> > 誰でも500万借りれる?アイフルの融資限度額はこう決める!

誰でも500万借りれる?アイフルの融資限度額はこう決める!

アイフルでは「最高融資限度額500万円」となっています。

さて、ここで問題です。誰でも500万円借りれるのでしょうか?

その答えをこれから述べていきますね。

アイフルではカードローンに申込みをする時に「希望限度額」を入力することになっています。(こちらもご参考に→アイフルの借入額はどうやって決まる?

1万円~500万円の範囲内で希望額の入力となるのですが、誰でも希望額を借りることができるのでしょうか?

ここではそういった疑問を解決していきますよ。

そして融資限度額は高額に設定するべきなのか、いくらに設定するべきなのか、融資限度額の決め方も見ていきましょう。

絶対に知っておくべき!アイフルの融資限度額を決めるのは誰?

アイフルの融資限度額は500万円となっています。これはアイフルのサイトを見てもハッキリ書いてありますね。

そのためアイフルでお金を借りようと思ったら500万円以内で利用限度額を決めることになります。

ところで利用限度額を決めるのは誰なのか知っていますか?

  • 申し込む人
  • アイフル

どちらだと思いますか?

先に述べましたがアイフルでは基本的に申込む人が希望限度額を入力することになっています。

そのため、あなたが「100万円借りたい」と思えば希望限度額に100万円と入力すると良いのです。
(⇒主婦でもアイフルで20万借りられる?

アイフルでは希望限度額の入力欄に返済金額の目安も確認できるようになっていますので活用すると参考になりますよ。

借入残高 返済方法:サイクル制の返済金額 返済方法:約定日制の返済金額
50万円 15,000円 13,000円
100万円 30,000円 26,000円
150万円 35,000円 31,000円
500万円 70,000円 66,000円

いかがですか?100万円の希望限度額であれば返済金額は30,000円or26,000円となりますね。

この返済金額の差は返済方法に違いがあるからです。

  • サイクル制は35日周期で返済
  • 約定日制は毎月返済

サイクル制は約定日制よりも次の返済日まで間が空きますが、毎回の返済金額が約定日制よりも高額となっています。

返済できる金額から希望限度額を決めても良いですね。

知らないと落ちるかも?融資限度額には総量規制がかかる

さて、アイフルでは申込む人が希望限度額を入力することを紹介しましたね。

けれど希望限度額を入力する前に知っておかないといけないことがあります。

それが「総量規制」ですね。お金を借りようと思っていろんなサイトを見ている人は目にしたことがある言葉かもしれません。

「総量規制とは年収の1/3を超える借入れは出来ない」というルール ですね。

そのため希望限度額が100万円であれば年収は300万円以上必要となります。

年収 借入可能額
100万円 30万円
300万円 100万円
900万円 300万円
1500万円 500万円

アイフルの融資限度額となる500万円を借りようと思ったら年収1500万円以上の人が対象となるのですね。

やはり誰でも500万円借りれるというコトは無いのです。

アイフルもビジネスとしてお金を貸しているので返済できる見込みがない人にはお金を貸すことはできないのです。

貸金業法が改正される前であれば希望すればするほどお金を貸していた金融機関もあります。

けれど、自己破産をする人が増えたり、貸し倒れする企業が増えたので2010年に改正貸金業法が施行されることになったのです。

借りれるだけ借りるのが良いわけではないのですね。必要な分だけ借りて返済することがポイントですよ。

知っていると得をする!利用限度額を増額する方法

改正貸金業法では以下の場合には収入証明書の提出を義務付けています。

  • 1社で50万円を超える借入れ
  • 他社と合わせて100万円を超える借入れ

そのため、初めて申し込みをする場合は収入証明書が不要な50万円以下の人が多いです。

そうすることで収入証明書の提出が減り、アイフルも書類の確認が省けるので借入れまでスピーディに行うことができますよね。

また初めての申し込みであればアイフルとまだ信頼関係が築けていません。

そういった理由からも高額な利用限度額の設定は難しい場合があります。

つまり、初めての申し込みであれば希望限度額を高額に入力しても50万円以下の利用限度額となる可能性が高くなっています。

そこで提案するのが「増額」となるのです。

知っておきたい!増額のポイント

アイフルの増額は半年以上の利用実績で可能となります。

その間に返済の遅れが一度でもあれば増額は出来ないので返済日はしっかり守りましょう。

増額の申し込み方法は以下から選べます。

  • インターネット
  • 窓口
  • 電話

また、アイフルでは増額可能になった時点でaiメールで「限度額増額の案内」が届きます。

そのため申込むのが面倒だという人でもアイフルが増額可能だと思った時点でカンタンに増額ができるのです。

アイフルでは最初の申し込みではまだ信頼関係が築けていないので利用限度額は低めに設定されるものです。

けれど、そこから増額を繰り返して最高利用限度額に近づけていくことができるのです。

審査に通るためのテクニック!申込み時の融資限度額はこう決める

ここで融資限度額について、これまで見てきたことを整理しておきましょう。

  • アイフルでは申込む人が希望限度額を入力する
  • 融資限度額には総量規制が関係する
  • 初めての申し込みでは高額の融資はムリ

つまり、いくら位を借りたいのか融資の希望額を出すのは申込む人です。

けれど、最終的にいくらまで借りれるのか利用限度額を提案するのはアイフル側となります。

そして、高すぎる限度額を希望していると審査に落ちる原因となっていまします。

自分の年収を見て少なくとも年収の1/3を超える金額を希望することはやめておきましょう。

年収を超えるほどの高額な借入れを希望していると返済計画を立てているのかアイフル側も不安になりますよ。

  • 融資希望額は必要最低限で申し込む
  • 高すぎる希望額は審査に落ちる原因になる
  • 最高でも借入希望額は年収の1/3が目安

つまり、年収300万円の人であれば希望限度額の目安は年収の1/3の100万円となりますね。

これが最高の借入金額となります。

そのため必要な金額が10万円であれば希望限度額も欲張らずに10万円としておく方が審査に通りやすくなります。

審査に通るには借入希望額は小額な方が好印象ですよ。

また、アイフルでは利用目的も選択するようになっています。

  • 生活費
  • レジャー
  • 冠婚葬祭
  • 物品購入
  • 旅行費用
  • 引越費用
  • 教育資金
  • 事業資金
  • その他

複数選択も可能となっているので利用目的を選んでおくと希望限度額が高額であっても必要な金額であることが伝わりますね。

利用目的と希望限度額が妥当であれば高額であっても審査に通る可能性はありますね。

しかし、それには高額の借入れができる年収や属性が必要となりますよ。

以上のことから融資限度額を決める時には以下がポイントとなりますね。

  • 年収に見合っているか
  • 借入れ目的に合っているか
  • 返済に無理はないか

【参考ページはこちら】
アイフルは限度額多めに借りられる?

新着記事
ページトップへ