> > アイフル契約には年齢制限あり!70歳になると融資停止も!?

アイフル契約には年齢制限あり!70歳になると融資停止も!?

お金を借りるときには年齢制限があることを知っていますか?収入があればOKというわけではなく、ほとんどのカードローンには年齢制限が設けられているのです。

もちろんアイフルにも年齢制限があります。そして、申し込み時の年齢制限をクリアすれば安心というわけでもないのです。

せっかく契約できて利用することが出来ても、70歳になると契約終了となり融資停止になってしまうのです。(こちらもご参考に→アイフルで契約したい方はこちらへ

アイフルの利用対象者は20歳以上で安定した収入がある人

アイフルの申し込み条件を見てみましょう。

  • 20歳以上
  • 定期的な収入がある
  • 返済能力がある

これらの条件を満たせば、利用できる可能性があるという事になります。

定期的な収入というのは、コンスタントに一定の収入を得ることが出来ているかという事ですね。

高額な収入があったとしても、それが不定期でいつ入るか分からない状態であれば安定した収入があるとは言えません。

タイミングによっては返済できなくなってしまう恐れもありますから、審査で落とされてしまうかもしれないのです。

また、返済能力があるという点には収入だけではなく、個人信用情報登録の様々な要素が関わってきます。

  • 他社借り入れはいくらあるか
  • ブラックではないか
  • クレジットカードを含めた月々の返済・支払いに遅れは無いか

これらの情報をチェックした上で、問題が無ければ返済能力があると判断されるわけです。

もちろん、他社借り入れがあったから審査で落とされるというものではありません。件数、金額にもよります。

ただし、なければない方が審査では有利になります。不安要素がないことが、返済能力があると判断されるためには必要なのです。
(⇒アイフルの審査基準とは?

年齢は20歳以上であればOKですが、70歳になった時点で新規融資を停止するとされています。

69歳で契約できても、1年未満の利用期間になってしまう事になりますね。

利用対象者が20歳以上なのは契約の問題?

アイフルに限らず、カードローンなど個人向けのキャッシングを取り扱っている会社の多くが、利用対象者を20歳以上としています。

それは、未成年の契約取り消しが法律で認められていることと関係しています。

キャッシングなどの契約を結ぶ際、未成年者は親権者・保護者の同意を得る必要があります。

もし親権者・保護者に無断でキャッシングの契約をした場合は、親権者・保護者がその契約を取り消すことが出来るように定められているのです。

ですから、そのリスクを避けるために、キャッシングを取り扱っている会社は利用条件を20歳以上としているわけですね。

もちろん、未成年者でも親権者・保護者の同意さえ得られていれば契約することは法的に可能です。しかし、同意書に勝手にサインをしたなどトラブルも起こりかねません。

リスクは出来るだけ避けたい、そういう思いがあるのです。

利用後は自動更新!しかし70歳になると更新がストップ!?

アイフルは契約期間が3年となっています。しかし、3年経過した後も自動審査が行われるため、一度契約できればずっと利用し続けることが可能です。

ただし、永遠に契約が続くというわけではありません。アイフルは70歳になった時点で更新がストップし、新規の融資を受けることが出来なくなってしまうのです。

ただし、70歳になったからと言ってアイフルとの関わりが一切なくなってしまうというわけではありません。

利用している分の返済は、当然ですが完済まで続いていきます。完済後は契約の更新も行われませんから、そのまま利用停止、契約終了でOKです。

アイフルで借り入れを利用できるのは、70歳の誕生日前日までであるということはしっかりと把握しておきましょう。

アイフルは契約後3年ごとに自動更新されるが
70歳の誕生日になった時点で新規の借り入れは利用不可となる

年齢制限があるのは収入の安定性のため!?

そもそも、どうして年齢制限が設けられているのでしょうか。実は、年齢制限は収入が安定していると判断される年齢が設定されているのです。

収入が安定しているというのは、利用後の返済をしっかり行うために必要な事ですよね。

利用後、完済するまでには最低でも数か月の期間を要します。利用金額によっては完済まで数年かかることもあるでしょう。

その期間、しっかりと収入を得ることが出来なければ返済が滞ってしまうかもしれませんよね。

  • 定年までまだ時間がある
  • 定年後もある程度貯蓄・収入が見込める
  • 病気・怪我等で返済が滞るリスクが少ない

これらを考えれば、65歳や70歳までの利用というのが1つの目安となってくるわけです。

勤続年数が長くなれば収入が上がりますから、返済能力に問題は内容に思えます。

しかし、定年後は収入が一気に減ってしまいますし、年齢を重ねれば病気や怪我のリスクも出てきますよね。

ですから、アイフルでは70歳を1つの目安として融資停止としているわけです。

アイフルが利用対象者を70歳までとしているのは
収入が安定していると判断できる年齢が70歳であるためである

ですから、申し込み時の年齢が70歳に近ければ審査に通ったとしても利用可能期間が短くなってしまいます。

年齢による利用可能期間は把握しておくようにしたいですね。

年齢だけじゃない!融資停止になってしまう原因とは

アイフルの利用が出来なくなってしまう、融資停止となってしまう原因は年齢だけではありません。

まだ年齢が70歳に達していなくても、融資停止となってしまうことがあるのです。

  • 期日通りの返済をしない、返済で問題を起こしている
  • 連絡が取れなくなってしまった
  • 更新時の審査で債務状況や収入面に不安要素が見つかった

これらが融資停止となる原因です。

借り入れしてもきちんと返済できていない、督促しても返済してくれないという状態が続けばアイフルは融資を停止することが出来るのです。

また住所や電話番号が変更になっているのにそれをアイフルが把握できていなければ、連絡を取ることが出来なくなってしまいますよね。

連絡先が分からないという事は所在不明だという事です。アイフルを利用するためには審査を受けますが、それは信用できるかどうかを判断するためですよね。

連絡が取れなくなってしまえば、利用するために必要な信用を得ることが出来なくなってしまいますから、融資を止めざるを得なくなってしまうわけです。

アイフル契約後は3年ごとに自動更新されますから、何も問題が無ければ年齢制限に達するまでずっと利用し続けることが可能です。

しかし!更新時の審査で他の借り入れが増えてしまって返済能力が不安視されると判断されたとします。

もしくは収入が減ってしまった、勤務先の状態が不安定になってしまったという事が判明すれば、今後返済が難しくなることが予想されますよね。

ですから、限度額が減少してしまったり融資停止となってしまったりする可能性が出てくるのです。

アイフル利用時は、返済に遅れないようにし、他の債務状況にも気をつけておくようにしましょう。

【参考ページはこちら】
アイフルでスピード借入するコツ

新着記事
ページトップへ