> > アイフルで融資金増やしたい!スムーズに増額するための方法

アイフルで融資金増やしたい!スムーズに増額するための方法

審査をクリアしてどうにか借入できたのはいいけれど、希望額に満たなかったという話をよく聞きます。

借入ができてもお金が足りなければまたどこからか工面しなければなりません。

できればすぐにでも増額をお願いしたいところですが、そんな簡単に増額できるものなのでしょうか。

ここでは人気のカードローンアイフルの増額についてみてみましょう。

お金が足りない!増額したい!増額審査は厳しいの?

審査を終えていざ借入してみたら、案外限度額が少なかった、そんな経験ありませんか。

希望額に満たないから追加で融資を受けたい、これを増額と言いますが、増額審査は厳しいのでしょうか?

増額のための条件

  • 半年以上返済の遅れがない
  • 登録内容に変更がない
  • 他社から新たに借入をしていない
  • 収入証明書の提出ができる
まず大事なのは利用を開始してから返済の遅れがないということです。借入先にもよりますが、半年ほど返済実績を積めば増額が可能になると言われています。

申込時の登録内容に変更がある場合には速やかに連絡しましょう。住所、電話番号、銀行口座などが変更になったのに連絡をしないでおくと、いい加減な人間だと思われ、信用を失うことになります。

契約後新たに他社から借入をしていないことも重要です。新たに借金をしていれば、返済能力も問われることになりますので、借金総額が増えるほど増額審査に不利になることは間違いありません。

また転職をして年収が申込時と異なるような場合には収入証明書の提出を求められることもあります。

現在は総量規制という法律があり、年収の1/3までしか借入できないことになっています。増額の金額を設定するためにも収入証明書が必要になるケースもあります。

増額の際には以上のポイントに注意しましょう。

電話一本で増額申込完了!アイフルなら増額もお手軽!

人気のアイフルですが、増額はどのように行えばいいのでしょうか。

アイフルの利用者は会員サービスを利用して増額を行うことができます。

銀行のカードローンの中には増額審査を受けるために再度申込書類の提出が求められる場合もあるようですがアイフルなら会員サービスもしくはコールセンターを利用して手軽に増額の申込ができます。

しかし、だからといって何も審査しないわけではなく、増額の申込を受けると利用者の信用情報に変更がないかどうかチェックします。

ここで注意したいのは信用情報に問題がある場合には、反対に減額される可能性もあるということです。

たとえば申込ブラックだったり、他社からの借入が増えていたりなど、信用情報を見れば一目瞭然なので注意してください。

アイフルは増額可能な利用者に対してはインターネットの会員サービスや電話を通じて増額の勧誘をする場合もあるようです。

在籍確認なしにできる?アイフルなら相談にのります!

そして、もうひとつ気になるのが増額の際に在籍確認があるどうかということです。

前の述べた収入証明書とも関係あるのですが、転職して申込時とは別の勤務先で働いている場合には在籍確認を行うこともあるようです。

しかし、必ずというわけではありません。アイフルでは審査の際にどうしても在籍確認を避けたという場合には相談にのってくれます。

在籍確認の代わりに社会保険証と直近の給与明細を提出すれば済む場合もあります。同様に増額審査でどうしても在籍確認を避けたい場合も対応してくれるかもしれません。

ただし、在籍確認を行う場合にもアイフルは利用者にためにいろいろ配慮してくれます。

  • 利用者の承諾なしで在籍確認を行わない
  • 在籍確認を行う際には会社名ではなく、個人名で電話をかける
  • 申込者が不在でも在籍が確認できれば何度も電話をかけない
  • 本人以外には決して要件を話さない

ですので、あまり在籍確認を気にしすぎる必要はないと思います。

増額できなかった場合の対処法はこちら!

増額に必要な知識を身につけても、必ず増額できるとは限りません。

そんなときは他の方法でお金を工面しなければなりませんが、その場合新たに別のカードローンで借入をするのが早いと思います。

確かに複数の借入先に分けて借金をするのは賢いとは言えません。というのも、限度額に応じて金利は設定され、限度額が高い方が金利が低いのです。
(⇒アイフルの利息はどのくらい?

しかし、やむを得ず別のカードローンを選ぶのであればできるだけ審査が緩い方がいいですよね。

増額審査に通らなかったのはなにか問題があるからなので厳しい審査には通らない可能性があります。

それなら無駄な申し込みはせず、自分に合った借入先を探すのがいいでしょう。審査が緩い借入先と言えば、やはり中堅の消費者金融です。

中堅の消費者金融と言われてもぴんとこないかもしれませんが、アロー、フクホー、中央リテール、エニーなどが人気です。

中堅の消費者金融の特徴としては審査が大手よりも緩く、多少過去に金融事故があっても借入できたという口コミがあります。

すでに他社から借入がある場合には中堅の方がスムーズに借入できそうですね。

キャネット

ここでは某総合サイトで常に上位にランクインしている消費者金融キャネットを見てみましょう。

キャネットは北海道を拠点とする消費者金融で、北海道内に7店舗あります。

基本的には北海道在住の方を対象に営業していますが、インターネットを利用すればそれ以外の地域にお住まいの方でも利用することができます。

キャネットのローン内容ですが、新規利用の場合は5万円から50万円まで、取引実績のある方は最大300万円まで借入ができます。

金利は年15.0%~20.0%となります。アルバイトやパートでも安定した収入がある方なら借入が可能です。専業主婦の場合でも配偶者の同意が得られれば借入できます。

必要書類は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類の他に源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などの収入証明書が必要となります。

個人事業主の方も借入できますが目的別の借入計画書の提出が必要となります。

申込の流れ
インターネット、スマートフォン、電話、郵送、FAXなどで申し込み
    ↓
電話やメールで審査結果を連絡
    ↓
来店もしくは郵送にて契約手続き
    ↓
来店もしくは振込にて融資可能

ノーローン

もう1社は中堅の消費者金融の中でも比較的知名度の高いノーローンです。

ノーローンは株式会社新生銀行グループの消費者金融なので、バックに銀行がついているということで安心ですね。

ノーローンは中堅の消費者金融では珍しく、様々なサービスがあります。中でも何度でも利用できる無利息ローンは大変お得です。

ノーローンの無利息はなんどでも1週間無利息というもので、全額返済した翌月には再び利用が可能です。

一般的に無利息サービスは新規利用の場合に限り、最初の30日ということが多いので、何度でもというのは嬉しいですね。

またノーローンはポイントサービスが充実しています。「楽天スーパーポイント」「ネットマイル」「Gポイント」のいずれか選び、ポイントを貯めることができます。

それぞれのコース内容は異なりますのでホームページなどをチェックするといいでしょう。

ノーローンの金利は4.9%~18.0%、最大で300万円まで借入が可能です。また全国の株式会社新生銀行ATM、レイクATM、提携ATMを利用することができますので大変便利です。

利用資格は20歳~69歳までの安定した収入のある方です。必要書類は運転免許証などの本人確認書類、限度額が50万円を超える場合には収入証明書も必要となります。

申込の流れ
インターネット、携帯電話、スマートフォン、電話、自動契約機などで申し込み

電話もしくはメールで審査結果の連絡

契約手続き

レイクの自動契約コーナーまたは郵送でカード発行

振込もしくはATMで借入可能

楽天銀行口座をお持ちであれば「即日振込サービス」を利用することができます。

【参考ページはこちら】
アイフル、レイク、プロミスを徹底比較

新着記事
ページトップへ