> > アイフルの借り方は4通り!インターネットなら24時間予約可能

アイフルの借り方は4通り!インターネットなら24時間予約可能

カードローンを選ぶとき、何を重要視しますか?金利が低いこと、知名度があり安心して利用できること、それとも家族に知られず利用できることですか?

全てを満たしたところを探したい!利用したい!それは当然の希望だと言えます。

しかし、いくら金利が低く、家族に知られることなく安心して利用することが出来るカードローンだったとしても、借り方が限られていればどうでしょうか。

自社ATMしか利用出来ない、設置されていない地域がある、利用可能時間が短い、このような状態では、せっかくのカードローンも上手に活用できませんよね。

アイフルには4通りの借り方があり、好きな方法を選べます。24時間対応している方法もあるんですよ。(こちらもご参考に→アイフルで借入したい方におすすめ

アイフルには自由に選べる4通りの借り方がある!

アイフルでは、自分が好きな方法でお金を借りることが出来るようになっています。借りるとき、この方法で借りたいのですが…と確認する必要はないのです。

まずは4つの借り方について紹介していきましょう。

  • ATM
  • インターネットでの振り込み予約
  • 電話での振り込み予約
  • 窓口での融資

全国のアイフルATMはもちろん、提携先のATMも利用する事が可能です。

ATMでの借り方は、ローンカードを入れて暗証番号を入力するだけなので簡単ですね。

インターネットでの振り込み予約は、会員ページから行う事が出来ます。会員ページにはカード番号と暗証番号でログインすることが出来ます。

ログイン後は、ページの案内に従って振り込み予約をすればOKです。自分の登録している銀行口座へ振り込んでもらう事が出来ます。

また、振り込みの名義はアイフル、もしくは個人名から選択することが可能です。

アイフルという社名の表記を避けたいのであれば、個人名での振り込みを選択するようにしましょう。

電話での振り込み予約もインターネットでの予約手続きと同様ですね。

窓口での融資ですが、カードローンの融資は行っていません。アイフルで窓口融資を利用できるのは、不動産担保融資のみです。

カードローンの借り入れで店舗窓口に行っても、融資してもらうことは出来ませんので注意しましょう。

アイフルには自由に選べる4通りの借り方がある
それぞれの利用方法をチェックし、その時々に応じた方法を選ぼう

ATM利用時にはローンカードを持っている必要がありますし、インターネットでの振り込み予約もカード番号がなければログインできません。

それぞれの利用方法はしっかり把握しておきましょう。

振り込み口座の登録は電話じゃダメ!店頭窓口へ行こう

インターネットや電話で自分の銀行口座へ振り込みを依頼する方法では、まず銀行口座の登録を行う必要がありますよね。

そして、その銀行口座が変更となった場合も変更手続きをしなければいけません。

口座の登録・変更手続きはインターネットや電話で手続きをすることは出来ません。

振り込み用の口座登録・変更時は、店頭窓口か契約ルームに行く必要があるのです。

また、手続きをする際には準備しなければいけないものがあります。

  • 本人確認書類
  • 通帳
  • キャッシュカード

本人確認書類は運転免許証・パスポートなどですね。この3点を準備してもって行くようにしましょう。

店舗窓口の営業時間は平日の10~18時までと限られていますが、契約ルームであれば基本的に土日祝日関わらず9~21時まで利用可能です。

夜間、休日も利用できますので、契約ルームの位置をチェックしておくと良いですね。

ただし、契約ルームの営業時間は設置場所によって異なる場合もあります。

アイフルホームページの店舗・ATM検索から設置場所、営業時間を併せてチェックしておくようにしましょう。

自社ATMだけじゃない!アイフルで利用可能な提携先ATMとは

アイフルでお金を借りるとき、ATMを利用するという人がほとんどです。

その場で現金を入手できる、自分の好きなタイミングで利用できるという使い勝手の良さが好まれるのでしょう。

アイフルで利用可能なATMは、アイフルATMだけではありません。アイフルは、全国の金融機関、コンビニATMと提携しています

提携ATMがあることで、アイフルでは日本全国に利用可能なATMがあるのです。
(⇒提携銀行でアイフル利用をもっと便利に!

どこが提携しているのか、どこで利用することが出来るのか紹介しましょう。

まずは、借入/返済両方利用できる提携先です。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • ローソンATM
  • イーネットATM
  • 親和銀行

このように、多くの提携先で借入/返済をすることが出来るのです。

また、借入のみ対応している提携先もあります。

  • 福岡銀行
  • 熊本銀行

この2行のATMでは返済することが出来ませんので、気をつけておきましょう。

返済のみ対応している提携先は次の2つです。

  • Loppi
  • Famiポート

この2つはATMではなくマルチメディア端末ですね。返済は可能ですが、借入することは出来ません。

提携ATMの数は、全国で7万台を超えています。それだけ多くのATMが利用できるようになっているのです。

アイフルの提携ATMの多さは、メリットの1つであると言って良いでしょう。

提携ATM利用時には手数料が発生!その金額を確認しておこう

アイフルには多くの提携ATMがあると紹介しました。しかし、提携先ATMを利用するときには手数料がかかってしまうということを忘れてはいけません。

どのくらいの手数料がかかるのか、下記の表で確認しておきましょう。

利用先 1万円以下 1万円を超える場合
アイフル自社ATM 無料 無料
提携先ATM 108円 216円

アイフルの自社ATMを利用する際は、借入・返済共にいくら利用しても手数料はかかりません。

しかし、提携先のATMで借入・返済をするときには、利用金額に応じた手数料がかかってしまうのです。

提携先ATMを頻繁に利用していると、手数料だけで結構な金額になってしまう可能性もゼロではありません。

アイフルの自社ATMが近くに無い場合は、振り込み融資もオススメです。

振り込み融資は、自分の銀行口座に必要な金額を振り込んでもらう借り方ですが、振り込み手数料はかかりません。

すぐに現金が必要!という事ではない場合は、振り込み融資を使うと手数料をかけずに済むわけです。

提携ATMと振り込み融資、バランスよく利用できると良いですね。

借り方によって使えない時間がある!?利用可能時間をチェック

アイフルには4通りの借り方がありますが、それぞれ利用可能時間が決まっています。

借り方 利用可能時間
アイフル自社ATM 7時~23時
提携先ATM 提携先による
インターネット振り込み予約 24時間対応可能
電話振り込み予約 平日9時~21時

24時間対応しているのは、インターネットによる振り込み予約だけということになりますね。

しかし、インターネットによる振り込み予約も、あくまでも「予約」が24時間対応しているだけです。

実際の振り込みについては、金融機関の営業日・営業時間となります。

予約時間によっては当日中の振り込みも可能ですが、14時頃までに予約しないと当日中の振り込みには間に合いません。

急いでいる場合は、出来るだけ早い時間に予約するようにしておきましょう。

借り方によって利用可能時間が違うので確認が必要
インターネットや電話での振り込み予約は、予約後すぐに振り込まれるわけではない
金融機関の営業時間等に左右されるので、注意が必要

利用可能なATMは多くありますが、それぞれ営業時間が異なります。自分が使う可能性が高い提携先については営業時間をチェックしておきたいですね。

返済方法も自由に選択可能!4つの方法をご紹介

アイフルの借り方は4通りありましたが、返済方法も1つではありません。アイフルの返済方法4つを簡単に紹介しましょう。

  • 自動引き落とし
  • アイフル指定口座への振り込み
  • 提携先ATM
  • アイフル窓口・ATM

自動引き落としは事前に手続きが必要ですが、毎月指定日に自動で返済が行われるため返済日を忘れる心配がありません。

アイフル指定口座への振り込みは、全国の金融機関が利用可能です。ただし、振り込み手数料が発生してしまう点は注意しましょう。

提携先ATMでの返済には、借入と同様に利用手数料がかかってしまいます。

ただ、利用可能なATMは多くあるので、返済日を忘れていた!という場合でも近くのATMでの返済が可能というメリットはありますね。

アイフルの窓口、自社ATMでの返済も可能です。自社ATMは利用手数料無料ですが、窓口とATMの営業時間は事前に確認しておく必要があります。

【参考ページはこちら】
アイフルは増額も店舗ATMからできる?

新着記事
ページトップへ