でも50万円以上でカードローン審査に通った」というクチコミがあります。ですが、正確にはおまとめで審査を受けたので通常より高いだけです。

また、複数のサラリーマン金融を利用している場合、クチコミでは「まとめたほうが良い」という意見が目立ちます。ですが、実際に金利で比較してみるとまとめてしまったほうがお得なのです。

例えば、50万円の借入がカードローン3件で発生していたとします。その場合の金利は18.0%で設定されることが多いです。

しかし、おまとめカードローンの場合は、同額の借入であっても「金利が0.5%以上で低くなる」場合が多いです。人によっては他の人より信用されることもあります。

すると、「2.0%前後で金利が低くなる」こともあるので、返済の利息はかなり違ったものになりやすいのです。

50万円を18.0%で利用していると、年間の利息計算では9万円という計算結果が出ます。しかし、16.0%で利用していると8万円になるため、「1万円も利息が減る」のです。

しかも、返済用の口座まで1つのカードローンでまとめられますので、時間や返済リスクなども減った状態で対応できるのです。

可能であれば属性スコアリングも確認しておく!

最後に、アイフルの審査通るには必要と言われている、属性スコアリングについて案内させていただきます。

属性スコアリングとは、カードローン申込者の個人情報をカテゴライズした上で評価することです。

属性スコアリングは「高いほどに審査通りやすくなる」という特徴があります。ただ、あまり知られていないようで、簡単な自己チェックのみしている人が多い状況でもあるのです。

属性について知っておくと有利になるものも、実はそれほど多くありません。

全部で5種の属性を知っておくだけでも有利になる場合が多いでしょう。カードローン審査で安定して通りたい人は、良ければ下の表を参考にしてカードローン審査を受けてください。

属性名 評価:高い 評価:普通 評価:低い
年齢 20代 30代 40代以上
年収 500万円以上 200万円以上 200万円未満
職種 公務員
大手企業勤め
中小企業勤め その他
健康保険の種類 共済保険(公務員) 組合保険(大手企業) その他の健康保険
住居形態 持家 借家 賃貸(マンション、アパート)

【参考ページはこちら】
アイフルの審査が厳しいっていうのは嘘?

新着記事
ページトップへ