> > 確定申告書でもオッケー?アイフルの増額申請には何が必要か

確定申告書でもオッケー?アイフルの増額申請には何が必要か

アイフルは、最高500万円という十分な融資限度額が、魅力のひとつでもあります。

しかし、誰もが500万円借りられるというわけではなく、借り入れ限度額はその人によって違っているのです。

中には、審査によって、希望通りの限度額に達しない場合もあるでしょう。

そんな時は、諦める前に、増額を考えてみてはいかがでしょうか。

アイフルでは、一定の条件をクリア出来れば、利用中に限度額の増額をすることも可能なのです。

では、「自分は増額出来るのか」、「増額をするにはどうしたら良いのか」、また「増額するには何が必要なのか」、といった、よくある質問にお答えしていきたいと思います。

もう少し借りれたら…アイフルでは限度額を増やせる?

アイフルの最高融資限度額は、最高500万円であり、このどんなシーンにも対応出来る額が魅力のひとつでもあります。

キャッシングをするには、人それぞれ理由があると思いますが、どんな目的に利用するにしろ、少しでも多く借りられれば、それに越したことはないでしょう。

限度額が大きければ大きいほど、その利用範囲も広がるはずです。

もちろん、少額を繰り返し利用するのが理想的なのですが、何か目的がある場合は、ある程度まとまった額を必要とする場合もあるでしょう。

しかし、借り入れ限度額というのは人によって違っています。申し込み時の審査によって決まるのです。

その人の返済能力に合った額が設定されるので、中には希望通りの額を借りられなかったと言う方もいらっしゃるでしょう。

「本当はもう少し借りたい」という方も多いはずです。そんな時、限度額が増額出来たら助かりますよね。

では、アイフルでは増額が出来るのでしょうか。

答えはイエスです。ある一定の条件を満たせば、アイフルでは限度額の増額が可能なのです。

申し込み時に希望通りの額を借りられなかった方にも、まだチャンスがあるというわけですね。

アイフルの嬉しい増額!誰でも申し込めるの!?

増額は、今よりさらに借りられる、嬉しいチャンスですが、忘れてはならないのは、誰でも出来るわけではないということです。

では、増額するにはどんな条件が必要なのでしょうか。

増額に大事なのは信頼関係!申し込み時同様審査される?

増額に必要なのは、まずなんといっても信頼関係です。これは申し込み時にも必要なことですね。

さらにお金を借すのですから、アイフルとしても、やはり信頼出来る相手であることが最も重要なのです。

そのため、増額の申し込みをすると、増額可能かどうかの審査が行われます。

その審査ポイントと、判断基準を条にしてみました。

増額審査ポイント 審査基準
生活環境の変化 住宅購入・引越しなどの大きな変化はないか
職業の変化 転職・転勤などの大きな変化はないか
利用状況 ある程度の期間信頼ある利用を続けているか

まず、申し込み時から、住居などの生活環境が変わっていないかですが、これはマイホームの購入や、引越しなどで、大きな出費がなかったかどうかをみます。

大きなお金の支出は、返済能力に大きく影響するからです。

そして、次に大事なのが、収入の変化です。これも返済能力に大きく影響しますね。

具体的には転職や転勤などがなかったかどうかです。

また、こうした経済状況の安定性とともに重要なのが、利用状況です。ある一定の期間、キチンと利用を続けていたかどうかです。

申し込んでから数ヶ月しか経っていなかったり、また利用中に返済遅滞などがあった場合は、信頼出来ないため、増額するわけにいかないのです。

増額するための4つの条件を知ろう!まずは自己診断を!

そこで、そうした審査基準をクリアしているかどうか、自己診断をしてみましょう。

増額可能となるための条件は、ズバリ次の4つです。

  • 住居など、生活面での大きな変化はなかったか
  • 転職や転勤など、職業上の大きな変化はなかったか
  • 最近他社からも借り入れをしなかったか
  • アイフルで半年ほど利用を続けてきたか、また返済遅滞は無かったか

いかがでしょうか。この4つの条件を全てクリアしているかどうかが、増額可能かどうかの目安になるでしょう。

生活面や職業面での変化で経済上問題は無いか、また他社からの借り入れ状況や、アイフルでの利用状況によって、返済能力に問題はないかを判断するのです。

もちろん、これらを全て満たしていても、必ずしも増額出来るとは限りませんし、逆に条件によっては、どれかを満たしていなくても、増額出来るかもしれません。

あくまでも最低限のチェックポイントだと思っていただければ良いでしょう。

実際に増額出来るかどうかは、アイフルの会員ページか、または会員専用ダイヤルで確認してみしょう。

また、増額の申し込み自体も会員ページや会員専用ダイヤルでそのまま出来てしまいますし、その他、インターネット、店頭窓口、契約ルームでも出来ます。

申し込み時同様、来店不要で手続きが出来るのが嬉しいですね。

増額するにはどうしたらいい?申し込みに必要なものは何か

このように、増額するには会員ページから便利に申し込めますし、他にもインターネットや電話からも申し込めます。

では、そんな申し込み時に必要なものは何でしょうか。

必ず必要になるとは限りませんが、申し込み時に必要とされる書類と同じだと思ってください。

では、申し込み時に必要な書類を表にしてみましょう。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 各種保険証
  • 基本台帳カード
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証名証/li>
  • 公的証明書類(氏名・住所・生年月日・顔写真あり)
収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 支払調書
  • 所得証明書
  • 年金証書、年金通知書

本人確認書はいうまでもありませんね。オールマイティの運転免許証で良いですし、もしお持ちでなければ、健康保険証などの公的証明書でオッケーです。

そしてもうひとつ必要となるのが、収入証明書です。これは表に挙げてあるもののうち、どれかひとつ用意すればオッケーです。

しかし、わざわざ区役所や税務署で発行してもらうものだと、揃えるのに面倒だったりするでしょう。

そんな中で、わざわざ取りに行ったりしなくても良いものとなると、給与明細書や源泉徴収票、また確定申告書などではないでしょうか。

確定申告書しか用意出来ない!それでも増額申請出来る!?

会社員などであれば、収入証明書として、給与明細書や源泉徴収票が簡単に用意出来ますね。

しかし自営業の方や、アルバイトの方などの場合では、必ず使用する確定申告書が、最も用意しやすいものかもしれません。
(⇒アイフルを利用できる職業は?

増額を申し込みした場合、申し込み時のように、必ず書類が必要になるとは限りません。

しかし、限度額を増額して50万円以上になる場合や、他社からの借り入れと併せて100万円以上になる場合には、必ず収入証明書の提出が必要となります。

そんな時には、自分が用意しやすいものをどれかひとつ用意する必要があります。

もちろん、確定申告書しか用意出来なくてもオッケーです。増額申請は出来るので安心してください。

アイフルでは、増額申請が来店不要で出来るばかりでなく、必要書類も、確定申告書など、簡単に用意出来るものがひとつあれば大丈夫なのです。

限度額に満足していない方は、簡単に出来るアイフルの増額で、希望額を借りられるチャンスを手にしてみてはいかがですか。

【参考ページはこちら】
アイフルで増額したいなら知っておきたいこと

新着記事
ページトップへ