> > 家族にバレない?アイフルの明細書は自宅に郵送されるのか!?

家族にバレない?アイフルの明細書は自宅に郵送されるのか!?

カードローンに興味はあるけれど、なかなか申込に踏み切れないという人が少なくありません。

審査に通るのか、きちんと返済できるのかなど心配事は尽きないと思いますが、とくに気になるのが家族にバレるのではないかということです。

いくらカードローンが人々に浸透し、利用しやすくなったからといってもまだまだ否定的な人もいます。

カードローンが家族にばれないためにどのような点を注意したらいいのでしょうか?

家族にバレない!アイフルのサービスと配慮

アイフルと言えば、知名度も高く、利用者も多い人気のカードローンです。

家族や会社にカードローンの利用がバレることを心配している人もアイフルなら大丈夫です。第三者にカードローンの利用を知られたくないという気持ちを会社側も理解しています。そして、そのために様々な配慮がなされているのです。

在籍確認なしでも借入できる!

カードローンを利用するためには必ず審査があります。審査では必ず勤務先を申告しますが、申告された勤務先が本当かどうか確かめるために在籍確認があります。
(⇒アイフルは増額する時も在籍確認ある?

在籍確認とは会社に連絡して、本当に在籍しているかチェックする作業ですが、多くの人がこの在籍確認を嫌がります。

というのも、小規模の会社だったりすると怪しまれることもあるかもしれませんし、過去にカードローンを利用した経験がある人だとぴんとくるかもしれません。そんなリスクは負いたくないですよね。

アイフルではどうしても在籍確認を避けたいという相談があれば柔軟性を持って対応してくれるようです。

在籍確認を行う代わりに、社会保険証または組合保険証、直近の給与明細の提出すればいいケースもあるようです。

アイフルなら相談できる!明細書も送られてこない!

カードローンを利用すると必ず明細書がつきものです。明細書とは取引の詳細や手数料などを記したもので、トラブルを防ぐためにも欠かせません。

しかし、明細書が自宅に郵送されることで家族にバレるんじゃないかと心配になりますよね。

下記の場合には明細書が自宅に届くようです。

  • 振込融資を受けた場合
  • 契約、取引内容の変更や訂正を行った場合
  • 引落し後最大5営業日以内にカードにて取引をされた場合
  • 法令に基づき送付が必要な場合

  

明細書が郵送されるとしても、会社名を伏せて送られてくることがほとんどです。関連会社や○○センターなどの社名で送られてくる会社もあります。

また、明細書の郵送がどうしても不安という場合には相談に乗ってくれるとホームページに記載されています。

ただし、返済が遅れた場合や滞った場合には自宅に督促状などの通知が送られてくる可能性があります。

なんらかの事情で返済が遅れる場合にはきちんと連絡し、支払いが難しければ返済計画の見直しなども検討しましょう。

「配達時間えらべーる」「てまいらず」のサービス

明細書や契約書、カードなどが第三者に見られるのをを防ぐために、アイフルでは「配達時間えらべーる」と「てまいらず」のサービスを実施しています。

「配達時間えらべーる」は指定の時間に配達物が届くようにできるサービスで、受け取りは本人限定ですので家族が中身を開けるということはありません。

もう一つのサービスは「てまいらず」です。

「てまいらず」とは無人契約でんわBOXのことでその場で申し込みや契約手続きが可能です。

無人契約機だと捜査がわかりづらいという人も、オペレーターと話しながらカードの発行ができるので不安が解消されます。

またカードがその場で発行されるので自宅に送られてくる心配がありません。

アイフルに決めた!豊富なライナップと楽々申込!

以上のようにアイフルでは利用者が不安を感じず、借入できるように様々な配慮がなされています。アイフルのサービスに納得し、借入を決めたら、次は申込です。

アイフルにはキャッシングローン、かりかえMAX、おまとめMAX、事業サポートプラン、SuLaLiなど利用者のニーズに合わせた商品があります。

ここでは一番一般的なキャッシングローンの必要書類、申込から借入までの流れをみてみましょう。

必要書類

  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • 限度額50万円を超える場合には収入証明書

申込から借入までの流れ
インターネット、来店、電話などで申し込みを行う
   ↓
インターネットで申し込みの場合、審査結果は電話またはメール
   ↓
スマホやアプリで本人確認書類を提出する
   ↓
契約手続き完了
   ↓
全国のアイフルATM、提携ATM、銀行口座への振込にて借入可能

絶対に明細書が届かないカードローンと言えばモビット!

絶対に家族や勤務先にバレたくないという人は、手続きから借入、明細書まで全てがWEBで完結するモビットのWEB完結があります。
(⇒アイフルとモビットの徹底比較!

WEB完結を利用すれば電話連絡なし、明細書の郵送なしでカードローンが利用できます。

ただし、WEB完結を利用するためにはいくつか条件があります。

  • 三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行に口座がある
  • 会社発行の社会保険証もしくは組合保険証がある
  • 本人確認書類がある(運転免許証、パスポートなど)
  • 収入証明書がある(源泉徴収票、確定申告書など)
  • 勤め先が確認できる書類として社会保険証と直近の給与明細がある

以上の条件を満たすことができればモビットのWEB明細の利用が可能です。

モビットの金利は3.0%~18.0%、最大で800万円まで借入できます。

借入資格は20歳以上69歳以下の安定した収入がある方です。アルバイトやパート、自営業の方でも申込できます。

申込から借入までの流れ
インターネットによる申し込み
  ↓
WEB完結の場合はメールにて審査結果を連絡
  ↓
審査完了メール内のURLから審査結果照会ページにアクセス
  ↓
審査結果を確認後、入会手続き
  ↓
入会完了メールが届き次第、銀行口座へ振込にて利用可能

契約後にはWEB上でいろいろなサービスを利用できます。振込キャッシング(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)はもちろん、電子領収書のダウンロードや借入返済相談、利用状況照会、取引履歴照会などです。

利用明細もこの中に含まれますので、自分の利用状況をWEB上で常にチェックできます。

自分の借入状況を把握していることはとても大切です。

WEB明細を利用上の注意点!

大手消費者金融の多くはWEB明細のサービスを実施していますが、WEB明細を利用する際に注意するべきことがあります。

WEB明細を利用できるのは自社ATMを利用した場合のみというカードローンもあります。

コンビニのATMや提携ATMを利用した場合には自宅に明細書が郵送されてくることがあります。

これは法律で決められていて、返済トラブルを避けるために義務付けられているようです。そもそも明細書がなぜあるのかと言えば、利用者が自分の返済状況、借入状況を確認するためにあるのです。

ですので、自宅への明細書の郵送を避けたい場合には提携ATMではなく、自社のATMを利用するようにしましょう。

カードローン会社によってルールが異なりますので、契約の際に確認することが大事です。

【参考ページはこちら】
アイフルは在籍確認が不要になる?

新着記事
ページトップへ