> > コンビニATMなら夜間取引にも対応!アイフルの借入方法を紹介

コンビニATMなら夜間取引にも対応!アイフルの借入方法を紹介

アイフルではお金を借りることが出来る、それは知っていますよね。しかし、どうやって借りるのか詳しく知っていますか?

発行されたカードを使ってATMから利用する、そのようなイメージがあるだけではないですか?

アイフルの借入方法は1つだけではありません。そして、利用可能な時間帯も借入方法によって違うのです。

借入方法をしっかりと把握しておけば、その時に最良な方法で利用することも可能となりますよ。

アイフルの借入方法は3つ!それぞれの特徴を知っておこう

アイフルには3つの借入方法があります。

  • インターネット、電話での振込融資
  • アイフルATMからの融資
  • 提携金融機関・コンビニATMからの融資

インターネットや電話から、口座への振込を依頼することが出来るという借入方法は知らない人も多いかもしれません。

自宅・外出先、どこからでも、自身の口座へ希望金額の振込をしてもらう事が出来るという方法ですね。

直接、手元に現金を得ることが出来るわけではありませんが、口座からの引き落としがあるのに残高が危ない!そういう時には大きな助けとなります。

また、カードを使った借入は、アイフルATMだけで使用できるわけではありません。アイフルには提携金融機関や提携しているコンビニATMがあるのです。

  • セブン銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 親和銀行
  • イオン銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ローソンATM
  • E-net

これらのATMを利用することが出来ます。

カードを使った借入は、その場ですぐに現金を手にすることが出来るというメリットがあります。

買い物でも、支払いでも、飲み会でも、旅行でも、すぐに対応することが出来るわけですね。

アイフルでは3つの借入方法から自由に選択することが出来る
振込融資は口座引き落とし対応に、ATMからの借入は現金がすぐ必要な時に便利

振込融資、ATMからの借入、お金が必要な状況に応じて借入方法を選ぶと良いでしょう。

夜間取引もOK!利用できるコンビニATMは要チェック

アイフルでの借入方法は、全てが24時間対応しているわけではありません。夜間に利用したいと思えば、夜間取引に対応している方法を選択する必要があるわけです。

コンビニATMでの借入は、24時間対応となっているので、夜間・早朝でも安心して利用することが出来るのです。

ただし、全てのコンビニATMが提携しているわけではありませんし、全てのコンビニにATMが設置されているわけでもありません。

先ほど紹介しましたが、アイフルが提携しているコンビニATMは次の3つです。

  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • E-net

セブン銀行のATMは、セブンイレブンへ設置されていることが多いですね。

E-netは、ファミリーマートやポプラ、ミニストップなどのコンビニに設置されているため、多くのコンビニで利用できる可能性があるのです。

ただし、基本的に24時間対応しているATMでも店舗によって営業時間が異なる可能性はあります。

また、メンテナンスで利用できない日時がある場合もありますので、そこは注意しておく必要がありますね。

自分が普段行くコンビニに、アイフル提携のATMが設置されているか、その営業時間はどうなっているのかを確認しておきましょう。

コンビニATM利用時は手数料が発生!

コンビニATMは、夜間でも利用することが出来るとても便利なものです。

ただ、コンビニATMを利用するときは利用時間に関わらず利用手数料が発生してしまうということは忘れてはいけません。

ATM利用時の手数料をチェックしておきましょう。

利用ATM 1万円以下の入出金 1万円を超える入出金
アイフルATM 無料 無料
コンビニ等提携ATM 108円 216円

アイフルの自社ATMを利用する際は、入出金の利用がいくらになっても、利用手数料は発生しません。

しかし、コンビニ等提携先のATMを利用すると、利用金額に応じて108円もしくは216円の手数料がかかってしまいます。

利用手数料は高額なものではありませんが、回数を重ねていけばそれなりの金額になってきますよね。

手数料無料のアイフルATMと24時間利用可能なコンビニATM、うまく利用していきたいですね。

振込融資は対応が後日になる事も!?依頼時間と振込時間に注意

自身の口座へ直接入金してもらう事が出来る振込融資は、インターネットで24時間依頼が可能というメリットがあります。

しかし、依頼が24時間出来るだけで振込を24時間行ってくれるわけではないという点には注意しておく必要があります。

まずは、振込融資の仕組みについて知る必要があります。振込融資は、依頼を受けたアイフルが直接振込をするわけではありません。

金融機関が対応をしている為、その金融機関の営業時間でなければ振込んでもらえないのです。

金融機関の窓口対応等の営業時間は、基本的に15時までですよね。ですから、15時が1つの目安となります。

ただし、15時直前に依頼をしても、その日の業務が立て込んでいる事も考えられますよね。対応が翌営業日となってしまう可能性も出てくるのです。

ですから、確実に即日振込をしてもらいたい!ということであれば、14時を1つの目安として考えておきましょう。

依頼時間 振込時間
平日14時まで 依頼当日中の振込
平日14時以降 翌営業日

金曜の14時までに振込依頼をすれば、金曜の内に口座へ振込が行われる可能性は高くなります。

しかし、14時以降の振込依頼をした場合、翌営業日は週明けの月曜ですよね。ですから、月曜の振込になってしまうのです。

連休等を挟めば、依頼してから振込までに1週間程度の時間を要することもあるわけですね。

振込融資は依頼してから振込までに時間がかかることがある
すぐに現金が必要な場合は、依頼時間に注意しておこう

振込融資を利用する場合は、依頼時間と振込時間にはタイムラグがあるという点をしっかりと把握しておきましょう。

必要最低限での利用OK!アイフルの借入は1,000円から可能!

限度額内で自由に借入できるとなると、どうしても借りすぎてしまう心配が出てきますよね。

ATMからの借入をする場合、消費者金融によっては1万円単位でなければNGという場合もあります。

本当は5,000円で良いのに、1万円借入をしなければいけなくなってしまうのです。

こうやって少しずつ借入金額が増えてしまえば、返済金額も増え、返済期間も長くなってしまいます。

しかし、アイフルでは1,000円からの借入が可能です。本当に必要な金額だけ、借入することが出来るのです。

アイフルの返済金額は、借入後残高に応じて変わります。借入後残高が10万円増えれば、返済金額は2,000円から4,000円増えていくのです。

必要な分だけを借入して、返済金額が大きくなり過ぎないように気をつけましょう。

【参考ページはこちら】
比較すればわかる!アイフルが選ばれる理由

新着記事
ページトップへ