> > 福岡銀行からの利用も可能!アイフルは提携先銀行も多くて便利

福岡銀行からの利用も可能!アイフルは提携先銀行も多くて便利

現代のカードローンは、昔と違って提携先が違っています。アイフルの場合、福岡銀行からでもATM利用ができるようになりました。

これはアイフル以外のサラリーマン金融でも同じです。現代では、銀行とサラリーマン金融の棲み分けもなくなってきています。

なので、アイフルようなサラリーマン金融を利用する場合、先にどのような業者と提携しているか知っておいたほうが、利用する側にとっても便利であったりするのです。

アイフルと福岡銀行は提携している

アイフルと福岡銀行は提携している?という質問を、インターネット内で見かけることがあります。
(⇒西日本銀行もアイフルの提携先銀行?

回答からとなりますが、アイフルと福岡銀行は提携しています。このような提携をグループに属しているというのですが、提携というのは基本的にお互いで協力しあっている状態を言います。

アイフルの場合、ATMの利用で福岡銀行が提携してくれているので、福岡銀行を通じてアイフルカードを利用することは可能です。

通常のカードローンでは、「専用端末(専用ATM)」を通じてカードローン利用しなければなりません。

ですが、それでは「端末が設置されている店舗」まで、お客様が足を運ばないといけないのです。その問題を解消するために、他の業者と提携してATMサービスが利用できるよう工夫されています。

福岡銀行のような銀行との提携も、今では馴染まれている人が多いです。

ですが、他にも下記のような業者ともアイフルは提携を結んでいる形となっています。

  • コンビニに設置されているATMと提携
  • 大型スーパーに設置されているATMと提携

大型スーパーなどに設置されているATMは、「銀行ごと」に案内が出ています。

その中には福岡銀行なども含まれるので、結果的に提携しているのと変わらない状況になっているのです。

提携ATMのメリット・デメリット

次に銀行グループと提携しているATMのメリット・デメリットを案内していきます。

提携ATMは単純に便利なだけでなく、利用手数料がサービスされている場合が多いので、手数料分はメリットに該当します。

これに関しては通常の借金を前提に考えるとわかりやすいです。

通常の借金では、借金1回毎に手数料が発生します。

振込を受ける場合は「振込サービス」。今では入出金サービスと言われていますが、手数料が発生する割合や料金が高いため、提携しているATMのほうが割安なのです。

提携しているATMの場合、「○回までは手数料無料」というものが増えています。

有名なものでは「セブン銀行」などが有名です。サラリーマン金融のほとんどで利用できるネットバンクなのですが、指定回数以上で利用しなければ、実質0円でお金の入出金をATMで行えるのです。

全国展開しているコンビニで利用できるサービスのため、福岡銀行のように便利なサービスとして評価されています。

ただ、このような提携しているATMにもデメリットはあります。

有名なデメリットでは「利用の時間帯」を把握するのが面倒というデメリットがあります。

銀行というと営業時間は全営業先で固定・・・と思われている人がいます。

ですが、銀行によっては「17時以降はサービス停止」という営業先も存在するのです。都会と地方でサービスが違うこともありますので、予想していたより使いにくいATMも存在すると思って良いです。

ただ、提携しているATMを一度だけ利用する・・・という人は中々いません。

大半の人は、先に下調べをして使いやすいATMから、アイフルカードローンなどの利用をされているはずです。つまり、デメリットではあるのですが、使い慣れている人にとっては余りデメリットでもないのです。

サービスを利用するうえで知っておいたほうが良いこと

アイフルカードローンは、福岡銀行などの提携先を利用することで、カードローンの入出金が便利になると案内しました。

ですが、その他のサービスを良く知らないで利用すると損をすることもあります。例えば、サービスには会員サービスがあるのですが、会員サービスでは数種類以上のサービスを受けることが可能です。

会員サービスを利用することで、ご利用残高・ご融資余裕額・ご返済日といったカードローンに関する情報を確認できます。

また、「提携している各種金融機関」に対して振込を行ってくれるサービスまであります。

振込に関するサービスですが、会員サービス内で申込む必要があります。

「カード不要・来店不要」でインターネットから申込できるので、時間を無駄にしないで済むようになります。

カード不要でどうして利用できるのか?ですが、これは提携先で融資を受けた状態になるからです。

カードローンというと、ATMにカードを差し込んで入出金するもの・・・と思ってしまいますが、このような利用は今ではずいぶんと古い対応となっています。

今では、「キャッシング申込サービス」で振込を受けることができるからです。

電話を入れる形でも同様のサービスを受けることができます。つまり、アイフルとの間で契約を交わしてからは、他の金融機関を通じてカードローンの利用が可能になるのです。

手数料無料で利用できるサービスなので、あまり時間がなくて銀行などに行けない・・・という場合にご利用ください。

ネットバンキングサービスとも相性が良い

先ほどのキャッシング申込サービスの補足となりますが、ネットバンキングサービスとも相性が良いので、その案内も行わせていただきます。

ネットバンキングサービスというのは、銀行口座をネットのみで操作できるようになるサービスです。

銀行口座開設後に、ネットバンキングサービスへ申込を行われると、「ネット専用の口座が開設」されるようになります。

基本的に本人の申請が必要なサービスなので、銀行側が自動的に開設するネットの口座ではありません。

ネットバンキングサービスも、ネットからの申込に対応してますので時間はかかりません。

ネットバンキングが開設されていると、そちらの口座に対してキャッシング申込が行える(※)ようになります。
※提携先の銀行のネットバンキングであれば対応可能という意味です

現代のショッピングやサービスに対する注文というのは、実は「インターネットのみ」で対応してくれます。

つまり、カードローン契約を結んだ後にネットバンキングにキャッシング申込をされると、ネット内で利用できるショッピングやサービスの購入は、自宅だけで対応が可能となるのです。

カードローンを持つと、カードを利用して支払いを行う必要がある・・・と思ってしまいますが、このようなシンプルでスムーズな使い方も今では行えるようになっています。

ATM以外の提携により発生するメリット

先ほどから提携に関する案内をさせていただいておりますが、提携というのはATMとの繋がりばかりで、お互いにメリットがあるわけでもありません。

近年では、ATM以外でも提携によるメリットを出そうと、下記のような取組を行っている業者が増えています。

  • インターネットからで口座開設を同時に行える
  • クレジットカード一体型カードローンの販売
  • カードローン利用で評価が高まる
  • キャンペーンの告知

このようなサービスが含まれるようになっているため、利用してみるとATM以外でも得をすることが多くなってきているのです。

例えば、インターネットからで口座開設を同時に行える場合、福岡銀行で返済を行うことが可能です。銀行選びが面倒という人は、なるべくカードローン申込時に口座開設も依頼しておきましょう。

他にもクレジットカード一体型カードローンも、今では人気の商品として知名度が上がってきている商品です。

本来カードローンは、「キャッシング利用枠」しか用意されていません。ですが、クレジットカードの申込で通ると、「ショッピング枠、キャッシング枠」の2種類でカード利用できるようになるのです。

そのため、本来は「30万円以内までしか借りられない」人でも、クレジットカード一体型であれば「50万円以上で借りられる」ことがあるのです。

  • キャッシング枠:30万円
  • ショッピング枠:50万円

わかりやすく枠内の限度額を上記に記載してみました。

キャッシング枠はカードローン同様で30万円のままです。ですが、ショッピング枠は「総量規制対象外」のため、さらに50万円を借りることが可能です。

総量規制とは、借入額が年収の3分の1を超えてはいけないという規制です。

年収が少ない場合、キャッシング枠がすぐに限界を迎えてしまうのは、総量規制による規制が「銀行以外の借入」ではかかってしまうためです。

しかし、クレジットカード一体型であればショッピング枠が規制の対象外となるため、「通常より多く借りられる」ことが多いのです。

サラリーマン金融だけでは取り扱っていないことが多いため、銀行とサラリーマン金融が提携することは、借入の自由度を広げる意味でも機能しているのです。

ただ、すでにショッピングローンなども多く組まれている場合、キャッシング枠・ショッピング枠共に「20万円以内」になることもあります。

銀行と提携するようになり変わったことは他にもある

銀行とサラリーマン金融の関係についてですが、昔は「棲み分け」がされていました。

なので、銀行では「多目的ローン」の取り扱いが中心となり、カードローンも同様の目的で販売されていたのです。

サラリーマン金融では、「個人向け小口融資」としてカードローンが販売されていましたが、これはどのサラリーマン金融でも同じ仕組みとなっています。

しかし、今では銀行が大手サラリーマン金融などを傘下にしている(銀行グループにしている)ので、そのようなサービスの違いであり、棲み分けも発生しなくなっているのです。

例えばアイフルであっても、以下のような多目的ローンに対応するように変わっています。

  • 冠婚葬祭
  • 医療
  • 生活支援
  • 資格取得
  • トラベル

多目的ローンを使えるようになった背景ですが、今では「新規顧客獲得」に励んでいるサラリーマン金融が多いためです。

銀行グループに属すようになったアイフルでも、その辺りは他のサラリーマン金融と違いありません。

昔に比べると、前述の総量規制により総貸出金額が伸び悩んでいる状況となっています。そのため、サラリーマン金融は「質より数」が求められるように変わりました。

提携というと、「余裕が生まれる」というイメージがありますが、銀行・サラリーマン金融の両方が、新しい営業を始めるために対応しているだけ・・・なのです。

銀行側がサラリーマン金融との提携を求めている理由について、今では下記のような理由があることも知られています。

  • サラリーマン金融のノウハウを得られる
  • サラリーマン金融の顧客を得られる
  • サラリーマン金融が保証会社の対応を行ってくれる

「保証会社」という言葉について解説すると、「審査時の保証を受け持つ会社」という意味です。

今では、担保・保証人は不要でカードローン契約が結べます。

その際の審査をサラリーマン金融が行っているので、サラリーマン金融にノウハウがある分、リスクについても小さくなっているのです。

本来であれば審査に通すかどうかで悩む相手であっても、サラリーマン金融が信用できる相手か審査するため、銀行も迷わずお金を貸し出せるという提携上の強みがあります。

実際にこのような信用がサラリーマン金融にはあるため、アイフル以外でも「プロミス、レイク」が保証会社となっている銀行カードローンは存在します。

銀行が運営を務め、サラリーマン金融は保証会社を務めるというのは、現代では定番の組み合わせになっています。

目的別ローン以外にも便利なカードローンが多い!

アイフルが他のサラリーマン金融より優れている点として、「借換・おまとめローン」の人気があります。

借換えというのは、他の金融業者ですでに契約しているローンをアイフルに借換えるローンです。

契約の移譲とも言われているのですが、アイフルでは「金利優遇されることが多い」ので、サラリーマン金融内ではアイフルの人気が高いです。

おまとめローンは借換とは違い、「複数のカードローンを一本化させる目的」で利用可能です。

借換よりカードローンの金利が低いので、返済に困っている人ほどアイフルを頼っています。アイフルは金利優遇だけでなく、「よく相談に乗ってくれる業者」でもあるので、返済に関する人気もかなり高いのです。

このようなローンについてですが、実は借換・おまとめローン共に「インターネットから申請可能」となっています。

人によっては借金で困っているため、銀行と提携していて資本に余裕があるサラリーマン金融を使いたいでしょう。

しかし、半端な業者を選択してしまうと、「審査が長くなる、何度も来店しないといけない」不都合に見舞われます。

アイフルはそんな不都合もないサラリーマン金融のため、昔から借金返済の相談でも有名という一面があるのです。

必要な場合はインターネットから操作を行う

アイフルでは、提携している強みもありインターネットからの操作においても、契約者が得をするような操作が多く存在します。

注目されている操作では、増額に関する操作があります。増額というのは、増額審査を契約者側で申請するという意味です。

昔はこのようなサービスは存在しておりませんでした。

ですが、銀行と提携するようになり資本にも余裕が出てきたため、サラリーマン金融の中には「積極的に増額してくれる業者」も多くなってきたのです。

そんなサラリーマン金融の中でも、特に増額審査で高い評価を得ているのがアイフルです。

アイフルが何故サラリーマン金融の中で評価されているのか?というと、増額審査のタイミングが鍵となっています。

増額審査は、半年間~1年間ほどの利用で発生することが多いです。すぐに増額してもらいたい・・・と思っている利用者にとっては、タイミングが非常に掴みづらいサービスでもあります。

しかし、アイフルでは増額審査を数ヶ月以内で行っていることが多いため、積極的に増額申請を行うだけで、増額チャンスをものにすることが可能なのです。

このようなサービスが段々と知られるようになり、特に興味を示すようになったのは男性ではなく女性です。

女性はカードローン審査上ではあまり貸してもらえないことが多いです。ですが、アイフルでは男性同様で女性を評価してくれます。

アイフルは銀行と提携するようになってからも、男女に関係なく審査を甘くしてくれます。そのような背景もあるため、福岡銀行などの銀行と上手に提携しているサラリーマン金融となりました。

提携により多くサービスが増えたサラリーマン金融でもあります。

契約後に得をするサラリーマン金融を探している方にとって、アイフルは最も相性が良いサラリーマン金融かも知れません。

【参考ページはこちら】
アイフルで増額するには信用が必要?

新着記事
ページトップへ