> > あなたでもできる、アイフルで金利を引き下げてもらう方法

あなたでもできる、アイフルで金利を引き下げてもらう方法

借金をしていて気になるところはいくつかあります。返済できるかな?とか返済日が近づいてくるとドキドキしたり…

いろいろなことを心配しますが、できれば誰もが金利は引き下げてほしいと思うのではないでしょうか?

金利引き下げによってプラスになることは多いですが、アイフルのような大手を使っている時にはどうしたら引き下げてもらえるのでしょうか。

引き下げてもらうための方法や実際に下がったという人はどういうふうにして下げてもらったのでしょうか。

大手消費者金融の金利はほぼ法定利息の上限に

金利は少しでも引き下げられたほうが嬉しいというわけですが、じゃあ現在のアイフルの金利はどのくらいなのでしょうか?

アイフルのホームページや商品説明のページにある数字を見てみましょう。

商品名 金利
キャッシングローン 4.5~18.0%
かりかえMAX 12.0~17.5%
おまとめMAX 12.0~15.0%
ファーストプレミアムカードローン 4.5~9.5%
目的別ローン 9.8~17.0%

このようになっています。アイフルは商品数が多いので他にも商品はありますが主要な借入だと上記の通りです。

標準のキャッシングローンは最初の金利は18%がほとんど

この中でもいわゆる消費者金融、カードローンと一般的に言われているものはキャッシングローンになります。

自由に好きなときに使えて、収入がある程度あれば特にだれでも使うことが出来るというものです。

このキャッシングローンの金利は4.5~18%というようになっていますが、だからといって4.5%で借りられることはありません。
(⇒アイフルの利息はどのくらい?

ほとんど全てと言っていい人が18%で借入を最初は行うことになるのです。

最初だけの人もいれば、ずっと18%の人もいます。そして多くの人がこの金利から始まると思って間違いないでしょう。

アイフルで金利を下げるために行うべきことは?

大体の人が18%で始まり、そこからずっと18%で借入をする人もいるのが消費者金融のほとんどです。

ではアイフルで金利を下げるために行うべきことというのはどういう方法を使うのがいいのでしょうか。

ちゃんとアイフルでは金利をずっと18%ではなく、下げる用意もしています。だからこそ4.5%という金利表示もされているのです。

実際に4.5%まで下げようとした場合、どういった方法があるかといえば金利を下げるには下記の方法があります。

  • たくさん借り入れをするために限度額を大きくする
  • 毎月返済し、借り入れの返済実績を長くつける
  • 自分自身の収入を増やして安定させる

この3つの方法を使えばアイフルでうまくやれば4.5%という金利で借入をすることが出来るようになります。

たくさんの借入を限度額を大きくして行う

まず一番初めの方法としては借入の限度額を大きくして金利を下げていくという方法があります。

アイフルにしても他の消費者金融にしても、限度額ごとに金利というのは幅が決まっています。

それは利息制限法という法律も関係しています。18%まで金利が付けられるのは100万円までです。

ですから100万円を超えれば自ずと金利は下がりますし、それまででも金利を細かく下げてくれるでしょう。

あまり高い金利を設定して返済できないということになってはいけないという配慮があるのでしょう。

ですのでまずはたくさん借り入れができるように限度額をあげること、これが重要になります。

確実に返済し実績をつければ、自ずと金利は下がってくる

次に返済実績をつけるという方法です。返済実績というのは簡単にいえばどれだけ返済してきたか?という実績です。

仮に今まで10万円返済してきた人と、100万円返済してきた人では全く信用が違うのがわかるでしょう。

10万円を返済するのは難しくはありませんが、100万円返済するとしたらかなり収入がなければ厳しいです。

つまりどれだけの金額を返済したか?が信用につながり、金利を下げることにも繋がるということなのです。

金利を下げるなら最も効果があるのが、この返済実績をつけることと言っても過言ではありません。

自分の収入を増やさないと限度額も増やせない!

最後の一つが収入を増やすという方法です。収入を増やすことが出来なければそもそも金利も減りません。

なぜか、それは限度額も増やせないからです。総量規制があるので借入金額は収入の3分の1以内になるのです。(こちらもご参考に→アイフルでもっと借りる!増額のポイント

だから収入の3分の1以上借り入れをして返済実績をつけるということも、限度額をあげて金利を下げるということも難しくなります。

まずは収入をある程度挙げないと金利をもどんどん下げていくことは難しいのです。

少しくらいなら収入が少なくても金利を引き下げてもらえますが、大きく引き下げてもらいたいなら収入は重要なファクターです。

失敗しないで!金利が上がってしまう注意点について

さて、金利を下げるために限度額をあげたり、収入を増やしたり実績を付ける必要があるということです。

そんな金利をアイフルで下げたいと思っていたにも関わらず、間違って金利が上がってしまった!ということもありえます。

実は金利は何もずっと下がっていく一方のものではなく、上がっていく可能性もあります。

下げたいと思っているのに、間違った行動をしてしまったために金利が上がってしまうハメにならないようにしましょう。

返済忘れは金利も上がれば限度額も下がる!

最も金利が上がる行為として言われているのは、返済忘れです。返済を少し忘れたくらいならまだいいでしょう。

しかし3ヶ月以上遅れてしまえば延滞となって、ブラック扱いになりますが、それまででも不利益をこうむります。

例えば何度も何度も返済日に返済し忘れる、返済し忘れが2週間ほど続くとなれば、金利は上がってしまいます。

金利が上がるというのも18%という法定上限の金利まであげられてしまうので注意が必要です。

そして金利があげられるだけではありません。限度額も少なくされてしまい、追加融資が出来なくなります。

今まで出来ていたのに、枠を小さくされてしまうのです。しっかり返済し終わるまで小さくなるでしょう。

それだけではありません。金利も支払わないといけないですが、遅延損害金についても支払わないといけません。

遅延損害金は金利の二重払いのようになるので、かなり負担は大きいです。アイフルの場合は20%になっています。

金利を払ってさらに遅延損害金を20%支払わないといけないのですから、かなり大変になるでしょう。

ですのでしっかりと遅れないように返済をしていくこと、これが金利を上げないためにも重要なのです。

銀行系カードローンに借り換えるのが結局オトク?

ここまで見てきて「結局アイフルは金利が高いから銀行系カードローンがいいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。

確かに銀行系カードローンの金利というのはお得です。アイフルは18%ですが、銀行系カードローンは15%前後が主流です。

中には14%台や12%台と言った低い金利が上限になっているものもあるので有利に見えるでしょう。

ただこれは有利とも言えるしそうでもないといえるので、非常にややこしいのです。

少しだけ借りる人は銀行系カードローンが有利

銀行系カードローンの表面的な金利を見ると、銀行系カードローンがいいように見えるでしょう。

それは間違いではありませんが、小さな金額を借りるときに有利といったほうがいいでしょう。

つまり10万円とか多くても50万円以内くらいの金額の場合は銀行系カードローンが有利になりがちです。

なぜならそれくらいの金額の場合はたいてい上限金利での貸付になるので、15%前後でかりられるのです。

消費者金融でも同じように上限金利での貸付が多いので18%での借入がメインになります。

というようにだいたい3%位の差がつくことになるので、銀行系カードローンの方がいいわけです。

借入金額が少ない人ほど、銀行系カードローンのほうが有利になりがちというのは間違いではないでしょう。

借入額が多いとアイフルでも十分有利に借入可能

しかし借入金額が少ない人はいいですが、それなりに多い人はどうすればいいのでしょうか。

多くの人がアイフルにしても銀行系カードローンにしてもだいたい100万円前後くらいの借入をしているかと思います。

そういう金額まで借りるのであれば、特にアイフルでも銀行系カードローンでも変わらない事が多いのです。

なぜか、アイフルのような消費者金融も銀行系カードローンも金利が集約していくからです。

例えばですが消費者金融と銀行系カードローンの金利を簡単に比べてみましょう。下記の通りです。

アイフル みずほ銀行カードローン
4.5%~18.0% 4.0%~14.0%

というようになっています。みずほ銀行のカードローンを例に取りましたが下限はだいぶ近いのです。

アイフルでもみずほ銀行カードローンでも、最低金利で貸出をするということはほとんどありません。

ですのである程度の借入をするとなれば、金利がほとんど変わらなくなっていき、近づいていくのです。

アイフルの場合とみずほ銀行カードローンで比べても、たったの0.5%しか最大で代わりはないのです。

ですから借入金額が100万円前後くらいになれば、どちらを使っても一緒と思っていいでしょうね。

金利を下げる最大のポイントはアイフルとの信用だ!

いくつかのポイントを見てきたとおり、アイフルの金利を下げるためにはポイントがありました。

そして間違ってしまうとアイフルで借入金利を一気にあげられてしまうこともあるので、間違わない事が重要です。

では金利を下げるこの最大のポイントを一言で表すならどうなるか?それは信用ということになります。

アイフルから「この人は信用ができる」そう思われたら、アイフル叩く参加してくれるし金利を下げてくれます。

逆に言えば「この人は信用出来ない」と思われたら、金利は上がるし、限度額も下がるということになります。

ですのでいかにアイフルから信用してもらうか?これがポイントになるのではないでしょうか。

アイフルに信用してもらいたいなら繰り上げ返済を

では最後に一つ、アイフルからなるべく信用してもらいやすくするための方法を伝授したいと思います。

その方法は繰り上げ返済です。繰り上げ返済を行えば、アイフルからの信用を得やすくなります。

繰り上げ返済とは簡単にいえば毎月返済している金額とは別に、返済金額を増やして支払う方法です。

アイフルだけでなく他の消費者金融でも出来ますが、一般的に返済が早くなるので好まれています。

完済するのが早くなるし金利支払いの総額が少なくなるからいいと言われますが、金利にも大きく影響するのです。

繰り上げ返済ができる人というのは計画性があって、返済のためのお金を稼ぐだけの能力があります。

返済する能力のある人には優遇してくれるのです。もちろん完済してしまうのがいいですが、難しいなら少しでも大丈夫です。

無理して繰り上げ返済するのはよくありませんが、余裕が有るときには少しでもいいのでやってみてください。

そうすればアイフルからかなりの信用を得ることができるようになるはずです。そして金利も下がる可能性もあります。

ぜひアイフルを使っているなら信用を得るために一度は繰り上げ返済をやってみてほしいと思います。

【参考ページはこちら】
アイフルの利率は本当に損?

新着記事
ページトップへ