> > アイフルでキャッシング!専業主婦でもキャッシング可能なワケ

アイフルでキャッシング!専業主婦でもキャッシング可能なワケ

給料日まで後数日だというのに資金が尽きてしまうというピンチ。そんな時に限って町会の寄り合いやPTAの役員会の呼び出しが重なってみんなでお茶をしようなんてことになったり。せめてもう少し前にわかっていれば…ということも、決して少なくありません。

そのような不測の事態、不意の出費に対抗できる強い味方とは、なんといっても消費者金融のキャッシングローンだということは周知の事実。つまり消費者金融のキャッシングローンは主婦の強い味方だったのです。

しかし、安心ばかりしてはいられない現実がそこにはあります。それは今やもっとも消費者金融を活用することが難しいのは主婦であるとも言われるのですから。
(⇒主婦向けアイフル審査マニュアルはこちら

生計資金が一番必要なのは主婦

消費者金融は生計資金のキャッシングが事業のルーツです。つまり生計資金をやりくりする主婦が当初の利用者として考えられていたということができるでしょう。それ以前のキャッシングローンでは対応できなかった必要に応えることが使命だったのです。

出費をコントロールすることが難しいとは、主婦業に携わる方々の一般常識であるにちがいありません。急に必要になる出費ほど主婦を悩ませるものはないかもしれません。子どもたちの面倒を見ながら、家事をこなしながらの家計管理なので無理はありません。

賢い、できる主婦は出費をコントロールするといいます。不測の事態をしかしどのようにマネジメントするのでしょうか。不測の事態での出費は特定の時期を直撃します。しかし、キャッシングローンを活用することで出費を平準化することができます。

つまり急に3万円もの出費ともなれば、その月の家計計画を直撃してあるいは崩壊させてしまいかねませんが、ローンを利用すれば、3万円をキャッシングで賄って翌月からの支払いに分割することで毎月の出費を予定に組み入れることが可能になります。

アイフルの公式サイトには「返済シミュレーション」が用意されています。これを使うことで具体的にどのような計画になるかを表示させることが可能になっています。使い方はとても簡単です。画面の必要項目である4項目に入力して実行をクリックするだけです。

入力項目は以下のようになります。

  • 「支払い方式」にはA.借入後残高スライド元利定額リボルビングを選びます。
  • 「支払いサイクル」はB.約定日制(毎月払い)にします。
  • 「ご利用金額」に3を入力しましょう。
  • 「貸付利率(実質年率)」の欄は18になります。

すると画面の下方に「シミュレーション結果」が表示されるはずです。この場合、支払い回数9回、月次分割額、支払期間が9ヶ月、に続いて支払総額が表示されていると思います。キャッシングローンの利用手数料としては2,060円ということになります。

突然必要になる3万円を毎月事前にわかっている出費4,000円に分解できていることがお分かり頂けると思うのです。もし返済金額に余裕があるのであれば、返済額を繰り上げ返済することでさらにお得な利用にすることも可能になります。

専業主婦は銀行カードローンの利用がお得!?

それではとキャッシングローンのプランを実行に移すべく、事前調査をとインターネットを調べてみると意外なことが判明してくるはずなのです。それはネットの中は情報が混乱しているということ。主婦はキャッシングできるとか、できないとか言われています。

専業主婦のキャッシングは銀行がオススメというサイトばかりということが結論になっているように思えます。生計資金で一番苦労しているのが主婦であるはず。でもキャッシングローン利用の紹介サイトでは最終的に銀行をオススメしているだけに見えませんか?

中には、専業主婦であってもアイフルのような消費者金融業者でキャッシングしてもらえたという内容のサイトも見つかるのです。混乱してきます。その理由は、ここには法律の規制と業界の動向とが揺れ動いている、事情が背景にあるからなのです。

専業主婦でもキャッシングが可能だと主張しているコメントは一番多い説明は、配偶者の承諾と身分証明書を提出することでキャッシングローンの利用が可能になるという内容になっています。しかし、この方法には少し難点があります。

配偶者の承諾と身分証明書によってキャッシングすることを「配偶者貸付」と呼びます。確かに貸金業法では配偶者貸付を認めています。しかし、実際にはほとんどの消費者金融業者では業界の動向として配偶者貸付を行っていないのです。

つまり配偶者貸付を根拠に消費者金融業者からキャッシングしてもらうことはまず、不可能であると考えるべきでしょう。これは業界の動向による決定のようです。ですから少し前までであれば、可能であったかもしれないということに過ぎないことになります。

しかし何故、主婦のキャッシングローン利用が困難だということになってしまうのでしょうか。これには確かに法律的な根拠が存在します。中心にある問題は法律による規制です。主婦にかぎらず、本人収入がなければキャッシングローンを利用できないのです。

無収入ではキャッシングできない消費者金融

消費者金融業はそれぞれ各都道府県知事あるいは内閣総理大臣による登録を受けることが貸金業法で定められており、貸金業法によって営業を規制されることになっています。時代を通じて改定を重ねて現在の法律(平成22年完全施行)に育ってきました。

この法律は罰則を伴う非常に厳しいものになっており、利用者保護を極めて強く押し出している法律になっています。その内容には広告の出し方に始まり、契約の際の審査方法、契約の具体的内容など、そして回収に至るまで取り決められているのです。

すなわち消費者金融業者であれば、この法律に準拠して営業していると考えることができます。一部この法律を無視して消費者金融業を自称している業者もなくはないのですが、それらはモグリであって、ヤミ金だということになります。

ただし銀行は貸金業者ではありませんので、貸金業法での規制ではなく銀行法による規制を受けています。ここに銀行と消費者金融業者の具体的な違いが生じてくるということができるでしょう。銀行では配偶者貸付制度は一般的なのです。

銀行カードローンなら無職の専業主婦OK?

このことから専業主婦向けのサイト案内は銀行のカードローンをオススメすることになるわけです。ただしいくら銀行が専業主婦に対してカードローンを発行するとは言っても、それは簡単なことではありません。それは銀行の審査は銀行の審査だからですね。

申込みをした専業主婦が審査を受けるのではなく、配偶者が審査を受けることになるからです。一般的に銀行の審査は消費者金融に比べると比較にならないほど審査が厳しいということができます。配偶者の年収や勤続年数、住居などが詳しく審査されるだけのこと。

配偶者貸付制度があるからといって銀行が専業主婦に易しいということにはなりません。消費者金融業者では配偶者貸付制度が敬遠されている現状で銀行も難しいということなら、一体専業主婦はどうすればよいというのでしょうか。

ここでもう一つ貸金業法ならではの規制があります。いわゆる「総量規制」と呼ばれている規則です。この規則によって消費者金融業者では年収の3分の1を超えるキャッシングを利用することはできないということになっています。

キャッシングローンの提供は申込者本人が前提になっていますから当然、無職だと年収からキャッシング利用可能額はゼロになってしまいますよね。これでもはや消費者金融業者で専業主婦がキャッシング利用することは不可能であるという結論を導けそうです。

だからこそ、あちこちのサイトの案内では専業主婦では消費者金融業者でのキャッシングは不可能であると結論つけて説明を加えていることになります。それではアイフルからキャッシングできたという専業主婦の証言はウソということだったのでしょうか。

その判断は早計に過ぎるというもの。実は裏ワザまがいの方法があると言えそうなのです。この方法を説明して納得して頂くためには、前提となる総量規制の他にもアイフルそのものをよく知って貰う必要があるようです。

主婦にやさしいと言われるアイフルの特徴は?

およそすべての消費者金融業者は即日キャッシングを建前にしています。ですからアイフルが急ぎのキャッシングに対応していると言っても驚きはないかもしれませんね。しかし、アイフルは少し違っています。急ぎのための手続きを用意しているのです。

アイフルの公式サイトには「ご融資をお急ぎの方」というリンクが用意されています。これをクリックすると審査にかかる時間が短縮してもらえるという嬉しいサービスの案内が表示されます。この手続に従って申込みをすると次の通りの手順になるのです。

  • 1.インターネットで申込み
  • 2.フリーダイヤルへ電話
  • 3.審査結果の連絡
  • 4.融資実行

消費者金融でキャッシングローンを申し込んで一番イヤなのは、審査結果を待っている時間に違いありません。この時間が短縮できるというサービスだということなのです。このような手続きを用意しているのはアイフルだけではないでしょうか。

そして融資実行の段でも、銀行手続きの時間が間に合えば振込キャッシングを利用することができます。また時間外であれば、近くにある「無人契約でんわBOX てまいらず」を使ってキャッシングカードを受け取ることができるのです。

ここまでのサービスを提供しているのはアイフルだけ。スピードキャッシングに対する独自の姿勢が垣間見えるのではないでしょうか。そしてアイフルの自慢はそれだけではありません。それは1000円からのキャッシングが可能だということ。

主婦にうれしいアイフルのキャッシングサイズ

キャッシング利用の最大のコツは出来る限り小さく刻んで利用すること。18,000円のキャッシングだからといって20,000円をキャッシング利用しないこと。このような利用は絶えず余分なキャッシングをしていることになってしまいます。

その結果、不要なキャッシングであっても利息を支払わなくてはならなくなってしまうからです。アイフルなら1000円単位のキャッシングが利用可能になっています。だから余分なキャッシングを避けることが上手にできるはずです。

またアイフルは多様なローン商品を展開していることでもとても有名なのでした。借り換え・おまとめローンに対応している消費者金融業者は多くありません。これらの商品展開には多くの工夫と企業努力を必要とします。それだけアイフルは積極的だということ。

逆にキメの細かいサービスにも定評があり、周囲に知られることなくカードが受け取れる工夫がこらされています。配達時間が選べるというものです。せっかく内緒でカードローンを用意しようと思っても配達でバレてしまうということが結構あるそうです。

アイフルはこのようなリクエストを組み上げて対応している業者だと言えます。口コミサイトでもこの配達時間の指定ができることに対する評価は非常に高いようです。そのようなアイフルですから、当然カードローン商品にも独自の工夫が用意されています。

アイフルのオススメカードローンとは

簡単カードローン「わんポチッと」というものがそれです。アイフルの公式サイトから申込みのリンクをたどると、「キャッシングローン」の申し込みページが表示されるようになっています。普通に申し込みする場合は、このキャッシングローンになります。

このキャッシングローンのスペックは他の消費者金融業者と同等レベル以上のものになっていますので、これはこれで魅力的なカードローンだと言えるでしょう。そのスペックは次の通りになっています。

契約限度額 500万円以内
貸付利率 4.5%~18.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング方式

これに対してわんポチッとのスペックを表示してみると、わんポチッとの違いがよくわかります。わんポチッとはアイフルのトップページから「商品のご案内」をクリックするとページの下の方に表示される商品です。この内容は…

契約限度額 10万円
貸付利率 18.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング方式

契約限度額が10万円固定、貸付利率が18.0%という事以外は基本的に主力商品であるキャッシングローンと同じ内容になっています。こちらの貸付利率は少し高いような気もするかもしれませんが、それは勘違いです。

主力のキャッシングローンを申し込んだ結果設定される貸付利率はやはりほぼ、18.0%というのがお約束だからです。高額の申込み審査が可決されれば幾分設定金利は低くなりますが、それほどの差はでないようなのです。

そしてこれら2つのキャッシングローンを実際使う場合を比較したとしても大差が出ることあまり考えられないということになります。つまり少額のキャッシングローンの利用が原則という立場からすれば、わんポチッとという商品の方が魅力的なのです。

しかも、こちらであれば原則として収入証明書などの面倒な書類提出は必要ないということになっていますので、非常に気軽に申し込めるのではないでしょうか。そして限度額10万円も小さいように見えるのですが、生計費のキャッシングでは十分のスペック。

アイフルの場合、利用状況を良好に保っていることで、増枠などの案内がしっかり届くようになっているようです。ですから最初はわんポチッとでカードローンの利用をはじめて徐々にカードローンの利用に習熟することで安心な利用が可能になるでしょう。

これらのカードローンの返済方式が共通しているのも魅力の一つになっています。元利合計の毎回返済金額は、借入れ直後残高が10万円以下の場合、サイクル制で5,000円、約定日制なら4,000円ということになっていて、非常にわかりやすいですね。

例えば、約定日制を選択して3万円をキャッシング利用すると翌月から4,000円の返済になります。そして翌月さらに2万円をキャッシング利用すると利用残高は5万円程度になりますが、それでも毎月の返済金額は4,000円のままなのです。

ここまでくるとわんポチッとは、アイフルキャッシングローンの入門編のような位置づけであることがわかります。必要書類も最小限度に留められており申込みの便宜が図られています。必要書類は次の2つからいずれかということのようです。

  • 運転免許証
  • パスポート(日本国籍のみ)

この使いやすさがアイフル利用のメリットの一つということができるでしょう。ただし、返済期間が長くなることには注意しておきましょう。返済期間が伸びることで最終的に支払うことになる総支払利息は多くなってしまうからです。

レディースアイフルで女性対応していることはもちろんアイフルだけの専売特許というものではなくなってきました。これは利用者としてとても嬉しいことでしょう。レディースアイフルは24時間女性による対応を実現しています。(こちらもご参考に→女性から人気のアイフル

専業主婦だからといって無収入とは限らない

このようにわかってくると、アイフルが実にユーザー側に意識を置いた積極的な消費者金融業者であるかが十分に納得して頂けると思います。確かにアイフルは積極的な業者であるという定評を得ており、人気サイトランキングでも高順位を維持しているのです。

専業主婦という言葉に少しばかりの注意が必要です。通年的に専業主婦と言う場合、専業主婦には収入がないことになる場合が多いようだからです。アイフルがいう専業主婦の定義を見てみましょう。「既婚者で自分自身の収入がない状態」を意味するようです。

この一文には2つの要件が含まれています。既婚者か未婚者かという要件と、自分自身の収入があるかないかですね。この条件を表に整理してみましょう。以下の表を御覧ください。

婚姻関係 収入状況 状況
未婚 利用可能
未婚 利用不可
既婚 利用可能
既婚 利用不可

利用可能か不可かは、未婚/既婚は利用可能/利用不可と関係がないことに気づかれると思います。そして専業主婦が指している要件はこれら4つの条件のうちの1つに過ぎないということになるのです。

未婚か既婚かではありません。問題の核心は、収入があるかないかなのです。収入がありさえすればアイフルのキャッシング利用は可能になります。収入がなければ、アイフルではキャッシング利用はできないという実にシンプルなことなのです。

専業主婦ただし収入あり、を目指しましょう

では実際に収入がある(通年的)専業主婦とはどのようなものでしょうか。つまり特定の企業に籍を置いていない場合だと言い換えることができます。就労せずに収入がある状態、つまり不労所得があるという状況が挙げられるでしょう。

例えばアパートなどを所有しており家賃収入などがある場合でも、就労しているのでなければ専業主婦という位置になります。アイフルの公式サイトに用意されている「一秒診断」では専業主婦を雇用形態に選択すると利用不可である旨が表示されるのです。

しかし、これはアイフルの定義による専業主婦ですから無収入状態であることを言下に意味しているからです。不労所得などの収入を確保しているのであれば、自営業、あるいはアルバイトなどを設定してみましょう。

あるいは一秒診断を飛ばしてレディスアイフルに電話を入れることがオススメです。実は公式サイトに用意されている一秒診断は、個人を特定しないものであり、キャッシング審査とは関係がない診断に過ぎません。実際の審査は申込み後始まるのです。

不労所得の確定申告によって収入証明書として使用できる書類は手に入ります。すると収入があるということでアイフル側の扱いは専業主婦ということではなくなるのです。この場合はですから堂々と申し込みすることができますね。

アパート経営以外でも不労所得を得ている人たちは昨今少なくありません。アイフルでは収入が少ないということを理由に審査に落とすことはないようなので、たとえ僅かでも不労所得を獲得する工夫努力はそれなりの実りがあると思われます。

パートなどの就労が決定していれば申込み可能ということも言えるのです。つまり通年就労していなくても、年収換算によって審査を受けることができるのです。このことはつまり今日明日の必要が生じてからでも対応することができることを意味します。

一時的なパート就労でも大丈夫!?という方もいらっしゃいます。勿論、一時的な就労であっても返済が可能であれば問題はありません。キャッシング利用を制限する意味はあくまでも利用できない人たちを保護するためのものなのです。

是非、パート・アルバイト・不労所得を確保しましょう。そして無収入の専業主婦という状況を抜けだしてアイフルを豊かな生活のツールにすることができれば、どんななに素敵なことでしょうか。

アイフルのキャッシング審査可決傾向は極めて積極的であるという評価が定番になっています。他の消費者金融業者でも利用することが難しかったという方でも数多くキャッシングローンの審査に可決を獲得している報告が非常に多い。これがアイフルなのでしょう。

【参考ページはこちら】
アイフルのキャッシングは家族にばれる心配はない?

新着記事
ページトップへ