> > アイフルは再契約もスマート!審査不要の契約対応も可能

アイフルは再契約もスマート!審査不要の契約対応も可能

再契約というのは、どこのサラリーマン金融でも対応可能としています。ですが、あらかじめ自分に再契約が必要なのか、その判断を行っておく必要もあります。

人によっては不要となるため、時間の無駄遣いとなってしまう人もいるのです。基本として、自分の現況を正確にチェックする手段は、前もって理解しておくようにしましょう。

重要となる確認項目は、記事内で詳細の案内が行われていますので、これから再契約という人は宜しければ参考にしてください。

再契約を行わないでも良い人もいるので注意!

契約というのは、契約が継続となっている限りは、実をいうと契約解除の状態とはなっていません。(こちらもご参考に→アイフルで契約したい方におすすめ

意外と知らない人も多いのですが、サラリーマン金融のキャッシングは全体的にそのようになっています。なので、もし継続して利用しているか不明な場合は、先にそのことを業者の方に聞いておいたほうが良いです。

具体的な例としては、以下のようなケースで契約解除になっていると錯覚している人が多いです。

  • 利用していないので自動的に契約解除になったと思い込んでいる
  • 利用限度額を全て使い切ると契約解除になると思い込んでいる
  • 利用期間分が使える期間だと錯覚している

上記の全てに言えますが、このような状態なのであれば再契約は不要とされています。

理由についてですが、以下に詳細をまとめさせていただきましたので、良ければ下の案内を参考にして、現状の確認を行ってください。

1.利用していないだけでは契約解除とならない

アイフルの審査でもそうですが、契約解除については詳細についての案内が審査時に行われています。その中で、「契約解除の際は契約者様のご連絡が必要」と明記されています。

つまり、利用していない場合に「業者側が判断を下す」形で、契約解除となることはないのです。アイフルだけでなく、サラリーマン金融全体でそのような仕組みになっています。

2.利用限度額が深く関係しているのはキャッシングのみ

アイフルで提供されているものは、「キャッシング」という単語が使われていますがカードローンです。他のサラリーマン金融でも、同じような商品名が多いため語弊を招くことが多いものです。

しかしカードローンなので、「返済を行うと利用限度額が返済分加算される」仕組みになっています。そのため、利用限度額を戻した場合には、再利用が可能となっているのです。

3.利用期間は原則として自動更新される

カードローンで多い利用期間は、「1年、3年」の2パターンです。どちらにも言えることですが、この利用期間は「更新前提」で成立しています。

そのため、利用期間切れとなっても契約者に利用の意思がある場合は、1年間・3年間で自動更新がかかるようになっています。

サラリーマン金融の場合は「原則1年の自動更新」と、契約書、もしくは公式サイトの案内に明記されています。

詳細の情報はアカウントページで確認できる

前述で案内した契約の継続についてですが、実をいうと詳細の案内をチェックしないでも、個人で詳細について確認することは可能です。

その方法というのが、アカウントページへのアクセスと契約者情報の確認です。

アカウントページというのは、カードローン契約者になった際に、アイフルで用意してくれるアカウントのことです。

契約者情報の全てがアカウントページにまとまっているだけでなく、いつでもネットからで確認することが可能です。アカウントページのアクセスにはID・PASSが必要となります。

ID・PASSについても、アイフルでの審査完了後に「メールで通知」されるので、契約に関するメールは削除しないように注意しましょう。

他にもアカウントページでは、下記のような操作も行えるようになっています。

  • 個人情報の更新
  • カードローンに関する手続き全般
  • キャッシングの振込手続き
  • 紛失・盗難の際の利用停止手続き、再発行手続き
  • 利用に関する相談

カードローンに関する手続き全般ですが、「主に再契約のこと」だと思ってください。

現代では、インターネットからで大半の操作が行えるようになっているため、ほとんどの人はネットから再契約を行うケースが増えています。

また、このような操作をした場合に、「手数料(※)やペナルティが発生する」ということもないので安心してください。
※カードの再発行のみ手数料(実費)がかかります

再契約が必要な場合もアイフルに電話相談

再契約が必要?不要?という場合は、アカウントページで対応するのではなく、アイフルに相談されたほうが良いでしょう。

というのも、人によってはアカウントページの操作ができないこともあるからです。アカウントページは、あくまでも契約者が利用可能なページなので、契約者でない場合は利用できません。

要約すると、契約者であると思っていたはずが、以下のような事由で利用停止になっているケースもある・・・というわけです。

  • 連絡不通が長期に及んでいる
  • 借入に関して問題の多い利用が連続している
  • アイフルからの借入に対して債務整理を行っている

アイフルの再契約可能は、「問題のない人物」に対して言っています。

他のサラリーマン金融でもほぼ同じですが、さすがに上記のようなトラブルが目立つ人では、サラリーマン金融でも厳しい措置を取らないといけなくなります。

詳細の理由については、下記にて詳細の案内を行わせていただいております。興味がある人は良ければ参考にしてください。

1.連絡不通では社会人としてのマナーが問われる

アイフルカードローンの公式サイトにも掲載されていますが、「連絡に不便しない人」がカードローン契約者になれます。つまり、何かしらの都合で連絡が取れないだけでも審査が難しくなるわけです。

カードローンは、「1年間で自動更新」となる場合が多いです。そのため、自動更新時にあまりにも連絡が取れない相手では、継続して利用していただくことが難しくなります。

2.借入は明かされていないだけで厳正なルールが存在する

一般的にルール上で問題ありと判断されるケースは、「借入が多すぎる」場合です。例えば、1ヶ月程度で50万円、100万円と借りている場合、サラリーマン金融は厳しい判断を下します。

なので、50万円借りる目的があっても、「小出しで借りる」ほうが良いのです。いきなりアイフル以外で、お金を多く借りるようになった・・・場合は、カードローンの利用が停止となりやすいでしょう。

他にも、「多数の業者でお金を借りている」場合も問題です。あまり使っていない業者が存在する場合、面倒でも契約解除されておいたほうが良いのです。

3.債務整理に関する対処は業者と相談したほうが傷が少なくなる

債務整理される場合ですが、アイフルから借りている場合であっても、一度は相談しておいたほうが良いです。サラリーマン金融にも依りますが、利息の発生を一時的に停止してくれることがあるからです。

借金というのは、返済が難しくなるに連れて「自分勝手な判断」を行いやすいものです。しかし、業者を無視して裁判などで処理されると、業者側の印象(評価)がかなり悪くなります。

補足となりますが、裁判による債務整理に関しては、「将来的な借入」にも悪影響を与える・・・ので、なるべく行わないほうが良いです。

債務整理に関する情報は、「個人信用情報機関」に登録されるためです。個人信用情報は、他の金融業者でも使われる情報のため、契約・再契約ともに難しい状況になってしまう恐れがあります。

再契約は基本的に審査不要となっている

再契約の勘違いで多いのですが、「審査そのものは不要」です。

審査不要となっている理由ですが、特に個人に関する情報に変更点がない場合は不要と定めているからです。

ですが、以下のような点で変更がある場合は、業者側に連絡しないまま・・・というのは良くありません。全体的に再契約の際に連絡が不要というわけではないのです。

  • 住所が変わった
  • 勤務先が変わった
  • 独身ではなくなった(独身になった)

アイフルでも、再契約については詳細について案内されています。

その案内の中で、「新しく更新する必要がある情報」についても触れられています。特に生活において大きな変化があった場合、再契約であっても審査が必要となるのです。

住所・勤務先・独身に関する情報についてですが、「契約の際の利用限度額に反映される情報」なので、無連絡のままでは損をすることもあります。

現代のカードローンは、属性によるスコアリング審査という仕組みで行われています。

住所が安定している人(あまり引っ越ししない人)、もしくは勤務先が固定である人(転勤が少ない人)の場合、スコアリング審査では高評価となります。

結婚の有無もスコアリング審査では重要です。サラリーマン金融は、既婚者ほど高く評価しているため、結婚の有無に関しては必ず調査しているのです。

このような評価は、再契約だけで反映されるわけではありません。

他にも以下のような面で、「プラス評価」されることもあるので、正確な情報で更新されておいたほうが良いでしょう。

  • 金利が優遇されることもある
  • 新規でサービスの良いプランが提示されることもある
  • 通常では審査に通りづらいローンでも審査に通りやすくなる

要約すると、「再契約も評価が重要」というわけです。

あまりにも必要な情報の更新が見られない場合、「業者側から電話がかかってくる」こともあります。なるべく面倒を減らしたい場合、これらについても配慮されておいたほうが無難です。

再契約に関する誤った情報も多いので注意

インターネットには誤った情報も多く存在します。

例えば、再契約してしまうと借入額の上限が通常より減ってしまうという情報も存在します。ですが、なんの根拠もない情報なので信用しても意味がありません。

そもそも再契約というのは、「前回の情報を引き継いで契約を行う」という意味です。なので、特にプラス・マイナスが存在する契約ではありません。

インターネットの知識サイトでは、このような情報が良く見つかります。

ですが、アイフルをはじめとしたサラリーマン金融に関する案内ではない・・・こともあります。銀行の場合、再契約でプラスマイナスが発生・・・という案内の可能性もあるのです。

なので、インターネットを用いて再契約について調べる際は、どのよおうな金融に関する情報なのか明らかにしておいたほうが良いのです。

他にも、以下のような誤った情報が多いので、安易にこれらを再契約のことと思わないほうが良いです。

  • ローンの再契約にはかなりの日数がかかる
  • 再契約を行うほどに信用が下がってしまう
  • 再契約を行っていない業者も存在する

再契約にかかる日数ですが、実をいうとまったく時間がかかりません。というのも、「審査時間が省かれている」からです。

次に再契約と信用の関係についてですが、そもそも再契約は信用との関係性がまったくありません。重要なのは、「更新すべき情報があるかないか」だけです。

最後に再契約を行っていない業者についてですが、特殊な例として存在するので注意してください。その例とは「キャッシング業者」のことです。

キャッシングはカードローンとは違い、「出金によりお金を受け取るシステム」となっています。

そのため、再契約というシステムそのものが存在しません。「出金を依頼」する側が契約者となり、それを審査後に認めるかどうかがキャッシング業者となっています。

つまり、カードローンのように「利用限度額で繰り返し利用する」システムではないのです。キャッシングの場合、利用ごとで審査を行っているため、再契約という概念も存在しません。

「毎回、振込による入金を行ってもらうため」審査・契約を行っているという見方が、キャッシングを利用する場合には正しいのです。

古いサイト(ブログ)の情報は参考にしないほうが良い

前述のインターネットの情報に関しては、「ためになる情報」も含まれているので、特に大きなデメリットはありません。

しかし、まったく更新されなくなったサイトやブログではデメリットが存在するので、その点に注意してインターネットを使いましょう。

例えば、再契約に関しても古い情報では、「手数料が必要」という案内もありますし、手数料を不要としている業者の案内も行われています。

ですが、大手サラリーマン金融の場合は、昔からそのような手数料に関して不要としている場合が多いです。必要なケースでは、カードの再発行手数料くらいでしょう。

大手サラリーマン金融というのは、アイフル・プロミス・株式会社新生銀行レイク・モビット・アコムの5社のことです。
(⇒アイフルと他社カードローンを比較!

大手であれば、インターネットからで申込・契約・カードローン操作が行えます。しかし、手数料に関しては大手で同じ仕組が採用されているため、特に手数料はかからないようになっています。

このような誤った情報の他に、「ATM手数料」に関する古い情報も存在します。

ATM手数料は「○○金融では安い」という情報ですが、再契約と同じで誤っているので注意してください。現代のカードローンでは、ATM手数料も毎月数回分は無料となっています。

つまり、再契約・ATM手数料のどちらも、現代の場合は無料の場合が圧倒的に多い・・・と思って問題ないのです。

再契約の際に行ってはいけない対応も存在する

再契約を行う際ですが、あまり好ましくない対応も存在するので注意してください。

例えば、再契約の連絡がないというだけで、何度も再契約の操作や申込を行うのは厳禁とされています。

申込でも同じことが言えるのですが、操作が何度も行われた場合、「操作ミスなのか?意識的なものなのか?」が判断できないからです。

申込においても、同じような申込を申込み後に連続して行うと・・・「審査で落ちやすくなる場合が多くなる」ので注意してください。システムで判断されるため、あまり好ましい結果が出ないのです。

さらに下記のような行動についても、業者側は対応に迷ってしまうことがあります。申込・再契約は、なるべくスマートに済ませたほうが良いのです。

  • 再契約時に頻繁に進捗に関する質問を行う
  • 再契約時に何度もアカウント操作を行う
  • 別のローンを同時に申込む

このような対応をされるだけで、業者側の判断も鈍くなってしまいやすいです。

アイフルといった大手の場合、1日の対応量も他より多い場合が多いためです。実際にこのような対応を行ってしまうと、カードローンに関する連絡が遅れやすくなります。

申込の際も、同じようなことが言えるため、できる限り「慌ただしい状況を作らない」ように配慮しましょう。

また、別のローンを同時に申込むというのは、なにもアイフルのローンばかりではありません。

現代は、「他社のローンに対して同時申込する」システムも存在する時代です。便利なサービスではあるのですが、複数のローンを同時に申込めるだけに、判断に関しても鈍いものになりやすいのです。

さらに、「短時間で多数の業者に申込む」という行為は、サラリーマン金融以外ではペナルティの場合も御座います。あまりメリットも多くないので、申込む際は手入力で1つずつ・・・という対応のほうが賢明でしょう。

状況によっては新規申込のほうが優遇される

再契約に関する情報でお伝えしていなかったことがあります。

それは、再契約の必要性に関する情報で、再契約というのは絶対に必要なものではないという情報の連絡です。

ここまで再契約について読んでいただいた場合、「再契約はスマートに行える」点と、過去の情報を引き継げる点を理解していただけるかと存じます。

ですが、「大幅に現状が過去とは食い違っている」場合は、新規でカードローン申込みしたほうが、再契約よりマシと言える場合も多いのです。

主に以下のような状態となっている場合、再契約よりも新規カードローン申込のほうが良いでしょう。

1.過去の契約のままでは借り過ぎの状態になっている

あまり知られていませんが、サラリーマン金融の借入限度額は「高過ぎる」ケースも存在します。2010年以降から総量規制が施工されるようになったため、このような借り過ぎのトラブルが存在するのです。

再契約の場合、同金額で借りられないばかりか、他の金融業者で借入が難しい・・・というケースも存在します。

なので、「総量規制に則った新規カードローン」のほうが無難であったりもするのです。サラリーマン金融の場合、50万円以上の借入がある際には「収入証明書が必要」なケースもあります。

しかし、新規カードローン申込の場合、意識的に50万円未満で借入の調整が行えます。すると、審査において無駄のない状態で借入することも可能となるのです。

業者側は、このような総量規制に対する判断が、「現在の借入」に対して行われています。つまり、サラリーマン金融の借入を昔からで利用している場合、状況の確認は契約者側でも行わないといけないのです。

借入が多すぎる!と判断される人は、主に銀行カードローンの審査で落ちやすくなります。

サラリーマン金融は、過去において「100万円以上」を簡単に貸していた時期が存在します。そのため、再契約されて引き継いでいるだけで、後になって対応が多くなることが増えやすいのです。

現在のサラリーマン金融の貸付では、「1万円~50万円未満」というケースが多いです。このような少額の借入であれば、銀行カードローン審査でも落ちにくくなります。

2.会社員から自営業主に変わった

会社員の場合、「安定した収入」としてサラリーマン金融は判断します。ですが、自営業主として得ている収入は「安定しているか明確にしないといけない収入」となります。

そのため、会社員から自営業主に変わった場合は、「再度、新規で申込みしたほうが審査がスムーズ」なのです。

放置されていると、実際の収入形態に食い違いがあると判断されますので注意してください。再契約の場合、収入形態について判断されていない人が多いです。

個人では、「安定・不安定の判別が難しい」ので、その際は新規申込で業者の審査やアドバイスを頼りにされたほうが良いでしょう。

また、自営業主の場合は審査時に提出する書類も違ってきますし、借入の際のプランにも、詳細の変更が発生しやすいです。

【参考ページはこちら】
アイフルを利用できる職業とは?

新着記事
ページトップへ