> > あったらいいの?アイフルで所得証明を提出するメリットとは

あったらいいの?アイフルで所得証明を提出するメリットとは

所得証明を用意してほしいと言われたら、何を用意したらいいのか分からない、なんだか面倒に思えるなど、デメリットを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

しかし、アイフルなどの消費者金融でお金を借りたいと思ったら、所得証明の提出を求められることがあります。

みなさんは、何のために所得証明を提出するか、ご存知ですか?

もちろん、消費者金融側が必要だから、という答えがあるのは当然ですし、それも理由の一つです。

しかし、所得証明書は、消費者金融にとって必要なだけではなく、実は利用者にも提出するメリットがあるのです。

では、どのようなメリットがあるのか、所得証明について詳しく見ていきましょう。

アイフルが所得証明の提出を求める理由

まずは、アイフルが所得証明の提出を求める理由から確認したいと思います。

なぜアイフルが所得証明の提出を求めるのかというと、法律に従った貸し付けをするためです。

貸金業者は利用者の年収の3分の1までしか融資ができません

消費者金融であるアイフルは、お金を貸すことを目的とした、貸金業者です。

貸金業者は、貸金業法という法律を守って経営を行っています。

その法律によって、貸金業者が融資できる金額が厳密に決められています。

それが、利用者の年収の3分の1までです。

この制限は総量規制と呼ばれ、多くのお金を借り過ぎて返済できなくなる人が相次いだことを受けて、借り過ぎを防ぐ目的で、貸金業法が改正された時に入れられたものです。

このような決まりができたことから、アイフルは利用者の年収をきちんと調べ、法律の範囲内で融資をする必要が出てきました。

そこで、所得証明を提出してもらうことで、それをチェックしているというわけです。

申し込みの際に書く書類またはネットで申し込む際の申し込みフォームには、年収を記入する欄があるのですが、これは虚偽の申告をしようと思えばできてしまいますよね。

そこで、裏付けを目的として、収入証明の提出を求めているのです。

アイフルの場合どうしても用意できなければ提出しなくてもいい!

実は、アイフルは、収入証明を用意できなくても申し込みは可能と案内しています。

提出を求められた時に、書類がすぐに用意できないこともありますよね。

そのような時に備えて、アイフルでは、収入証明を用意できなくても申し込みができるように考えられています。

しかし、この方法で申し込むと問題点が出てくることがあります。

それに関しては、後ほど詳しく確認したいと思います。

法律の関係で所得証明書の提出が必要なことも!その条件とは

アイフルでは、所得証明が用意できなくても申し込めるよう考えられていますが、所得証明は、法律によって必ず提出しなければならないと定められている場合もあります。

では、どのような時に必ず提出を求められるのか、見ていきましょう。

貸金業法によって提出が必要な場合が決められています

アイフルに限らず、消費者金融を利用する際には、貸金業法によって収入証明書を必ず提出しなければいけないことがあります。

それが、下記の場合です。

  • 1社での利用限度額が50万円を超える時
  • 複数の業者からの借入総額が100万円を超える時

そのため、アイフルもこの取り決めに従っています。
(⇒アイフルの契約書提出方法とは

アイフルでは原則として収入証明の提出が必要です

貸金業法による決まりと、アイフル独自の取り決めとを合わせて、アイフルでは以下の場合に契約をする前の収入証明の提出が求められます。

  • アイフルでの利用限度額が50万円を超える時
  • アイフルでの利用限度額と他社での借り入れ金額を合わせて100万円を超える時
  • 審査の過程で必要な時

審査の過程で必要な時とは、例えば就業状況を確認したい時など、アイフルが審査の際にあったほうがいいと考えた場合を言います。

また、上記の場合に当たらなくても、アイフルでは契約後に収入証明の提出を求めています。

貸金業法には先ほど確認したように総量規制もあるので、それに基づいて年収と利用限度額の兼ね合いをみるために書類が必要だということです。

ただし、原則としてなので、アイフルからの利用限度額が50万円以下の場合や、アイフルの利用限度額と他社との借り入れを合わせても100万円を超えない場合は、収入証明を提出しなくても済むことがあります。

法律も関係してくることなのに、なぜそれで済むの?と疑問に思われたかもしれませんね。

それは、アイフルは審査の過程で職場への在籍確認を行うからです。

過去の顧客のデータから、会社規模や業種などの情報があると、ある程度アイフルがその人の年収を推測することが可能なのです。

また、それによって、申し込みの際に記入した年収が正しそうかどうかを確認することもできます。

そのため、申し込みの際に記入した職場で本当に働いていることがわかれば、収入証明を提出しなくても申し込み用紙の年収の情報を元に、年収の3分の1におさまっているかどうかをチェックできるわけです。

所得証明を提出することの利用者側の3つのメリット

それでは、上記の内容を元に、所得証明を提出することによる、利用者側のメリットを見てみましょう。

所得があることがはっきり証明できる!

所得証明を提出することで、所得があることをはっきり証明することができます。

アイフルでお金を借りるためには、下記の条件を満たしていなければいけません。

  • 年齢が20歳~69歳
  • 定期的な収入がある
  • 返済能力がある

審査に通るためには、収入があることと、返済がきちんとできる能力が必要です。

所得証明を提出することで、収入があることの証明ができるわけです。

収入が無いと、どうやってもお金を返すことができませんから、収入は一番重視されます。

収入があることも返済能力の一つですし、それと合わせて返済日の管理などの返済能力も必要なのです。

また、年収も合わせてわかりますから、申し込みの際に虚偽の申請をしていないことの証明にもなりますね。

借りられないと困るからと、収入を多く書いてしまう人は、実際にいます。

しかし、嘘を書くと審査には通りませんので、後で裏付けを取られることを知って、正直に申請することが大切です。

利用限度額が高くなることも!

先ほど、アイフルで収入証明が必要な場合を見た時に、アイフルで50万円を超える借り入れをしたい場合は、貸金業法によって収入証明の提出が義務付けられていることを確認しました。

それ元に考えると、収入証明が用意できない場合は、利用限度額が50万円以下になることになります。

これが、先ほど触れた、収入証明を提出せずにお金を借りる際の問題点です。

年収の3分の1まで借り入れができる可能性があることを考えると、年収が150万円を超えている人の場合、収入証明を提出することでより多くのお金を借りることができる可能性があるのです。

より多くのお金を借りたいと思うのなら、収入証明書の提出が欠かせないということですね。

在籍確認の代わりにできることも!

アイフルを利用する際、職場への在籍確認が憂鬱だという方はいらっしゃいませんか?

在籍確認は職場に電話をするという方法で行われますが、それが不都合なこともありますよね。

例えば、普段個人宛ての電話がかかってくることが無いような職場だと、急に個人宛ての電話がかかってきたら何事かと怪しまれます。

また、個人情報の関係から誰がいるのかを知らせないような規定になっている職場だと、自分がその会社に在籍していることを証明できないので、それが原因で審査に通らないこともあります。

利用者としてはとても困る状況ですが、アイフルとしては、本当に仕事をしているかどうかが確認できない人にお金を貸すという危険を避けるために、在籍確認ができない人にはお金を貸さないのが普通です。

しかし、在籍確認ができない理由がある場合は、それをアイフルに相談することで、在籍確認を電話以外の方法に代えてもらえます。

  • 健康保険証
  • 直近の給与明細2カ月分

二つのうちのどちらかを提出することができれば、アイフルではその会社に在籍していると見なしてもらえます。

給与明細は、アイフルでは所得証明の一種として扱われています。

他の所得証明で代替することはできませんが、直近の給与明細を2カ月分提出することで、在籍確認をしてもらうことが可能です。

所得証明を提出することの、意外なメリットですね。

求められたら必ず提出して審査に通りやすくしよう

所得証明を提出することで、利用者にもメリットがあることがわかりました。

では、実際に所得証明を提出する時のことを考えてみましょう。

アイフルで有効な所得証明の種類

アイフルでは、下記のものが所得証明として有効ですので、いずれかを用意しましょう。

また、注意点もありますので、それも合わせて記載します。

書類の種類 注意点
給与明細書 直近の2カ月分が必要、あれば賞与明細も
源泉徴収票 公的年金や退職所得に関するものは除く
納税通知書・住民税決定通知書 住民税決定通知書は市区町村発行で毎年6月頃に勤務先を通して届くもの
所得証明書 市区町村の役場で発行してもらうもの
確定申告書 税務署の受付印・税理士印・電子申告の場合受付日時と受付番号があるもの
青色申告決算書 税務署の受付印・税理士印・電子申告の場合受付日時と受付番号があるもの
収支内訳書 税務署の受付印・税理士印・電子申告の場合受付日時と受付番号があるもの
支払調書 報酬や料金、契約金、賞金などに関するもの
年金証明または年金通知書 アイフルでは年金のみが収入だと契約できないのでその他定期的な収入が必要

これらの中から、準備しやすいものを選んで提出しましょう。

所得証明はあなたに収入があることを証明してくれます

アイフルで利用できる所得証明の種類を見てもらったらわかると思いますが、いずれも市区町村や勤務先、税務署など、公的な機関が関わっていて、あなたに収入があることを客観的に証明してくれるものになっています。

自己申告の場合、虚偽の申請をすることもできますが、これらの書類は嘘を書くことができないものです。

そのため、これらを提出することでアイフルからきちんと収入があると信用してもらえます。

消費者金融との取り引きは信用で成り立っているので、アイフルから信用してもらうことでよりスムーズに取り引きができます。

そのため、法律的には提出が義務付けられていない場合でも、所得証明をきちんと用意して提出することをお勧めします。

【参考ページはこちら】
アイフル使い方次第で利息が大きく変わる?

新着記事
ページトップへ