> > アルバイトでも問題無し!アイフルは職業に関係なく借りられます

アルバイトでも問題無し!アイフルは職業に関係なく借りられます

アルバイトというと本来は学業や本業の片手間に行う仕事であり、基本的には非正規雇用、つまりは不安定な立場です。

不安定な仕事は景気に左右されやすく、業績悪化とともに切られる事も珍しく無いので、融資の審査でも厳しい結果になりやすいです。

しかし、アイフルではバイトでも借りられたという意見が多く、実際に職業制限を宣言しているわけでもありません。
(⇒アイフルを利用できる職業とは?

アイフルは本当にアルバイトでもOKで、他の金融業者はダメなのでしょうか?職業による融資の疑問にお答えします。

アルバイトで融資審査が不利になる3つの理由とは?

アルバイトは多くの方がご存知のように、非正規雇用での働き方であり、不況下の現在では非常に多くの人がこれに該当します。

アルバイトでしか収入を得られずに生活していると、不便な事も多いと思います。そして、融資を受ける時にもその不便さを実感するでしょう。

アルバイトにて仕事をしている場合、フルタイムでも学生バイトなどでも、融資審査においては不利になります。

実際にアルバイトして働いていると分かるかもしれませんが、主に以下のような理由が、融資審査において足を引っ張る事になります。

  • 景気によってはすぐに失職する
  • 失職後の保証が充実していない
  • 年収が基本的に少なく安定しない

どれも融資審査では非常に大事なポイントで、特に仕事がすぐに無くなりやすいというのは、金融業者は見逃しません。

フルタイムで働いている場合でもそうなのですから、学生の片手間バイトの場合、より一層不利になるのは目に見えていますね。

借りられないわけじゃない?バイトでもカードローンならOK!

例えばアルバイトの身分で住宅ローンなどに申し込むと、ほぼ確実に審査に落とされる事でしょう。

住宅ローンというのは融資の中でも非常に大口の融資なので、審査が厳しいというのは当然なのです。

ですが、カードローンの場合は消費者金融、そして銀行までもが多くの人に融資をしており、それこそアルバイトでも十分借りられる可能性があります。

カードローンについて軽く触れておくと、以下のような説明になります。

☆カードローンについて
カードローンとは、審査によって設定された限度額内であれば、いつでも現金融資が受けられる方法です。その特性から、大衆向けの融資として、多くの金融業者で門戸が広く解放されています。

このような特徴がありますが、どちらかと言えば銀行の場合は消費者金融よりも審査が厳しく、学生だと銀行カードローンを作るのはやや厳しいです。
(⇒アイフルの柔軟な審査は学生にもおすすめ!

しかし消費者金融の場合、銀行では貸せない人にも貸し付けるケースが多く、学生バイトでも借りられる…そんな評判もある業者も存在しています。

アイフルはバイトでも問題無しと言える簡単な理由とは?

消費者金融というのは銀行とは違い、融資のみを行う貸金業者と呼ばれる存在です。

そしてこの消費者金融、日本では非常に多数存在しており、その多くがアルバイトでもOKとしています。

こうした消費者金融の中でも、アイフルは特にアルバイトでも借りやすいと評判が高いです。

アイフルがアルバイトでも借りやすいとされる理由についてですが、実は至極簡単です。アイフルには、以下のような文言があります。

●アイフルが利用できる方
給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生等。

ここにきちんとバイトでも問題ないと書かれている事が、何より学生でも借りられる証拠にもなるのです。

アルバイトでもOKと企業側が明記していると、わざわざ電話などで「アルバイトでも良いですか?」と聞く必要はありません。

とりあえず、これにてアルバイトでもどうかという不安は拭えるでしょう。

アルバイトにアイフルがおすすめ出来る2つの理由とは?

アイフルがアルバイトでも借りられるのは一目でも分かるし、そもそも他の消費者金融とて、バイトでは無理というわけでもありません。

そんな中、何故アイフルが特にアルバイトにもおすすめできるかというと、以下の2点が特に目立つとされます。

  • 初回利用向けの小口融資がある
  • 元々審査が緩く貸し付け実績が高い

アイフルには消費者金融の利用が初めてという方向けに、専用の小口融資があります。

サービス名 限度額 金利 特徴
わんポチッと。 最大10万円 18.0% 書類レスで利用できるお手軽カードローン

この『わんポチッと。』は少額融資のみですが、その分使い過ぎの心配は無く、アルバイトの人でも作りやすく使いやすいという、ニーズに合いやすい商品です。

また、融資審査通過率というのを発表しているのですが、それが一番高いという事は審査が緩い事であり、アルバイトでも安定して借りやすいという事実に繋がります。

借りやすく、アルバイト向きの商品もあるという事で、アイフルはアルバイトの人に推奨されているのです。

アルバイト以外も制限無し?アイフルは誰でも借りられるのか

アイフルはアルバイトでも問題ない上に、アルバイトでも使いやすいという非常に優れた業者です。

しかし、アルバイト以外の仕事で制限されている事はあるのでしょうか?

これは先ほど様々な仕事が大丈夫である事を説明した通り、以下の一点さえ守れていれば、アイフルが大きく制限する事は無いでしょう。

アイフルは仕事の内容より、『収入が定期的あるかどうか』というのを非常に重視します。収入さえ証明できれば、仕事の内容というのは問われにくいのです。

多くの人が融資を受ける前に勘違いしているのですが、『仕事の内容』よりも、大半の融資は『収入があるかどうか』が大前提となります。

例えば仕事に関しては在籍確認電話にて調べる事になりますが、この在籍確認を不正に通過させる為の、架空の会社代行というのも実は存在しています。

しかしそれと違って収入というのは、収入証明書類というある程度公的な機関でも通用するような、重要書類の提出が必要です。

収入の方が偽装しやすそうに見えて偽装しにくく、それに仕事がどうであれ、収入がある以上は返済も出来るという事になるのです。

通りやすさには注意?制限は無くとも職業で変わる事とは

○○という仕事だから、最初からアイフルは無理…そんな事にはならないのですが、一つ注意が必要です。

仕事で借りられるかどうかは断定されませんが、仕事内容によっては有利、若しくは不利になってしまう事は良くあります。

以下、有利な職業と不利な職業の主な例です。

☆融資審査で有利な仕事
・公務員
・大企業の正社員
・医師
☆融資審査で不利な仕事
・アルバイト・パートなどの非正規雇用
・個人事業主などの会社に勤めていない人
・水商売

これを見ると分かりますが、審査に有利な仕事は『安定した職業』、審査に不利な仕事は『不安定な職業』となっている事が分かります。

アイフルは確かにアルバイトでも借りられるのですが、大金を借りる事は難しいと理解すれば、制限は無いけど不利ではあるという事実のイメージが掴めます。

アイフル以外も制限無し?バイトでもOKな大手消費者金融一覧

消費者金融は多数存在しているのは説明通りですが、その中でも特に目立つ、大手消費者金融というのはバイトでも良いのでしょうか?

借入先 限度額 金利 バイトでの融資可否
アコム 最大500万円 4.7%~18.0% 可能
プロミス 最大500万円 4.5%~17.8% 可能
モビット 最大800万円 3.0%~18.0% 可能(安定した収入がある方)

一覧表で見ていただけると分かりますが、どこもアルバイトでの融資は制限されていません。

尚、表の融資条件は、全て最も使いやすいカードローンでの表記になります。

アイフルの場合、ほぼ同条件のカードローンに加えて『わんポチッと。』がありますので、小口融資ならアイフルが一歩先を行っていると言えます。

となると、アルバイトはみんなアイフルを使うべきなのでしょうか?

大手ならどこでも良い?バイトが消費者金融を選ぶコツ

アイフルがアルバイトでもおすすめなのは変わりませんが、アイフル以外が絶対にダメという事にはなりません。

アイフルにはアルバイトに嬉しい特性が揃っていますが、そうした特性以上に別の要素を重視するなら、バイトOKの消費者金融ならどこでも構いません。

例えば、先に説明した大手消費者金融には、それぞれ以下のような特徴があります。

借入先 特徴
アコム クレジットカード一体型カードローンがある
プロミス ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
モビット Web完結申し込みを使えばカードレスの融資になる

このように、消費者金融というのは各社ならではのサービスがあり、アルバイトだからバイト特化の業者じゃないとダメなんて事はありません。

アルバイト向けの利点がそこまで重要ではないのなら、上記特徴を見て、一番使いたいと思ったところを選んでも良いのです。

アルバイトも収入次第!?年収による制限に注目

アイフルならアルバイトOKで小口融資も得意ですし、他の大手消費者金融も普通に使う事ができます。

ですが、アルバイトOKであっても融資を受けられないケースは存在しており、それには『総量規制』というルールが関係しています。

☆総量規制のルールについて
総量規制とは、消費者金融に課せられた『融資額は最大でも年収の三分の一まで』とするルールです。アイフルも消費者金融なので、当然この影響を受けます。

アルバイトは比較的短時間の仕事である場合も多く、その場合は年収による制限が厳しいですし、これはアルバイト以外でも適用されます。

アルバイトという雇用形態であるかどうかに関わらず総量規制は発生しますが、もしもアルバイトでちょっとの時間しか仕事をしていない場合、注意しましょう。

あまり考えられない事ですが、カードローンの最低限度額は10万円である事が多いので、年収が30万円を切るようなら危ないです。

そこまで年収が低いケースは本当に稀ですが、学生バイトで不定期な仕事の場合、自分の年収はしっかりと計算しておきましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルの明細で借金がばれないためには

新着記事
ページトップへ