> > 学生がアイフルで借りたい時にチェックすべき2つのポイント

学生がアイフルで借りたい時にチェックすべき2つのポイント

学生のアナタは、実習の準備や講義のテキスト代、サークルの活動費などでお金に困ったことはありませんか?

一人暮らしなら、余計にお金に困る時もありますよね。

でも、仕送りをしてくれる親にお金が足りないとは言いにくいですし、友達に相談するのも難しいでしょう。

そんな時には、お金を貸すことを仕事としている消費者金融から借りれば、誰にも迷惑をかけることはありません。

では、消費者金融だったらどこでも学生にお金を貸してくれると思いますか?

実は、全ての消費者金融から借りられるわけではなく、学生ならだれでもOKでもないのです。

では、借り入れ先に学生でも利用できるアイフルを選んだ場合、どんな人なら借りられるのか、チェックすべき2つのポイントを見てみましょう!

アイフルなら本当に学生でも借りられる?その根拠とは

アイフルなら学生でも利用できると言いましたが、本当なの?と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、学生がアイフルを利用できると言える根拠から確認しておきましょう。

アイフルは、はっきりと学生が利用できると案内しています

アイフルは、学生でも利用できることを明記しています。

どこに書かれているのかというと、ホームページのよくある質問に対する回答がまとめられた部分です。

その中に、『誰でも申し込みが可能なのか』という質問があるのですが、それに対してアイフルは、下記のような人であれば借り入れができると回答しています。

  • 給与所得者
  • 自営業者
  • アルバイト
  • パート
  • 出向社員
  • 嘱託社員
  • 派遣社員
  • 専業主婦ではない主婦
  • 学生

これを見ると、アイフルは幅広い人を融資の対象としていることがわかりますね。

この中に『学生』も含まれていますので、アイフルでは学生も借り入れが可能だとわかるのです。

学生ならだれでも借りられるわけではありません

しかし、借り入れができるとされている人なら、無条件で借り入れができるわけではありません。

その中で、アイフルの基準を満たす人のみがお金を借りることができるのです。

アイフルの基準と言われても、何だかピンとこないと思われたかもしれませんね。

その中でも、これを満たしていないと絶対にお金を借りることができないというポイントが、2つあります。

では、それらの詳細を確認していきましょう。

アイフルでは利用できる人の年齢に制限があります

アイフルでは、返済能力があるかどうかという観点から、利用できる人の年齢に制限が設けられています。

アイフルを利用できるのは、満20歳以上、69歳までの人です。

お金を借りたいと思ってこの記事を読んでいる学生のアナタが、もし20歳になっていないのであれば、残念ながらアイフルを利用することはできません。

その場合は、成人するまで待つしか方法はありません。

これは、アイフルに限ったことではなく、多くの消費者金融が20歳以上の人を融資の対象としています。

なぜ未成年は消費者金融を利用することができないの?

そもそも、なぜ未成年が消費者金融を利用することができないのかというと、民法によって、未成年者単独では法律行為ができないことが決められているからです。

そう言われると難しく聞こえるかもしれませんが、簡単に言い換えると、判断力が未熟な未成年が不利な契約をさせられることから守るため、未成年者は一人で契約ができないよう制限されているということです。

消費者金融との契約は、法律行為のうちの一つです。

そのため、未成年が契約をする時には、親など法定代理人となっている人の同意を得なければいけません。

親からの同意が無いまま未成年が契約をするとどうなるのかというと、その契約自体を後で取り消すことが可能です。

つまり、未成年者が親の同意が無いまま単独で消費者金融と契約した場合、後で親がその契約を取り消せるわけです。

さらに、損失の返還を請求することも難しくなっています。

消費者金融としては、後から取り消されるかもしれず、さらに損失の返還を請求することも難しいハイリスクな契約を、あえて結ぶことはしないということですね。

唯一例外なのが、学生を対象とした学生ローンです。

学生ローンも、多くのところが20歳以上の人を対象に融資していますが、18歳から借り入れができる消費者金融がごく少数ですがあります。

収入が無い学生はアイフルを利用することができません

アイフルでは、さらに借り入れができる人の条件を下記のように定めています。

定期的な収入があり、さらに返済能力もある人

つまり、収入が無い人はアイフルを利用できないのです。

アルバイトをしていれば収入があると見なしてもらえます

収入があることが条件で、返済能力も必要だと言われると、学生だからそこまでの力は無いかも…と不安になるかもしれませんが、心配はいりません。

なぜなら、最初にアイフルで借り入れができる人として紹介した中に、アルバイトの人も入っているからです。

カードローンの中には、利用するための条件として正社員であることを求めるものもあるのですが、アイフルは違います。

アルバイトをしていて、定期的に収入を得ていれば、学生でもアイフルから借り入れができます。

短期アルバイトはNGです

しかし、アルバイトをしていれば何でもいいのかというと、そうではありません。

実は、短期のアルバイトをしているだけでは、アイフルからの借り入れは難しいと言えます。

なぜなら、アイフルで借り入れをするには、定期的な収入が必要だからです。

短期のアルバイトの場合、たくさん入れることもあれば、それが終わったらアルバイトをしばらくしないこともありますよね。

つまり、収入がある時とない時の差が大きいわけです。

アイフルとしては、貸したお金を毎月きちんと返済してくれることを求めています。

そのため、短期のアルバイトだといつ収入が無くなってもおかしくないため、定期的な収入とは見なされず、お金を貸してもらえません。

アイフルからの借り入れを考えている学生の場合、長期のアルバイトをしていることが、アイフルから借りるためのポイントです。

審査結果によっては通らないことも!考えられる条件

年齢制限を満たしていて、さらにアルバイトをしていても、アイフルからお金が借りられない時があります。

なぜ借りられなかったのかは、アイフルから理由が知らされることはありません。

しかし、最初に確認した年齢制限やアルバイトによる収入以外で、アイフルから借りられない原因として考えられることはいくつかありますので、確認してみたいと思います。

収入に対して希望金額が高すぎる場合

アイフルは消費者金融なので、貸金業法という法律を守っています。

その中に、いくらまでならお金を貸せるかという、法律上の決まりがあります。

その決まりとは総量規制と呼ばれるもので、アイフルが貸してもいいのは、借り入れをする人の年収の3分の1までです。

アナタの毎月の収入はいくらですか?

学業をメインにして、それ以外の時間を利用してアルバイトをしているのが学生ですから、そこまでの収入にはならないのではないでしょうか。

それを年収に換算して、その3分の1までなら借りられる可能性があるということです。

自分の年収の3分の1を超える高い金額を希望した場合、お金の管理をする能力は大丈夫かと疑問を持たれてしまいます。

さらに、消費者金融は、最初から貸せるお金のギリギリの金額まで貸してくれることはありません。

その人が本当に返してくれるとわかったときに、利用限度額が増額できることはあります。

しかし、最初から貸せるギリギリのお金を貸したとして、返してもらえなかったら困るので、最初は低めに利用限度額を設定します。

そのため、年収の3分の1より少ない金額を希望することで、審査に通りやすくなると言えます。

後から使うかもしれないから高い金額を希望するのではなく、必要な金額を希望する方が、審査にずっと通りやすくなります。

すでにアイフル以外に借り入れがある場合

すでにアイフル以外の借り入れがある場合、下記の理由からそれ以上の借り入れが難しくなります。

  • 総量規制で制限された金額を超える
  • 返済が難しいと思われる

すでに借り入れがある場合、年収の3分の1を超えやすくなります。

それは、総量規制の範囲内かどうかを見る時、複数の業者から借りている場合、その金額を合わせて計算するからです。

他社から借り入れしている金額と、アイフルから借りようとしている金額を合わせて、年収の3分の1を超えてしまう場合は、それ以上は貸せないと判断されてしまいます。

また、すでに他社に借り入れがあるということは、かなりお金に困ってあちこちから借りようとしているのだと判断される原因にもなります。

そういう人に貸しても、返済してくれるとは思えないので、これ以上のお金は貸せないと判断されてしまいます。

そのため、すでにアイフル以外の借り入れがある場合、審査に通るのはかなり難しいと言えます。

学生のアナタはきちんと返済できる金額を考えて借り入れしよう

学生ならではの理由でお金が必要になることは、学生生活を送るうちに何度かありますよね。

しかし、学生がお金を借りる場合は特に、利用の仕方に注意が必要です。

お金が必要な時期が重なって、この時期だけ乗り切れればいいのに…という理由でお金を借りることがあるのは、まったく構いません。

ですが、ちょっとお金に困ったからといって、たびたび借り入れをするような使い方はお勧めできません。

そのような使い方をすると、借り入れ金額が増えて、返済が難しくなるからです。

学生のうちから返済できないような状況を作ってしまうと、この先何かでお金が必要になった時に、下記のような理由でとても困ります。

  • 滞納が続くとアイフルからの借り入れができなくなる
  • 個人信用情報機関に情報が掲載され、アイフル以外でも新たな借り入れが制限される

では、どういうことなのか確認しましょう。

返済が滞るとアイフルからの新たな融資がストップされます

返済が長期に渡って滞ると、アイフルからの新たな借り入れができなくなります。

なぜかというと、今貸しているお金を返すこともできないのに、新たな融資をしても返済できるとは思えないからです。

当然のことですが、新たな融資が受けられなくても、これまでに借りたお金の返済をしないわけにはいきません。

返済が遅れれば遅れるほど、遅延損害金がついて、ますます支払う金額が増えてしまいます。

アイフルの遅延損害金は20%です

余分な利息を支払わないようにするためにも、滞納はしないように気をつけましょう。

ただし、下記のような場合は、すぐに新たな融資をストップされることはありません。

  • うっかり返済日を忘れて返済が遅れてしまった
  • お金が無くて返済日には返済できなかったけどその後きちんと返済できた

返済する意思があることがわかる場合は、アイフルもすぐに融資を止めるようなことはしません。

うっかり返済日を忘れてしまった場合は、アイフルから連絡がありますので、すぐに返済しましょう。

返済日にお金が無いけれど、別の日なら返済できる場合は、自分からアイフルに連絡を入れて、返済を待ってもらうよう相談すると、返済する意思があると思われ、滞納してもそれほど印象が悪くはなりません。

しかし、遅れなく返済するのが一番印象がいいのは当然なので、返済日にきちんと返済することを目指しましょう。

個人信用情報機関に情報が載ると新たな借り入れが制限されます

長期滞納してしまって、アイフルからお金が借りられなくなったのなら、別のところから借りればいいんじゃないかと思う人がいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、この考え方は大きな間違いです。

アイフルで3カ月以上の長期に渡って滞納すると、滞納したという情報が個人信用情報機関に登録されます。

個人信用情報機関は、個人の借り入れに関する情報を扱っている機関で、下記のような情報が載せられています。

  • いつ借り入れをしたか
  • どの業者から借り入れをしたか
  • いくら借り入れをしたか
  • 返済上何らかの問題はないか

滞納した場合、返済上の問題として情報が載せられます。

国内には3つの個人信用情報機関があるのですが、それらは情報を共有していているので、どこで滞納したとしても、それぞれの金融機関が返済上の問題に関する情報を照会することができます。

返済に関する問題の情報の掲載期間は、下記の通りです。

問題の内容 掲載期間
長期延滞 最長で5年
代位弁済 最長で5年
債務整理 最長で5年
自己破産 最長で10年

代位弁済は、支払いができなかった場合に保証会社に代理でアイフルへの返済をしてもらい、その後は保証会社にお金を返して行くものです。

債務整理は、法律にのっとって、返済を軽減してもらうなど、条件面で整理をすることです。

自己破産は、法律によって返済を全て免除してもらう方法です。

学生のアナタには、関係ないよと思われるかもしれませんし、条件面で整理してもらえたり返済を免除してもらったりできるのなら、その方が楽でいいと思うかもしれません。

しかし、これらの問題を起こすと、先ほど確認した期間は情報が掲載されたままですから、他のどこからもお金を借りることができなくなります。

それは、カードローンだけの話ではありません。

車を買う時に利用するカーローンや、住宅ローンなど、お金を借りること全てにそれがついてきます。

そうなると、車や家を買いたくても買えない状態に陥ることになります。

まだ若い学生のアナタには、これから欲しいものもたくさんあるでしょうし、また必要なものもあることでしょう。

それなのに、お金が借りられない状態を作ってしまうと、諦めるしかなくなります。

返済がきちんとできなかったことが原因でそうなると考えると、滞納などの問題を起こすことはできませんよね。

自分が本当に返済できるかどうかを考えて借り入れをしよう

では、お金が返せなくならないようにするためにはどうすればいいのか、考えてみましょう。

学生のアナタの場合、下記のような点に気をつけてお金を借りれば、返済できなくなる可能性が低くなります。

  • 本当に必要なお金以外借りない
  • 余裕ができたらすぐに返済する
  • 買うものと買わないものをきちんと分ける

学校の講義に必要なテキストや、実習に必要なものを買うお金など、どうしても必要な物のためにお金を借りる場合、余分に借りないことが大切です。

余分に借りると、つい別のことに使いたくなります。

さらに、借りた分には利息がつきますから、多くのお金を借りれば借りるほど、支払う利息も多くなります。

そうならないように、本当に必要なお金だけを借りるようにしましょう。

また、アルバイトで給料をもらうなど、余裕ができた時には、早目に返済してしまうこともできます。

アイフルの場合、返済額を多くすることもできますから、返せそうだと思った時に多く返しておけば、返済できなくなりにくいですし、利息を抑えられるメリットもあります。

返済できるうちにしておけば、お金を別のことに使ってしまう心配もありません。

それから、買うものと買わないものはきちんと分けて、どうしても欲しいものにだけお金を使う習慣をつけることも大切です。

お金を借りると、それに慣れてしまう危険性があります。慣れると、今までは我慢できていたものでも、我慢が難しくなることがあります。

お金が借りられるからと何でも買ってしまうと、だんだん返済が大変になります。

そのため、買うもの・買わないものをしっかり分けて考えることも大切です。

返済できるようなら条件をチェックして借りてみよう

学生のアナタがアイフルを利用するためには、まず絶対に返済ができるように計画を立てることが必要です。

きちんと返済できることを確認したうえで、借り入れをしても大丈夫だと思ったら、学生がアイフルで借りるために満たすべき、下記の2つの条件に合っているかどうかをチェックしてみましょう。

  • 年齢が20歳以上であること
  • 長期のアルバイトをしていて定期的な収入があること

返済がきちんとでき、これらの条件に当てはまっている学生は、アイフルから借り入れをすることができます。

【参考ページはこちら】
アイフルを利用できる職業とは?

新着記事
ページトップへ