> > 増額の審査も甘い!?女性がアイフルを支持している理由を公開!

増額の審査も甘い!?女性がアイフルを支持している理由を公開!

カードローンというのは、あまり貸してもらえないイメージが強いです。そのため、男性であれば進んで借りるのですが、女性は積極的に審査を受けていない場合が多い。

では、女性だとカードローン審査で通るのが難しいのか?、というとそうでもありません。というのも、近年では増額の審査などで魅力的なサラリーマン金融が多いからです。

その中で注目を集めているのがアイフル。アイフルは女性向けの対応も可能なため、これからの借入であれば良い助けとなるサラリーマン金融です。

女性でも借りられるのがアイフルの魅力

アイフルは女性から支持されているサラリーマン金融として、昔から有名という特徴があります。

なぜ、男性ではなく女性から支持されているのか?というと、それは女性でも通るカードローンだからです。カードローンは平等に審査されているイメージがありますが、実は昔も今も、あまり女性では審査に通りません。

このことについても、最近になって知られるようになりました。

今では一般の人が掲示板や、クチコミサイトを使って自分の意見を世間に伝えることができます。現在では業者選びで利用されているほど、その人気も高まっている状態です。

特に女性の場合は、クチコミサイトを前提として業者選びされています。そこで多くの女性は、自分にとって使いやすいサラリーマン金融を見つけるわけです。

そんなクチコミの数で圧倒的に支持(良い評価)が多いのがアイフル。アイフルは、昔から「審査が甘い」ことで有名でしたが、近年になって増額の審査なども甘いことが知られるようになったのです。

現代では、賃金業法の改定により年収の3分の1で借入が制限されます。

男性であれば年収が高いので、それほど悪影響はないのですが、女性の場合はかなり影響を受けてしまう場合が多いようです。例えば、パートなどで収入を得ている女性が該当します。

ただ、増額の審査が甘い業者では、「継続的に利用している」だけでも、段々と借入限度額が上がっていきます。このような背景があるため、女性はアイフルを支持しているという考え方も存在します。

昔は女性というだけで借りづらかった

銀行やサラリーマン金融の広告を見ていると、女性にオススメのカードローン!といった広告を見つけることがあります。

しかし、良く考えてみると「なにが女性にオススメなんだろう?」と思ってしまう点があります。実際にオススメのカードローンという割には、特に目立ってメリットが存在するようにも思えません。

このような女性向けとされているカードローンは、何も「優遇されている点で違う」というわけではないのです。そうではなく、カードローンそのものの審査に違いが存在します。

女性向けカードローンは、女性に対して審査基準を変えているものが多いです。

男女ともに利用できるカードローンでは、「年収がベース」になっているケースが多いです。しかし、女性向けの場合は「返済能力(返済計画)がベース」となっているのです。

アイフルカードローンでも、現在までの収入が安定している人であれば、女性でも審査で通りやすい一面があるのです。

そのため、女性向けと言われているのですが、他の理由でも女性向けと言われていることはあります。

例えば、「過去との対比で女性向けと言っている」こともあるのです。

現代のカードローンは、昔に比べてあまり「年収を意識しない」ようになってきています。そのため、「女性でもチャンスがある」カードローンが増えているのです。

このことを女性向け・・・と言っていることもあるため、特にサービス面で男女向けのものと大きな違いがある・・・とは限らないのです。

アイフルカードローンでもそうですが、なるべく利用前にフリーダイヤルで相談をしておいたほうが、利用前の対応としては賢明でしょう。

アイフルには女性用のカードローンが存在する

先ほども案内しましたが、アイフルカードローンには女性向けカードローンが存在します。

他のサラリーマン金融でも似たような商品が出ているのですが、一般的な通称はレディースカードローンという通称です。女性向けのカードローンとなっているので、女性が利用する前提で審査基準などが定まっています。

主に以下のような女性であっても、女性向けのカードローンは利用可能です。

  • 女性専門の職業で収入を得ている女性
  • ナイトワークで収入を得ている女性
  • 土地に限定した職業で女性向けとされている職業で働いている女性

増額の審査でも、同じような審査基準で対応してくれます。

上記について分かりやすく説明すると、以下のような点で通常のカードローンとは違いが存在します。

職業 一般向け 女性向け
水商売 審査で通る可能性は低い 審査対象なので審査可能
主婦 審査で通るかは不安定 審査で通る可能性は十二分にある
専業主婦 条件付きで審査可能 無条件で審査を行っている
ナイトワーク 審査可ではあるが審査で通りづらい 審査で通りやすい

上の表は、増額の審査でも同じような扱いとなっています。簡単にまとめてしまうと、一般のカードローンは「女性の職業に対して明るいわけではない」のです。

そのため、実際にカードローン審査を受けても審査落ちする女性は多いです。カードローン審査で時間を無駄に使いたくないのであれば、女性はレディースカードローンを使ったほうが良いでしょう。

紛らわしいカードローンもあるので注意!

先ほどのレディースカードローンについてですが、紛らわしいカードローンも存在するので注意してください。

そのカードローンは、目的別カードローンと言われているローンの一種です。

なぜ紛らわしいのか?というと、目的別カードローンには「女性向け」が存在するからです。レディースカードローンと同じ?と思ってしまいますが、まったくの別物なので注意してください。

目的別ローンは、「目的を前提として貸付を行っている」だけです。

なので、目的とは別の利用方法が見られると、「カードローンが利用停止」となってしまいます。そのため、自由に使えるレディースカードローンとは別物なのです。

レディースカードローンの場合、目的(お使いみち)に関しては「自由」です。

なので、生活費に一部をあてて、残りは趣味に使ってしまっても問題ありません。女性向けというカードローンが2種類あった場合、片方は目的別ローンだと思ったほうが良いでしょう。

後、レディースカードローンには以下のようなメリットも存在します。

  • 専業主婦でも持てるカードローン
  • 同性のスタッフが相談の対応などをしてくれる
  • 女性向けのサービスが豊富

女性向けのサービスが豊富についてですが、わかりやすい例では増額の審査がスピーディーという点で豊富です。

通常のカードローンは、「半年間~1年間」をかけて増額の審査に関する判定を行っています。つまり、早い人でも半年間は待たないといけないのです。

しかし、レディースカードローンであれば、「少額の増額が多い」代わりに細かい審査対応を行ってくれます。

例えば、1ヶ月間ほど使って借入限度額を10万円から20万円にしたい場合であっても、アイフルの方で良く相談に乗ってくれるのです。このサービスは、他では行っていない場合が多いです。

アイフル以外では審査が厳しい場合が多い

増額の審査についてですが、他の金融業者と比較してみると、アイフルの審査がどれほど甘いか良くわかります。

例えば、大手銀行の場合はあまりカードローンの増額審査を行っていないので、最初の審査で都合にあった借入限度額が設定されないと厳しいものがあります。

しかも、職業において「アルバイトやパート」というのは、あまり高い評価がされないのです。つまり、ほとんどの場合で高い借入限度額とはならない点で苦悩します。

他にも下記のような制限が存在するので、女性向けではないカードローンと判断したほうが良いでしょう。

  • 職業によっては審査に通らない
  • 他からの借入が目立つと審査に通らない
  • 年収が基準を満たしていないと審査に通らない

このような仕組みになっているのですが、上記のままでは抽象的な説明となりますので、具体的な例についても案内させていただきます。

・あまり審査で通らないと言われている職業

女性に関連している職業は、基本的に高い評価がされにくいので、あまり審査では通らないと言われています。具体的な例では、スタッフサービスや夜間専門の職業が該当します。

スタッフサービスは、近年では派遣として仕事に就くケースが非常に多いです。派遣は不定期に仕事が決まることもあるため、あまり高い評価はされないと言われています。

次に夜間専門の職業は、一時的な収入を得ているケースが多いため、派遣と同じで高い評価になりづらいです。特に職業にこだわる銀行の審査では、微妙な評価になりやすいでしょう。

・他からの借入は3件以内が望ましい

借入は3件以内が望ましいです。ただ、このような決まりは絶対ではないので、4件借りていても審査に通る可能性はあります。

銀行カードローンの場合、借入額も計算に入るので「100万円以内」の借入を意識するのも大事です。借りられるからといって、安易に借りないのも審査に通るコツというわけです。

・年収の基準は100万円以上のケースが多い

年収を気にしないで借りられる銀行カードローンは存在しますが、それでも年収は100万円以上ないと厳しいでしょう。昔は150万円~200万円という基準が多かったので、確かに基準は低くなりました。

ですが、パートなどで収入を得ている女性の場合、中々に審査に踏み切れるものでもないのです。年収に関する基準は、銀行全体で特に改善する予定もないままとなっています。

サラリーマン金融の場合、基本的に「年収・職業・勤務年数」というこだわりは存在しません。

アイフルも、「年収が安定している人、年収の証明を行える人」であれば審査可能です。収入に自信がない場合は、無理に銀行カードローンで審査を受けないほうが良いでしょう。

審査で通りやすい金融業者は癖が強い

最近では、「女性も中小サラリーマン金融を使う時代」となっています。

そのため、中小サラリーマン金融そのものが女性の味方ではないか?という考え方もあるのです。ですが、大手以外のサラリーマン金融は癖が強いので注意してください。

具体的に下記のような点で個性的な面が目立ちます。安易にどの女性でも使いやすい・・・というわけではありません。

  • 高年齢に達している女性の利用を認めていない
  • 更新期間・更新回数が異様なほど短い
  • 収入証明書の提出を求められる
  • 審査期間が他のサラリーマン金融より長い
  • 知名度が低く信用が難しい
  • インターネット、電話による審査に対応していない
  • 増額の審査をまったく行わない

簡単に中小サラリーマン金融のデメリットについてまとめてみましたが、これでも3分の1ほどのデメリットです。

アイフルの場合、これらの対応についても対応可能となっているので、「高い満足度」で利用し続けられる強みがあります。

なぜ中小サラリーマン金融は審査が激甘となっているのに、大手サラリーマン金融を利用している人が多いのか?というと、やはりサービスがしっかりしているからです。

近年では、中小サラリーマン金融も貸し渋りが見られるようになってきています。

そのため、「年収が低い人」は中小サラリーマン金融で審査に通りづらいでしょう。メリットが多いように見えて、実はアイフルと比較すると粗が目立つものです。

さらに、借入の前に契約を行うわけですが、その際に1000円前後の手数料が発生する業者も存在します。金利に関しても、大手と比較すると中小のほうが高いという特徴もあるので、その点に了承できる人のみ利用されたほうが良いでしょう。

アイフルで審査に通りやすい人の特徴

簡単にアイフルの増額審査で、通りやすい人の特徴を挙げていきます。

増額審査というのは、年収が高まるに連れて評価が高まっていくというシステムではないため、最近ではどのような人が評価されているのか注目されています。

主にアイフルの審査で通りやすい人は、以下のような人である場合が多いです。

  • 返済能力が高い、もしくは安定している
  • 大きな借入を希望していない
  • 借入件数が短期間で多くなっていない

増額の審査ではありますが、正確には「人柄の調査」をサラリーマン金融は何度も行っているのです。このような評価は、銀行やサラリーマン金融で一貫している特徴もあります。

なぜ年収を意識して増額の審査を行わないのか?についてですが、理由は「過去のトラブルをベース」にして審査されているからです。

近年では、あまり知られている人も減ってきていますが、元々、サラリーマン金融は「銀行より大きく借りられる」という魅力がありました。

しかし、過払い金返還請求騒動がニュースで報じられた際に、「貸し過ぎSTOP!」という呼びかけ運動が広まっていったのです。つまり、サラリーマン金融は無駄に貸していた時期があったのです。

その際には、一般の人より年収が高い人でも、最終的には利息が厳しすぎるため、「債務整理」されている人も多かったのです。つまり、年収が高いイコール信用が高いというわけではないのです。

安易に貸していたサラリーマン金融にも責任はあります。ですが、人の中には「金銭の管理が苦手」という人もいるので、リスクを減らすために今までの返済を元にして貸すようになりました。

このような背景がありますが、だからといって「借りてから使わない」というのも評価上は良くありません。

使わないでいれば、まったく面倒をかけない相手・・・と評価されるのではなく、「使う意思のない相手」と評価されます。このような評価が多い人物も、将来的には増額の対象者とならない場合が多いです。

意外と知られていないだけで、基準のようなものは増額の審査にも存在します。アイフルは審査が甘いと言われていますが、なるべくこれらについても留意しながら、カードローン利用されたほうが良いでしょう。

アイフルも審査が難しいと判断することがある

ここまで何度かアイフルの審査は甘いと案内してきました。ですが、そんなアイフルでも、条件付きで審査を拒否してしまうような相手は存在します。

以下のような過去にトラブルを起こしている人物が、基本的にサラリーマン金融では不信用な人物として扱われます。

  • 返済において何度も遅延が見られる人
  • 返済において多重債務に陥っている人
  • 裁判で債務整理を検討している人、行った人

項目の1・2番目は「改善の余地がある」と判断されるので、問題の発生量が少なくなれば通常の評価に戻ります。

しかし、「債務整理」に限ってはアイフルであっても、将来的な借入に対して厳しい対応も取らざるを得なくなるので注意しましょう。

債務整理など、弁護士などを通じて債務の一部、もしくは全部を処理してしまった場合は、金融業者のデータベースに問題が登録されるようになっています。

通常の問題は、「弁済をはじめとして対処可能な問題」に過ぎません。そのため、弁済などを通じて将来的に同じ業者で借入する・・・というのは可能です。

しかし、債務整理における自己破産を行った者として登録されると、半永久的に迷惑をかけた業者ではお金を借りられないのです。

アイフル以外のサラリーマン金融、または他の金融業者でも対応は同じです。

借りられるようになるまでは、「1年間~10年間の経過が必要」と言われているのですが、審査そのものは常に厳しい対応となるでしょう。

このようなカードローン利用を行っている人を「ブラック」と言います。実際に、個人信用情報機関という信用情報の専門機関でも、ブラックに関する情報は長く残るようになっています。

個人信用情報機関は、金融業者として営業登録を行っている業者が加盟している機関です。

そのため、サラリーマン金融Aに迷惑をかけると、サラリーマン金融Bでも審査の際には、その情報を元にして審査に通すか判定します。つまり、迷惑をかけている業者が多いほどに、「借金は不利になる」というルールが暗黙の掟として存在しているわけです。

近年では、アイフルのような審査の甘い業者でも、このような情報を前提にして審査を行っています。なるべく増額の審査などで良い結果を出すためには、他の業者も含めて迷惑をかけないのが最善でしょう。

【参考ページはこちら】
アイフルの増額審査は在籍確認もある?

新着記事
ページトップへ