> > 審査が厳しいは嘘!アイフルは自由なプランで借入に余裕を作れる

審査が厳しいは嘘!アイフルは自由なプランで借入に余裕を作れる

カードローンは、サラリーマン金融ではアイフルも含めて審査が厳しいと言われています。ですが、主に昔の情報を元にして、審査が厳しいと言われているだけです。

サラリーマン金融の利用者は一時期において不安定ではありました。ですが、今では大手サラリーマン金融の利用者が増えてきている状況です。

なので、良く知らずにサラリーマン金融というだけで否定するのはあまりにも勿体無いでしょう。なるべく現在の情報についても仕入れたほうが良いです。

審査が厳しいのは主に銀行のカードローン

良くカードローンは審査が厳しいので、誰も通らないようなことがインターネットでは書かれています。

ですが、こちらは金融業者全体の話ではありません。主に銀行で対応しているカードローンが元になって、審査が厳しい・甘いについて語られているだけです。

その証拠に、アイフルでは男女ともに審査で落ちている人が少ないです。女性でさえ審査に良く通っているのですから、審査が厳しいと断定するのは難しいでしょう。

昔は確かに審査が厳しい時代もありました。

ですが、近年では「1万円から(※)」でカードローン契約が可能な時代です。
※アイフルは1000円からの借入にも対応

つまり、昔とは違って審査そのものが全体的に厳しくなっているのではありません。そうではなく、借入が大きい場合に特別措置がかかるので厳しいだけなのです。

このことを正確に知っておくためにも、「総量規制」について学んでおいたほうが良いです。

総量規制は、2010年以降になって全体的に施工されるようになって賃金業法です。

元々は、「業者の裁量」で貸付を行っていたものが、法律に従う形で貸付額が算定されるようになったのです。そのため、今では年収の3分の1以上は貸してはいけないようになっています。

この法律は、基本的に「ノンバンク系」で施工されています。つまり、サラリーマン金融、街金、その他の金融業者で施工されているのです。

銀行や信用金庫はノンバンク系に該当しないので、年収の3分の1という制限もなく貸付を行えるようになっています。

しかし、そのような背景があるため、「銀行で大きく借りたい人も増えている」のです。そのため、銀行側も厳しい審査のもとにカードローン審査を行っています。
(⇒アイフルと銀行カードローンの違いは?

サラリーマン金融は段々と審査が甘くなってきている。銀行は逆に大金の貸付についても審査しないといけないため、厳しい場合が増えてきている・・・というのが、現代のカードローンの実情となります。

銀行のカードローンで良く勘違いされている情報

先ほどの案内の補足となりますが、良く勘違いされている情報もあるため、銀行カードローンの良くある勘違いについても案内します。

インターネットのクチコミなどで確認すると、銀行カードローンは、アルバイトやパートに対して審査を行っていないと勘違いしている人がいます。

ですが、銀行の審査対象者は下記のとおりにアルバイトやパートも含んでいるのです。

  • 正社員
  • 派遣社員
  • 自営業主
  • アルバイト
  • パート
  • 主婦
  • 学生

審査が厳しいと言われている銀行ですが、このように審査対象者を大きく減らしているわけではありません。

ただ、審査そのものがサラリーマン金融に比べて甘いのか?というと、そうでもなかったりします。

具体例を挙げると、多くの銀行で下記条件を満たせない場合には、審査に通るのが難しい状況でもあるのです。

  • 年収は100万円以上
  • 勤務年数は1年間以上
  • 他からの借入が規定を下回る

銀行の平均的な審査基準は上記のとおりです。

こちらを先に確認していると、「収入が安定している人」であれば審査に通りやすいアイフルは、審査が甘い金融業者だと良く理解できます。

項目の他からの借入が規定を下回るについてですが、借入には借入件数・借入金額の2種類が存在します。

銀行の場合、借入件数は3件以内、借入金額は100万円以内が望ましいとされています。そのため、この条件を満たせない場合は、必然的に審査が厳しくなりやすいのです。

このような条件を先に知っておくと、ずいぶんと銀行やサラリーマン金融の見方が変わってきます。

ネット上には古い情報がそのまま残っていることもあるので、基本的に審査が厳しいという案内に関しては、腹八分で受け止めておくと良いでしょう。

キャッシングとカードローンの違いについて

サラリーマン金融で販売されているカードローンについてですが、「キャッシング」とあってもカードローンなので注意してください。

そもそも、キャッシングというのは「一時的な借入」のことです。そのため、キャッシングの利用というのは、カードローンのように小出しするものではなく、まとめて振込される形式となっています。

わかりやすく案内すると、下の表のとおりで振込の面がカードローンとキャッシングは別物になっています。

振込金額 カードローン キャッシング
10万円 好きな金額で引き出せる 一括で振込まれる
50万円 好きな金額で引き出せる 指定した金額で振り込まれる

このような仕組みになっているので、「自分の都合に合わせた借入」が可能なのはカードローンです。

ただし、キャッシングの場合は審査がカードローンより甘い場合が多いです。というのも、「目的に沿って審査を行っている」ため、これといって審査に影響を与える要素がないからです。
(⇒アイフルの審査基準とは?

カードローンの場合、30万円を借りる人もいれば、35万円を希望して借りる人もいます。しかし、キャッシングは10万円であれば、10万円の審査を行うだけで良いのです。

このように微妙に審査には違いがあります。

ですが、アイフルなど大手サラリーマン金融であっても、基本的に「キャッシングに対応していない」ので注意してください。

アイフルの場合、キャッシングも用意されていますが、細かい引き出しにも対応している。そして、好きな金額で引き出せる点も対応しているので、正確にはカードローンと変わらないのです。

キャッシング・・・という名称は、「過去の名残」として判断するのが正しいようです。他のサラリーマン金融でも、カードローンであるにも関わらず、今でもキャッシングという名称で販売されている商品は存在します。

平均的なものを選ぶ場合はカードローンがオススメ

キャッシングは、信販系のローンなどで契約を組むことが可能です。

しかし、一般的な利用においてメリットが多いのはカードローンなので、無理をしてキャッシングにこだわる必要はありません。

カードローンがキャッシングより優れている点についてですが、以下のような点で優れていると判断して問題ありません。

  • 好きな金額を利用限度額分で引き出せる
  • 審査がスピーディーで即日中に利用可能
  • 審査が厳しくないため大半の人が利用可能

時折、キャッシングとカードローンの金利について比較されているものを見かけます。ですが、特にキャッシングとカードローンの金利には違いがないので、比較しても無意味であったりします。

過去であれば、「グレーゾーン金利」で運営されていた時期があるので、カードローンのほうが金利は高めでした。現代ではグレーゾーン金利も撤廃されているので、金利差はないに等しいというわけです。

グレーゾーン金利というのは、金利が20%超で設定されている場合を言います。

今でも、大手以外の中小サラリーマン金融の中には、グレーゾーン金利で金利設定を行っている業者が存在していると言われています。

ですが、大手では20%以内の金利でカードローンの金利設定がされているため、キャッシングと金利差がまったくないのです。大手の場合、18.0%以内で金利設定が行われています。

キャッシングの金利も同じような金利である場合が多いです。なので、金利を比較してもまったく意味がないというわけです。

アイフルでは若い人ほど審査で良く通っている

アイフルは審査の甘さだけで利用者が増えているわけではありません。

近年では、若い人も審査対象に含めているので、若い人からも評価されるようになってきているという強みがあります。

サラリーマン金融というと、「若い人ばかりが使っている」イメージがありますが、実際は中年の男性が特に使っている金融商品です。

中年の男性がカードローンを特に使っていた・・・のですが、近年では銀行カードローンに借換えているケースが目立っています。

そのため、中年の利用者が減った分を考慮して、サラリーマン金融では「新規顧客開拓」に取り組むようになりました。その最たる例が、カードローンのプランの豊富さです。

アイフルの場合、以下のような目的でもカードローンが利用できるようになっています。

  • 無職の人、主婦でもカードローン契約が可能
  • 女性特有の目的でもカードローン契約が可能
  • すでに他で借りている人でもアイフルの利用が可能

アイフルは上記のとおりで多種多様なプランで、多くの人の要望に応えています。そのため、要望に対するノウハウでは、サラリーマン金融で最高という評価も存在します。

実際にクチコミを調べてみると、その点については良く理解できます。下記のようなクチコミがアイフルでは多いので、良ければカードローン審査前に御一読ください。

・アイフルは転職前でも借りられた

近年では、アイフルというと「即日融資」という評価もされています。即日融資とは、審査を即日で終えて融資を受けられるという審査方法です。

早ければ即日に融資を受けられるので、若い人から高い評価が相次いでいるサービスでもあります。アイフルは審査時間が「最短30分以内」なので、このようなサービスを提供できるのです。

・主婦でも相談に乗ってくれる親身なサラリーマン金融

あまり知られていませんが、主婦でも利用可能なカードローンというのは、空想上の金融商品である場合が多いのです。アイフルでは、本当に借りられる主婦が多いため、こちらも高い支持を得ています。

なぜ主婦用のカードローンなのに、他のサラリーマン金融では審査に通らないのか?というと、年収を前提にして審査を行っているからです。

銀行と同じで、最近はサラリーマン金融でも「審査が厳しい」業者は存在します。そのような業者は、主婦用のカードローンも販売しているのですが、審査まで対応してくれるだけ・・・というケースが多いです。

そのため、「本当に主婦でも借りられる、相談を事前に行える」アイフルの評価が高いのです。

年齢よりも大事な実績年数も知っておこう!

アイフルは自由なプランでカードローンの提供を行っていますが、「実績年数」について知らないと、借りられないこともあります。

実績年数とは、カードローン契約の件数ではなく、どれほどの期間で継続利用されたのかを表す際に用いられます。

例えばクレジットカードの利用では、実績年数が重要視されるようになった・・・という事実も存在します。

実績年数は、実際に利用していない場合には、まったくカウントされない仕組みになっています。

そのため、クレジットカードの契約後に少しだけ利用して、それからはまったく利用していない・・・場合は無評価になりやすいのです。

無評価の状態が長く続くと、クレジットカードの場合は「他のプランの適用、新規クレジットカード契約」が難しくなります。実績年数は記録にも残るので、利用しないままで放置というのは良くありません。

クレジットカードでは、実績年数が案内のとおりで顕著なのです。

また、カードローンでも近年では重要視される要素になってきています。カードローンも実績年数が少ない場合、「審査が思わしくない結果になりやすい」ため注意が必要なのです。

例えば、「年収500万円、本人確認あり、借入なし」という好条件の人物の審査でも、借入限度額の設定は50万円となることがあります。

本来であれば、総量規制があるので100万円以上のチャンスは十二分にあります。しかし、アイフルといったサラリーマン金融でも、「返済能力が不明」な相手には多く貸付を行えないのです。

このような情報は「自己管理する必要がある」ので、その点も注意してください。基本的に個人の情報(プライバシーに該当する情報)なので、業者に尋ねても教えてくれない場合が多いです。

プランに低金利も存在するのがアイフルの魅力

アイフルには通常のキャッシング(実質カードローン契約)が存在しますが、低金利カードローンも用意されています。

アイフルではファーストプレミアム・カードローンという名称で販売されているのですが、金利が「5.5%~9.5%」なので低金利(※)であるのは確かです。
※通常の金利は4.5%~18.0%で設定されている場合が多い

サラリーマン金融というと、このようなローンプランは用意されていないと思われていることが多いです。

しかし、アイフルの場合は昔から条件によっては、「契約者にとって都合の良いプラン」を提示しているので、なるべくプランについてもチェックしておいたほうが良いでしょう。

また、どうしてファーストプレミアム・カードローンであれば、金利が低金利になるのか?という疑問もあるかと存じます。

その理由ですが、下記の条件を満たさないと使えないカードローンのため、金利に関してはサービスされているわけです。

  • 融資限度額が500万円で制限されている
  • 満30歳以上の人が審査対象
  • 年収500万円以上の収入を証明できる人

アイフルの審査の中では、審査が厳しい部類に該当します。

しかし、他の銀行やサラリーマン金融では用意されていない特殊なプランでもあるので、少しでも借入で優遇されたい人には最適なプランでしょう。

ちなみに、金利が5.5%~9.5%とありますが、「借入額に対して変動する」だけです。

そのため、人によっては最初から5.5%で金利が設定されるという商品ではありません。金利の下限に関しては、特にカードローンでは低い部類でもないので注意してください。

通常の借入(10万円~300万円程度)の場合、他よりお得な金利でプランが適用されるだけ・・・と理解するのが、このプランの理解では正しいです。

借入件数が多い場合に便利なおまとめMAX

他にも嬉しいプランは存在します。例えば、最近になって注目されるようになった「かりかえMAX」などは、カードローンに慣れている人にとっても嬉しいプランでしょう。

おまとめとは、複数のカードローンを1つのカードローン契約にまとめるというプランです。

昔はこのようなプランに対応しているサラリーマン金融は極少数でした。しかし、近年では「50万円以上の契約者が多い」ため、金融業者側でも良く対応するようになったのです。

アイフルで販売されている「かりかえMAX」についてですが、詳細については下記のとおりです。これからおまとめカードローンについても検討したい方は、良ければ下記についても参考の上で検討を進めてください。

商品名 かりかえMAX
金利(年率) 12.0%~17.5%
融資限度額 300万円
審査基準 1.新規でアイフルを利用される方
2.安定した収入が確認できる方
3.必要に応じて書類の提出が可能な方
PR ・計画返済支援に則って契約が可能
・金利が一般のカードローンより低い
・返済の際に必要な口座も一本化できる
・一本化により返済リスクの低減も実現可能

重要なことなので補足説明させていただきますが、「計画返済支援」というのは、「総量規制にかからない契約」となります。

通常では、サラリーマン金融の金融商品には総量規制がかかります。そのため、年収を前提にして借入限度額の設定が行われるわけです。

しかし計画返済支援であれば、100万円以上の借入についても認められています。100万円以上のローンがある場合、一本化することで安定した返済ができるようになる・・・ということです。

返済状況が複雑なため返済に困っているという人は、相談がしやすく審査も甘いアイフルで、現状について相談されてみると良いでしょう。

【参考ページはこちら】
アイフルの審査は甘い?年収200万以下でも大丈夫?

新着記事
ページトップへ