> > どうして?ライフカードの事故歴でアイフルの審査に落ちる理由

どうして?ライフカードの事故歴でアイフルの審査に落ちる理由

アイフルは消費者金融ながらも複数の傘下企業を抱えており、その中の一つであるライフカードはかなり有名ですね。

ライフカードは社名そのまま、クレジットカードが非常に人気で、そのサービスを日常的に利用している人も多いでしょう。

しかし、ライフカードは便利ではあるものの、カードローンなどと同じように延滞などに注意しておかないといけません。

何故ならクレジットカードの延滞でもカードローン審査に影響する事があり、特にライフカードの場合はアイフルの審査に顕著に関わっているとも言われているのです。

独立系消費者金融のアイフルが複数の傘下企業を持つ理由

アイフルは独立系の消費者金融とも呼ばれており、大手消費者金融の多くが銀行傘下として活躍する中、アイフルは銀行には加わっていません。
(⇒アイフルは銀行カードローンと何が違う?

かつては三井住友信託銀行と合弁関係にあったものの、現在ではそれも解消されており、独自の立場に磨きがかかっています。

横並びの大手消費者金融の中でもアイフルは非常に目立った存在ですが、特に目立つ点と言えば『複数の傘下企業を抱えている』事でしょう。

これはかつては銀行と合弁会社を設立するなどアイフルに勢いがあった証拠であり、その勢いで増えた傘下企業を今も保持しているのは、ひとえにアイフルが消費者金融として今でも健在な証拠です。

その傘下企業について説明していきます。

  • ライフカード
  • ビジネクスト
  • アストライ債権回収
  • ニュー・フロンティア・パートナーズ

クレジットカード、事業者ローン、債権回収にベンチャー向けの融資企業がアイフルの傘下となっています。

こうした様々な分野の企業を束ねるのがアイフルであり、やはりこの傘下企業と比較してもアイフルが飛び抜けて有名ですね。

しかし、アイフルにも負けない知名度で非常に勢いがある会社が、この中に一つありますね。

クレジットカードならココ!ライフカードの人気の秘密とは

そう、アイフルの傘下企業の中でもライフカードは非常に人気のクレジットカード会社であり、信用保証業務も行っています。

信用保証業務というのは簡単に言えば保証人の代わりをしてくれる事ですが、やはりライフカードのメインはクレジットカードですね。

ライフカードの人気の理由は様々で、以下のようなものがあります。

  • 年会費がずっと無料
  • 利用に応じてポイント還元率が上がる
  • ポイントは様々な物へ交換可能
  • キャッシング機能も完備

どれもクレジットカードのメリットとしては一般的ではあるものの、それだけバランスよくクレジットカードに必要な事を満たしているとも言えますね。

また、実は通常のカードの年会費無料も嬉しいですが、特定条件下で作れる『ライフカードゴールドESPECIAL』はゴールドカード並みの特典があって年会費は無料です。

自分の意志で作るのではなくライフカード側からの提案があった場合のみですが、誘いが来たら是非とも作りたい一枚と言えるでしょう。

さらには実績のあるアイフル傘下という事でバックボーンもしっかりしている…のですが、実はこの点で少し気にしたい事があるのです。

ライフカードとアイフルの利便性を否定するわけではありませんが、どんな融資にも注意事項はありますので、その一環として確認しておく事をおすすめします。

アイフル傘下が実は問題?ライフカード利用時の注意とは

ライフカードはアイフルの傘下企業であり、便利なクレジットカードを提供しているのは間違いありません。

その親会社とも言えるアイフルも消費者金融として優秀…ですが、もしもライフカードを使っていてアイフルに申し込む場合、注意が必要です。

ネット上の噂として非常に良くある話題で、「ライフカードを利用していたらその状況によって審査に影響する」というものがあります。

元々消費者金融というのは消費者金融同士の利用状況を相互で確認出来るようになっており、他社消費者金融の利用が融資審査でネックとなる事があります。

しかしライフカードというのは消費者金融では無くクレジットカード会社…一般的に信販会社とも呼ばれています。

ゆえにライフカードの利用がアイフルに影響するとはぱっと見では考えにくいのですが、それとは裏腹にネットでは関係すると良く言われているのです。

ライフカードを利用していてアイフルを積極的に宣伝される事はありませんが、アイフル本来の知名度もあり、ライフカードと同時に利用する可能性は否定できません。

ライフカードもアイフルのカードローンも非常に便利で、クレジットカードかカードローンが欲しい場合に、双方とも使う可能性は高いです。

それ故に関係するとしたら不安要素になり得ますから、この機会に関係をはっきりさせておきましょう。

アイフルの審査にも影響?ライフカードの利用状況で気になる事

金融業者というのはそれぞれが関係し合っている事が非常に多く、例えば以下の銀行は傘下に消費者金融を持っています。

  • 三菱東京UFJ銀行(アコム)
  • 三井住友銀行グループ(プロミス&モビット)

このように名だたる消費者金融に関しては銀行と組んでいるのが珍しく無く、独立系のアイフルが珍しいというのも納得できるでしょう。

そしてクレジットカードというのは後払いという事で、非常に大まかに解釈するとしたら、カードローンなどの借金に近くなるでしょう。

そうなると傘下にクレジットカード系の会社を抱えていたりすると、親会社の方は利用状況が気になっても不思議ではありません。

クレジットカードの返済が出来ているかどうかはカードローンの返済が出来るかどうかとぱっと見似ていますし、それは審査での材料としては見逃せません。

そこで注目したいのがアイフルとライフカードの関係であり、アイフルは銀行では無いものの、傘下にライフカードという人気のクレジットカード会社を抱えています。

アイフルはどうかは置いておくとしても、上記のような理由から提携先などの情報はグループ企業で共有しているケースが多く、これは金融業界だけの話でもありません。

となると、アイフルとライフカードの関係性も自然と見えてくるでしょう。

ライフカードの事故でアイフルが借りれなくなるのは当然!?

クレジットカードでの返済に延滞すると、所謂金融事故記録が付く事になり、ライフカードでもそれは変わりません。

ライフカードの利用状況というのは親会社とも言えるアイフルと共有しており、ライフカードで事故を起こすとアイフルでも借りられないのは珍しく無いとも言われています。

実際に、ネット上には以下のような意見が見つかります。

  • 「アイフルに延滞した後にライフカードに申し込んだら落ちた」
  • 「提携金融業者同士で情報交換をするのは当たり前」
  • 「そもそもアイフルは消費者金融と信販会社の情報を同時に見れる」

どれも噂とは言っても、聞いてみると非常に納得できそうな理由ばかりで、一概に否定する理由が見つかりませんよね。

そもそもライフカードはアイフルの資本にも繋がりがあると考えれば、ライフカードで延滞して損害を与えた顧客というのは、その上の企業であるアイフルに損害を与えたと同義になります。

クレジットカードとカードローンの審査難易度が全て同じと考えるのは難しい事だとしても、基準を共有していたとしたら、資本が関わるのなら自然な話です。

金融業者はそうした審査基準について口外する事はまずあり得ないのですが、むしろライフカードとアイフルが完全に無関係の方があり得ないですね。

そうでなくともクレジットカードの延滞をしてしまう人がカードローンの返済能力があるとも思えませんので、自分で申し込みの自粛も検討すべきでしょう。

情報共有を明言する場合も?保証会社にも注目してみよう

アイフルはライフカードとの情報共有を明言しているわけではありませんが、中には明確に『提携業者と情報を共有しています』と規約に記載されているケースもあります。

例えば、前述した三菱東京UFJ銀行とアコムは、金融業者同士の連携としては非常に分かりやすくなっています。

三菱東京UFJ銀行とアコムの関係としては、三菱東京UFJ銀行でカードローンを作る場合は保証会社としてアコムが設定されています。

これが何を意味するか、かいつまんで説明しましょう。

アコムが保証会社になる事により、アコムが借入を受ける人の保証人的な立場になる為、実質的にアコムが融資審査をします。保証会社になると保証料が収益となる為、消費者金融の多くは保証会社としても力を入れています。

ちなみにこの保証料は銀行カードローンの金利に含まれているケースがほとんどの為、私たちが別途意識するケースはありません。

そして借入先は銀行となる為に、銀行系業者が閲覧できる情報として記録されている…この意味が分かりますか?

つまり保証会社となったアコムは銀行のお金を貸し出す為に銀行系融資の利用歴、そして消費者金融の利用歴も見る事が出来るのです。

ここでアイフルとライフカードに戻りますが、双方とも信用保証業務を行っており、これはクレジットカード系の情報です。

三菱東京UFJ銀行とアコムの関係とは多少異なるものの、双方ともクレジットカード系の情報が閲覧できる…つまり、ライフカードの情報をアイフルが見れるのも自然です。

むしろ提携業者という事で資本を同じくしていれば、よりシームレスに情報交換していると考える方が当然でしょう。

ライフカードの利用はチャンス!アイフル審査を有利に変えよう

提携の形はどうあれ、多くの場合は双方の利用状況を利用した審査を行う事となり、特に延滞は注意深く見ている事でしょう。

ここまではネガティブな情報ばかりに注目していきましたが、カードの利用状況というのは悪い情報ばかりではありません。

頻繁にクレジットカードを使い、返済も特に問題がない場合、それは金融業者の目にどう映るでしょうか?

ライフカードをきちんと利用している場合、その情報をアイフルが参照していたとすれば、むしろアイフルの評価は上がっています。

クレジットカードの実績とはどんなものか、今一度振り返ってみましょう。

  • 毎月のように買い物や光熱費支払に利用
  • リボ払いよりも一括など返済が素早く遅れない
  • キャッシング枠もきちんと利用している

最近はクレジットカードで光熱費などの固定費を支払う人が多く、ライフカードは使うほどお得になるので、支払をまとめるのは効率的です。

しかも効率的というだけでなく、きちんと返済をしていればそれは紛れも無く実績であり、それがアイフルに自然に繋がるとなると有り難いですね。

ただ、ちょっとだけ注意したいのが一番下のキャッシングの利用についてであり、これは真面目に利用していても注意点があります。

アイフルの審査にも深く関わっていますので、次項にてじっくりと解説をしていきます。

キャッシング枠が強くアイフルに影響を及ぼす一つの理由とは

ライフカードのキャッシング枠というのは追加機能のようなもので、この機能ではカードローンとほぼ同じように現金が借りられます。

この機能を搭載する事でライフカード一枚で買い物も融資もこなせますが、ここで影響するのが総量規制という決まりです。

総量規制は貸金業者からの融資に影響し、最大でも年収の三分の一までしかお金を借りられません。これは全ての貸金業者から借りている合計額で計算されます。

クレジットカードには買い物枠であるショッピング、融資枠であるキャッシングとありますが、双方で総量規制があるわけではありません。

  • ショッピング枠は総量規制の対象外
  • キャッシング枠は総量規制の対象でカードローンなどと影響し合う

なので年収が300万円の人でライフカードでキャッシング枠を50万としていた場合、今からアイフルで借りる場合は最大で50万円までとなります。

ライフカードとアイフルのカードローンを持つ場合、キャッシング枠の管理にご注意下さい。

そしてこうした事実がある事も、アイフルとライフカードの繋がりが強いと分かる理由の一つになります。

総量規制は常に監視?到達後急に借りれなくなる事も!?

例えば非常に稀なケースですが、複数の消費者金融のカードを持つなどして、ライフカードから総量規制以上のキャッシングを受けようとしたらどうなるでしょうか?

そうなるとATMに挿入して操作した場合、急に使えなくなっている事が実はあるのです。これは口コミでも良く見かけます。

急にカードローンが使えなくなる理由は他にもあるのですが、総量規制というのは到達したら、このように急に使えなくなる事があります。

急に融資が使えなくなるという事は、総量規制に関しては相手からの連絡も無く監視されているという事が分かり、総量規制は消費者金融と信販会社に適用されています。

アイフルのカードローンとライフカードのキャッシング枠が双方で規制の対象というのなら、双方が情報を交換して監視をしていないといけませんよね?

この事からもライフカードとアイフルの密接な繋がりが分かりますし、総量規制での関係性を納得させる体験談は他にもあります。

  • 収入が下がった事をアイフルに申告したらライフカードの枠が凍結された
  • アイフルに過払い金を請求したらライフカードも使えなくなった
  • 凍結されても返済を続けたら両方の枠が回復した

総量規制というのは単なる制限というだけでなく、アイフルとライフカードの関係を知るにも参考材料となりますね。

あなたはどちら?アイフルとライフカードのうち一つを選ぶなら

総量規制は私たちの借り過ぎを防止してくれる法律ですが、大金を借りたい人にとっては希望額がどうあれ、制限に対して息苦しさを感じるでしょう。

そうした総量規制下で融資を受ける場合、カードによる融資なら一枚に集約する方が賢いと言えます。

カードでの融資というのは、以下の特徴もあって複数枚所有するのは賢くありません。

  • 総量規制は双方で影響している
  • 限度額が少ないほど金利は上がる
  • 返済日がカード毎にバラバラになりやすい

例えばカードローン一枚で50万円借りるのと、複数枚の合計で50万円借りるのだと、実質的な負担に差が出る事が多いです。

それに加えて返済日がまばらになると入金などの処理が面倒で、忙しい毎日を送る人の場合はうっかりミスの発生を招きます。

さらに総量規制もあるのなら複数に分けて持つ意味がますます無くなるので、アイフルかライフカードか悩む人も、ライフカードにキャッシング枠を付けるならどちらかにすべきでしょう。

とはいえ、融資初心者の方にとってはどちらをどう選ぶか判断基準もまだ無いと思うので、双方の利点について分かりやすく説明していきます。

融資のみならアイフルで決まり!圧倒的にお得な3つのポイント

それではまず、アイフルのカードローンのスペックについて記載します。

商品名 限度額 金利
キャッシングローン 最大500万円 4.5%?18.0%

このスペック表だけでは分からないかもしれませんが、アイフルが推奨できるポイントは3つに分かれています。

  • 限度額が豊富
  • 金利もキャッシングよりお手頃
  • 年会費無し

この事から分かるのは『融資以外の機能が一切不要の場合、アイフルのカードローンが圧倒的に便利』という事です。

そもそもクレジットカードのキャッシング枠というのは大抵がおまけ的な扱いである事が多く、限度額も金利も充実させにくいです。

そんな枠しか無いのに急に大金が必要になったら、どうしますか?

その点アイフルなら借入の機能に特化している分、金利も限度額も満足のいく数値となり、維持費もかかりません。

余計な機能なんて不要だと言えるのなら、むしろアイフルのカードローンしか選択肢が無いとも言えるでしょう。

一枚で色々出来る!多機能がウリのライフカード3つの利点

続きまして、ライフカードの最も標準的なキャッシング枠のスペックを記載します。

商品名 限度額 金利
ライフカード(年会費無料) 最大200万円 15.0%?18.0%

ライフカードは作るカードのタイプによってキャッシングの性能なども変化しますが、共通した利点があります。

  • 買い物にも融資にも使える
  • その他にも様々な特典がある
  • 海外でも利用可能

カードローンというお金を借りられるカードの多くは、融資という単一の機能以外は持ち合わせていません。

しかしライフカードのようなクレジットカードの場合、一枚で融資も買い物もこなせるので非常にスマートです。

カードを常に複数枚携帯する事は予想以上にかさばって面倒なのですが、一枚で色んな機能、そして特典が受けられるのは無視できません。

さらに、カードローンは日本国内専用に対して、ライフカードは国外でも買い物及び融資を利用する事ができます。

ライフカードは融資の性能こそアイフルに劣るかもしれませんが、融資以外の機能も非常に大事だと言う場合、これ一枚で何でもこなせるようになるでしょう。

これで情報共有も心配無用!?融資利用で最も大事な事を再確認

アイフルとライフカードの関係と情報共有について今回は学んでいきましたので、最後にまとめをしておきましょう。

  • ライフカードはアイフルの傘下企業
  • アイフルとライフカードは情報共有をしている可能性が高い
  • 共有しているなら良い条件も悪い条件も伝わっている

これらの点から今回のテーマの締めとして皆さんに伝えたいのは、『情報共有があっても問題の無い場合は気に過ぎなくて良い』という事です。

ライフカードを先に利用していてこれからアイフルに申し込む場合、確かに延滞があれば問題となるでしょう。

しかし、逆に言えば『問題を起こさない限りはどんな情報が共有されても困らない』という事です。

それどころかライフカードで実績を積んでおくと、アイフルのカードローンを作る際にプラスとなり、審査に通過しやすくなったりより良い条件で借りられたりします。

また、総量規制が気になるならライフカードのキャッシング枠を外しておけば、さらにアイフルへの影響は弱まります。

クレジットカードでの買い物枠も気になるところですが、やはり役目が同じのキャッシング枠の方がアイフルにとっては重要ですからね。

お互いが影響していたとしても、私たち次第でその問題に関してはいくらでも解決できるわけです。

二枚持ちもあり!?アイフルとライフカードの双方と契約するコツ

総量規制の事を考えるならカードは一枚持ちが良い…先にそう書きましたが、実はアイフルのカードローンとライフカードのクレジットカードの二枚持ちもおすすめできます。

それは、以下のような条件を満たした場合です。

ライフカードを作る際はキャッシング枠を予め外しておき、融資を受ける場合はアイフルのカード、買い物はライフカードでこなすようにすると便利です。

クレジットカードのそもそもの特徴として、『キャッシング枠を付けるかどうかは本人次第』という点があります。

そしてキャッシング枠があるとアイフルの融資枠にもダイレクトに影響がある為、これを外す事でアイフルの審査にも通りやすくなります。
(⇒アイフルの審査基準とは?

さらに買い物ではライフカードを、融資ではアイフルのカードローンを使う事により、双方の得意分野を活かした使い分けが可能となります。

欠点を言えば常に二枚のカードを携帯する事になる点ですが、これは利点に比較すると欠点としては小さなものです。

特にカードローンもクレジットカードも多用する人ほど、こうした柔軟な使い分けが活きてくるでしょう。

カードは一枚に集約すべきではありますが、役目が違うカードなら得意分野毎に分けた方がお得なのです。

【参考ページはこちら】
アイフルが審査厳しいって話は嘘?

新着記事
ページトップへ